ライフカードマスター青

ライフカードは誕生月がポイント3倍、年間の利用額応じてステージが上がり、ポイントが優遇されるなど独特のポイント制度を設けています。

また、若い年齢層の女性が「かわいい」と感じるような「Barbie カード」、審査に不安がある人の「デポジットカード」、学生向けのカードなど多様なニーズに応えられるような種類があるのも特徴です。

この記事ではライフカードの種類や違いを知ることができます。さらに、ライフカードの中でスタンダードな年会費無料のカードについても解説しています。

「ポイント還元率」「審査からカード発行までの流れ」をチェックしてカード選びの参考にしてください。

ライフカードの種類と違い!デポジットとは?

ライフカードには年会費無料のカードの他に独自の特徴を持ったカードがあります。違いやおすすめのポイントを解説します。

デポジット型ライフカード

ライフカードデポジット

デポジット型は、事前に保証金を預けて使うカードです。クレジットカードは基本的に後払いですが、保証金があることで審査が厳しい人でも申し込みやすくなっています。

「過去に延滞などがあってクレジットカードの審査に不安な方は試してみてください。」
年会費 5,500円(税込)
ポイント還元率 0.3%~0.5%
付帯保険 国内・海外旅行傷害保険
国際ブランド Mastercard

出典:http://www.lifecard.co.jp/lp/lifecard-dp/

デビットカードと違い後払いのメリットも

デビットカードと似ているようですが、大きく違うのはお金が引きと落としされるタイミングです。

デビットカードは、決済をすれば、すぐに銀行口座から引き落としになります。対して、デポジット型は通常のカードと同様に後から利用額を支払います。

つまり、カードを利用してもすぐに保証金から差し引きされるわけではありません。また、ライフカードのポイントも貯められます。Apple PayやGoogle Payの登録も可能です。

最初にまとまったお金が必要

申し込み後、カードを受け取るときに保証金と年会費が必要です。例えば、限度額10万円の場合、「10万円(保証金)+5,500(年会費)」を用意しなければなりません。

 まとまった現金がない場合、申し込みをしても受け取ることができません。

学生専用ライフカード

ライフカード学生用-Master青

高校生を除く18歳から25歳までの学生が申し込みできるカードです。年会費は無料で、学生の力強い味方になってくれます。

年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~0.5%
付帯保険 海外旅行傷害保険
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard

出典:http://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/

海外旅行好きな学生にはメリットが多い

学生

海外旅行が好きな学生にとって良いサービスなのが、キャッシュバックです。海外旅行にかかる費用をライフカードで支払をすれば、3%分がキャッシュバックされます。

海外でのホテル代やレストランでの飲食費、買い物代などカードを使う場面は多いです。もし、10万円を使ったら、3,000円の現金が返ってきます。

また、海外旅行傷害保険が、最高2,000万円まで自動付帯します。自動付帯なので、旅費等をライフカードを使って支払いをしなくても、万一のときに保険を受け取れます。

 卒業後も、切り替えをしてライフカードを持ち続けることもできます。審査次第では、社会人1年目からゴールドカードを手にできるチャンスもあります。

ポイント還元率の優遇はないが、ポイントを貯めるチャンスは多い!

誕生日

特典はありますが、基本ポイントの優遇などは特にありません。100円の利用で0.1ポイント貯まり、還元率は最大でも0.5%です。

 誕生月にはポイント3倍、入会後1年間はポイント1.5倍など、ポイントが貯まりやすい時期があります。

ライフカード旅行傷害保険付き

ライフカード保険付き-Master青

旅行でライフカードを使いたい人に向いているカードです。国内・海外旅行保険が付帯しており、旅行好きにはおすすめの1枚です。

年会費
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
ポイント還元率 0.3%~0.5%
付帯保険 国内・海外旅行傷害保険
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard

出典:http://www.lifecard.co.jp/card/service/hoken/futai.html

国内・海外ともに自動付帯

旅行

年会費無料のスタンダードなカードには旅行傷害保険は付帯していません。そのため、保険も欲しいときは、ちらがおすすめです。

保証額は「海外旅行:最高2,000万円」「国内旅行:最高1,000万円」です。自動付帯なので持っているだけでもしものときの備えにできます。

年会費が難点

初年度は年会費が無料です。しかし、残念ながら2年目以降は、1,375円(税込)の年会費がかかってきます。

ライフカードで貯まるポイントは?還元率は?

ライフカード-Master青

年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~0.5%
付帯保険 なし
国際ブランド VISA、JCB、Mastercard

ここから年会費無料のスタンダードなライフカードについて深堀していきます。他のライフカードと比較するヒントにしてください。最初はポイント還元率からです。

ポイントの基本

ポイント

ライフカードのポイント名称は「LIFEサンクスポイント」と言います。1,000円のショッピング利用で、1ポイント付与されます。有効期限は最大5年間です。

もし、1,000円未満の場合でも、100円につき0.1ポイントが付与されるため無駄がありません。ポイントを一定量貯めれば、他社のポイントへ移行、キャッシュバック、景品に交換して使えます。

 キャッシュバックは「750ポイントで3,000円」になります。還元率は0.4%です。

ちなみに750ポイントからキャッシュバックできますが、最大は10,600ポイント⇒50,000円です。その際の還元率は0.472%になります。

「景品に交換する手段もありますが還元率を良くするには他社のポイントです。」

他社のポイント移行でお得なのは?

貯金箱

楽天ポイント、ポンタポイント、dポイントなど移行先で還元率が違ってきます。お得なのはPontaポイントとdポイントです。

LIFEサンクスポイントが300ポイント貯まったときに他社ポイントと交換する場合を以下の表で比較しています。

他社ポイント ポイント数 還元率
楽天ポイント 900 0.3%
Pontaポイント 1,500 0.5%
dポイント 1,500 0.5%

楽天ポイントは還元率が0.3%ですが、Pontaポイントとdポイントは0.5%となっています。

より多くのポイントを貯めるコツ

 

基本は「1,000円で1ポイント」ですが、より多く貯められるチャンスが設けられています。ここで紹介する特徴をしっかりと理解しておきましょう。

「L-Mall(エルモール)」を利用する

ライフカードの会員が使えるショッピングモールサイトを経由すれば「楽天市場⇒ポイント2倍」「ヤフーショッピング⇒ポイント2倍」になります。Amazonは残念ながら対象外です。

誕生月はポイント3倍

 

誕生の月はポイントが3倍となり還元率が最大1.5%になります。年会費が無料なので誕生月限定で使ってポイントを貯める使い方もできそうです。

初年度は1.5倍

1年間はポイントが1.5倍になるキャンペーンもあります。初年度は基本還元率が0.75%になります。

ライフカードの審査は独自基準

 

ライフカードでは「審査が不安」「初めてクレジットカードを作る人」でも独自基準で審査をしていると言われています。

過去のクレジットカードの使い方が悪くて、他社のクレジットカードの審査に落ちてしまった人でも試しに申し込みでみてはいかがでしょうか。

審査はいつ終わる?

 

インターネットから申し込みをすれば審査が始まります。ちなみに、ライフカードはの申し込みができるのは次の方です。

ライフカードの申し込み条件
  • 日本国内に住んでいる
  • 高校生を除く18歳以上
  • 電話連絡が可能

基本的に審査は1日程で終わります。中には、申し込みをしてすぐに審査結果が届く人もいるようです。

 「FICOスコア」という与信システムを採用しているので、問題がない人は比較的審査時間は早いと推測ができます。

電話連絡が可能な人となっていますが電話がかかってくることはあまりないと言われています。ただし、次のような方は電話がかかってくる可能性があります。

電話がかかってくる可能性がある人
  • 他社のクレジットカードで何度も遅延したり、滞納したりトラブルがあった
  • キャッシングやカードローンなど借り入れをしている
  • 複数のカードを同時に何枚も申し込んでいる

心当たりがあれば電話がかかってくることも想定しておきましょう。

審査状況を確認するには?

確認

審査が思ったよりも「長い」と感じたときは不安になります。ただし、「申し込みが午後を過ぎると、翌営業日の手続きになる」と公式サイトには案内されています。

また、営業日でない土日や年末年始は遅くなる可能性もあります。遅いからと言って、焦る必要はありません。

 それでも、不安なときはライフカードのサイトで状況を確認しておきましょう。

受付番号と生年月日で審査状況照会が利用可能です。受付番号は申し込み後に知らせてくれます。

審査落ちの可能性はある?

 

ライフカードでは会社員や公務員の他、派遣・パート・アルバイト、学生、年金受給者でも申し込みできるようになっています。

 ただし、無職の人でまったく収入がない場合難しいと推測できます。理由は申し込み欄の仕事の状況で「無職」という選択肢がないからです。

また、独自基準で審査をしているとは言っても次のような人も難しい可能性があります。

審査が厳しいと考えられる人
  • 他社の借り入れが多い
  • 信用情報に自己破産や債務整理、長期延滞など金融事故情報がある
  • 収入が極端に低い

これらに該当する場合は別の手段を検討する方がいいかもしれません。

ライフカードの作り方

 

ライフカードを作るときはWEBで申し込みがおすすめです。なぜなら、最短3営業日で発行されるからです。郵送でやり取りする方法もありますがこちらは2、3週間かかります。

WEB申し込みをして作る方法

 

WEBで申し込みをする場合、オンラインで支払い口座を設定すると次のような流れになります。

1日目 WEBで申し込み
最短1営業日後
  • 審査結果メールでお知らせ
  • オンラインで支払い口座の設定
最短3営業日 カード発行
カード到着後 カード会員専用のWEBサービスへログイン

オンラインで支払い口座を設定するには、対象の金融機関があるかを確認する必要があります。大手の都市銀行やネットバンク、地方銀行など多いので、対象の金融機関があるでしょう。

カードは簡易書留か本人限定郵便で送られてきます。受け取りのときは本人限定郵便で送られてくるため、必ず運転免許証など本人が確認できる書類が必要になります。

「対象の金融機関がない、後から口座を設定したい場合は1週間ほどでカードが届きます。」

必要なものは?

メール

ライフカードを作るときに主に必要なもの
  • メールアドレス
  • 本人確認書類…運転免許証、マイナンバーカードなど
  • 引き落としされる口座情報

メールアドレスは、受付や審査結果のお知らせのために必要です。持っていない場合は、Gmailなどを用意しましょう。

 本人確認書類は顔写真付きなので気を付けてください。

口座情報はオンラインで設定できる金融機関がおすすめです。

注意点

オンラインで口座登録をしない場合口座振替依頼書の提出が必要です。もし、提出を忘れてしまうと、退会になるおそれがあります。

ライフカードのステージのポイントアップとは?

 

ライフカードには1年間の利用額に応じてステージ制プログラムがあります。ステージアップすれば使えば使うほどお得になるプログラムです。

ステージの種類と特典

ステージは次の利用額で上がっていきます。

ステージ 基本ポイントアップ 還元率 利用額
レギュラー なし 0.5% 50万円未満
スペシャル 1.5倍 0.75% 50万円以上
ロイヤル 1.8倍 0.9% 100万円以上
プレミアム 2.0倍 1.0% 200万円以上

レギュラーからスペシャルを目指すのであれば、一ヶ月平均で約42,000円が目安になります。

「電気やガスなどの公共料金、携帯電話料金、日常の買い物をライフカードですれば、現実味がある数字だと言えますね。」

期間を確認するには?

クレジットカード

プログラムの対象期間は基本的にカードに入会した翌月の1日からスタートします。

「例えば、2021年2月に加入した場合、2021年3月1日~2022年2月28日が対象期間になります。」
 期間を確認するには「LIFE-Web Desk」「ご利用代金明細書」の二つの方法があります。

「プログラム期間」や「次のステージに行くまであといくら必要か」まで分かります。

注意点

キャッシングの利用分、リボ払い・分割払いの手数料、年会費などは対象外になります。また、Edyやnanacoへチャージした分、ETCの利用分なども集計額に含まれません。

高速道路をよく利用して、旅行へ行く人など、ETC利用分が入らないのは残念な気分かもしれません。

  誕生月ポイントは重複しないことも気を付けてください。

例えば、プレミアムステージの人が誕生月にライフカードを使って、2倍×3倍の6倍にはなりません。誕生月は3倍が適用されます。

ライフカードのお得なキャンペーンを紹介

 

ライフカードには独自のキャンペーンでお得なのは「新規入会プログラム」「会員紹介プログラム」です。これらのキャンペーンの特徴を解説します。

※キャンペーンの情報は2021年3月28日時点です。

新規入会プログラム

 

カード発行と利用額に応じてポイントがもらえます。特典内容は3つに分かれておりすべてを達成すれば2,000ポイント、最大10,000円相当になります。

ポイント 条件
特典1 200 カードを発行した方全員が対象
特典2 1,200 入会して3か月の利用額に応じて「50,000円の利用⇒600ポイント」「100,000円の利用⇒600ポイント」
特典3 600 入会して3か月後の末日までに家族や友達を紹介

カード発行3ヶ月以内に10万円の利用すれば1,200ポイントもらえます。1か月あたり33,000円ちょっとです。

「大きな買い物の予定があれば、このときを狙ってライフカードを作るのもいいです。そうすれば、10万円を無理なく利用できるでしょう。」

会員紹介プログラム

紹介

会員紹介プログラムは、その名の通り誰かを紹介すればポイントを得られるものです。入会プログラムでは紹介人数に制限がありました。しかし、5か月目以降になると人数に制限がありません。

つまり、紹介した人数×600ポイントが付与されます。しかも、紹介された人にも最大2,200ポイントが付与されます。

「両者にメリットがあります。友人や家族を誘ってライフカードを作るときは、5か月目以降がおすすめです。」

ライフカードに関するよくある質問

おすすめのライフカードは?
おすすめのライフカードは、ライフカードの中でも旅行傷害保険がついているカードとなります。こちらのクレジットカードは、初年度無料ですが2年目以降1,375円(税込)の年会費がかかります。ポイント還元率は0.3%~0.5%です。国際ブランドは、VISA、JCB、Mastercardの3種類から選べます。
ライフカードはデポジットもある?
ライフカードにはデポジット型のカードがあります。デポジット型ライフカードは、事前に保証金を預けて使うカードですクレジットカードは後払いですが、デポジットは先に払います。年会費は5,500円(税込)で、ポイント還元率は、0.3%~0.5%です。国際ブランドはMastercardのみとなっています。
ライフカードの上手なポイントの貯め方は?
ライフカードのポイント還元率は、0.3%~0.5%です。クレジットカードを使うと、LIFEサンクスポイントがたまります。初年度はポイント1.5倍になり、誕生月はポイント3倍です。L-Mallというショッピングサイトを経由するとポイント2倍になります。たまったポイントは「楽天ポイント」「Pontaポイント」「dポイント」などの他社移行でお得にためることも可能です。
ライフカードの引き落とし日はいつ?
ライフカードの引き落とし日は、27日もしくは3日です。金融機関が休業日の場合は、翌営業日に引き落としとなります。
ライフカードの審査は厳しい?
ライフカードに限らずクレジットカードの審査内容や基準は公表されていません。そのため、厳しいかどうかは申し込んでみないとわからないのです。一般的にチェックするといわれているのは「信用情報」「過去の滞納」「支払い能力」の3点となります。
ライフカードの年会費はいくら?
ライフカードの種類によって年会費は異なります。
ライフカードにお得なキャンペーンはある?
ライフカードには新規入会プログラムがあります。最大で10,000ポイントがもらえます。この10,000ポイントは、「カード発行/200ポイント」「入会から3か月の利用額に応じてポイントをプレゼント/1,200ポイント」「入会して3か月後の末日までに家族や友達を紹介/600ポイント」の3種類です。

まとめ

ライフカードは一見すると年会費無料でも、「ポイント還元率はあまり高くない」から魅力をあまり感じられないかもしれません。

しかし、「入会後1年間はポイント1.5倍」「誕生月は3倍」「ステージプログラム次第では還元率が上がる」など特徴があるため、魅力的なカードになってくれます。

しかも、入会特典をしっかりと活用すれば、大きなメリットを得ることが可能です。紹介プログラムも充実しているので、友人や家族が多い方にも最適なカードではないでしょうか。

関連記事

こちらの記事もおすすめ
おすすめの記事