不動産売却 一括査定サイト

戸建て住宅やマンション、土地を売りたいと思っていても気軽にできることではありません。コンビニに行くような感覚で、近所の不動産屋に行くには気が引けますよね。

  • 不動産売却するならどこがいいの?
  • 不動産売却を考えているけど、流れがわからない。
  • 不動産売却にかかる費用・必要な書類を知りたい。
  • 今住んでる家と土地を売って、田舎へ引っ越したい。

不動産売却を考えている方の中には、上記のような不安や疑問を抱えている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、おすすめの不動産一括査定サイトを紹介します。

この記事でわかること
  • おすすめの不動産一括査定サイト
  • 不動産売却の流れ
  • 不動産売却の際にかかる費用・必要書類
  • 一括査定サイトのメリット・デメリット
  • 一括査定サイトの選び方

一括査定サイトを利用すれば、対象物件の査定額が分かり、依頼したい不動産会社の候補を見つけられる可能性が高まります。不動産売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産売却におすすめの一括査定サイト6選

ここでは以下3つのポイントを重点的にチェックして、おすすめ一括査定サイトを厳選して紹介しています。

おすすめ一括サイトのポイント
  • 登録している会社の数
  • 同時依頼できる会社の数
  • 個人情報のデータの取扱い

SUUMO不動産売却

SUUMO不動産売却

SUUMO不動産売却の特徴
  • 利用者満足度91%
  • 店舗ごとの売却実績やスタッフ紹介も充実
  • 査定前に売却価格相場を確認できる
  • 大手不動産会社から地元に強い不動産会社まで、幅広く掲載

SUUMO不動産売却は利用者の満足度が91%※1を誇る不動産売却サイトです。大手不動産会社から地元に強い不動産会社まで、幅広く掲載されています。

SUUMO不動産売却のおすすめポイント①

全国のエリアごとの売却相場・売却事例・購入希望者情報を参考にしながら、複数の会社に無料で一括査定を依頼することができます。

 店舗の特徴紹介とともに店舗ごとの売却実績やスタッフ紹介などの情報が充実しています。

自分に合った依頼先を効率的に見つけることができるでしょう。売却査定ページでは査定前に売却価格相場を確認することが可能です。

専有面積、間取り、築年数、駅からの距離といった複数の掛け合わせでエリアごとの売却価格相場を確認※7できます。

提携会社が2,000店舗を超えているので、幅広い選択肢から自分に合った会社を見つけることができるでしょう。

全国の不動産を取り扱っており、10社まで不動産会社を自由に選んで査定を依頼できます(※査定可能会社数は物件所在地によって異なります)。地方の不動産でなかなか売却に結びつかない、という方も一度利用してみてください。

SUUMO不動産売却のおすすめポイント②

不動産売却は高額なお金が動くため、取引がうまくいくのか不安という方も多いでしょう。相続などで不動産を引き継いで売却活動で何をすればよいか分からないと悩む方も少なくありません。

 SUUMO不動産売却ではそのような需要に応えるため、以下のような情報を照会するコラムが公開されています。

不動産売却のコツや利用者の経験談など知りたい人にもおすすめです。

  • 不動産売却の基礎知識や押さえておきたいポイント
  • 気になる売却の流れ
  • 税金・手数料について
  • 会社の選び方

など

不動産売却に関するさまざまな情報を幅広く得ることができます。不動産売却のダンドリやノウハウを知ることで、安心して売却検討を進めることができるでしょう。

運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー
登録数 2,000社以上
同時依頼できる数 10社

出典:公式サイト
※1 調査会社調べ (2021年3月448人に対してアンケートを実施)
※7 最終掲載時の価格をもとに独自のロジックで算出しています

すまいValue

すまいValue

すまいValueの特徴
  • 不動産業界大手6社と提携している
  • 2020年度の成約件数11万件以上(6社合計)と売却実績が豊富
  • 安心・安全に取引できた割合96.7%
  • 売却成約率79.7%

すまいValueは不動産業界を牽引する大手6社と提携する一括査定サイトです。大手で比較したい方には特におすすめできます。

すまいValueのおすすめポイント①

一回の査定申込で最大6社の査定額を確認できるため、比較のしやすさが特徴の1つとなっています。また、売却活動中だけでなく、成約時・成約後のサポートも充実しているため、トラブルへの備えもバッチリです。

すまいValueの連携会社
  • 三菱地所ハウスネット
  • 野村の仲介+
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 三井のリハウス
  • 小田急不動産

長年築いてきた売却活動のノウハウによって多くの購入希望者に見てもらえるため、高い売却成約率・早期成約につながっています。

 実際に売却成約率は79.7%・平均売却期間は2.7ヶ月という実績を誇っています。

不動産業界大手と提携するすまいValueならではのメリットですね。

すまいValueのおすすめポイント②

すまいValue参加企業の店舗は全国各地にあり、6社合計の店舗数は全国で900店舗※1です。最寄りの店舗で、対面で担当者に詳しく相談することができます。

査定にかかる手数料は訪問査定・机上査定ともに無料なので、気軽に相談してみましょう。

 各地域で売却したい不動産のエリア事情に詳しい担当者に話を聞けることも大きなメリットでしょう。

相談の際には、査定以外にも以下のような不動産売却に関わる手厚いサポートが受けられます。

すまいValueで受けられるサポート
  • 仲介サポート
  • 契約やライフプランニング
  • 瑕疵や設備のトラブルに関するアフターフォロー

もちろん、店舗に足を運ぶ暇がないという方には、電話やメールでもサポートを行っているので安心です。

具体的な売却時期が決まっていない場合でも、査定依頼は可能です。物件の所有者の家族であれば、本人でなくとも査定ができます

 独自のネットワークを生かした情報ルートの活用や、不動産買取会社への紹介なども行っているため、近所に知られずに売却することも可能です。

豊富な知識と経験を積んだ営業担当が売却物件を調査し、通常3ヶ月以内で売却できると考えられる価格を提示してくれます。

運営会社 すまいValue事務局
登録数 大手6社
同時依頼できる数 6社

出典:公式サイト
※公式サイトの文言より。
※1 2021年4月10日時点(賃貸専門店舗を含む)

HOME4U(ホームフォーユー)

HOME4U

HOME4U(ホームフォーユー)の特徴
  • 厳選した約1,800社と提携している
  • 2001年開始の日本で初めての一括査定サービスサイト
  • 売却査定数累計45万件※2021年6月現在
  • NTTデータグループが運営する安心感
  • マンションや一戸建てなどの不動産の売却や土地の売却を得意としている

HOME4U(ホームフォーユー)は、サービス開始から20年の実績を持ち、売却査定数累計45万件を突破している一括査定サービスサイトです。

HOME4U(ホームフォーユー)おすすめポイント①

大手不動産会社約20社を含む厳選した約1,800社と提携しており、一度に最大6社の不動産会社に査定を依頼できます。マンションや一戸建てなどの不動産の売却や土地の売却を得意としている点が特徴です。

2001年に開始された日本で初めての一括査定サービスサイトであるため、今マ蓄積したノウハウで売却までをサポートしてくれます。

 効率的に査定価格を取り寄せることができるため、忙しい方でも自宅にいながら手間なく利用可能です。

全国から優良企業のみを選出しているので安心して取引を進められるでしょう。

さらに、査定価格が比較できるだけではなく、不動産価格の相場を知ることができます。査定の平均価格から自分の不動産の適正価格を把握することが可能です。

優秀な不動産会社や営業マンの中から、自分の物件の魅力を最大限に引き出してくれる会社を選んでください。

とにかく早く売りたいという方や不動産会社の担当者に会って話を聞きたいという方は訪問査定がおすすめです。

HOME4U(ホームフォーユー)のおすすめポイント②

情報サービス事業で業界最大手であるNTTデータグループが運営している安心感があります。

 官公庁や銀行などの日本最高クラスのセキュリティで培った安全なシステムで、大切な個人情報を確実に保護してくれるでしょう。

母体がしっかりとした会社であるため、安心、安全に利用できる点が大きなメリットです。

さらに、HOME4Uには国から不動産会社に義務付けられている「宅地建物取引士」の資格を持っているスタッフが多数在籍しています。

単なるネット上のサービスではなく、不動産のプロして売却活動がスムーズに進むようサポートしてくれるのが強みです。

悪質な不動産会社を排除してくれるので、安心して契約に進むことができるでしょう。
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
登録数 1,800社
同時依頼できる数 6社

出典:公式サイト

LIFULL HOME’S

ライフルホームズ

LIFULL HOME’Sの特徴
  • 全国の参加者数は3,304件※1
  • サービス利用者数は736万人※1
  • 匿名で簡易査定を依頼できる
  • 住まいの売却相談窓口「うるサポ」に電話で無料相談ができる

LIFULL HOME’Sは、独自の掲載基準を設けて合致する不動産会社のみを掲載しているので安心です。

悪質業者に出会う心配をせずに不動産選びができます。

情報の不具合があった場合には、 不動産会社に対してペナルティを課すなど業界の改善にも努めています。

LIFULL HOME’Sのおすすめポイント①

全国3,304社の不動産が参加しており、自分に合う会社を選ぶことができます

不動産会社の特色や意気込みがわかる情報が豊富に公開されています。

社員画像、店舗内観、外観の写真 会社の雰囲気が写真で確認できる
アイコン表示 資格所有者がいるか、どんな設備があるか、など会社の特長が一目で分かる
ココが強み!

会社ごとの得意分野が分かるので、自分の状況に合った会社を選ぶ目安になる

トピックス イベントや取扱いプランなど会社ごとのPR情報を確認できる
ひとことアドバイス
  • 売却活動のポイントなど
  • どんな人がいる会社なのかの紹介

掲載方法が見やすいよう工夫されているのが特徴です。

査定依頼できる不動産会社の詳細情報を一覧で確認できるので、時間をかけずに自分に合う会社を選びだすことが可能です。

査定を依頼した不動産会社からは、3営業日以内にメールまたは電話で連絡が入ります。

連絡が来たら直接やり取りをする中で相性を確認しましょう。

LIFULL HOME’Sのおすすめポイント②

名前や連絡先を不動産会社に知らせずに、だいたいの査定価格を知りたいという方には、匿名で査定が依頼できる「匿名査定」がおすすめです。

 個人情報の入力をする必要はなく、物件情報のみ査定を依頼して概算価格を受け取ることができます。

詳しく話を聞きたい会社が見つかった場合には、自分から連絡できます。その他の会社から電話連絡が来ることはありません。

その他、住まいの売却で分からないことがあった時には、住まいの売却相談窓口「うるサポ」がおすすめです。

LIFULL HOME’Sの専属アドバイザーが、中立的な立場でマンション売却をサポート※2してくれます。

通話料は無料なので、費用を心配する必要はありません。気軽に相談してみましょう。

運営会社 株式会社LIFULL
登録数 3254※2021年8月時点
同時依頼できる数 10社

出典:公式サイト
※1 2021年1月現在
※2 東京都のマンション限定のサポート

イエウール

イエウール

イエウールの特徴
  • 最大6社に査定が依頼できる
  • 不動産一括査定サイト国内No.1※3
  • 提携不動産会社数は1,974件を突破※3
  • 利用者数は13,000人を突破※3
  • 47都道府県に対応している

イエウールは、47都道府県に対応しており、売却成立サポート件数は年間20万件を突破している不動産一括査定サイトです。

東京商工リサーチ調べでは、不動産一括査定サイト国内No.1を獲得しており、利用者数は13,000人を突破しています。

イエウールのおすすめポイント①

イエウールの提携不動産会社数は1,974件を突破しています。最大6社から査定を比較できるので比べやすいです。

 国内の大手不動産会社はもちろん、地元密着型の優良不動産会社など、最適な査定価格を提案してくれるので安心です。

他の利用者からクレームの多い不動産会社はイエウールが契約を解除することができるので、優良不動産のみが厳選されています。

悪徳業者に出会う心配がないので、安心して不動産を探すことができるでしょう。

コラムでは、マンションや一戸建て、土地などの不動産ごとに高く売るためのコツが公開されています。

税金対策としてリフォームやリノベーション、賃貸を考えている方や、相場動向・税制・路線価を知りたい方、買取先をお探しの方におすすめです。

イエウールのおすすめポイント②

イエウールは全国の不動産の売却に対応しています。

そのため、地方の不動産を売却したい方は、都市部など一部のエリアにしか対応していない不動産一括査定サイトよりも使いやすいでしょう。

 見積から売却を依頼する不動産探しまで効率的に行えるので、今まで売却活動がうまくいかなかった方でも安心です。

入力フォームの入力にかかる時間は約1分なので、忙しい方でも隙間時間を使って気軽に査定を開始できます。

査定結果は数日以内にメール、電話、もしくはマイページに届くので楽しみに待ちましょう。

さらに、エリアだけではなく取り扱っている不動産の種類も豊富です。

  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟アパート・一棟マンション
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(ビル一室) 店舗
  • 工場
  • 倉庫 農地

農地や工場など、他の一括査定サイトでは取り扱っていないような不動産も取り扱っています。

売却方法がわからないという不動産をお持ちの方は、一度相談してみるのがおすすめです。

利用料は完全無料なので、まだ売却をするか検討中の方も、とりあえず相場を知りたいという方も気軽に利用できます。

運営会社 株式会社Speee
登録数 1,600社以上 ※2021年3月現在
同時依頼できる数 6社

出典:公式サイト
※3 公式サイトの文言による

イエイ

イエイ

イエイの特徴
  • 利用実績は400万人以上※4
  • 全国1,700社以上との取引実績は業界最多※4
  • 10年を超える健全な運営実績を持つ
  • 悪徳業者は徹底排除しているので安心
  • 24時間・年中無休で対応

イエイは、業界最多の全国1,700社以上との取引実績を持つ不動産一括査定サイトです。

国内主要大手はもちろん、地元密着の有力不動産会社など、人気の厳選した不動産会社から最大6社までを選択して査定が依頼できます。

イエイのおすすめポイント①

イエイはこれまで10年以上の運営実績を持っているため、蓄積されたノウハウで最適な不動産会社を見つけてくれます。

実際、サイト利用者の97%から「査定を依頼して良かった」と回答※4されるなど、安心感が違います。

登録者数が多ければ、中には質の悪い不動産会社も含まれているのではないか、と不安に思う方もいるでしょう。

 イエイでは、厳選された不動産会社のみが登録できるようになっており、クレームの多い不動産会社はイエイが契約を解除できます。

そのため、担当からしつこい勧誘などがあった場合にはすぐにイエイに知らせれば良いので、初めて不動産の売却をするという方も安心して利用できます。

査定はもちろん、不動産売却に関わる相談は全て無料です。費用を請求されることはないので、査定だけ受けたいという方も利用しやすいでしょう。

イエイのおすすめポイント②

イエイでは専門知識を持った専任スタッフが常駐しているため、中立的な立場から24時間・年中無休でサポートを受けることが可能です。

不動産屋さんには相談しにくい内容の悩みを抱えている方や、周りに相談できる人がいないという方におすすめです。

 相談やお断り代行サービス、査定後のフォローなど、売却に関わるあらゆるサポートを無料で受けられます。

査定に納得いかなかったけど断りにくいと感じる方は、サポートデスクの相談員が不動産会社に代行連絡して、断りの連絡をしてくれます。

査定申し込みの後は、数日後にイエイの担当者から直接電話連絡があります。

その際、査定後の状況をお伺いすることでお客様の不利益にならないよう、アドバイスが受けられるので安心です。

査定が完了したら終わりではなく、アフターフォローもしっかりしているので、納得できる売買が出来るでしょう。

困ったことがあれば、いつでも気軽に相談してみるのがおすすめです。24時間・年中無休なので、仕事で日中忙しい方も利用しやすいです。

運営会社 セカイエ株式会社
登録数 1,700社 ※2021年3月現在
同時依頼できる数 6社

出典:公式サイト
※4 公式サイトの文言による

リビンマッチ

リビンマッチ

リビンマッチの特徴
  • 東証マザーズ上場15年の運営実績
  • 年間120,000件の査定依頼・資料請求実績
  • 全国約1,700件以上の不動産から比較できる
  • 不動産査定サイト認知度No.1

リビンマッチは、不動産査定サイト認知度No.1、使ってみたい不動産査定サイトNo.1を獲得※5した一括査定サイトです。

不動産売却だけではなく、不動産買取、賃貸管理、土地活用、リノベーション、注文住宅など幅広いサービスを提供しています。

リビンマッチのおすすめポイント①

リビンマッチは、2006年のスタートから約15年の運営実績がある老舗の一括査定サイトです。

東証マザーズ上場のリビン・テクノロジーズ株式会社が運営しています。

 今までに受け付けた査定依頼や資料請求件数は累計で140,000件を突破しており、安心感があります。

大手不動産会社から地元の不動産会社まで、全国で1,700社以上の不動産が参加しているので、特色の異なる会社から最適なものが選べるでしょう。

大手不動産会社はサービスや制度が充実している、地元の不動産会社は地元ならではの売却ノウハウが豊富などの特徴があります。

どちらにもメリット・デメリットはあり、相性が合うかは人によって異なります。それらを一括で比較できるのは嬉しいポイントです。

最大6社までの不動産の査定額を見積で比較できるので、最高価格で売却を成功させることができます。

対応エリアは全国なので、都会の不動産に限らず、地方の不動産でも売却相談ができます。

今まで売却活動がうまくいかなかったという方も、一度相談してみましょう。

インターネットから気軽に依頼ができるので、忙しい方でも24時間いつでも利用可能です。最短45秒で査定依頼や資料請求ができます。

申し込みから不動産の売却まで利用料は一切かかりません。売却を迷っている方も気軽に利用できます。

リビンマッチのおすすめポイント②

不動産との契約後10分程度の電話取材に協力すれば、もれなく2,000円分のギフトカードがプレゼントされます。(終了時期は未定)

「リビンマッチ土地活用」を利用後、「リビンマッチ土地活用」の提携会社と契約した方が対象です。

お得なキャンペーンなので、契約後はぜひ申請をしてみてください。

回答した内容は体験談としてサイト内やSNS、その他当社が許可する媒体に掲載される場合がありますが、個人を特定しない形なので安心です。

運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
登録数 1400社以上、2,600事業所※2021年3月現在
同時依頼できる数 6社

出典:公式サイト
※5 【調査実施主体】株式会社マーケティング アンド アソシェイツ 2021年8月23日-24日

REGuide

REGuide

REGuideの特徴
  • 独自審査を通過した会社のみ800社以上が参加
  • 運営16年目の老舗サイトで安心感がある
  • 一度に最大10社に査定可能
  • 入力フォームはYahoo!から情報も引き継げる簡単入力

REGuideは運営16年目の老舗サイトで、独自審査を通過した会社のみ800社以上が参加しているので安心感があります。

住み替え、買い替え、空き家処分等、不動産の売却などを検討している方におすすめです。

REGuideのおすすめポイント①

REGuideは800社以上が参加しており、一度に最大10社の査定が可能です。大手から地域密着型まで、幅広く全国の不動産会社と提携しています。

16年以上の運営実績を持っているので、培ったノウハウで売却をサポートしてもらうことが可能です。

これまで売却がうまくいかなかった方もぜひ利用してみましょう。

 入力フォームはYahoo!から情報も引き継げるので、簡単に入力して査定を依頼することができます。

提携不動産会社は、すべて独自の審査に通過した会社です。悪質な不動産会社がないか常にチェックしてくれているので安心できます。

しつこい勧誘電話で悩まされる心配もありません。

元々不動産会社が立ち上げたサイトであるため、個人からプロまで幅広く利用できる一括査定サイトと言えるでしょう。

REGuideのおすすめポイント②

少しでも満足して不動産を売却するための情報が豊富です。

 売却特集記事では不動産売却に関する5つのポイントなどが公開されています。

お役立ちコンテンツでは土地総合情報システムや路線価図などのサイトが掲載されています。

サイトを開くだけで不動産に関わるあらゆる情報が手に入るので便利に活用することが可能です。

費用は全て無料で利用できるので、売却を迷っている方も気軽に利用してみましょう。

その他、不動産の価格査定の他に賃料査定のサービスも用意されています。

なかなか埋まらない空室部分を賃料査定に出せば、新たな不動産会社にテナント探しをしてもらうことが可能です。

投資用物件を保有している方はスムーズに売却することができる可能性があるので、気になる方は一度賃料査定できるかどうかを試してみましょう。

運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
登録数 800社以上
同時依頼できる数 10社

出典:公式サイト

おすすめ不動産一括査定サイト登録業者数比較ランキング

※本記事で紹介した一括査定サイトの中で登録業者数が多い順に記載しています。
※情報は2021年3月16日時点のものです。最新のものとは異なる場合があります。

第1位:LIFULL HOME’S(3,254社※2021年8月時点

ライフルホームズ

LIFULL HOME’Sのおすすめポイント
  • 提携会社は3,254
  • 不動産会社の詳細情報を知ることができる
  • 実績と提携している不動産会社が多い

第2位:イエイ(1,700社)※2021年3月現在

イエイ

イエイのおすすめポイント
  • 不動産のタイプや地域から最適な不動産会社を探してくれる
  • イエローカード制度がある
  • 利用者数が400万人

第3位:イエウール(1,600社以上) ※2021年3月現在

イエウール

イエウールのおすすめポイント
  • 月間の利用者が13,000人以上いる
  • 査定の画面がシンプルで操作しやすい
  • 地方の中小不動産会社と提携強化している

※出典:東京商工リサーチ

不動産一括査定サイトの選び方5つのポイント

不動産売却の第一歩として、一括査定サイトの利用がおすすめです。

一括査定サイトを利用する場合、どのような点を重視して選べばよいのでしょうか?

不動産一括サイトは全部で20以上あると言われています。すべてを試していたらいくら時間があっても足りません。ここでは不動産一括サイトの選びのポイントを5つに絞って紹介します。

不動産一括査定サイトの選び方ポイント
  1. 提携(参加)している不動産会社
  2. 得意分野や対象エリア
  3. 提携している不動産会社の質
  4. 個人情報が厳しく管理されているか
  5. 評判や口コミ

提携(参加)している不動産会社

会社

一括査定サイトの多くは、1,000社以上の不動産会社と提携してサービスを提供しています。この中から、候補となる不動産会社を6社ほどに数を絞って査定価格を比較します。

不動産会社には、大手・中小・地域密着などそれぞれ特徴があります。
 不動産一括サイトを利用する際には、会社の規模だけに惑わされず、売りたい物件を得意としている会社を選ぶことが大切です。

会社の規模で選んでしまうと失敗する可能性もあります。複数社に査定を出せるため、特徴の異なる会社で比較してみるのも良いでしょう。

得意分野や対象エリア

不動産会社によって、得意分野にも違いがあります。一戸建て・マンション・投資用物件など、特定の分野に強い会社に依頼すれば相場よりも高く売れる可能性が高くなる可能性があります。

 得意分野を見つける方法は、一括査定サイトや提携している不動産会社の過去の実績や口コミをチェックすることが大切です。

また、対象エリアをどこまでカバーしているかもチェックしましょう。

都市部が中心で、地方や人口が少ない田舎の地域は対象外のところもあります。

提携している不動産会社の質

質

提携している不動産会社の数が多いことをアピールしているところもありますが質も大切です。稀に、評判の良くない会社が含まれている可能性があるからです。

 「断ってもしつこく営業の電話がある」「しつように契約を迫る」ような会社があれば、査定サービスを利用するメリットはあまりありません。

一括査定サイトでは、提携している不動産会社について説明していることが多いです。

 例えば、「クレーム多い会社とは契約を解除している」「設立から10年以上の会社に絞って選んでいる」などがあります。

一括査定サイトを選ぶ際には、どのようにして提携する不動産会社を選んでいるかをしっかりとチェックしてくださいね。

個人情報が厳しく管理されているか

不動産一括査定サイトでは、そのほとんどが住所や電話番号など個人情報を記入します。

個人情報の扱いについてしっかりと説明されているところを選ぶようにしてください。

個人情報に関しては基本的にどの会社でも厳重に管理されています。ホームページなどを参考にセキュリティ面の安全性が判断できる会社かどうかを確認しましょう。

評判や口コミ

評判

サイトの評判や口コミは、実際に利用した人の体験を聞ける貴重なものです。

身近に不動産売却を経験した人がいない場合は、SNSなどでサイト名で検索してみるのも方法の一つです。
 ネット上の口コミや評判は必ずしも真実が書かれているわけではありません。

インターネット上の評判や口コミはあくまで参考程度に考えるようにしましょう。

一括査定サイトを利用するメリットとデメリット

不動産の一括査定サイトとは「売りたい物件(家や土地)がいくらで売れるか?」を複数の不動産会社で比較できるサービスです。

前提としてサービスを利用するために料金はかかりません。

もちろん不動産会社の予想額なので、必ずその額で売却できるとは限りません。ただしある程度の売却額や相場を知りたい方にとってはメリットが大きいでしょう。

 査定内容や対応が良い不動産会社があればそのまま依頼することも可能です。

不動産一括査定サイトを利用するメリット

不動産一括査定サイトを利用することによるメリットは以下が挙げられます。

不動産一括査定サイトを利用するメリット
  • 無料で利用できる
  • 複数の不動産会社の査定を知ることができる
  • ネット上で簡単に査定依頼ができる

無料で利用できる

無料

査定サービスを利用するだけであれば、基本的に費用はかかりません。査定結果を無料で知ることができます。

 サービスを運営している会社のほとんどは不動産会社から広告費を得ています。それが無料で利用できる大きな理由の一つです。

サイトを通して契約が成立すれば、手数料が入ってくる仕組みを取り入れている場合もあるでしょう。

売りたい人は無料で利用できる」「不動産会社は見込み客をみつけられる」と両者にメリットがあります。

その仲介をしているのが一括査定サイトですね。

複数の不動産会社の査定を知ることができる

一括査定サイトには大手から中小、地域に密着した不動産会社までさまざまです。

査定額は大手が必ずしも良いとは限りません。場合によっては、地域密着の中小企業の方が良い査定額を提示してくれることもあるでしょう。

依頼できる会社の数は6社前後が多いようです。試してみたい不動産会社を選んで査定を一括で依頼できます。

ネット上で簡単に査定依頼ができる

ネット

一括査定はインターネットで利用できるサービスです。

 自宅に居ながら気軽に売却したい不動産の査定依頼を出すことができます。

一社一社依頼すれば時間も手間もかかります。大手の不動産会社であれば電話予約も必要かもしれません。また不動産会社が近所にあったとしてもすぐに対応してくれるとは限りません。

一括査定サービスを利用すれば、土日祝日でもパソコンやスマホを見ながら気軽に依頼することもできるでしょう。

ここでは考えられる不動産一括査定サイトの主なデメリットを2つ紹介します。

電話がかかってくる可能性がある

不動産一括査定サイトに登録すると、不動産会社から電話がかかってくるこもあります。査定結果について具体的に話をするためです。

 基本的に断ればそれ以降しつこく電話がかかってくることはありません。

売却する意思がない場合は早い段階で断ることも大切です。

査定額が曖昧なことがある

査定額が高くてもその通りになるとは限りません。なぜなら、最終的な価格は売る人と買う人の交渉で決まるからです。

一括査定では双方の事情を考慮したところまでの査定は難しいでしょう。
 「ある程度の相場を知りたい」「どんな不動産会社があるのかを知りたい」など目的次第で一括査定は便利です。

不動産一括査定サイトを利用して少しでも高く売るために

価格の相場が適切か把握しておく

不動産一括査定サイトを利用して少しでも高く売るために計算する人の画像

複数の不動産会社に査定を依頼すれば、適正な査定価格を知ることができます。査定価格は売り出し価格を決める上で、重要な参考資料です。

 なぜなら、不動産の売却時には、売りたい価格の相場が適切かどうかを把握する必要があるからです。

高い査定価格を出した不動産会社が最も良い会社だと考える方もいるでしょう。しかし、相場とはあまりにもかけ離れた査定価格を提示する不動産会社には注意が必要です。

その査定額を信じて売出価格を設定しても、なかなか売れない状況になる可能性があります。では、査定価格からどのようにして不動産の適性価格を判断すれば良いのでしょうか。

不動産の適正価格の判断方法は?

例えば5社に査定を依頼した場合を考えてみましょう。

1社だけがかなり高い価格を提示していても、他の4社が同じような価格帯で査定を出していれば、その4社の価格が適正な価格水準と言えます。

このように、複数の不動産会社に査定を依頼して比較すれば、不動産に知識の無い方でも簡単に適正価格を知ることができるのです。

このことは、不動産一括査定サイトを利用する最大のメリットと言えるでしょう。

相性の良い不動産会社の担当者に任せる

不動産一括査定サイトを利用して少しでも高く売るために担当者と握手する画像

相性の合わない担当者と売却活動を行っても、うまく活動が進まない可能性があるので注意が必要です。

 一括査定サイトなら、複数の不動産会社に査定依頼して相談して相性の良い不動産会社に出会えることができます。

1社1社問い合わせるのではなく、同時に複数の不動産会社とやり取りすることで効率よく良い担当者を探せるのがメリットです。

例えば、以下のような特徴を持つ不動産会社であるか、チェックしてみましょう。

  • 営業担当者の対応が良い連絡や報告が早い
  • 売却のために積極的に提案してくれる
  • チラシやインターネット広告に熱心である

少しでも効率よく不動産売却を進めるためにも、査定は必ず複数の不動産会社に依頼することをおすすめします。その他、不動産会社によっては売却実績や会社の特色などをサイトで公開している場合があります。

アパート等の賃貸仲介に力を入れている会社なら、売却の実績はあまりないかもしれません。確実な売却に結びつけるなら、自分の売りたい不動産の売却実績が豊富な不動産会社を選ぶのがおすすめです。

不動産一括査定サイトを使うと、自分が知らなかった、優良企業に出会える可能性があります。

不動産一括査定サイト利用時の注意点

不動産一括査定サイトを利用する場合、2つほど気をつけるべき主なポイントがあります。ここでは、不動産一括サイトの注意点を紹介します。

他社と比べて高い査定になる会社がある

比較

比較をしていると価格に差が生まれます。

査定額が高い会社に目が行ってしまいますがすぐにその会社に絞るのはおすすめしません。

なぜその価格が提示されているのか、他社との比較を通してしっかりと考えてみましょう。わからない場合は不動産会社に聞いてみるのも良いでしょう。

 不動産会社は価格の根拠を示さなければならないため、理由を教えてくるはずです。

合理的な理由がなければ他の会社も検討した方がいいかもしれません。

一括査定サイトは利用しすぎないようにする

たくさん利用した方が、より多くの査定が分かるのでいいような気がしますが、たくさん査定すればそれだけ候補となる不動産会社が増えます。

 多くの会社から電話がかかってくるようになり、対応ができなくなるおそれもあります。

ある程度は利用するサービスを絞って不動産売却を進めることをおすすめします。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れは以下のようになっています。

不動産売却の流れ
  1. 売却を扱っている不動産会社の目星を大まかにつけておく
  2. 査定サイトで不動産会社ごとの査定価格を出す
  3. 各社の査定価格を決定し、不動産会社へ

この流れを見てもわかるように、一括査定サイトで売却予定の不動産の金額を大まかに知っておくことは非常に重要です。

不動産売却はどんな会社でできる?

大手・中小を合わせると日本にはたくさんの不動産会社があります。

不動産に関すること全般を扱っている会社もあれば、不動産売却に特化した会社もあります。

ここでは不動産売却はどんな会社で行えるのかイメージをつかんでいただくために、大手不動産会社を3つ紹介します。

東急リバブル

東急リバブルは顧客満足度94%を誇る大手不動産会社です。

全国対応なので、地方に住む方でも問題なく利用することができます。

東急リバブルは東急線沿線の物件に強い会社です。東急線沿線もしくは付近で不動産売却を検討されている方は、一度問い合わせてみてはどうでしょうか。

公式ページの文言によります。

ピタットハウス

ピタットハウスは日本全国650店舗を構える不動産会社です。650店舗のネットワークを生かすことにより、不動産売却を効率よく進めるお手伝いをしてくれます。

ピタットハウス独自の取組み
  • マイホームオークション
  • スイッチ45
  • リースパック
  • つなぎローン
  • 売却・賃貸W査定

ピタットハウスには、上記のような独自のサービスを展開しています。さまざまな要望に対して柔軟に答えてくれる不動産会社だと言えるでしょう。

三井のリハウス

三井のリハウスは、売買仲介取扱件数34年連続No.1を誇る不動産会社です。

リハウスAI査定では、過去の取引案件から推定成約価格をすぐに算出してくれます。

三井のリハウス公式ページには、不動産売却に関するコンテンツが掲載されています。不動産売却が初めての方はぜひ参考にしてください。

公式ページの文言によります。

不動産売却にかかる費用や必要書類は?

一括査定で相場が分かっても、物件が売れたら費用がかかります。また書類は何が必要なのでしょうか?

ここでは、不動産売却にかかる費用と必要な書類についてまとめていきます。

不動産売却にかかる費用

費用

不動産売却を進める過程で必要となる費用には、以下のようなものがあります。

不動産売却にかかる主な費用
  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 抵当権抹消費用
  • 住宅ローン返済手数料
  • 税金
  • 引越やハウスクリーニング、解体費用など

仲介手数料は、不動産会社に支払う費用です。不動産会社は物件を売るために、チラシを出したり、不動産関連の雑誌やサイトに掲載したりします。

これらの費用も仲介手数料に含まれています。
 仲介手数料は、不動産会社が一方的に決められるものではなく売買価格に応じた上限が法律によって決められています。

印紙税は売買契約書を作成するための費用です。紙の契約書を使う場合であって、抵当権や住宅ローンなどがあれば発生します。住宅ローンを借りている銀行などに問い合わせて確認しましょう。

税金は不動産が売れた場合かつ利益が出たときに支払う譲渡所得税です。実際の売買価格によって決まります

他にも、住宅をクリーニングしたり、引越をしたり、住宅を解体するのであれば、解体費用などがかかります。

不動産売却に必要な費用は物件の状態や売買価格によって違いがあるため、具体的に話を進めていく過程で金額の目安を不動産会社に相談してみるようにしましょう。

不動産売却に必要な書類

書類

不動産売却に必要な書類には、以下のようなものがあります。

主な必要書類
  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 登記済権利書、または登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

住宅ローンがある場合は、ローン残高証明書またはローン返済予定表なども必要です。

おすすめの不動産売却に関するよくある質問

不動産売却におすすめなのは?
不動産売却におすすめなのは、すまいValueです。「不動産業界大手6社と提携している」、「2020年度の成約件数11万件以上(6社合計)と売却実績が豊富」「安心・安全に取引できた割合96.7%」「売却成約率79.7%」といった特徴があり、おすすめできる理由となっています。
不動産売却はどんな会社でできるの?

不動産売却は、不動産に関することを扱っている会社であれば取り扱い可能です。ただし、不動産といってもそれぞれの会社に得意分野というものがあります。

不動産売却をしたいのであれば、不動産売却に特化した会社を選ぶのがいいでしょう。

一括査定サイトのメリットは?

一括査定サイトのメリットとして、「無料で利用可能」「複数の不動産会社の査定を知ることができる」「ネット上で簡単に査定依頼ができる」などがあげられます。

忙しい人は、ネットで査定依頼をすることで時間を上手に使うことが可能です。

一括査定サイトのデメリットは?

一括査定サイトのデメリットとして、「電話がかかってくる可能性がある」「査定額があいまいになってしまうことがある」の2点があげられます。

不動産一括サイトに登録すると、不動産会社から「売りませんか?」といった連絡が頻繁にくることもあるため、注意が必要です。

一括査定サイトの選び方は?

選び方のポイントとして、「提携(参加)している不動産会社」「得意分野や対象エリア」「提携している不動産会社の質」「個人情報が厳しく管理されているか」「評判や口コミ」があげられます。

特に個人情報に関する管理は大切です。信頼できる会社かどうかは、口コミなどにもあらわれますので、チェックしてみましょう。

一括査定サイトを使うときの注意点は?

一括査定サイトを使うときの注意点として、「他社と比べて高い査定になる会社がある」「一括査定サイトは利用しすぎないようにする」の2点があげられます。査定額が高い方がよいと思うのは早計です。

理由をしっかり聞いて納得できるものであるかが重要です。一括査定サイトは利用しすぎると、電話がかかってきてしまうこともあるため、最小限に抑えるのがいいでしょう。

不動産売却にかかる費用や必要書類は?

不動産売却にかかる費用は、「仲介手数料」「印紙税」「抵当権抹消費用」「住宅ローン返済手数料」「税金」「引越やハウスクリーニング、解体費用など」があります。不動産会社によって価格設定は異なるでしょう。

必要書類は、「身分証明書」「実印」「印鑑証明書」「住民票」「登記済権利書、または登記識別情報」「固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書」です。

まとめ

今回は不動産売却におすすめの一括査定サイトを5つ紹介しました。不動産売却を効率よく進めるためには、無料で利用可能な不動産一括査定サイトが大変おすすめです。

不動産一括査定サイトを利用すれば、ホームページから24時間いつでも不動産の見積もり依頼を複数の業者に出すことができます。

本記事では、不動産一括査定サイトの選び方や利用する際の注意点、売却に必要な費用や書類まで詳しく解説しました。

登録会社数が多い順に査定サイトをランキングで記載しています。不動産売却を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめの記事