アイキャッチ

「リップル(XRP)って今後はどうなるの?」「今から買っても上がるのかな?」とお悩みの方はいませんか?本記事では、上記のようにお悩みの方に向けてリップル(XRP)の今後の価格予想を解説していきます。

リップル(XRP)は仮想通貨のひとつです。仮想通貨というとビットコインが有名ですが、リップル(XRP)はビットコインとは異なる点もいくつかあります。

本記事ではリップル(XRP)の特徴と合わせて将来の動向やこれから取引を始める方法を解説していきます。

「本記事を読めば、これから投資をすべきかどうか、取引を始めるには何をすれば良いのかわかりますよ。」

 

リップル(XRP)の取引におすすめの取引所・販売所5選

仮想通貨取引を始める際には、取引所や販売所で口座開設をしなければなりません。口座開設を行う際には、信頼できるサービスなのかしっかりとチェックしましょう。

ここでは、これからトレードを始める方向けにおすすめの業者を紹介していきます。実績のあるばかりなので、ぜひ5つの中から自分に合うサービスを選んでくださいね。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerは日本国内で最大規模の仮想通貨取引量を誇る取引所です※1。取引量が多いということは、希望するタイミングや価格で売買しやすいとも言えます。

それだけ取引チャンスも増えるため、希望する条件でトレードしやすいのが魅力的でしょう。また、メガバンクのグループ企業から出資を受けていることから、信頼性も高さもうかがえます※2

トレードを始めて行う方でも、安心して取引を行うことが出来そうですね。
取り扱い通貨数 12種類
取引手数料 原則無料
口座開設 最短即日

※1 公式サイト
※2 公式サイト

Coincheck

画像

Coincheckは、2021年4月時点に日本国内で最も取り扱い通貨数の多い取引所です

 リップル(XRP)以外の仮想通貨でも取引をしたい方や取引チャンスを増やしたい方にもぴったりです。

スマートフォンから申し込むと最短1日で取引を開始できるスピーディーさも魅力でしょう。

提供しているツール・アプリが使いやすいと評判なので、トレード初心者でも気軽に取引できますよ。
取り扱い通貨数 14種類
取引手数料 無料
口座開設 最短1日

※ 公式サイト

DMM Bitcoin

画像

DMMグループが提供している仮想通貨の取引所です。以下の作業に手数料がかからないため、コストを抑えて取引を行えます。

手数料無料の例
  • 日本円を口座に入金する際の手数料
  • 仮想通貨の取引手数料
  • 出金手数料

またスマートフォンから申し込みを行うと、最短1時間で取引を開始できます。『スマホでスピード本人確認』を利用し7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合。

申し込んだその日のうちに取引ができるのは嬉しいですね。
取り扱い通貨数 11種類
取引手数料 無料
口座開設 最短1時間

※ 公式サイト

リップル(XRP)とは?ビットコインとの違いを解説

リップル(XRP)は、仮想通貨のひとつです。2013年から配布がスタートし、2021年3月末時点では時価総額7位の仮想通貨となっています

仮想通貨と聞くとビットコインをイメージする方が多いかもしれませんが、リップル(XRP)はビットコインにはない特徴がいくつかあります。詳しく解説していきましょう。

公式サイト

発行主体がある

ビル群

ビットコインは発行主体や管理主体が不在の通貨です。

 それに対して、リップル(XRP)はリップル社が主体となって発行している仮想通貨です。

しかし、ロックアップという制度により発行元であっても自由に資金を市場に流通できないようになっています。

発行主体もしっかりしていて、市場への流通量もある程度安定している仮想通貨だといえるでしょう。

マイニングが必要ない

リップル(XRP)は最初に1000万枚が発行され、それを徐々に流通させるスタイルをとっています。全通貨がすでに発行済みなので、マイニング作業が必要ありません。

 マイニング作業がない分、高速処理とコストの削減を可能にしています。

仮想通貨の発行に伴うマイニングの是非が問われている中、マイニングがいらない点は大きな魅力とも考えられますね。

通貨間のブリッジとしても活用できる

お金

ビットコインと異なり、中央集権的な管理がされています。そのため、2国間の通貨のブリッジ通貨としての活用や、国際送金などの手段としても注目されています。

米ドル→リップル(XRP)→日本円など、売買したい通貨の間に挟むと手数料を抑えることも可能ですよ。

リップル(XRP)で取引をするメリット・デメリット

リップルを取引をするメリットやデメリットを紹介していきます。メリットだけでなく、デメリットもしっかりと知っておく必要があります。

「リップルに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。」

リップル(XRP)で仮想通貨取引をするメリット

取引

リップルで取引を進めるメリットはどのような点にあるのでしょうか?ここでは、主なメリット2つを解説します。

実用化が進み、希少性が増しつつある

リップル(XRP)は、単に投資目的の金融商品としてでなく、国際送金手段としても注目度を集めています。

 世界の銀行や金融機関もリップル(XRP)との提携に注目しているので、今後、主要な国際送金手段のひとつになる可能性も高いです。

実用化が進むほど、通貨としての価値や希少性が上がると考えられます。

発行主体がハッキリしている

ビル

発行主体がハッキリしているので、それだけ信頼性も高いです。

大部分を自社で保有していますが、ロックアップ制度によって自社のみの判断で自由に流通させられないように管理されています。

リップル(XRP)で仮想通貨取引をするデメリット

お金

取引をする際のデメリットは、発行主体の影響を受けやすい点です。ビットコインは発行主体や管理主体がない通貨なので、特定の国や地域、企業の影響を受けることがほぼありません。

それに対して、リップル(XRP)は発行元がハッキリしているので、今後、リップル社を揺るがす大きなニュースがあれば、通貨自体の価格も大きく変動するでしょう。

【2021年最新版】リップル(XRP)の将来の価格予想は?

「今後の価格はどうなるのか?」と思っている方も多いのではないでしょうか。ここからは、今後の価格変化に大きな影響を与える要素をそれぞれ解説していきます。

国際送金手段としてメジャーな存在になれるか

お金

本記事ですでに解説したように、リップル(XRP)は金融商品としてだけでなく、国際送金手段のひとつになりつつあります。

ライバル的存在である他の国際送金手段と比較してどこまでメジャーな存在になれるのかが、今後の価値に大きく影響を与えるでしょう。

今後の価格に影響を与える要素
  • 国際送金手段としてどこまで活用できるか
  • ライバル企業の妨害をどこまで受けるか

ネットワークをどこまで広げられるか

リップル(XRP)は世界中の金融機関や企業と連携を取り、ネットワークを広げています

 ネットワークがどこまで広がるかも、今後の価値に大きく影響してくるでしょう。

リップル(XRP)が普及して多くの企業や金融機関が採用していけば、重要性や使用価値が増し、価格も上がっていくと予想できます。

実用化が進めば投機目的の売買は難しくなる

チャート画面

これまで解説したように、リップル(XRP)が単なる仮想通貨のひとつではなく、国際送金手段のひとつになると価値が上がります。

 価値が下がりにくくなると必然的に価格変動も小さくなるので、これまでのように価格差で売買を繰り返し利益を得るのが難しくなる可能性もあります。

「価格変動が落ち着き高水準で維持されるようになれば、投機目的の売買をするメリット自体が薄れるのではないでしょうか。」

そもそもリップル(XRP)は仮想通貨なのか

リップル(XRP)の今後の価格予想をするためには、リップル(XRP)自体の位置づけを気にしておかなければなりません。

主な特徴
  • マイニングが必要ない
  • 特定の企業が発行している
  • 特定の企業がほとんどを所有している
 ビットコインとは違う上記の特徴を持っているリップル(XRP)はそもそも仮想通貨なのか?とアメリカでも疑問視されています。

リップル社が発行している通貨・資産なので、仮想通貨ではなく有価証券であるという見方もされています

今後、リップル(XRP)の金融商品としての位置づけが変わり、有価証券であると判断が下されれば価格に影響が出るかもしれませんね。

参考サイト

【結論】今後の動向に注目すべき金融商品のひとつ

お金

今後の価格に関わる要素を解説してきましたが、どれも確証はなく投資家一人ひとりが自分で情報収集・判断する必要があります。

リップル(XRP)の主な魅力
  • 金融商品としてだけでなく国際送金手段にもなりうる
  • 発行主体・管理主体がハッキリしている信頼性の高さ

上記に魅力を感じた方は、今後の推移や流れに注目しつつ、投資を始めてみるのも良いかもしれません。

参考サイト

リップル(XRP)で仮想通貨(暗号資産)取引を始める方法

書類

これから取引を始める方向けに、トレードを始めるまでの手順を紹介していきます。ここで紹介するのは一般的な流れなので、詳細は各会社の公式ページで確認されてください。

基本的な手順
  1. 希望の取引所や販売所で口座開設をする
  2. 公式HPで必要情報を入力
  3. 本人確認書類の提出・審査
  4. 口座開設手続き完了
  5. 日本円を口座に入金する
  6. 通貨を購入する
 業者によっては口座開設までに数日かかる場合もあるので、早めに口座開設手続きだけでも済ませておくとスムーズです。

またシステム障害リスクに備えて、複数の会社で口座開設をしておくと取引チャンスを逃してしまう心配もありません。

各業者によってツールやアプリの使い心地、取り扱い通貨などが異なるので自分に合った業者を見つけましょう。

リップル(XRP)の取引をする際の注意点

最後に、これからリップル(XRP)でトレードを始める方に向けて取引時に注意すべきポイントをいくつか紹介していきます。

基本的な注意点から実践的なものまで幅広く解説しています。取引に向けた最終ステップとしてぜひ参考にされてください。

少額から投資を行う

コイン

他の投資を行うときにも言えますが、いきなり大金を投入するのではなく、少額から投資を行いましょう

 生活費を投資に使ったり、借金して投資資金を作ったりするのもやめましょう。

余裕資金を使って投資を行うことで、気持ちにも余裕が生まれ、注文判断時の余計な焦りや感情を排除できます。

「取引に必要な知識や経験を着実に身につけていくためにも、余剰資金で少しずつ投資を行っていくのがおすすめですよ。」

分散投資を行う

一つの金融商品に自分の資金を全額つぎ込んでしまうと、失敗したときのリカバリーが難しくなります。

よって、「リップル(XRP)は今後価値が上がりそう」「リップル(XRP)って良さそう」こんな風に思っても、ひとつの金融商品に投資をするのは控えた方が安心です。

いくつかの仮想通貨に分散投資をすれば、全体のリスクを抑えられます。分散投資におすすめの仮想通貨には、主に以下のようなものがあります。

リップル(XRP)以外の仮想通貨例
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • モナコイン

コツコツと利益を積み重ねる工夫をしていきましょう。

テクニカル分析だけに頼らない

チャートと電卓

仮想通貨は発行主体を持たないものも多く、特定の国や地域、企業の影響を受けにくい特徴があります。しかし、リップル(XRP)はリップル社が発行・管理をしている通貨です。

 そのため、今後の価格も発行元企業の動向に影響を受ける可能性が高いでしょう。

チャートの動きを分析し、今後の流れを予測するテクニカル分析だけでは投資判断をするのに十分とは言い切れません。

リップル社やライバル企業の動向や経営状態を分析するファンダメンタル分析も行って、最終的な決断をしていきましょう。

「日頃からの情報収集も大切ですね。」

リップル(XRP)の今後に関するよくある質問

リップル(XRP)とはどんな仮想通貨?
発行主体を持たないビットコインとは異なり、リップル社が発行しています。発行主体や管理主体がハッキリとしている中央集権的な仮想通貨と言われています。メリットもデメリットもあるため、しっかりと把握した上で取引に進むようにしましょう。
リップル(XRP)の今後の価格予想はどうなる?
国際送金手段としてどこまでメジャーな存在になれるのかどうか、ネットワークをどこまで広げられるかが価格変動に大きく影響を与えると予想できます。
また、発行主体がハッキリしているので、仮想通貨ではなく有価証券の一種ではないかという論争も行われています。今後の動向にもご注目ください。
リップル(XRP)の取引をするのにおすすめの業者はどこ?
国内業者であれば、bitFlyer、Coincheck、DMM Bitcoinがおすすめです。信頼性を考えるのであれば、海外業者よりも国内業者を利用するのが良いでしょう。
リップル(XRP)で仮想通貨取引するメリットやデメリットは何?
今後、仮想通貨としてだけでなく国際送金手段としても知名度を上げていく可能性があるのがメリットです。
それに対してデメリットは発行主体がハッキリしているので、発行元企業の経営状況や動向に影響を受ける可能性がある点です。
リップル(XRP)以外におすすめの仮想通貨はある?
仮想通貨として歴史が古く、知名度も高いビットコインは分散投資先としておすすめです。
他にはイーサリアム、モナコイン、ライトコインなどのアルトコインも知名度が高く、今後価値が上がる可能性があります。
リップル(XRP)の取引をする際の注意点は?
「価格が上がるはず」と思っても、自己資金を全額リップル(XRP)につぎ込むのはやめましょう。小額投資から始めて、資金に余裕ができても分散投資を行っていくのがおすすめです。

まとめ

今回は、仮想通貨のひとつであるリップル(XRP)について、今後の動向やおすすめの取引所などをご紹介しました。

リップル(XRP)はビットコインとは異なり、発行主体や管理主体がハッキリとしている仮想通貨です。リップル(XRP)は名前の通り、リップル社が発行しています。

すでに発行済みの通貨を流通させているかたちなので、マイニング作業が必要なく送金スピードやコスト面で優れています。

なので今後は仮想通貨のひとつとしてだけでなく、国際送金手段としての実用性も高まってくると予想できます。また国際送金手段としての価値が上がれば、価格が上がる可能性もあるでしょう。

「今回ご紹介した内容を参考に、リップル(XRP)に将来性に期待している方は、取引所や販売所で口座開設をして投資を始めてみてはいかがでしょうか。」
おすすめの記事