ネット銀行 おすすめ

ネット銀行に預金したいと思っている方が気になるポイントは金利ですよね。金利が高いか低いかによって受け取れる利息が増減します。

資産運用や貯金をしていきたい方は、金利をしっかり理解してネット銀行を選ぶ必要があります。

そこで、今回の記事では、おすすめのネット銀行の金利を比較し、金利の高い順番にランキング形式で紹介します。

世の中には様々なネット銀行があり、それぞれ多種多様なサービスやキャンペーンを展開しています。

これらの情報を知らないままでは、思いもよらぬところで損をしてしまうので各会社の情報をしっかりと調べて頭に入れておきましょう。

厳選!おすすめネット銀行12社を紹介!

ネット銀行を選び方ポイントとして、重要なことは次の2つです。

ネット銀行を選ぶ上で重要なこと
  • 金利
  • キャンペーン、サービス

この2つの要素を吟味してネット銀行を選ぶ必要があるでしょう。

ここでは、厳選したおすすめのネット銀行を11社紹介します。

①あおぞら銀行BANK

ネット銀行 あおぞら銀行BANK

あおぞら銀行BANKは、普通預金金利が年0.20%と、金利の高さは業界No.1※だと言われています。

普通預金も定期預金(※1年目のみ)も同じ金利であるため扱いやすいですね。

24時間いつでも利用可能なのはもちろん、有人店舗での資産運用の相談なども行っており、手厚いサポートを行っているところも魅力的です。

Visaのデビットカードを使用した買い物では最大1%還元されます。

ショッピングと資産運用の両方を楽しみながら、コツコツとお金を稼ぐことに適していると言えるでしょう。

普通預金金利 ・年0.20%
定期預金金利
・6ヶ月:年0.15%
・1年:年0.20%
・2~5年:年0.15%
ATM手数料 ・ゆうちょ銀行は手数料無料
・セブン銀行は入金のみ手数料無料
振込手数料 ・本支店は無料
・その他の金融機関は月最大3回無料
各種サービス
キャンペーン
・Visaで買い物をすると最大1%キャッシュバック
・Visaデビットカードを5回以上利用で、1,000円キャッシュバック
2021年1月1日~未定

公式サイト調べ

②東京スター銀行

ネット銀行 東京スター銀行

東京スター銀行の普通預金口座を給与振込口座に指定するとなんと金利が100倍になります。

自動振込サービスの手数料も無料なため、公共料金の支払いも簡単です。

 ATMの手数料はかかりますが月8回まででしたら、翌月にキャッシュバックされるので実質無料です

スターワン円定期預金プラスでは、6ヵ月最低50万円から預金可能となっています。

資金がない状態からでも資産運用を行えますよ。
普通預金金利 ・0.001~0.10%
定期預金金利 ・6ヵ月:0.015%〜0.205%
・1~5年:0.015%〜0.205%
提携ATM手数料 ・月8回まで実質無料
振込手数料 ・本支店宛は無料
・他金融機関宛は月3回まで無料(3回目以降は税込330円)

各種サービス

キャンペーン

  • 年金振込口座を指定で金利が1%
  • ご家族、ご友人にご紹介するとプレゼントあり
    (預金・運用商品購入で3,000円、ローン商品契約で10,000円プレゼント)

公式サイト調べ

③新生銀行

新生銀行 スタートアップ円定期預金

新生銀行は、新規に口座開設した人限定で「スタートアップ円定期預金」が利用可能※1です。3ヶ月ものの円定期預金の金利が年1.0%、1年ものの円定期預金の金利が年0.3%です。

 さらに、新規口座開設するだけで500ポイント付与されます。給与振込など所定の取引を行うと、最大8,000ポイントもらえます。

ポイントは、Tポイント・dポイント・nanacoポイントから選べ、普段の銀行サービスの利用でお得に貯めることが可能です。

「新生ステップアッププログラム」によってランクが上がると、ATMの出金手数料がいつでも無料になります。

カードのカラーも32色あり、好きな色を選べます。
普通預金金利 ・0.001〜0.003%
定期預金金利 ・1年:0.30%※2
・3年:0.01%
・5年:0.03%
ATM手数料 ・入金は無料
・出金は110円
振込手数料 ・1回〜10回まで無料
・3万円未満:314円
・3万円以上:314円
各種サービス
キャンペーン
  • 新規口座開設&所定のお取引で最大8,000ポイントもらえる!
  • スタートアップ円定期預金※1なら3ヶ月もの年1.0%・1年もの年0.3%に金利大幅アップ!
  • 提携コンビニATMなら24時間365日利用可能※3
  • ネットでの振込手数料が最大50回まで無料
  • 短期間で利息がつく2週間満期預金あり

※1 新規口座開設月を含む3ヶ月目までの限定商品
※2 新規に口座開設した方限定の「スタートアップ円定期預金」適用時の金利です。
※3 設置先の営業時間やATMのメンテナンス等により利用できない場合もあります。
公式サイト調べ

④ローソン銀行

ネット銀行 ローソン銀行

ローソン銀行は普通預金の預金額が300万円を超える金利が0.15%になります。

また、大手コンビニエンスストア「ローソン」が運営しているため、実際のローソンの店舗でATMを利用することができます。

 手数料も7:00~19:00の間は無料となっています

提携の証券会社、FX会社へのネット入金サービスも充実しており、振込手数料もかかりません。

資金がある程度まとまった方にお得なネット銀行であると言えるでしょう。
普通預金金利 ・300万円未満:0.001%
・300万円以上:0.15%
定期預金金利 ・1〜2ヶ月:0.15%
・3ヶ月:0.20%
・6ヶ月以降:0.30%
ATM手数料 ・無料(7:00~19:00)
(それ以外の時間帯は、税込110円)
振込手数料 【ローソン銀行宛】
・0:00~7:00、19:00~24:00:税込165円
・7:00~19:00:税込55円
【他銀行宛】
・0:00~7:00、19:00~24:00:税込330円
・7:00~19:00:税込220円

各種サービス

キャンペーン

  • かんたん口座開設で100pontaポイントプレゼント。
  • ネット入金サービス(利用可能サイト:外為ファイネスト、ヒロセ通商、JFX株式会社)

公式サイト調べ

⑤SBJ銀行

ネット銀行 SBJ銀行

SBJ銀行は、定期預金の金利が最大0.20%と非常に好金利です。

資産運用を長く続けたい方におすすめしたいネット銀行です。

提携先の銀行ATMによって月3~10回まで無料で取引可能です

 また、SBJ銀行宛の振込は無料であり、他銀行への振込手数料は月7回までだと無料で行えます
普通預金金利 ・0.02%
定期預金金利 ・1~6ヵ月:0.03%
・※1年:0.12%
・※2~3年:0.15%
・5年:0.20
※特別金利のみ
ATM手数料 ・最大月10回無料(セブン銀行、イオン銀行、イーネット
・月3回まで無料(ゆうちょ銀行、みずほ銀行)
※なお残高照会は無料
振込手数料 【SBJ銀行宛】
・無料【他銀行宛】
・最大月7回無料
(8回目以降は税込220円)

各種サービス

キャンペーン

・SOL×GUDETAMAサンキューキャンペーン(2021年3月4日~2021年7月14日)
インターネットを介して定期預金の口座開設をすると高金利になる

【SBJ銀行の口座開設が初めての方】
・1年:年0.205%
・2~3年:年0.20%

【既にSBJ銀行をお持ちの方】
・1年:0.20%
・2~3年:0.205%

公式サイト調べ

⑥イオン銀行

ネット銀行 イオン銀行

イオン銀行は、大手ショッピングセンター「イオングループ」が運営するネット銀行です。

イオン銀行では、イオン銀行myステージと呼ばれるサービスを導入しています。

同サービスでは、取引(買い物、預金など)毎にイオン銀行ストアというポイントが貯まります。

イオン銀行myステージでは、獲得ポイントによって到達したステージ毎に特典を受けることができます。
 普通預金はイオン銀行myステージによって、金利が最大0.10%まで上がります
普通預金金利 ・0.001~0.10%
定期預金金利 ・0.01%
ATM手数料 ・イオン銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行
無料
※イオン銀行は終日無料。その他銀行は平日日中の間は無料
・他銀行
税込110~220円
※イオン銀行myステージによって、最大月5回まで無料
振込手数料 【イオン銀行宛】
・5万円未満:税込220円
・5万円以上:税込440円
【他銀行宛】
・5万円未満:税込440円
・5万円以上:税込660円

各種サービス

キャンペーン

・円預金サービス
普通預金、スーパー定期、積立定期預金の3種類から選択可能
・イオン銀行myステージ
各種取引(使う、貯める、借りる)を行うことによって、「イオン銀行スコア」が貯まり、確定したステージごとにもらえる特典が変化する

公式サイト調べ

⑦楽天銀行

ネット銀行 楽天銀行

楽天銀行は、1,000万口座を突破※したネット銀行です。

楽天銀行では、ハッピープログラムという取引ごとに楽天ポイントが貯まるサービスを行っています。
 ハッピープログラムは、5つのステージに分かれており、ステージ毎に特典を受けることができます
普通預金金利 ・0.02~0.10%(マネーブリッジを利用している方のみ)
定期預金金利 ・0.02%
ATM手数料 ・会員ステージ応じて月最大7回無料
※口座開設から3ヶ月目までは月5回無料
振込手数料 【楽天銀行宛】
・無料
【他銀行宛】
・会員ステージによって月最大3回無料
※無料回数がない場合
3万円未満:税込168円
3万円以上:税込262円

各種サービス

キャンペーン

・新規口座振込設定&実行で最大3,000ポイントプレゼント(2021年3月17日10:00~2021年5月17日9:59)

公式サイト調べ

⑧オリックス銀行

ネット銀行 オリックス銀行

オリックス銀行のメリットは、定期預金の金利が高いことです。

eダイレクト2週間定期預金という2週間金利0.07%で素早く利息を得られるサービスも提供しています。
普通預金金利 ・0.01%
定期預金金利 ・6ヵ月:0.10%
・1年:0.12%
・2年:0.15%
・3年:0.20%
・5年:0.203%
提携ATM手数料 ・無料
振込手数料 ・eダイレクト預金
【オリックス銀行宛】
・無料
【他銀行宛】
・月2回まで無料
※同月内に資金が移動した回数が2回
※3回目以降は1回あたり税込440円

公式サイト調べ

⑨住信SBIネット銀行

ネット銀行 住信SBIネット銀行

往信SBIネット銀行は、普通預金を自動振替口座に設定することによって、通常より金利を高くできます。

 スマプロポイントという取り組みを行っており、貯まったポイントは現金やJALポイントに交換可能です
普通預金金利 ・0.001~0.01%(SBIハイブリッド預金)
定期預金金利 ・0.02%
提携ATM手数料 ・預入れ
無料
・引き出し
無料回数はスマプロランクによって規定
※無料回数以降は1回税込110円
振込手数料 【往信SBIネット銀行、三井住友信託銀行宛】
・無料
【他銀行宛】
・スマプロランクの段階によって無料回数が規定
※無料回数以降は1回税込157円

各種サービス

キャンペーン

・SBI証券口座解説優遇プログラム
2019年8月1日以降、SBI証券口座&エントリー・振込でもれなく5,000円プレゼント
・SBIハイブリッド預金受取利息100倍キャンペーン
SBI証券総合口座開設とSBIハイブリッド預金の入金でSBIハイブリッド預金の受取利息の100倍にあたる現金をプレゼント
2021年4月20日~2021年10月16日

公式サイト調べ

⑩ソニー銀行

ネット銀行 ソニー銀行

ソニー銀行は、エンタテインメント事業で知られるソニーが運営するインターネット専門銀行です。

元本1,000万円まで預金保険がかけられており、元本と利息が保護されます。
普通預金金利 ・0.001%
定期預金金利 ・1~3ヵ月:0.01%
・6か月~10年:0.02%
提携ATM手数料 ・預け入れ
無料
・引き出し
月4回まで無料
※月5回目以降は税込110円/回
振込手数料 【ソニー銀行宛】
・無料
【他銀行宛】
・毎月1回まで無料(以降、振込1回毎に税込220円)

各種サービス

キャンペーン

・優遇プログラム Club S
取引状況に応じるステージ獲得によって、キャッシュバック率が上昇

公式サイト調べ

⑪GMOあおぞら銀行

ネット銀行 GMOあおぞら銀行

GMOあおぞら銀行は、GMOクリック証券との連携により定期預金金利が0.020~0.030%と設定されています。

 ATM出金、他金融機関への振込が最大15回無料、と本ランキングで紹介したネット銀行よりも安い手数料となっています
普通預金金利 ・0.001%
定期預金金利 ・1ヵ月以上~6ヵ月未満:0.02%
・6ヵ月以上~2年未満:0.03%
・2年以上~10年未満:0.02%
提携ATM手数料 ・預入れ
無料(個人口座をお持ちの方のみ)
・引き出し
カスタマーステージによって月2~15回まで無料(以降、税込110円/回)
振込手数料 【GMOあおぞら銀行宛】
・無料
【他銀行宛】
・カスタマーステージによって月2~15回まで無料(以降、税込157円/回)

各種サービス

キャンペーン

・新規口座開設から2ヵ月間、Visaデビット付キャッシュカードのご利用金額に応じて通常のキャッシュバックとは別に最大5,000円プレゼント
2021年1月1日~2021年12月31日まで

公式サイト調べ

⑫PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

ネット銀行 PayPay銀行

PayPay銀行は、2021年4月5日に旧ジャパンネット銀行から社名を改めてスタートした銀行です。

 申し込みから最短5日でキャッシュカードが届くため、早くキャッシュカードが欲しい方におすすめです
普通預金金利 ・0.001%
定期預金金利 ・1カ月~7年:0.02%
・10年:0.03%
提携ATM手数料 ・利用金額3万円以上
無料
・利用金額3万円未満
税込165円(セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、イーネット、三井住友銀行)
税込330円(ゆうちょ銀行)
※月1回は無料
振込手数料 【PayPay銀行宛】
・無料
【他銀行宛】
・振込金額3万円未満:税込176円
・振込金額3万円以上:税込275円

各種サービス

キャンペーン

・最大4,500円プレゼントキャンペーン(2021年4月5日~2021年4月30日
①PayPay銀行口座を解説
②開設月の翌月末までに、1度に15,000円以上入金
③開設月の翌月末までに、PayPayチャージ口座に登録
上記の条件を満たすと最大5,000円プレゼント

公式サイト調べ

金利が高いおすすめネット銀行比較ランキング

ここまで紹介したおすすめネット銀行の金利を比較すると、どこが最も高金利となるのでしょうか?

そこで各ネット銀行の普通預金の上限金利を比較して、高金利順にしてみたところ、下記の通りになりました。

  銀行名 普通預金
金利
定期預金
金利
1 あおぞら銀行BANK 0.20% 0.15%
2 ローソン銀行 0.001~0.15% 0.15~0.30%
3 楽天銀行 0.02~0.10% 0.02%
4 東京スター銀行 0.001~0.10% 0.015~0.205%
5 イオン銀行 0.001~0.10% 0.01%
6 SBJ銀行 0.02% 0.03~0.20%
7 オリックス銀行 0.01% 0.10~0.203%
8 往信SBIネット銀行 0.001~0.01%(SBIハイブリッド預金) 0.02%
9 新生銀行 0.001〜0.003% 0.01%〜1.0%
10 ソニー銀行 0.001% 0.01~0.02%
11 GMOあおぞら銀行 0.001% 0.02~0.03%
12 PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行) 0.001% 0.02~0.03%

※新規に口座開設した方限定の「スタートアップ円定期預金」適用時の金利を含んでいます。

ネット銀行の金利とは

ネット銀行 金利

金利とは、預金額の利息を指します。基本的に金利は「%」で表記されることが多く、年利(年単位での利率)で表されることが多いです。

あおぞら銀行BANK定期預金に300万円預金した場合、1年後には6,000円の利息が付きます。

また、利子というのは預けたお金(預金)そのものに上乗せされるお金です。

銀行に預けた元となるお金を「元本」といい、これに利子が追加で支払われることになるのです。

そして、元本に支払われる利子の割合を利率と呼びます。利率は、年、月、日によって名称が変化します。

利率
  • 年利…年単位での利率
  • 月利…月単位での利率
  • 日歩…日単位での利率

利率は、大抵の銀行では年利で採用されていることが多いです。

ネット銀行のおすすめの選び方

ネット銀行 選び方

金利の初歩的な知識を学んだ後で、今度は実際のネット銀行の選び方について解説していきます。

様々な銀行の施策を比較して自分の理想のネット銀行を見つけましょう。

普通預金と定期預金どっちがいい?

ネット銀行 普通預金 定期預金

預金の目的によって普通預金定期預金、どちらを利用するべきかは変わってきます。

多くのネット銀行では、普通預金と定期預金のそれぞれにかかる金利が異なるからです。

普通預金と定期預金の違い
  • 普通預金…口座から自由にお金の引き出しが可能な預金
  • 定期預金…一定の指定期間、銀行にお金を預けてその期間内は引き出すことができない預金

定期預金は、普通預金に比べ金利が高く資産運用に向いていると言えるでしょう。

 

 他にも、普通預金から毎月指定した額を定期預金に入金する積立定期預金という制度を整えているネット銀行もあります

このように、普通預金と定期預金の両者では金利に違いが確認できるため、自分の目的に合わせた預金の種類を選びましょう。

資産運用を行いたい方は、定期預金の方が、金利は高めですし預金を着実に増やすことができます。

各種キャンペーンやサービスを知ろう

ネット銀行 キャンペーン

より高い金利を目指したい方は、各々のネット銀行で実施しているキャンペーンやサービスを視野に入れると良いでしょう。

条件次第では金利が上がる施策を取り組んでいるネット銀行もあるので、是非チェックしてみましょう。

キャンペーンは常に実施されている訳ではありません。主に常設型期間限定型に分かれており時期が悪いと対象外になる場合もあります。

キャンペーンの種類
  • 常設型…常に開催されているキャンペーン
  • 期間限定型…一定期間内に開催されているキャンペーン

タイミングを見計らって自分が良いと思うキャンペーンに出会えるように、アンテナを貼っておきましょう。

 

 キャッシュバックや豪華特典のサービスを行うネット銀行もあるため、気になる方はホームページをチェックしてみましょう

まとめ

ここまで、金利が高いネット銀行を比較したおすすめランキングを紹介しました。

ネット銀行によって金利に随分違いが見られましたね。

資産運用や貯金を上手く行いたい方は、金利の待遇が少しでも良い方が、より多くの利息を得られます。

そのため、預金の種類預金期間キャンペーンを吟味しどんな資産運用をしたいか自分のビジョンを持ち銀行選びをする必要があるでしょう。

この記事がネット銀行を探している方々の参考になることができたら幸いです。

おすすめの記事