横浜銀行カードローンの審査は厳しい?返済額から金利まで徹底解説!

神奈川や東京に居住している方におすすめなのが、横浜銀行カードローンです。横浜銀行は、都内近辺でも有数の地方銀行として知られており、カードローンサービスも利用しやすいと好評の銀行です。

提携ATM数も多く、月々の返済額も少なくて人気のカードローンです。

そこで、この記事では、横浜銀行カードローンについて概要疑問点について解説していきます。審査の難易度返済方法金利についてもまとめていますので、ご自身のカードローン選びの参考にしてみてください。

横浜銀行カードローンの概要・特徴とは

横浜銀行カードローンは、横浜銀行が提供しているカードローンサービスです。

横浜銀行カードローンの概要は次の通りになっています。

商品名称 ・横浜銀行カードローン
返済方法 ・自動引き落とし
・随時の返済
約定返済日 ・毎月10日
(約定日が土日祝日の場合、翌営業日)
金利 ・1.5%~14.6%
借入限度額 ・10万円~1,000万円(10万円単位)
借入方法 ・当座賃越
申し込み条件 ・20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイト可、学生は不可、年金も含む)
・次の地域に居住またはお勤めの方:

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全域
  • 群馬県内の以下の市
    前橋市、高崎市、桐生市

・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる方)
・横浜銀行及びSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取扱いに同意される方

申し込み方法 ・Web申し込み
・郵便申し込み
・FAX申し込み

横浜銀行カードローンの特徴は以下の通りになっております。

横浜銀行カードローンの特徴
  • 24時間Web申し込み可能
  • コンビニ・駅ATMでの手数料無料
  • 契約と同時に融資可能

では順に見ていきましょう。

24時間Web申し込み可能

横浜銀行カードローンは、Web上から24時間申し込み可能です。横浜銀行の口座がなくても申し込みが可能であり、来店も不要です。

 ただし、契約までに「口座開設アプリ」から口座を開設する必要があります。

本人確認書類収入証明書の提出方法はアップロード・郵送・FAXから選ぶことができます。

本人確認書類は有効となっているもので氏名・住所・生年月日が記載されている以下のいずれかの書類が必要です。

本人確認書類
  • 運転免許証(表面・裏面)
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票もしくは公共料金等の写し

また収入証明書に関しては、借入限度額が50万円以上を超えるとき以下のいずれか必要となります。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

収入証明書はなるべく最新の情報が列挙されている書類を提出しましょう。

コンビニ・駅ATMでの手数料無料

横浜銀行カードローンでは、提携銀行・コンビニATMでの借入・返済の手数料が無料となっています。

小田急線は各駅にATMが設置されており、神奈川・東京のATM約13,000台で取引が可能となっています。

提携コンビニATMであれば全国どこでも利用可能です。

神奈川・東京に住んでいる人は、お好きな時間に取引できますよ。
※横浜銀行ATM・コンビニ等のATMの合計数(2020年3月末現在)

契約と同時に融資可能

横浜銀行カードローンでは、ローンカードが届く前に融資が可能です。

お急ぎの方でいち早く融資を受けたい方は、契約と同時に希望の金額を振込口座に振り込まれます。

借入限度額までの振込となるため、チェックしておきましょう。

契約の手続き段階によっては、振込の時間が翌平日営業日となる可能性もあるので注意しましょう。

横浜銀行カードローンの審査は厳しい?

即日審査

銀行系カードローンの審査は消費者金融と比較すると厳しいと言われています。

そこで、横浜銀行カードローンの審査基準審査にかかる時間をまとめていきます。

横浜銀行カードローンの審査基準

横浜銀行カードローンの審査を受けるためには以下の基準をクリアする必要があります。

審査基準
  • 20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
    (パート・アルバイト可、学生は不可、年金も含む)
  • 次の地域に居住またはお勤めの方
    (神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県高崎市、前橋市、桐生市)
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる方)
  • 横浜銀行及びSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取扱いに同意される方

上記の基準を満たしていれば、パート・アルバイト専業主婦の方でも申し込みが可能です。

 ただし、学生は申し込み不可とされているので注意が必要です。

横浜銀行では指定地域居住または勤めていることが条件とされています。
事実確認は本人確認書類在籍確認で審査されるため申告した情報に虚偽がないか自分で確かめましょう。

また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの保証も受けることが条件です。保証会社は申し込みの審査から契約後の保証まで携わる会社です。

保証会社の審査に落ちると、次回以降のローンも組みづらくなるため利用額は事前にチェックしておきましょう。

審査にかかる時間はどれくらいなの?

横浜銀行カードローンの審査にかかる時間は最短で申し込みの翌日とされています。Web、書類、FAXの申し込みいづれにしても指定の電話番号に連絡されます。

しかし、Web申し込みをするとメールで結果が送信される可能性もあるため、随時確認しておきましょう。

受付時間審査の状況によっては審査の結果が遅れる可能性もあります。次のようなケースだと審査が後になるかもしれません。

審査が遅れる原因
  • 書類に不備が見られる
  • 申込内容に間違いが見られた
  • 混雑時間に申し込みをした
  • 在籍確認がとれない

 

 提出書類の不備が確認された場合、再提出が求められます。提出前に自分の申告した内容に間違いがないか確認しましょう。

横浜銀行カードローンの返済額・返済方法は?

クレジットカードのキャッシングとは?返済方法や金利など解説!

横浜銀行カードローンでは、提携ATMでの返済とインターネットバンキングでの返済と2つの返済方法があります。

提携ATMでの返済では、横浜銀行全国のコンビニATMで利用が可能です。

手数料無料24時間利用可能など様々なメリットがあります。

提携ATM
  • 横浜銀行
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イオン銀行ATM
  • イーネット

また、インターネットで返済したいときには、〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)を使用します。

こちらは〈はまぎん〉マイダイレクトにログインし、利用中のカードローン口座をサービス口座に登録することで、返済が可能となります。

インターネットバンキングでは、1円単位での利用が可能です。

また支払方法は定例の返済が定められています。

毎月10日定例返済日(銀行休業日の場合翌平日営業日)に指定の返済指定口座から次の返済額が自動で引き落とされます。

また随時返済も可能であり、上記の提携ATMで追加の返済も行えます。

前月の定例返済後の借入残高 定例返済額
2千円以下 前月の定例返済後の借入残高
2千円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超350万円以下 40,000円
350万円超400万円以下 45,000円
400万円超450万円以下 50,000円
450万円超500万円以下 55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円
1,000万円超 85,000円

※公式サイト調べ

横浜銀行カードローンの金利

横浜銀行カードローンの金利は次の通りです。

借入額によって金利が変化するため、自分の希望する借入額の金利を確かめながら申し込みましょう。
 横浜銀行カードローンは変動金利のため、随時金利が見直しされる可能性があります。
借入限度額 金利(年利)
100万円以下 14.6%
100万円超200万円以下 11.8%
200万円超300万円以下 8.8%
300万円超400万円以下 6.8%
400万円超500万円以下 4.8%
500万円超600万円以下 4.5%
600万円超700万円以下 4.0%
700万円超800万円以下 3.5%
800万円超900万円以下 3.0%
900万円超1,000万円以下 2.5%
1,000万円超 1.5%

※公式サイト調べ

横浜銀行カードローンは借り換えができる?

カードローン借り換え方法

横浜銀行カードローンの借り換えはまとめて返済するとお得になります。

他社のローンリボ払いを横浜銀行カードローンに組み込めるため、月々の利息が少なくなり負担が軽減される可能性もあるでしょう。

たとえば、以下のようにリボ払いと他社ローンを抱えている方を例に挙げてみます。返済期間は5年で計算しています。

  リボ払い 他社ローン
借入額 80万円 90万円
金利 14.7% 17.8%
返済額 1万9千円 2万3千円

表の例の合計返済額は4万2千円となります。

月々4万2千円の支払いは決して安い金額ではないですよね。
上記例のローンを横浜銀行カードローンでまとめ以前と同じ返済期間で返済すると以下のようになります。
今回は借入限度額200万円1,000万円で考えてみましょう。
  借入限度額
200万円の場合
借入限度額
1,000万円の場合
借入額 170万円 170万円
金利 11.8% 1.5%
返済額 3万8千円 2万9千円

200万円の場合、毎月の返済額は3万8千円となり、4,000円分負担を軽減できます。

そして、1,000万円の場合、毎月の返済額は2万9千円となり、13,000円分負担を軽減できます。

このように、横浜銀行カードローンで他社のローンをまとめて返済すると金利が少なくなり、月々の返済額が減額できる可能性があります。

たくさん借入している方は、横浜銀行カードローンでまとめて返済してしまえば、月々の負担を軽くできますよ。

横浜銀行カードローンは電話で在籍確認が来る?

電話

カードローンの審査で必ずと言っていいほど行われる可能性が高いのが在籍確認

 在籍確認とは、申込者が申告した勤め先に在籍しているか確認するために勤め先に電話することです。

横浜銀行では、審査中に在籍確認が行われます。

ですが、申込者本人のプライバシーを尊重し「横浜銀行」と名乗って連絡が来ることはありません

 大抵の銀行では、個人名を出して連絡することが多いので「カードローンを利用している」とは怪しまれないでしょう。

また、在籍確認には申込者本人が電話に出なくても大丈夫です。同僚や上司が電話に出て申込者本人の存在を確認することができればそこで在籍確認は終了します。

在籍確認は虚偽の申告さえなければ簡単に通過できるため、それほど心配になる必要はないですよ。

横浜銀行カードローンの保証会社は?

会社

横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

同会社は、カードローン商品「プロミス」を展開する消費者金融業者です。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社では、主に2つの役割があります。

保証会社の役割
  • 申込者が返済できなくなった際に弁済する役割
  • カードローン会社に代わって申し込みの審査を行う役割

1つ目は、弁済の役割です。何らかの事情によりカードローンの利用者が返済できなくなったとき、代わりに保証会社が借入残高を弁済してくれます。

カードローン会社では、万が一のことを考えて負債を回収するために保証会社を採用しているのです。

 ローンの返済は保証会社が弁済しているに過ぎず、利用者本人の保証会社への支払い義務が発生するので注意しましょう。

もう1つは、申し込みの審査の役割です。カードローンの審査では、申込者の返済能力、経済力を総合的に判断しードローンの発行に適合しているか判断します。

カードローンの審査では賃金業者がそのノウハウや知識を活かして保証会社に選ばれることが多いです。

過去に金融事故を起こしていると保険会社に審査で落とされる可能性は高くなりますよ。

まとめ

今回は横浜銀行カードローンについてまとめました。

横浜銀行カードローンについて理解していただけたでしょうか?
横浜銀行カードローンは、神奈川・東京にお住まいの方ならば利用しやすく便利なカードローンです。急な出費やお誘いが来たとき、横浜銀行カードローンに申し込みをしてみてはいかがでしょうか?
[Cardloan-L]
おすすめの記事