格安スマホ

民間の調査会社「MMDLabo株式会社」が2020年に行った調査によると、格安SIM(スマホ)を利用している人の割合は15~69歳の間で20%を超えていることが分かりました。
2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査

実際に自分が使っているキャリアから格安SIM(スマホ)に乗り換えることに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

格安スマホは機種の種類がたくさんあって迷ってしまう…

iPhoneで使える格安SIMや小学生にも持たせられる格安スマホはあるのかな…

そこでこの記事では、このようなお悩みを持っている方のために、格安スマホについて徹底解説します。

この記事でわかること
  • おすすめ格安スマホ会社の紹介
  • iPhoneの格安スマホについて
  • 小学生におすすめの格安スマホ
  • 格安スマホの月額料金が安い順ランキング
  • よくある質問

格安スマホの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ格安スマホ・格安SIM会社5選

まずはじめに、大手キャリアからの乗り換えを検討したい方向けのおすすめの格安スマホ会社を5社ピックアップして紹介します。

料金プランや特徴を確認して、選んでみてくださいね。

ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルの特徴
  • 5年連続スマホ満足度No.1公式サイト参照
  • 家族で入ると割引がある
  • 取扱い店舗数が多い

ワイモバイルはソフトバンクグループの中で格安スマホを扱っている会社です。ソフトバンクの回線を使っているため格安スマホと言っても通信状態が不安定になることはないでしょう。

スマホ満足度No.1といった評価もあるので信頼できそうですね。

料金プランは月額料金によって決まる「S」「M」「L」の3種類があります。また、家族で2回線以上契約すれば割引になるのが大きな特徴です。

 家族割引サービスが適用されれば基本使用料が月額1,188円(税込)割引になります。

ワイモバイルを扱っている店舗数が多いのも魅力です。ワイモバイルのショップは全国におよそ1,000店舗あります。

インターネットで手続きをするのが面倒な人でも、近くの店舗でサポートを受けられるので利用しやすいですね。
料金プラン S M L
月額基本料(税込) 2,178円 3,228円 4,158円
家族割引適用時(税込) 990円 2,178円 2,970円
高速データ通信料容量 3GB 15GB 25GB
速度制限時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
家族割引を使ってSプランに契約することで、月額1,000円を下回る金額で利用できます。

速度制限になったとしても最大1Mbpsなので、不便に感じることは少ないでしょう。

UQモバイル

おすすめ格安スマホ会社5選を紹介

UQモバイルの特徴
  • 通信速度第1位公式サイト参照
  • 同じ料金で使い続けられる
  • SNSデータの消費量がゼロになる

UQモバイルはKDDIが提供しているau4GLTEを利用しています。

格安SIMサービスを行っている事業者の中で通信速度が第1位になった実績もあります。

UQモバイルでは「くりこしプラン」があり、1年、2年と使っても料金が変わりません。

初年度は割引されて、翌年度からは通常料金になり値上がり…なんて心配はありません。

また、節約モードで利用すればTwitter、Facebook、LINEといったSNSのデータ消費がありません。

LINEを使って友達や家族と連絡を取り合ったり、Twitterで情報収集をすることが多い人には最適です。

くりこしプランでは契約期間の縛りや契約解除がないのもおすすめポイントです。
料金プラン(くりこしプラン) S M L
月額基本料(税込) 1,628円 2,728円 3,828円
高速データ通信料容量 3GB 15GB 25GB
速度制限時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
余ったデータを翌月に繰り越せるのがポイントです。また、節約モードにすればSNS利用のデータを消費せずに利用できます。

データ通信の機会多いときはおすすめです。

mineo( マイネオ)

おすすめ格安スマホ会社5選を紹介

マイネオの特徴
  • 顧客満足度No.1公式サイト参照
  • 今使っている端末がそのまま使える
  • 料金プランがシンプルで分かりやすい

マイネオは「株式会社ケイ・オプティコム」が運営している格安SIMサービスです。au、ドコモ、ソフトバンクの回線を利用するプランを持っています。

「顧客満足度」「iPhone利用者に使われている」「おすすめしたくなる格安SIM」など様々な調査で高い評価を得ています。

 au、ドコモ、ソフトバンクに対応しているので今持っている端末をそのまま使うことができます。

対応できる端末は500以上公式サイト参照)あり、iPhoneにも使えます。もちろん、マイネオでも端末の販売をしているので、その中から選ぶのもありでしょう。

新しく買い替える必要がないのはうれしいですね。

音声通話とデータ通信を使える「デュアルタイプ」プランの場合、月額1,298円(税込)からの支払いです。必要なギガ数に応じて月額料金が決まるシンプルな仕組みになっています。

月額基本料金プラン(デュアルタイプ) Aプラン、Dプラン、Sプラン
1GB 1,298円(税込)
5GB 1,518円(税込)
10GB 1,958円(税込)
20GB 2,178円(税込)
Aプランはau、Dプランはドコモ、Sプランはソフトバンクの回線になります。どこの回線を使うかを選ぶことができますよ。

基本的な通話料は30秒で22円です。オプションで10分かけ放題などが選べます。分かりやすい料金体系で選択しやすそうですね。

BIGLOBEモバイル

おすすめ格安スマホ会社5選を紹介

BIGLOBEモバイルの特徴
  • 格安SIM顧客満足度No.1公式サイト参照
  • オプションが豊富
  • 家族割がある

プロバイダとして25年の実績があるGIBLOBEが運営しているのがBIGLOBEモバイルです。

プロバイダとして培ったサポート力があるため格安SIMでも顧客満足度が高くなっています。

BIGLOBEモバイルでは基本的な通話・通信の他にも、様々なオプションを用意しています。

 例えば、WEBメールサービス・BIGLOBEWi-Fi・オートコネクトは無料で使えます。

また、音声SIMの場合月額308円(税込)かかりますが、エンタメフリーオプションを使えば、対象サービスの通信料がかかりません。

通信料を気にせずにYouTubeなどが観られるのはありがたいです。

家族で使う場合は2回線目以降が毎月200円割引になるサービスもあります。

音声通話SIM(電話+データ通信)料金プラン 1年間(特典料金)・税込 1年後移行・税込
1ギガプラン 770円 1,078円
3ギガプラン 770円 1,320円
6ギガプラン 1,320円 1,870円
12ギガプラン 3,190円 3,740円
20ギガプラン 5,170円 5,720円
30ギガプラン 7,645円 8,195円
国内通話は30秒で22円(税込)ですが、BILOBEアプリを使って電話をすれば30秒が9.9円(税込)になります。

エンタメフリーオプションを追加しても月額料金を抑えられそうですね。

 

OCN モバイル ONE

おすすめ格安スマホ会社5選を紹介

OCNモバイルONEの特徴
  • docomo回線通信品質総合No.1公式サイト参照
  • 通話料がお得
  • 容量を気にせず音楽を聴ける

NTTコミュニケーションズが運営しているのがOCNモバイルONEです。ドコモ回線を利用している格安スマホ・SIM業者の中で通信品質の面において、高評価を得ています。

 OCNモバイルONEの国内通話料は30秒あたり11円(税込)です。

他社では国内通話料30秒あたり20円程が多いですが、専用アプリを使わずにこの通話料金は安いですね。

また、MUSICカウントフリーを使えば通信容量を使うことなく音楽が聴けるようになります。追加料金なしで、申し込みだけで利用可能です。

音楽が好きな人には嬉しいサービスですね。
料金プラン(音声対応SIMカード) 月額基本料(税込)
1GBコース 770円
3GBコース 990円
6GBコース 1,320円
10GBコース 1,760円

OCN光を一緒に利用していれば月額料金が200円割引になります。

10分かけ放題月額935円(税込)、完全かけ放題月額1,430円(税込)でオプション追加もできますね。

楽天モバイル

おすすめ格安スマホ会社5選を紹介

楽天モバイルは格安スマホ・SIM業者から、楽天独自の回線を利用したキャリアサービスをスタートしています。

 料金体系はここまで紹介した格安スマホ事業者と同水準といえるでしょう。

楽天モバイルの料金プランはこちらです。

料金プラン(Rakuten UN-LIMIT VI) 1回線目(税込) 2回線目~(税込)
0GB ~ 1GB 0円 1,078円
1GB超過後~3GB 1,078円 1,078円
3GB超過後~20GB 2,178円 2,178円
20GB超過後~無制限 3,278円 3,278円

楽天モバイルは、契約事務手数料契約解除料MNP転出手数料がかからないも大きな特徴です。

つまり、通信料や通話料など毎月使った分だけ支払いう仕組みですね。

おすすめの格安スマホの機種・端末にiPhoneはある?

おすすめ 格安スマホ

格安スマホに変更すると機種・端末が大手キャリアに比べると限られてしまいます。その場合、iPhoneは使えるのかが心配な方もいるでしょう。

ここでは取り扱っているiPhoneの種類を事業者ごとにまとめました。

※利用できるiPhoneの情報は2021年4月27日現在です。

ワイモバイル(Y!mobile)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE
UQモバイル
  • iPhone 11
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone XR(au Certified 認定中古品)
  • iPhone 8(au Certified 認定中古品)
mineo( マイネオ)
  • iPhone 8
  • iPhone 11
  • iPhone SE
  • iPhone XR
  • iPhone XS
BIGLOBEモバイル
  • iPhone SE
OCN モバイル ONE
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone SE
事業者によって取扱いをしているiPhoneの種類が異なります。

自分が使いたかった機種がない!という状況を防ぐためにも、事前にどのiPhoneが利用できるのか、しっかり確認しましょう。

小学生の子供におすすめの格安スマホは?

月額料金を安く抑えられるから格安スマホを小学生の子供に持たせたいと考える方もいるでしょう。この場合は家族割引や学割がある事業者を選ぶのがおすすめです。

この項では、小学生におすすめの格安スマホ・格安SIMを提供している会社と、小学生の子供に格安スマホを持たせる際の注意点をご紹介します。

小学生におすすめの格安スマホ・格安SIM会社

まずは小学生におすすめの格安スマホ・格安SIMを提供している会社をご紹介します。

ワイモバイル(Y!mobile)

小学生の子供におすすめの格安スマホは?

ワイモバイルには家族割引の他に学割があります。学割を使えば、5歳~18歳の子供がいる家庭では、1年間1,100円割引※2021年4月27日現在)になります。

 例えば、ワイモバ学割と家族割引を使う場合、2回線以降のシンプルMプランの基本使用料は翌月から1年間990円(税込)です。

家族割と学割を一緒に適用できるのは魅力的です。

また、小学生から高校生の子供を持つ親への調査では「スマホデビューに合わせてNo.1という評価を得ています。
公式サイト参照

UQモバイル

小学生の子供におすすめの格安スマホは?

UQモバイルでも5歳以上18歳以下の子供を対象に学割があります。

 例えば、月額料金1,628円(税込)のくりこしプランSの場合、学生も家族も翌月から8か月間990円(税込)です。

通常よりも8ヶ月間で4,640円もお得に使えるわけですね。

データが多いくりこしプランでは、月額2,728円(税込)が翌月から12ヶ月間990円(税込)になってさらにお得です。

学割を適用させるための注意点

小学生 格安スマホ

小学生の子供に学割を適用すればお得にスマホを持つことができます。

しかし、事業者によって「申し込みのプランの縛り」「対象の子供が新規契約の場合のみ」といった適用条件があるので確認が必要です。

  また、学割を申し込みする期間が決まっている場合もあります。

例えば、UQモバイルの場合、今年の受付期間が「2020年11月20日(金)~2021年5月31日」と決まっています。

期間が過ぎれば次の受付期間を待つしかありません。

また、次の期間に学割があるとも限らないため、申し込みできる期間に手続きをすることをおすすめします。

月額料金の安さで選ぶおすすめ格安スマホランキング

※本記事紹介した格安スマホ業者の一番安く使えるプランの月額料金(2021年4月27日現在)を比較しています。

※特典や割引等は適用されていない料金です。

第1位:OCN モバイル ONE(税込770円)

第1位:OCN モバイル ONE(税込770円)

OCN モバイル ONEのおすすめポイント
  • OCN光サービスの利用で毎月200円の割引
  • 最低利用期間や違約金がない
  • iPhoneの取扱い機種が比較的多い

第2位:BIBLOBEモバイル(税込1,078円)

BIBLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • エンタメフリーでYouTubeなどがずっと楽しめる
  • プロバイダ歴25年の実績がある
  • 家族割で200円割引になる

第3位:mineo(税込1,298円)

mineo

マイネオのおすすめポイント
  • au、ドコモ、ソフトバンクの回線を選べるプランがある
  • 余ったパケットを分け合える
  • 初期サポートがある

おすすめの格安スマホに関するQ&A

格安スマホでおすすめの会社は何ですか?
選ぶポイントもありますが安く使えておすすめは「OCN モバイル ONE」「マイネオ」「BIGLOBEモバイル」などがあります。
格安スマホではiPhoneを扱っていますか?
機種に限りはありますが、iPhoneSEなど扱っています。最新の機種などは会社によって違いがあります。本記事で紹介した会社では「OCN モバイル ONE」がiPhoneの取り扱いが多いです。
格安スマホは小学生や子供にもおすすめですか?
月額料金を1,000円ほどにできるので子供に持たせても良いでしょう。学割や家族割引がある会社もあります。上手に使えば料金がさらにお得になります。
光回線を利用していると格安スマホはお得になりますか?
光回線を利用して格安スマホの料金が割引になる会社に「OCN モバイル ONE」があります。また、ワイモバイルもSOFTBANK光を利用することでセット割が適用になります。光回線との組み合わせて利用できないかを検討するのも大切です。
大手キャリアから格安スマホへ乗り換えるときの注意点は何ですか?
・今までの機種が利用できない場合がある
・iPhoneの取り扱いが少ない
・キャリアメールが使えない
・基本的には設定や手続きを自分自身で行う必要がある
すべての格安スマホの会社に当てはまるわけではありませんが、概ねこのようなことに気を付けてください。
格安スマホにかけ放題はありますか?
オプションで「10分かけ放題」や「完全にかけ放題」になる会社もあります。また、通常よりも通話料金が安くなるアプリを用意している会社もあります。
楽天モバイルは格安スマホの事業者ではないのですか?
楽天モバイルは2020年4月8日より独自の回線を使った事業者になりました。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに続いて「第4のキャリア」になったといえるでしょう。

まとめ

この記事では、格安スマホについて深掘りして紹介しました。各社の強みや特徴がお分かりいただけたと思います。

携帯料金を可能な限り安く抑えたいと考える方は、記事内のランキングを参考にしてみてください。ただし、それぞれのプランで利用できるサービス内容に異なる部分があることも忘れてはいけません。

申し込む前にしっかりチェックして、自分にぴったりなプランを選びましょう。

おすすめの記事