AGA治療の年齢に早い遅いはある?治療開始のタイミングと注意点

AGAの治療は、できるだけ早いほうが効果がでやすいのをご存知でしょうか?「最近抜け毛が気になってきたけど、まだ年齢も20代だし治療するのは早いのでは?」と治療をためらっている人も多いでしょう。

そこでこの記事では、AGA治療は若い年齢で開始しても良いのか、年齢別発症率や治療上の注意点を交えて解説します。

AGA治療は年齢は関係なく早期治療が鍵!おすすめのクリニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。
[医療記事注釈]

結論:AGA治療は20代や若いうちからでも可能!

結論:AGA治療は20代でも可能!

「まだ20代だからAGAの治療を受けるのはおかしいかな」と考えていませんか?実は20代のAGA発症率は約10%で、10人に1人が発症していると言われています。

 AGA治療に年齢や若さは関係ありません。20代でも30代でも、気になったときにカウンセリングや治療行うのが最適と言えるでしょう。

20代や30代といった若い方でも多くの人がAGAクリニックに通っています。また、20代の方や若いうちから治療を受けるのが良い理由のひとつに、ヘアサイクルの関係があります。

20代や若いうちから治療を始めるのが良い理由を詳しく解説します。

【医師が教える】20代からAGA(薄毛)治療すれば若ハゲは治る?

20代や若いうちから治療を受ける方が良い理由

AGAはヘアサイクルの乱れにより起こるもので、基本的に完治はありません。30代・40代・50代と年を重ねるとともに徐々に進行していきます。

またヘアサイクルには寿命があり、一生で繰り返される回数は20〜40回程度と言われています。すべてのサイクルが終われば、いずれ発毛不可能な状態になっていくものです。

 「やっぱり発毛したい」と思った時に治療を受けても、回数を使い果たしていれば手遅れになる可能性があるのです。

AGA治療に早すぎることはなく、思い立ったときがベストなタイミングになります。AGA治療薬の服用は20歳以上であれば誰でも可能です。

しかし、20歳未満には治療薬の服用ができません。AGAの治療薬は男性ホルモンに作用する薬を使用するので、体が未発達な未成年への投与はできないからです。

20歳未満でも薬を使用しない診察は可能です。気になる方はクリニックで無料診断をしてみましょう。
20代30代も通う

出典:参考サイト

どの年齢にもおすすめできる厳選のAGAクリニック5選

AGAヘアクリニック
フィットクリニック
CLINIC FOR
AGAスキン
クリニック
B&Hメディカル
クリニック
AGAヘアクリニック
フィットクリニック
CLINIC FOR
AGAスキンクリニック
B&Hメディカルクリニック
初診料
無料
無料
無料
無料
無料
再診料
無料
無料
無料
無料
無料
カウンセリング料
無料
無料
無料
無料
無料
主な治療内容
・現状維持
・薄毛予防
・発毛
・抜け毛防止
・フケ、かゆみ
・毛髪サプリ
・薄毛予防
・現状維持
・発毛
★女性用育毛サプリ
・薄毛予防
・発毛
・抜け毛防止
・フケ、かゆみ
・発毛サプリ
・薄毛予防
・発毛
・AGA進行遅延
・現状維持
・発毛
・抜け毛防止
診療時間
10:00〜20:00
11:00〜21:00
店舗による
毎日22時まで
10:00~19:00
特徴
継続率95%最短30分〜受診可
来院も選択可能
薬は最短当日配送
発毛実感率99.8%治療費満足度96.6%治療満足度100%
1日約55円〜お薬最短翌日着定期割引15%オフ
他者乗換え20%オフ
発毛実感率99.4%相談実績100万人来院も選択可
毎日22時まで開院
1日48円〜発毛実感率99.8%外用薬プレゼント
LINE・ZOOM対応
店舗数
2
(秋葉原・大宮)
1(新宿)
6
(田町・飯田橋・四谷・新橋・有楽町・大手町)
全国55院以上
2
(横浜・恵比寿)
オンラインカウンセリング
有り・無料
有り・無料
有り・無料
有り・無料
有り・無料
[AGAクリニック3選]

年齢別!AGAの発症率と治療の効果

年齢別!AGAの発症率と症状

男性の3割が40代までにAGAを発症すると言われており、早いと10代から発症します。以下は年齢別のAGA発症率の調査結果です。

AGAは進行性の脱毛症なので、年齢が上がると発症率が増えていくことが分かります。

年齢 発症率
20代 6%
30代 12%
40代 32%
50代 44%
60代 51%
70代 61%

(タイプⅡ vertex〜Ⅶの割合)

AGAは年齢でなく原因として遺伝との関わりが大きい脱毛症のため、早い段階で兆候が現れていることも珍しくありません。

【20代】AGA治療の効果について

年齢別!AGAの発症率と治療の効果の若者の画像

AGAは、30代や40代の悩みというイメージが一般的です。しかし、最近では20代でも薄毛に悩む方が増えてきています

AGAは早い段階で治療を開始すれば、薄毛を改善できる可能性が高くなります。

なぜなら、AGAは一度発症すると治療を行わない限りそのまま症状が進行していく特徴があるからです。

 薄毛に気づきながらも放置し年齢を重ねてしまうと、AGAはどんどん深刻化して治療が大変になってしまいます。

しかし、20代など若いうちから対策をすれば、AGAを治すのは決して大変ではないのです。

20代からのAGA治療が効果的な理由

AGAが進行して毛根が消滅してしまっていると、AGA治療は難航します。しかし、20代なら毛根が消滅している可能性はきわめて低いと言えます。

そのため、20代は大規模な治療は必要ありません。

 早期に治療に踏み切れば、治療費安く抑えられると言えるでしょう。

加齢とともにAGAが進行して毛根から毛が生えない状態になってしまうと、手遅れになる可能性もあります。

しかし、20代ならAGAを克服できる可能性が高く残っています

もし脱毛症が進行していたとしても、毛根には毛を発育する細胞が残っているので、早期治療をすれば十分な効果が期待できるでしょう。

\20代も多く通う/

出典:参考ページ

【30代】AGA治療の効果について

年齢別!AGAの発症率と治療の効果の男性の画像

危機意識への対処が比較的早い方は、30代でAGA治療を開始することが多いです。もちろん、薄毛の進行具合はひとそれぞれなので、30代でもある程度進行してしまっているケースもあります。

しかし、相対的には良く見れば薄くなり始めていることが分かる、という段階の方が多いでしょう。

 一般的に、日本人男性は、20代後半から30代にかけて薄毛がはっきりわかるようになっていきます。

その後、徐々にAGAが進行して40歳台以降に完成されていくのが特徴です。30代で治療を始めれば、少しずつ着実に毛量は戻っていきます。

そのため、悪化を食い止めるだけでなくまだまだ回復が狙いやすい時期だと言えるでしょう。

もちろん、30代後半よりも30代前半の方がAGA治療の効果を期待しやすいのは言うまでもありません。特に20代後半から30代以降にかけては皮脂が増加していくため、シャンプーを丁寧にするなどのケアが必要です。

30代女性も薄毛になる?

女性の薄毛の発症は更年期以降が多いです。しかし、30代女性も油断できません。

 女性に特有の原因としては、女性ホルモンの減少を原因とする脱毛があります。

この脱毛は出産前後や経口避妊薬の中断などによって起こり、頭髪全体が均等に薄くなるのが特徴です。

30代女性の方も薄毛には注意が必要です。

出典:参考ページ
出典:参考ページ
出典:参考ページ

【40代】AGA治療の効果について

年齢別!AGAの発症率と治療の効果の男性の画像

40代でAGA治療を始める方は、ある程度薄毛症状が顕著になってきているケースが多いです。

 明確に頭皮が露出しているとまでは言えないものの、第三者が見ても薄毛傾向にあると思われる方も少なくありません。

自分はまだ大丈夫、とずっと先延ばしにしてきた薄毛対策に対して、「そろそろ対策しないといけないかもしれない」と危機感を持つ時期です。

そのため、この時期から対策を開始した方はそれ以前に治療を開始した方と比べて開始時期が幾分遅いということになります。

ある程度明確に頭皮が見えているような場合には、薄毛部分の明確な発毛回復までは狙いにくくなっていきます。

AGAは薄毛の症状が気になり始めた時期が治療開始のベストタイミングです。

40代でAGA治療を始めるのは遅い?

もちろん、AGA治療の効果がどのくらい出るかは頭皮環境によっても異なります。

 40代でAGA治療を始める効果としては、一般的に発毛が回復する段階ではありません。

現状維持もしくは現状維持プラスαのような治療効果になりやすい段階です。

さらに、女性の薄毛は男性とは違い原因がひとつではなく、複数が複雑に絡み合っていることが多いです。

閉経に向かう40代後半以降の女性は、女性ホルモンが著しく減少する際に「FAGA(女性男性型脱毛症)」という薄毛になる方もいます。

年齢から起こる「びまん性脱毛症」のひとつとして、男性のように前頭部や頭頂部から薄毛が広がる脱毛症になる方もいます。

薄毛が気になり始めたら、できるだけ早めに治療を開始してくださいね。

出典:参考ページ
出典:参考ページ

【50代】AGA治療の効果について

年齢別!AGAの発症率と治療の効果の男性の画像

白髪が生えてきたらもうAGA治療薬は効かないと思っている方もいるかもしれませんが、それは誤った認識です。

 実際には、AGAの発症メカニズムとは全く別の作用であり、白髪が生えていてもAGA治療自体は有効なので安心してください。

白髪は「メラノサイト」と呼ばれる色素形成細胞が黒いメラニン色素を毛母細胞に供給できなかったため形成されるものです。

そのため、白髪が多くなってきた50代以降であっても、現状維持を狙う分にはまだ効果が期待できる場合が少なくないのです。

ただし、AGA治療をしたからと言って、前のようなふさふさの黒髪が戻ってくると言うわけではありません。

白髪の形で発毛する、抜け毛の本数が減る、などの限定的な効果になる印象であることを覚えておきましょう。

AGAが進行してしまっている場合の効果は?

頭皮がかなり露わになってしまっている白髪の少ない薄毛症状では、悪化抑制プラスαを狙うようなイメージです。

 「状況次第では多少の毛量回復が見込めるかもしれない」という期待値になってしまうかもしれません。

DHT(ジヒドロテストステロン)の影響がどの程度であるのかについては、遺伝傾向によっても異なります。しかし、薄毛症状が明確に進行している場合には、治療効果の現れ方は少なくなってしまうのです。

ただし、効果が出ないかもしればいと何もしなければ、悪化の一途をたどってしまうのがAGAの薄毛メカニズムです。少しでも現状維持プラスαを願うのなら、早めに治療を開始するのが良いでしょう。

ちなみに、AGA治療を始める年齢に上限はありません。適切な治療をしっかりと継続すれば、何歳であっても効果を実感できます。

より高い効果を望むのなら、年齢よりもAGAを発症してからできるだけすぐに治療を始めることが重要です。

出典:参考ページ
出典:参考ページ

AGAの原因と症状

年齢別!AGAの発症率と症状

AGA治療の原因

AGAの原因は、『DHT』が髪の毛の成長を止めるよう指示を出しているからと言われています。このDHTは、「テストステロン」が、酵素「5αリダクターゼ」と結合することで変換され、増えています。

 「5αリダクターゼ」がどれだけ活性化するかは年齢によるものではなく、遺伝によって受け継がれます。

また薄毛の遺伝子を持つとされるX染色体の遺伝子情報は、母方から引き継がれると言われています。AGAは様々な要因が重なって起こりますが、年齢に関わらず薄毛の遺伝子情報を持っているかが大きく関係しているのです。

いつ発症するかは分かりませんが、早い人で10代から、遅い人は60歳代から発症します。
若い人も大勢通う

出典:参考サイト

AGAの症状

年齢別!AGAの発症率と症状

AGAでよく見られる症状
  • 抜け毛が増えたと感じる
  • 頭頂部が薄くなった
  • 生え際が薄くなった
  • おでこが広くなったと感じる
  • 細い毛や産毛が増えた
  • 髪の毛が細く短くなった

AGAは上記のような症状が特徴です。「前頭部や頭頂部の髪の毛が産毛になる」「額の生え際が後退する」など徐々に薄毛が進行していき、最後は前頭部・頭頂部から髪の毛がなくなります。

地肌が見えるようになり、M字部分や頭頂部の産毛が見られたらAGA発症を疑ってもよいでしょう。

出典:参考サイト

AGA治療はオンライン診療がおすすめ!

AGA治療はオンライン診療がおすすめ!

AGA治療はできるだけ早期治療が大切ですしかし、病院やクリニックには遠くて通いにくいという人も多いと思います。そこでおすすめなのがオンライン診療です。

オンライン診療には以下5つのメリットがあります。

オンライン診療のメリット
  1. 24時間予約が可能
  2. 待ち時間がない
  3. 薬を配送してもらえる
  4. プライバシーが守られる
  5. 交通費や時間がかからない

1.24時間予約が可能

オンライン診療を行っているクリニックなら、WEBを利用して24時間予約が可能です。

 仕事が忙しくてクリニックの営業時間に連絡できない人でも予約できます。

受付フォームだけでなく、最近ではLINE予約を導入しているクリニックもあります。

仕事の合間や通勤・通学などのスキマ時間にも受付してもらえるので、活用しましょう。

2.待ち時間がない

AGA治療はオンライン診療がおすすめ!

オンライン診療はスマホ1つで行えます。受診時間になれば、医師と繋がるので待ち時間がありません。

 地方に住んでいて身近にAGAクリニックがなく、通うのが難しくても利用できます。

自宅で寛ぎながら診察を受けられるのも、大きなメリットと言えるでしょう。

3.薬を配送してもらえる

受診をしてAGA治療を受けることが決まれば薬を処方してもらいます。薬は自宅まで配送してもらえるので、わざわざクリニックに取りに行く手間もありません。

また、家族に知られたくない場合も、郵便局留めや指定住所への配送に対応しているクリニックも多いので、配送先を自宅以外にしたい場合もクリニックに相談しましょう。

予約→受診→処方→次回予約まで全てWEBで完結するのが、オンライン診療ならではの魅力です。

4.プライバシーが守られる

AGA治療はオンライン診療がおすすめ!

AGAクリニックは大通りから外れた場所に建てられていることが多く、待合室も個室が多いので、プライバシーには十分気を使っています。

しかし薄毛の治療はデリケートな問題で、恥ずかしいと感じる人も少なくありません。

 オンライン診療なら医師以外とは一切顔を合わせずに治療が進められるので、誰にも知られることなく治療に専念できます。

5.交通費や時間がかからない

オンライン診療は、自宅などで医師の診察を受けられるので、クリニックに通う交通費がかかりません。浮いた交通費を治療費にあてることも可能なので、通院するよりコストがかかりにくいのがメリットです。

オンライン診療は自分の都合の良い時間帯に、自分の都合の良い場所で診察を受けられます。

通院するための移動時間が省略できるので、忙しい人でも継続して診察を受けやすいでしょう。

AGA治療の目的と期待できる効果

AGA治療の目的と期待できる効果とは?

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」と、酵素「5αリダクターゼ」が結びつき「DHT」に変換されることが原因です。DHTに変換されると、男性ホルモンレセプターと結合し、抜け毛が増えます。

 現在のAGA治療法は、この「5αリダクターゼ」を抑制するよう働きかける方法です。

治療薬を使用して「5αリダクターゼ」を抑制することでAGAの進行を止め、状況に応じて発毛効果のある治療薬を服用します。治療薬の服用により抜け毛が徐々になくなり、発毛効果を実感できるのです。

完治は難しいですが、治療を続けている限りは薄毛が気にならない状態まで生やすのも可能です。

AGA治療には正しい診断を

出典:参考サイト

AGA治療の効果は何歳まで実感できる?

AGA治療は年齢を重ねても効果を実感できるのでしょうか。効果が実感できる年齢を解説します。

AGA治療で効果が実感できる年齢とは?

AGA治療の効果が実感できる老人の画像

AGA治療は、適切な治療を受ければどの年代であっても効果を実感することが可能です。

ただし、発症してからAGA治療を始めるまでの期間が空いてしまうと、薄毛が改善するまでに時間がかかってしまうので注意が必要です。

 症状によっては薬の処方量が多くなることがあります。

なぜなら、AGAは進行性の脱毛症であり、放置すると薄毛がどんどん進行してしまうからです。

放置すれば治療薬も増える?

AGA治療薬には、大きく分けて以下の2種類の薬があります。

  • 薄毛の進行を予防するもの
  • 薄毛部位を発毛させるもの

上記のうち、AGAの進行レベルが初期段階の場合、薄毛の進行を予防する薬だけで治療が可能です。一方、薄毛が広範囲に広がっている場合には、予防の薬と合わせて発毛させる薬も処方しなければなりません。

できるだけ早く薄毛を改善したという方は、早い段階で治療を始めましょう。

出典:参考サイト

AGA治療は何歳から診察できる?

AGA治療の効果が実感できる若者の画像

AGAは年齢を問わず発症する可能性のある脱毛症です。若くしてAGAを発症すること自体めずらしいことではありません。中には10代で薄毛が目立ち始め、早めにAGA対策を始める方もいます。

高校生など、思春期の10代後半の方に発症する薄毛や抜け毛は、若年性男性型脱毛症と呼ばれます。高校生で起こる薄毛・抜け毛であっても、一般的な男性型脱毛症と症状は同じです。

 AGAクリニックによっては、18歳以上であれば未成年の方への診察も行なっている場合があります。

ただし、未成年の場合、保護者様の同伴もしくは同意書への署名が必要な点に注意が必要です。若年性脱毛症と診断された場合には、壮年期のAGAと同じように積極的な治療が推奨されます。

若年性脱毛は40代〜50代の進行した脱毛症と違い、早期に治療を開始することで薄毛になるのを食い止めることができます。

出典:参考サイト
出典:参考サイト

AGA治療開始年齢で注意すべきポイント

AGA治療では以下の3つの薬を使用します。現在AGA治療薬は未成年は使用できません。ただし治療薬を使用しない方法での診療は未成年でも可能です。

多くのクリニックでは、保護者同伴のもと18歳以上から診療可能となっているので、相談してみましょう。

AGA治療薬
  • プロペシア(フィナステリド)
  • ザガーロ(デュタステリド)
  • ミノキシジル

プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド)の特徴
  • 20歳から使用可能
  • 酵素5αリダクターゼの働きをブロックする
  • 比較的安価

プロペシア治療薬は酵素5αリダクターゼの働きをブロックして、DHTへの変換を阻害する治療薬です。

 発毛効果はありませんが、AGAの進行を抑制する効果が期待できます。まだ生えている細い毛は育つので、高い効果を実感できると言われています。

ただし男性ホルモンに作用するので、体が未発達な未成年への投与はできません未成年の男性がAGAなどの薄毛を発症した場合には、プロペシアを使用しない治療法で対処することになります。

健康な成人男性でも、肝臓に悪い影響を与える可能性があるので、しっかり医師の診断を受けましょう。
出典:参考サイト
引用:参考サイト

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロ(デュタステリド)の特徴
  • 20歳から使用可能
  • プロペシアより効果が高いと言われている
  • プロペシアより少し高価

ザガーロもプロペシアと同様、DHTの生成を抑えることが可能で、より強力な治療薬です。

 個人差はあるもののプロペシアより効果が高く、プロペシアが合わなかった人にも有効と言われています。

ザガーロも、未成年に対してはどのような影響を及ぼすか検証されていないので使用不可です。DHTの生成妨害は未成年男性の成長に悪影響と言われており、安全性が確立されていないません。

また副作用の一つに肝機能障害があるので、肝臓の数値が高い方も服用できません。

まずはプロペシアとザガーロを服用するのが一般的です。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルの特徴
  • 20歳から使用可能
  • 多毛の副作用がみられたため発毛剤の成分として再開発された
  • 外用薬と内服薬の2種類がある

ミノキシジルは、髪を生む毛母細胞の分裂を促します。それにより発毛を促進することが特徴です。

 ミノキシジルは外用薬と内服薬の2種類があります。作用があらわれるまでの期間は約4〜6ヶ月が目安です。

ただしミノキシジルも20歳未満の安全性は確認されておらず、未成年は使用禁止となっています。「もうすぐ20歳だから」と自己判断で使用せず、必ず医師に相談しましょう。

副作用が出る人もいますが、その分効果を実感しやすいと言われています。

正しい診断をオンラインで

出典:参考サイト
出店:参考ページ

よくある質問

20代でAGA治療を受けるのは早いですか?
AGA治療に早すぎるタイミングはありません。若いほうが効果の実感が早いと言われています。なお、ヘアサイクルの生涯回数が終わると発毛しなくなります。薄毛が気になり始めたら20代でも診察を受けましょう。
AGAの年齢別発症率を教えてください
20代が6%、30代が12%、40代が32%と年齢を重ねるにつれて、徐々に発症率は増えていきます。日本人の3割が40代までにAGAを発症すると言われています。
AGAの原因は何ですか?

男性ホルモンのDHTが原因と言われています。DHTの元となる「5αリダクターゼ」が活性化するかの情報は、遺伝によって受け継がれます。

AGAでよく見られる症状を教えてください

抜け毛が増えたと感じる、頭頂部が薄くなる、生え際が薄くなる、おでこが広くなったと感じる、細い毛や産毛が増える、髪の毛が細く短くなるが主な症状です。

AGA治療薬は何歳からでも使用できますか?
AGA治療薬は、未成年は使用できません。体が未発達な未成年への投与は、安全性が確認されていないからです。しかし診療は未成年でも可能です。未成年でも治療できる方法はあるので、まずは診察を受けましょう。
時間がないのでクリニックに通えません。他に治療法はありますか?
AGAクリニックではオンライン診療を行っています。24時間予約が可能で、治療薬も指定場所に配送をしてくれます。時間のない人や地方に住んでいて近くにクリニックがない人に便利です。
AGA治療で服用する薬は何ですか?
抜け毛を抑制する「プロペシア」「ザガーロ」、発毛効果のある「ミノキシジル」を使用します。治療薬は症状に応じて使い分けます。

まとめ

今回は、AGA治療を受ける年齢に、早い遅いはあるのかについて解説しました。AGAの治療は治療薬の関係上、原則20歳以上からとなります。しかし、AGAは早期治療が肝心です。

10代でも対応可能な治療法もあるので、薄毛が気になったらなるべく早く専門医への相談がおすすめになります。

薄毛が気になっていても50代や60代から対策をはじめる人もいます。しかし、なるべく早く治療を始めるほうが効果的で、期間も短くすみます。

無料カウンセリングやオンライン診療を実施しているクリニックも多いので、まずは気軽に相談しましょう。

関連記事

こちらの記事もおすすめ
おすすめの記事