iDeCoおすすめ商品

人生100年時代と言われる現代は、65歳で定年退職をすると平均寿命から考えても老後が20年ほど続くことになります。

リタイア後、せっかくだったら豊かな暮らしをしたいなぁ…
と考える方は多く、年金受給だけでは、老後のお金が心配だと思います。そこで、近年注目されているのが、老後の資産形成のための仕組み「iDeCo」です。
iDeCoとは、年金とは別に、毎月お金を積み立てて、運用することで、老後に受け取れる資金増やしていくという仕組みです。
現在、SBI証券、楽天証券、みずほ銀行など、多くの証券会社、銀行でiDeCoを取り扱っています。

しかし、証券会社や銀行にiDeCoの口座を作ったら、その後は自分で運用する商品を決めなければいけません。
この記事では、iDeCoを取り扱っているおすすめの証券会社・銀行と、商品をご紹介します。

iDeCoで人気のおすすめ証券会社と銀行5選

初めにiDeCoの取り扱いで人気の証券会社と銀行をご紹介します。特にiDeCoは年金の一種になるので、証券会社や銀行には老後までお世話になります。慎重に選んでいきたいですよね。今回は以下の点に注目してご紹介していきます。

証券会社・銀行の注目ポイント
  • 手数料の安さ
  • カスタマーサポート
  • 取扱商品の充実度

自分の求める条件に沿って決めていきましょう!

SBI証券

SBI証券のiDeCoの特徴とおすすめ商品

SBI証券のiDeCoのおすすめポイント
  • 2005年からのiDeCoを提供し続けているため、加入者数は業界ナンバー1
  • 運営手数料は誰でも0円
  • 様々な投資ニーズに合わせた充実の商品ラインナップ
長年の運用になるのでやはりコストは押さえておきたいところ。口座開設手数料も運営管理手数料も0円なのは嬉しいですね。
また、国内株式・国際債券・国際REITなどたくさんのファンドが取り揃えられている点も魅力的ですね。

たくさんの利益を出したいのか、安定重視なのか、それぞれの投資ニーズにあった商品が取り揃えられているよ。
また、10年以上の運営実績があり、加入者数は業界ナンバー1です。長年の運用で培ったノウハウで、カスタマーサポートの体制もしっかり整っています。

楽天証券

楽天証券のiDeCoの特徴とおすすめ商品

楽天証券のiDeCoのおすすめポイント
  • 運営管理手数料が0円
  • ウェブセミナーが多数開催されていて、iDeCoの疑問や不安を解消できる
  • 低コスト・好運用実績の投資信託を厳選し、幅広い商品のラインナップを実現

楽天証券は運営管理手数料が条件なしでずっと無料になります。

証券会社以外でかかる手数料はいくらかあるけど、それでも運営手数料がかからないのはお得だね。

さらに私たちの事前質問を基に構成された生配信型のウェブセミナーも人気です。さらに取り揃えられている商品はどれも低コスト高い運用実績を残しているものばかりになります。

また初心者の方だと、基礎知識や、運用の流れがわからなくなることも多いと思います。そんな方のために、楽天証券ではスタートガイドが用意されています。

初心者でも始めやすいのは嬉しいね。また、AIチャットボットが実装されているからわからないことがあれば24時間いつでも聞くことができるよ。

マネックス証券

iDeCoで人気のおすすめ証券会社と銀行5選

マネックス証券のおすすめポイント
  • 運営管理手数料は誰でもずっと0円
  • 長期の運用に向いた安定した商品を取り揃えている
  • 5つの質問に答えて運用プランを提案してくれるロボアドバイザー

マネックス証券でiDeCoの口座を開設したのちにかかる費用は口座管理手数料の171円/月です。運営管理手数料は無料なので、業界最低水準の価格で、iDeCoの運用を続けることができます。

塵も積もれば山となるっていうから、長期の運用になるiDeCoでは少しの手数料の差もしっかり見ておかなきゃいけないね。
マネックス証券で取り扱っている商品は2021年3月現在27本になります。こちらは長期の運用のために、リターンは少なくても安定した商品が取り揃えられています。
さらに、マネックス証券にはiDeCo専用のロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」というサービスがあります。こちらは簡単な質問に答えることで、運用プランの提案や、将来の資産形成の例を算出してくれます。

投資初心者なら必ず使っておきたいサービスだね。

大和証券

iDeCoで人気のおすすめ証券会社と銀行5選

大和証券のおすすめポイント
  • 運営管理機関手数料0円
  • 国内株式だけではなく、海外の株式も対象に入れ、分散投資を実現
  • 動画コンテンツが充実しているので初心者でも安心
大和証券は運営管理機関手数料が無条件で0円になります。初期手数料は2,829円かかりますが、定期的な手数料は抑えられますので、月々のお支払いがお得になります。
投資をするにあたって大事なことは分散投資をすることです。こちらは投資のリスクを分散させることにつながるので、1つの商品で損害が出てしまった場合にも、他の商品でカバーすることができます。

大和証券は投資を分散させるために、不動産投資信託や新興国の株式の商品も取り揃えているんだね。
大和証券でiDeCoを始める際は、「LINEでねんきん定期便試算」をやってみてください。自分が老後までにどれくらいの金額を貯蓄しておく必要があるのかを算出してくれるため、iDeCoの目標額が簡単にわかります。

みずほ銀行

みずほ銀行のiDeCoの特徴とおすすめ商品

みずほ銀行のiDeCoの特徴
  • 条件を達成すると運営の管理手数料が0円に!
  • さまざまなニーズに応えた充実のラインナップ
  • WEB上なら10分で申し込みが完了

みずほ銀行では、以下の条件を達成すると運営の管理手数料が0円になります。

手数料0円のための条件
  • iDeCoの残高か、掛金累計額が50万円以上の場合
  • 月額の掛金が1万円以上
  • iDeCoの専用ウェブサイトにメアドを登録済み
  • みずほ銀行の資産運用ロボ「SMART FOLIO<DC>」で目標金額を達成している

通常であれば手数料は260円かかります。

iDeCoは長期の資産形成になりますので、少額でもかかる費用はカットしておいた方がいいですね!

また、資産運用に困った時はみずほ銀行の資産運用ロボ「SMART FOLIO<DC>」が最適の資産配分を提案してくれます。面倒な個人情報の入力などは一切不要なので、簡単に診断を受けることができます。

みずほ銀行はやはり3大メガバンクの1つですので、信頼度が高く、多くの人に選ばれています。

SBI証券のiDeCoおすすめ商品

SBI証券のiDeCoの特徴とおすすめ商品

ここからは証券会社ごとにおすすめの商品をご紹介します。まずはSBI証券の商品から解説していきます。国内株式インデックス型・国内株式アクティブ型・全世界株式インデックス型から1つずつピックアップします。

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドのおすすめポイント
  • MSCIコクサイ・インデックスに連動させた投資成果を目指す
  • 主要先進国の株式に投資
  • 購入時や換金時の手数料は無料
  • ファンドの残高は成長し続けており、信託報酬は年々下がっている

ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドはインデックス型国内株式で、MSCIコクサイ・インデックスを投資成果の指標にしています。

 MSCIコクサイ・インデックスとは、日本を除く先進国22カ国に上場している銘柄を対象に、株式の動向を示すインデックスです。

主要先進国の株式への投資で、分散投資が実現できています。リスクが低いため、初心者でも安心して購入できるファンドです。

ファンドの成長が著しいから、信託報酬が年々下がってきているのも魅力的だね!コスパが良さそう!

レオス-ひふみ年金

レオス-ひふみ年金のおすすめポイント
  • 全国各地に実際に赴き、成長の見込みがある企業を発掘、投資
  • 相対的にリスクが低く・リターンが高い運用を実現
  • ファンドマネージャーの顔が見えるから、安心して運用を任せられる

レオス-ひふみ年金はレオス・キャピタルワークス株式会社が運営するファンドです。国内株式アクティブ型なので、市場の動きに左右されず、分析と調査からファンドマネージャーが銘柄を選び、運用していきます。

アクティブ型はとことん利益を追求するから、大きなリターンも期待できるよ。でもその分リスクはインデックス型よりも高くなるんだ。
しかし、レオス-ひふみ年金は「守りながらふやす運用」を目標にしているので、リスクとのバランスを大切に、運用を進めてくれます。
さらに、実際に運用するファンドマネージャーたちが投資家たちと細かいレポートやメッセージなどを通して近い距離にいるため、安心して運用を任せることができるのです。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)のおすすめポイント
  • 業界最低水準の運用コスト
  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動させた投資成果を目指す

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は業界最低水準の信託報酬を目指しています。

eMAXIS Slimは国内株式、国内債券、先進国株式など、自分の好みの資産を選んで投資することができます。

また資産配分は8分割されていますので、平均的な市場の動きに沿うことができていると思います。

楽天証券のおすすめ商品

楽天証券のiDeCoの特徴とおすすめ商品

続いて楽天証券のおすすめ商品をご紹介します。

iTrust日本株式

iTrust日本株式のおすすめポイント
  • 日本のありとあらゆるナンバーワンを獲得している企業への投資
  • 企業訪問による直接調査を重視
  • 購入手数料・換金手数料は無料

iTrust日本株式は警備サービスでトップシェアを誇る「セコム」、総合不動産で国内ナンバーワンの「三井不動産」など、様々な業界のトップ企業に投資をしています。

また、現在の実績だけではなく、1年から1年半先の利益を予想し、成長の見込みのある企業を投資対象に絞っています。主要な銘柄は日本電産や村田製作所など、電気機器のメーカーが上位をしめています。

たわらノーロード国内債券

たわらノーロード国内債券のおすすめポイント
  • NOMURA-BPI総合に連動した投資成果を目指す
  • 購入時・換金時に手数料がかからない
  • ファンドの管理費用が低めで、中期から長期の運用におすすめ

たわらノーロード国内債券はNOMURA-BPI総合に連動したインデックス型のファンドです。こちらのファンドは国内の公社債を中心に投資します。

 NOMURA-BPI総合とは、日本国内で発行された公募固定利付債券の流通市場全体の動向を表す投資収益指数です。

購入時の手数料はかからない上に、NOMURA-BPI総合に連動したファンドの中では信託報酬など管理費用が低めに設定されているため、長期の運用をしたい方におすすめのファンドです。

インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式

インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式のおすすめポイント
  • MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円ヘッジなし・円ベース)に連動した投資成果を目指す
  • 新興国の株式を中心に投資

MSCIエマージング・マーケット・インデックスは、新興国の株式の動向を示す代表的な株価指数です。こちらに連動した投資成果を目指すファンドが、インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式になります。

その特徴はなんといっても新興国株式への投資を中心に行っていること。2020年11月の組み入れ上位の銘柄を見てみると、ケイマン諸島・中国・台湾・南アフリカなどが上位をしめています。

新興国の株式のメリットは、豊富な天然資源があることや、生産性の伸びも期待できるため、高いリターンの可能性が高いところです。

みずほ銀行のiDeCoの特徴とおすすめ商品

みずほ銀行のiDeCoの特徴とおすすめ商品

それではみずほ銀行のおすすめの商品をご紹介します。

One DC 国内株式インデックスファンド

One DC 国内株式インデックスファンドのおすすめポイント
  • 東証株価指数(TOPIX)に連動した投資成果を目指す
  • インデックスの状態をこまめに確認し、乖離があった場合はすみやかに銘柄の入れ替えを行う
  • トヨタ自動車・ソニー・ソフトバンクなど国内の大企業が主な投資先
One DC 国内株式インデックスファンドは東京証券取引所で算出・公表されている東証株価指数に連動したインデックス型のファンドです。
2020年8月時点の組み入れ銘柄の上位にはトヨタ自動車やソニー、任天堂など日本を代表する大企業が揃っています。
しかし、信託報酬は年率0.154%(税込)とかなり安めになっていますので、少額で大企業に投資をしてみたい!という方におすすめのファンドです。

少額でも大企業に投資できるのは、投資信託の醍醐味だよね!

MHAM日本成長株ファンド<DC年金>

MHAM日本成長株ファンド<DC年金>のおすすめポイント
  • 「競争力の優位性」と「利益の成長性」を重視した銘柄選定で大きな利益の獲得を目指す
  • 業種ごとに専門のアナリストが調査・分析を行い銘柄を選定
  • アクティブ型のファンドなので、市場全体の投資収益率を上回る利益が期待できる
MHAM日本成長株ファンド<DC年金>は、業種ごとの専門アナリストが日本の企業の中長期的な成長を分析し、投資していくアクティブ型のファンドです。
インデックス型と違い、目標指数との連動がありませんので、市場全体の投資収益率(こちらのファンドでは、東証株価指数を目安にしています)を上回る利益をゲットできる可能性があります。
アナリストの分析に力を入れているため、信託報酬は少しお高めになります。

利益も大きいアクティブ型だけど、その分リスクも増えるから、業種ごとのアナリストが徹底的に分析・調査してくれるのは安心だね。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)のおすすめポイント
  • 世界の上場株式を中心に投資を行い、信託財産の成長を目指す
  • 独自の審査に基づき選定したハイクオリティ成長企業から銘柄を厳選
  • 「限定為替ヘッジ」と「為替ヘッジなし」で選択ができる。途中での変更も可能

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)は世界の上場株式を中心に投資を行っているファンドです。

銘柄選定の際には、個別企業の競争優位性、成長力の評価を吟味し、質の高い企業をピックアップしています。これらの基準で選ばれた企業をこちらのファンドでは「ハイクオリティ成長企業」と呼んでいます。

また、「限定為替ヘッジ」「為替ヘッジ」の選択が可能です。「限定為替ヘッジ」を選ぶと、為替変動による損失のリスクを減らすことができます。「為替ヘッジ」は基準価額が為替変動の影響を受けます。

「限定為替ヘッジ」と「為替ヘッジなし」は途中で切り替えが可能だよ。普段は為替ヘッジなしでも、為替の変動で損失が出そうになったら限定為替ヘッジに切り替える、なんてこともできるね。

iDeCoの信託報酬が安い商品ランキング

iDeCoの信託報酬が安い商品ランキング

それでは今回おすすめ商品としてご紹介した9つの商品の信託報酬を安い順にランキングを作成しました。

信託報酬はアクティブ型インデックス型かでかなり変わってきますので、信託報酬が決め手の全てになるわけではありませんが、参考の1つにしていただけると幸いです。

なおこちらに記載してある信託報酬は全て税込表示になります。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
信託報酬:年率0.1144%
One DC 国内株式インデックスファンド
信託報酬:年率0.154%
たわらノーロード国内債券
信託報酬:年率0.154%
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
信託報酬:年率0.154%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
信託報酬:年率0.374%
レオス-ひふみ年金
信託報酬:年率0.836%
iTrust日本株式
信託報酬:年率0.979%
MHAM日本成長株ファンド<DC年金>
信託報酬:年率1.705%
グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)
信託報酬:年率1.87%
このような結果となりました。商品購入の際は、信託報酬や、各ファンドの特徴や概要が記載してある目論見書をみながら決めるようにしましょう。

iDeCoとは?基本情報と人気の理由を今一度おさらい

iDeCoとは?基本情報と人気の理由

まずはiDeCoの概要をご説明します。iDeCoの正式名称は「個人型確定拠出年金」です。自分で申し込み、掛金を運用し、老後にその掛金と運用の利益を給付することができます。

20歳以上60歳未満の全ての方が加入できます。

iDeCoが人気な理由

iDeCoとは?基本情報と人気の理由

iDeCoの大きな特徴としては運用の利益(運用益)が非課税になること、掛金全額が所得控除になるということです。それぞれ説明していきましょう。

運用益が非課税

まずは運用益についてです。投資信託などでは、運用益から課税として20%引かれることになっています。

 投資信託で20万円の運用益が出た場合右受け取ることができる金額は16万円

iDeCoだとこの課税分の4万円が引かれないのです。

iDeCoは運用益を受け取るのは早くても65歳以降、と非常に長い時間をかけて掛金を運用していくことになるので、このメリットは大きいです。

現在、課税分が少ない額に見えても、長い目でみると大きな差がつくことになりますね。

掛金全額が所得控除に

iDeCoとは?基本情報と人気の理由

iDeCoに月々入れるお金を掛金と呼びますが、この掛金全額分、所得控除を受けることができます。

日本では、年収が増えれば増えるほど、払う所得税が増えますので、収入の一部をiDeCoに回すことで、その分の所得税を節約することができるのです。

月収30万円の人が月々2万円をiDeCoに掛金として入れていれば、月収28万円の所得税を払えばいいんだね。

まとめ

今回はiDeCoのおすすめ商品についてご紹介しました。商品を決めるためには、まず証券会社や銀行からiDeCoに加入する必要がありますので、SBI証券・楽天証券・みずほ銀行の紹介もしました。

証券会社や銀行はこれから老後まで、長い間お世話になるということも考慮して、特徴を分析しながら慎重に決めるようにしましょう。

商品に関しては、人気のものを選ぶのもいいですし、インデックス型・アクティブ型など自分の投資スタイルにあった方法で選ぶのもいいですね。

ぜひiDeCoに加入して、豊かな老後を過ごしましょう!

おすすめの記事