JCB W

JCB CARD Wを申し込みできる人は、18歳〜39歳以下と年齢制限があります。

オリジナルシリーズの中でも、年会費無料、ポイントが常に2倍などメリットが多く、対象者にとっては魅力的なカードです。

ただし、高還元率にするにはポイントの移行先に気を付けなければなりません。また、申し込み方法がインターネット限定、設定できる金融機関が決まっているなど事前確認や準備も必要です。

この記事では、JCB CARD Wの「ポイント還元率」「審査から申し込み方法」を詳しく解説しています。さらに、キャンペーンや他のJCBカードとの違いも分かります。ぜひ、参考にしてください。

JCB CARD Wとplus Lの違いは?一般カードやEXTAGEは?

違い

最初に、JCB CARD Wと他のJCBカードの違いを解説します。比較検討のヒントにしてください。

JCB CARD Wの概要

JCB W 券面画像

JCB CARD Wは、18歳〜39歳の若い世代をターゲットにしたカードです。39歳までに発行すれば、40歳以降も引き続き利用可能です。

年会費無料かつポイント還元率は1.0%なので、生活費の支払いにも活用しやすいカードだと言えます。ここではJCB CARD Wと比較されることが多い3つのカードを紹介し、それぞれ違いを解説します。

年会費 無料
還元率 1.0〜5.5%
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

JCB CARD Wと plus Lの違い

JCB-CARD-W-plus-L(ピンク)

基本的なところは変わりません。 plus Lの特徴は女性向けサービスがあるところです。

 例えば「JCBLINDA」の優待サービスを受けられます。JCBLINDAにはコスメやネイルなどの協賛企業があり優待や割引特典を受けやすくなります。

また、女性特有の病気をサポートする保険にも入ることができます。

年会費 無料
還元率 1.0〜5.5%
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

一般カードとの違い

JCB一般 券面画像

一般カードは、1,000円の利用でOki Dokiポイントが1ポイント付与されます。還元率は0.5%程です。また年会費がかかるのもJCB CARD Wとは違うところです。

 JCB CARD WにないメリットとしてJCBスターメンバーズがあります。

年間利用額次第で、ポイント還元率がアップするチャンスが設けられています。さらに、旅行保険が最高3,000万円補償あるのも特徴です。

年会費
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
還元率 0.5〜5.0%
付帯保険
  • 国内・海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/ippan.html

JCB CARD EXTAGEとの違い

jcbcardextage

年会費 無料
還元率 0.5%~
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/ippanextage.html

JCB CARD EXTAGEは、18歳から29歳までの人が申し込みできます。入会後3か月はポイントが3倍4ヶ月目以降は1.5倍になるのが特徴です。

 また、5年後には一般カードに切り替わります。一度作ってしまえば、ずっと変わらず使えるJCB CARD Wとはこの部分が大きく違います。

JCB CARD EXTAGEよりも先にJCB CARD Wを検討した方がメリットが多いかもしれません。

JCB CARD Wのポイントや還元率

JCB CARD Wで貯まるポイントは「Oki Dokiポイント」です。他社のポイントへ移行したり、JCBギフトカードへ交換したりして使うことができます。

ポイントの基本

基本

JCB CARD Wを1,000円(税込)利用すればOki Dokiポイントが2ポイント付与されます。一般カードなどでは1ポイントなので2倍です。

1,000円未満の端数は、後から端数をまとめてポイント付与されるので無駄がほとんどありません。

例:ショッピングで2,980円と1,020円を別々に決済した場合
  • 2,980円⇒4ポイント
  • 1,020円⇒2ポイント
  • 端数部分の980円と20円⇒1,000円⇒2ポイント
  • 合計8ポイント

簡単に説明するとこのような具合です。本来は、毎月の利用分すべての端数をまとめてからポイント付与される仕組みになっています。

 貯まったポイントは他社のポイントへ移行の他、スターバックス、マクドナルドなどの商品券に交換できます。

キャッシュバックもできますが、1Oki Dokiポイントで3円です。ポイントの有効期限は、獲得した月から2年間です。

Oki Dokiポイントの交換先の多くは、200ポイント貯めてからになるので期間の確認は大切です。

還元率を上げるためにポイント移行先でおすすめは?

金利

ポイント2倍とは言っても何にポイント移行するかで還元率は変わってきます。

Oki Dokiポイントが200ポイント貯まったときの主な移行先の還元率
  • 楽天ポイント:600⇒0.6%
  • dポイント:800⇒0.8%
  • WAONポイント:800⇒0.8%
  • nanacoポイント:1,000⇒1.0%
  • ビックポイント:1,000⇒1.0%

このようになり、すべてが1.0%になるわけではありません。1.0%になるのは他にも、ベルメゾンポイントやジョーシンポイントがあります。

「中でも、ポイント移行でおすすめは使い勝手が良いnanacoポイントでしょう。」

ちなみに、JCBギフトカードに交換した場合は「1,050ポイント⇒5,000円」「10,050ポイント⇒50,000円」です。交換するカードの額面よって還元率は0.95%~0.99%になります。

ポイントをお得に貯めるには?

口コミ

通常よりもお得にポイントを貯めるには「Oki Dokiランドを利用する」「提携店舗で使う」「キャンペーン」などがあります。

Oki DokiランドはJCBが運営するポイント優待サイトです。ここを経由してネットショッピングをすればポイントアップします。

ポイントアップの例
  • Amazon…2倍~
  • Yahoo!ショッピング…2倍
  • 楽天市場…2倍

JCBが提携している店舗には、セブンイレブンやスターバックスなど多種多様なお店があります。このようなお店で利用すれば、通常よりも多くポイントが貯まります。

2021年3月現在、JCB CARD Wには新規入会キャンペーンとして3ヶ月は通常のポイントに対して4倍付与です。

このように効率的にポイントを得るチャンスが用意されているので積極的に利用してください。

JCB CARD Wの審査は難しいのか?

注意

JCB CARD Wの審査は通常のカード比べて、難しいとは言えないでしょう。なぜなら、39歳以下限定と比較的若い世代に使ってもらうために作られたカードだからです。

申し込みできる人

JRE CARD Wに申し込みできる人
  • 18歳~39歳以下
  • 本人か配偶者に安定した継続収入がある

または、

  • 高校生を除く18歳~39歳以下の学生

収入が具体的にいくら以上とは記載はされていません。だから、アルバイトやパートでも継続的な収入があれば申し込み可能です。

 しかし、まったく収入がない無職は難しいと推測できます。なぜなら職業欄を確認すると無職を選ぶ項目がないからです。

無職の場合は、配偶者に収入があることが条件になっているようです。

申し込み条件に該当し必要な情報を問題なく記載できれば、審査に通過する可能性は高いと言えるでしょう。

審査期間

審査期間は最短で1~2営業日です。オリジナルシリーズは最短当日カード発行なので、こちらと比較すれば時間がかかります。

 2営業日を過ぎて「長い」と不安になったときは、JCBのホームページで状況確認をしてください。

受付完了メールの情報を入力すれば「判定状況確認」を照会可能です。

審査に落ちる人の特徴

詳細な審査基準は公表されていませんが審査に落ちてしまう人には共通点があります。ここでは、審査に落ちる人の特徴として一般的なものを紹介します。

クレジットヒストリー(クレヒス)に問題がある

審査では、他社のクレジットカードの利用状況を確認されます。例えば、過去に支払い遅延を何度も繰り返していれば、同様のことをするのではないかと警戒されます。

 支払いが悪かったり、滞納がある人は信用力が落ちるため審査に通過しない可能性が高いです。

特に過去3年間の他社のクレジットカード利用状況は大切です。

同時に複数のカードを申し込みした

他社のクレジットカードを含めて、同時に何枚も申し込みをするのは不利になります。「たくさんのカードを作って、支払いができるのだろうか」と疑われるからです。

まずは、1枚に絞ることをおすすめします。複数のカードを持ちたい場合は、期間を空けてからにしましょう。

借り入れが多い

クレジットカードのキャッシング、カードローンなどで、借り入れが多いのもよくありません。こちらも、多重債務者で支払不能になるおそれがあるからです。

借り入れが多いときはできるだけ減らしたタイミングで申し込みするのが理想です。

40歳になったら?

スーツ

JCB CARD Wを使っていて、40歳になってもそのまま使うことができます。年会費無料、ポイント還元などのメリットが失われることはないので安心してください。

 カードの切り替えもありません。利用停止や強制退会などされないように気を付けましょう。

JCB CARD Wの申し込み方法と注意点!

注意

JCB CARD Wはインターネットで申し込みをする必要があります。また、口座登録など気を付けることがあるので、ここで解説します。

申し込み方法~受け取りまでの流れ

ネット証券

WEB入会限定です。申し込みから受け取りまでの流れは、このようになります。

JRE CARD W申し込みから受け取りまで
  1. インターネットで申し込み
  2. 必要情報の入力
  3. 支払い口座を設定
  4. 申し込み完了
  5. 審査が1から2営業日で行われる
  6. 3営業日程で発送される

申し込みから受け取りまでスムーズにいけば1週間ほどです。

必要なもの

免許証

JCB CARD Wの申し込みには以下のものを用意しましょう。

  • 本人確認書類…運転免許証、マイナンバーカードなど
  • 支払い用の口座情報
  • メールアドレス

本人確認書類は、設定する金融機関によって違いがあるので確認が必要です。支払い用の口座情報は、JCBが指定する金融機関になります。

メールアドレスも必須です。持っていない場合はGmailなどを事前に作っておきましょう。また、キャッシングを希望するとき以下の書類が必要な場合があります。

キャッシングに必要な書類の例
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細

これらは収入を証明する目的で使われます。

注意点

JCB CARD WはWEB入会限定です。インターネット以外では申し込みができません。

また、支払い口座の設定もインターネットで行う必要があります。対象の金融機関が指定されているため対象外の金融機関の口座では申し込み不可です。

 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行など対象の金融機関は多いです。

ジャパンネット銀行、セブン銀行などのネットバンクも含まれています。大手やネットバンクの口座を持っていれば大丈夫でしょう。

 地方銀行の場合、地域によっては対象外があります。事前に調べるようにしてください。

また、支払い口座を設定するとき、金融機関によっては利用停止の時間もあります。設定できる時間帯に申し込みをするようにしましょう。

JCB CARD Wのキャンペーン

JCB CARD W(JCBカードW)には魅力的なキャンペーンがあります。上手な利用法や気を付けることを解説します。

※キャンペーンの情報は2021年2月現在です。

キャンペーン①:新規入会でAmazon.co.jp利用分20%(最大10,000円)プレゼント

JCBカードwキャンペーン

新規入会でAmazon.co.jp利用分20%(最大10,000円)がキャッシュバックされます。

日頃からAmazonをよく利用している人にとっては、得られるメリットが大きいです。

※キャンペーン期間:〜2022年9月30日

キャンペーン②:友達を紹介するともれなく1,500円キャッシュバック

JCBカードゴールドキャンペーン

友達を紹介し、その方が入会するともれなく1,500円がキャッシュバックされます。また、紹介された側も1,500円キャッシュバックされます。

双方にメリットがあるため、クレジットカード選びに悩んでいる方がいたらぜひ紹介しましょう。

※キャンペーン期間:〜2022年9月30日

キャンペーン③:家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック

JCBカードゴールドキャンペーン

JCBオリジナルシリーズを持っている方限定対象のキャンペーンです。

家族カードの同時入会・追加入会で、家族1名につき2,000円がキャッシュバックされます

最大2名までのため、合計最大4,000円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

※キャンペーン期間:〜2022年9月30日

JCB CARD Wにはデメリットはある?

デメリット

年会費無料やポイント2倍などメリットが多いですが、見方によっては「デメリットだ」と感じる部分もあります。

 例えば、キャンペーンのキャッシュバックが4ヶ月後と遅いことです。待っていれば届くのですが、できれば早く欲しいと思う人もいるでしょう。

他にも、JCBスターメンバーズの対象外ポイント移行先などのデメリットがあります。

JCBスターメンバーズ

jcbスターズメンバー

JCBスターメンバーズとは、年間の利用額に応じた会員サービスです。

年間利用額が多ければ、多いほどランクが上がります。ポイントアップやキャンペーンの当選確率がアップするなどの特典を受けらえます。

 JCB CARD Wの会員は対象になりません。JCBスターメンバーズになりたい場合、一般カードなど別のカードを作るようにしてください。

とは言っても、JCB CARD Wには元々特典が多いです。JCBスターメンバーズを目指す必要はないと考える人も多いかもしれません。

高還元率で移行できるところがが少ない

ダメ

貯めたポイントを最大の還元率で移行できるのはnanacoポイントなど数が少ないです。

例えば、オリコカードザポイントのように、Tポイント、dポイントなどに還元率が1%で移行できるカードもあります。

nanacoポイントだけでも十分だったら、JCB CARD Wには魅力たっぷりです。ポイントの他にも、海外旅行保険が付帯しているなどメリットが多くあるからです。

JCB CARD Wに関するよくある質問

JCB CARD Wとは?
JCB CARD Wの年会費は無料です。ポイント還元率は1.0%で、海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しています。申し込み条件は、18歳~39歳までとなっていますので注意してください。年会費が無料かつポイント還元率が高いので、生活費の支払いに活用しやすいカードといえるでしょう。
JCB CARD Wの審査は厳しい?
JCB CARD Wに限らず、クレジットカードの審査基準は公開されていません。そのため、審査が厳しいかどうかは申し込んでみないとわからないのです。一般的にはおおまかに「信用情報」「返済能力」「滞納の有無」についてチェックするという情報もあります。
JCB CARD Wと plus Lとの違いは?
JCB CARD Wと基本的な部分は変わりません。JCB CARD Wと plus Lは女性向けのサービスが多いのが特徴です。JCB CARD Wと plus Lは年会費無料で、ポイント還元率1.0%となっており、海外旅行傷害保険とショッピング保険がついています。女性特有の病気をサポートする保険への加入も可能です。
JCBの一般カードとの違いは?
JCB一般カードとの大きな違いは、ポイント還元率です。JCB CARD Wだと、ポイント還元率1.0%ですが、JCB一般カードだと0.5%となります。年会費も初年度は無料ですが、2年目以降から1,375円(税込)がかかるのが特徴です。
ポイントをお得にためるには?
JCB CARD Wでポイントをお得にためるには、Oki Dokiランドというポイント優待サイトを利用するのがおすすめです。このOki Dokiランドというショッピングサイトを経由すると、ポイント付与率があがります。たとえば、「Amazon/2倍」「Yahoo!ショッピング/2倍」「楽天市場/2倍」などです。
40歳になったらどうなるの?
39歳までに申し込んだのであれば、40歳以上になってもそのまま使い続けることができます。カードを切り替える必要もありません。年会費無料やポイント還元率もそのままです。
JCB CARD Wの注意点は?
JCB CARD WはWEB入会限定となります。インターネット以外で申し込むことはできませんので、注意してください。支払い口座の設定などもすべてインターネットで行う必要があります。さらに対象の金融機関がある程度指定されているため、その金融機関を持っているかも事前に確認したほうがいいでしょう。

まとめ|JCB CARD Wはメリット多くおすすめ!

本記事では、JCB CARD Wの基本情報、他のJCBブランドカードとの違い、審査、申込方法など詳しく解説しました。

どんなクレジットカードにも一長一短があります。JCB CARD Wも同様ですが、メリットが多く使い方次第ではデメリットを感じられないでしょう。

年会費無料で還元率が1%さらに海外旅行保険も付帯しているなどいいところが揃っています。39歳以下の人は、ぜひ作ってみてください!

関連記事

こちらの記事もおすすめ
おすすめの記事