即日お金を借りたい方必見!今すぐ借りるおすすめの方法10選

失業や病気など急遽お金が必要になるケースもあるでしょう。そんなときに、どうやってお金を工面するかに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、お金を借りるおすすめの方法を目的別に計10個紹介します。すぐにお金が必要な方はぜひ参考にしてください。

お金を借りるときに気をつけたい注意点も解説していますよ。

【即日対応】今すぐにお金を借りる5つの方法

即日でお金を借りられる方法を5つ紹介します。

即日対応!今すぐお金を借りる5つの方法
  • 消費者金融系カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋
  • ゆうちょ銀行の自動貸付
  • 親族・友人・恋人

では、詳しく解説していきます。

消費者金融系カードローン

【即日対応】今すぐにお金を借りたい!おすすめの方法5選

お金を借りると聞くと、カードローンをイメージする方も多いでしょう。その中でも消費者金融系カードローンであれば即日借入が可能です。借入方法もATM利用や振込など様々です。

なお、カードローンは大きく3種類に分かれます。それぞれの特徴をまとめました。

種類 即日融資 特徴
消費者金融系 可能 ローンサービスに特化
信販系 一部可能 独自サービスが付加
銀行 不可 総量規制対象外

即日借入を求める方は消費者金融系カードローンを選びましょう。

一部の信販系カードローンも即日借入ができますよ。

クレジットカードのキャッシング

キャッシング枠付きのクレジットカードを保有している方は、キャッシング機能を利用しましょう。コンビニATMなどで簡単に借りられます。融資枠内であれば別途審査もありません。

 キャッシング枠がついていない場合は、キャッシング枠をつけるための審査が必要です。

キャッシング枠の審査期間は目安としておよそ1週間ほどかかります。

いざという時のために利用できるよう事前に申し込んでおくと便利です。

質屋

【即日対応】今すぐにお金を借りたい!おすすめの方法5選

質屋の利用も即日借入する際の選択肢となるでしょう。物品を担保にして、担保の価値により借りられる金額が決まります。借入期間は原則3ヶ月で期間内に返済できなければ質流れとなります。

 質流れとは、担保として預けた物品の所有権が質屋に移ることです。

なお、3ヶ月以内に返済ができなくても利息分さえ支払えば借入期限を延長してくれる業者が多いです。質屋では以下のようなものを担保品として預けられます。

主な担保品
  • 貴金属(金・プラチナなど)
  • ブランド品(バッグ・財布など)
  • アクセサリー類
  • PC・スマートフォン
  • カメラ
  • ブランド付きのウイスキー・焼酎など酒類

    ゆうちょ銀行の自動貸付

    ゆうちょ銀行に口座がある方は、貯金を担保に現金の借入ができます。担保にできるのは以下の2種類の貯金です。

    対象となる貯金
    • 担保定額貯金
    • 担保定期貯金

      自動貸付制度は定額貯金や定期貯金に申し込むと自動で契約されます。審査や手続きはありません。

      利用方法はATMで通常通りにお金を引き出すだけです。残高以上を引き出した場合は通帳にマイナス表記で記帳されます。

      借入期限は2年間で、貯金額の90%まで借り入れできます。

      ※2年以内に担保の貯金が万期を迎える場合は、その満期まで

      親族・友人・恋人

      【即日対応】今すぐにお金を借りたい!おすすめの方法5選

      親族や友人、恋人など頼るあてがある方は相談してみましょう。個人間の貸し借りなので面倒な手続きもなく、貸出人次第では即日対応してくれるでしょう。

      ただし、トラブル防止のためにも借用書を作成しておくと便利です。後々にお互いの主張のズレを防げるでしょう。

      便利な方法ではありますが、人間関係悪化の原因にもなり得るので、頼る際は十分に注意してください。

      【無職OK】カードローン審査に通らない人がお金を借りる3つの方法

      ここからは無収入でカードローン審査に通らない方などにおすすめのお金を借りる方法を3つ紹介します。

      生命保険の契約者貸付制度

      【無職OK】カードローン審査に通らない人がお金を借りる方法3選

      生命保険に契約している方は、解約返戻金を担保とする契約者貸付制度を利用できます。解約返戻金が担保なので審査もありません。最短即日での貸付に対応している業者も多く、急ぎの際にも利用できます。

       生命保険に加入していても解約返戻金がないタイプ(掛け捨てタイプ)の場合はこの制度は適用外となります。

      借りられる金額はおおよそで解約返戻金の70〜90%です。この制度を利用する場合は、貸付制度なので利子が発生する点に注意しましょう。

      求職者支援資金融資

      失業者の方は求職者支援資金融資が利用できます。この制度は職業訓練受講給付金を受給する方が対象です。職業訓練受講給付金だけでは生活費が不足すると判断された場合に融資を受けられます。

      対象者は以下2つの要件をいずれも満たす方です。

      求職者支援資金融資の受給要件
      1. 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
      2. ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方

        ハローワークで手続きを行い、その後にハローワーク指定の金融機関で貸付手続きをするという流れです。貸付額と期間は以下の通りです。

        貸付額と期間
        • 単身者…月額5万円(上限)×受講予定訓練月数(最大12ヶ月)
        • 整形を共にする配偶者、子、父母のいる方…月額10万円(上限)×受講予定訓練月数(最大12ヶ月)

          利息は年率3.0%の低金利で、担保人・保証人不要で融資を受けられるのが大きなメリットです。

          職業訓練の受講を検討している方は活用しましょう。

          生活福祉資金貸付制度

          生活福祉資金貸付制度は、低所得者高齢者障害者の生活を経済的に支える制度です。代表的な資金としては、以下の2つがあります。

          総合支援資金

          世帯の生活再建を支援する制度です。生活支援費住宅入居費一時生活再建費の3つに分けられます。それぞれの支援費用の特徴を以下にまとめました。

          項目 特徴 貸付上限
          生活支援費 生活再建のための就職活動を行う間の生活費 単身世帯:月額15万円
          複数世帯:月額20万円
          住宅入居費 住宅の賃貸契約を結ぶための費用 40万円
          一時生活再建費 一時的に必要な日常生活費 60万円

          利子に関しては、連帯保証人を立てられる場合は無利子、連帯保証人なしの場合は年率1.5%となっています。

          緊急小口資金

          休業された方など、緊急的に生計維持が困難となった場合に少額の費用を貸付してくれる制度です。上限は10万円までとなり、申請が通れば1週間ほどで借入できます。

          なお、新型コロナウイルスの影響を受けた方に関しては、貸付上限が20万円に拡大しています。

          上限20万円の申請期間については2021年11月末までです。

          詳細については、厚生労働省の公式サイトや各自治体へ問い合わせをしてみましょう。

          コロナウイルス関連でお金を借りたい方におすすめ方法2つ

          新型コロナウイルスの影響でお金を借りたい方におすすめの方法を2つ紹介します。

          新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

          新型コロナウイルス感染症の影響により休業させられた労働者のうち、賃金(休業手当)を受けられなかった方に対しての給付金です。支給額については以下の通り算定できます。

           休業前の1日当たり平均賃金×80%×(各月の休業期間日数ー就労したまたは労働者の事情で休んだ日数)

          参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

          企業の規模や休業した期間により申請期限が異なります。休業期間が2021年6月までの申請については2021年9月末が申請期限です。該当の方は必要書類を揃えて申請しましょう。

          申請はオンラインまたは郵送で可能です。

          詳細は厚生労働省の公式サイトをご確認ください。

          子育て世帯生活支援特別給付金

          新型コロナウイルス感染症が長期化する実情を踏まえて、低所得者の子育て世帯に対しての特別給付金です。

           児童1人につき一律5万円が支給されます。低所得世帯は申請不要、直近で収入減があった世帯については要申請です。

          新型コロナウイルスの影響を受けて、家計が急変した(収入が著しく下がった)家庭は原則申告が必要になります。

          申請が必要な対象者の方は、速やかに申告しましょう。申請は居住地域の自治体で可能です。

          対象者かどうか、申請が必要かどうかは各自治体に問い合わせてみるのが確実です。

          今すぐお金を借りたいならカードローンがおすすめ!

          様々お金を借りる方法を紹介してきましたが、すぐにお金を借りたい方はカードローンがおすすめです。カードローンの主なメリットは以下の4つが挙げられます。

          カードローン利用のメリット
          1. 無担保・保証人不要
          2. 即日借入も可能
          3. 借入金の目的に制限なし
          4. 返済・借入が柔軟

            ①無担保・保証人不要

            今すぐお金を借りたいならカードローンがおすすめ!

            どのカードローンであっても、担保や保証人が要りません。保証人を立てずに借りれられるのは、頼る方がいない場合には大きなメリットと言えます。

            担保も必要ないので、自身の信用さえあれば借入可能です。

            自身の信用が重要なので、日頃からクレジットカードの引き落としなどで支払い延滞をしない安定した収入があるなど信用力を上げておきましょう。

            ②即日借入も可能

            消費者金融系信販系では即日借入できる業者もあります。特に消費者金融系では即日融資してくれる業者が多く、借入までの時間も最短30分〜1時間ほどです。

            最短30分であれば、切羽詰まった状況でも利用できるでしょう。

             誰もが最短30分融資を受けられるわけではありません。審査時間が長くかかる場合もあります。

            銀行カードローンの場合は即日融資には対応していませんが、翌日融資に対応している業者は多いです。1日待てる場合は、銀行カードローンも選択肢に入ってきます。

            ③借入金の目的に制限なし

            今すぐお金を借りたいならカードローンがおすすめ!

            借りたお金はどのような目的にも使えます。生活資金の足し、旅行用の資金、入院のための費用、冠婚葬祭など人それぞれに合った目的で使えます。

            カードローンとは別に、住宅ローンや教育ローンなどはその目的にしか利用できません。

            用途が決まっているため金利は低めですが、目的外には使えない点がデメリットです。

            ④返済・借入が柔軟

            カードローンでは、融資枠内であれば借入・返済に制限がなく柔軟にお金のやりくりができます。例として、借入金の返済途中に結婚式出席など急な出費がある場合でも新たに借入することで対応可能です。

            ただし、返済が滞ると利息は膨らんでいくので注意しましょう。

            最短即日融資対応!おすすめカードローン4選

            [cardloanosusume]

            【掲示板は危険?】お金を借りるときに気をつけたい4つの注意点

            ここまでお金を借りる方法を紹介してきましたが、注意点もあるので解説します。

            違法業者は利用しない

            【掲示板は危険?】お金を借りるときに気をつけたい4つの注意点

            賃金業者の中には、国もしくは都道府県の登録を受けずに無登録で営業している業者がいます。いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる業者であり、以下のような特徴があります。

            ヤミ金の特徴
            • 違法な金利で貸付
            • 取り立て方法が悪質

              ヤミ金からお金を借りると、法外な高金利であっという間に利息が膨らみます。取り立て方法も強引で、家族など周囲の方々にも被害が及ぶ可能性もあるようです。

              ヤミ金業者は利用してはいけません。無審査を謳っている賃金業者はヤミ金である可能性が高いです。

              無審査という甘い言葉に惑わされないようにしましょう。

              掲示板による個人間融資は利用しない

              インターネット上の掲示板で、個人間でお金の貸し借りを行なっている方々がいます。こういった掲示板を通じての借り入れはやめましょう。

              中には本当に善意で行なっている方もいるかもしれません。しかし、多くの場合でトラブルに巻き込まれてしまいます。個人のフリをしたヤミ金業者の場合や詐欺の場合もあります。

              わいせつ行為を強要してくる事例もあるようです。

              リスクの方が高いので、個人間融資の掲示板は利用しないようにしましょう。

              返済期限をしっかり守る

              【掲示板は危険?】お金を借りるときに気をつけたい4つの注意点

              決められた返済期限は必ず守りましょう。賃金業者からの借入に関しては、期限を守れないと遅延損害金と呼ばれる追加費用が発生します。信用情報にも傷がつき、次回以降の借入も不利に働くでしょう。

              親族・知人から借りる場合も、期限を守らないと信用を失ってしまうでしょう。

              多重債務をしない

              返済期限は守らないといけません。しかし。返済期限が迫っているからといって他の業者から借りるのはNGです。

               複数の賃金業者から借入することを多重債務と呼びます。

              多重債務をすると利子も膨らみ、余計に返済完了が困難となります。

              借入をする際は、必要な分だけ借りて返済計画を立てることが大切です。

              【よくある質問】総量規制とは?債務整理中に借りられる?

              お金を即日借りたい方におすすめの方法は?
              消費者金融系カードローンがおすすめです。多くの業者で即日融資に対応していて、借りる際に担保や保証人は必要ありません。借りる方法もコンビニのATMや振込など様々あり便利です。融資枠内であれば、借入と返済が柔軟な点も特徴です。
              おすすめのカードローンは何ですか?

              プロミスです。消費者金融系のカードローンで、申し込みから借入まで全ての手続きがスマホアプリで完結するのが特徴です。初回利用時は、無利息期間が利用翌日から30日間あります。

              50万円以下の借り入れなら、収入証明が原則不要で借入しやすいです。上限金利は17.8%と、大手の同業他社と比べると低い点もメリットと言えるでしょう。

              カードローンの審査は甘いですか?
              カードローンの審査基準は各社公表していないため、審査が甘いかどうかは一概には言えません。一般的には、安定収入があり、過去に金融事故を起こしていない場合は審査に有利に働くと言われています。
              総量規制とは何ですか?
              賃金業者から借入できる金額の上限に関する法律です。借入する本人の年収の3分の1までしか借りられないというものです。年収300万円の方は3分の1の100万円までしか賃金業者からは借入できません。なお、銀行からの借入は総量規制の対象外です。
              無職でもお金を借りられますか?
              無職の方でも借りることは可能です。求職者支援資金融資という公的融資の受給、ゆうちょ銀行に口座があれば自動貸付制度も利用できます。質屋の利用なら、担保さえあれば職業に関係なく借りられるでしょう。
              債務整理中にお金を借りられますか?
              カードローンなど賃金業者からの借入は控えたほうが良いでしょう。仮に審査に申し込んでも審査落ちする可能性が高いです。債務整理中にどうしてもお金が必要な場合は、親族や友人を頼るのも1つの手段です。ただし、見知らぬ個人からの借入はやめておきましょう。
              返済義務なしで借りられる方法はありますか?
              原則、返済義務なしで借りる方法はありません。返済をしたくない、できないという場合は借りるのではなく稼ぐことも考えましょう。クラウドファンディングで出資してもらう、投げ銭で支援してもらうなどの方法なら返済の必要がありません。

              まとめ

              今回は、お金を借りたい方におすすめの方法10選や注意点を紹介しました。お金を借りる方法は様々あります。自身の用途に合った借り方を選び、借入する前には返済計画も立てておきましょう。

              とにかくすぐに借りたいという方にはカードローン利用がおすすめです。カードローンなら無担保・保証人不要で借りられて、借入金の利用目的も自由です。

              記事内で紹介したカードローンは、実績もあり安心して利用できますよ。

              お金に困った際は1人で抱え込まず、本記事で紹介した方法などを利用してみましょう。

              カードローン関連記事

              この記事もおすすめ

              おすすめの記事