FX やり方・始め方

「FXを始めてみたいけどやり方がわからない」と、なかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

FXは投資分野として人気ですが、安全に取引を行うためには、基本的な始め方・やり方を正しく覚える理解しておく必要があります。

そこで今回は、ゼロからFX学びたい初心者向けにFXを始めるための手順をわかりやすく解説ます。基本的な準備を終わらせられれば、安心してFX取引を開始できるでしょう。

少額投資のポイントや必要なものもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

FXとは?わかりやすく解説

まずFXの基本的な意味を解説していきます。FXが何かよくわかっていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

FXとは外国為替を売買すること

FXとは
FXとは「Foreign Exchange」の頭文字で、正式な意味は「外国為替証拠金取引」です。日本円を払って米ドルを買うように、外国為替の売買で利益を狙います

購入した外国の通貨を1分もつだけでも、日本円換算の価値は少しずつ変わります。この現象を活かして利益を狙うのです。

FXはレバレッジをかけた取引ができる

FXでは、元手より多くの金額を取引できます。たとえばFX専用口座に3万円を預けているだけでも、その2倍以上の金額を買えるのです。これを「レバレッジ」といいます。

レバレッジは個人トレーダーの場合、日本国内では最大25倍まで可能です。

 ただし、FX会社によって2倍、5倍、10倍などと数字は決められている場合があるので注意してください。

元出以上の取引が可能ですが、その分損失も大きくなることになります。初心者はレバレッジ5倍くらいからのスタートがおすすめです。

FX取引の始め方を4STEPで解説!必要なものは?

FXをスタートするにあたり、口座開設から入金までの流れを把握しておきましょう。

FXを始める4STEP
  1. FX会社を選ぶ
  2. 口座を開設する(必要なもの)
  3. 証拠金の入金
  4. 通貨ペアの決定〜取引開始

①FX会社を選ぶ

FX取引の始め方・必要なもの

FXを始めるには、まずはFX会社を選ばなくてはなりません。各FX会社のサービスを比較・検討して決めましょう。初心者がFX会社を選ぶ際には、以下の4つの点に着目するのがおすすめです。

FX会社を選ぶポイント

  • 初心者向け動画など、情報コンテンツが充実している
  • 取引コストが安い
  • 使いやすい
  • お得なキャンペーンが実施されている

②口座を開設する

FX取引の始め方・必要なもの

FXを始めるには、専用口座が必要です。FX会社を決定したら、専用口座を開設しましょう。

 申込フォームにはメールアドレスや生年月日・住所・勤務先などの個人情報に加え、投資経験や金融資産なども記入します。

必要書類としてマイナンバーカードに加え、運転免許証やパスポートのような本人確認書類のアップロードも必要です。

審査は1日程度で結果がわかり、通過できれば本人確認コードのある案内書が郵送されます。

③証拠金の入金

FX取引の始め方・必要なもの

必要な手続きが終わったら、「証拠金」として取引に要するお金を専用口座に入金しましょう。

 FX会社指定の口座なら、スムーズに入金・出金処理が完了できるのでおすすめです。

証拠金を入れ終わったら、いよいよFX取引のスタートです。なお一部のFX会社では、入金や出金時に手数料がかかるため事前にご確認ください。

別の銀行口座からFX用へ移す際は、入金元である銀行側からも手数料を請求されるので、事前に料金をたしかめましょう。

④通貨ペアの決定〜取引開始

FX取引の始め方・必要なもの

通貨ペアとは、FXで取引する2国の通貨のことです。それぞれ基軸通貨と決済通貨と呼ばれ、「米ドル円」のように表されます。

「米ドル円」の場合、左側のドルが基軸通貨、右側の円が決済通貨です。

基軸通貨とは 世界の中心として認識されている通貨・世界で取引量が多い通貨のこと。
決済通貨とは 他国と交換がしやすい通貨のこと。

通貨ペアが決まったら、いよいよ取引開始です。後ほど取引の流れについても詳しく解説していきます。

初心者におすすめの通貨ペア

FXで取引するためには、基軸通貨と決済通貨のペアを決める必要があります。

 通貨ペアは一般的に「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」が使用されるケースが多いです。

初心者がどの通貨ペアにしたら良いのか迷ったら、まずこの3つの中から始めてみると良いでしょう。なお、通貨ペアの選び方のポイントは以下の3つです。

通貨ペアの選び方のポイント
  • 取引量の多さ
  • スワップポイント
  • ドルストレート

取引量が多いと情報収集もしやすいので、初心者には特におすすめです。また、利益を出したいならスワップポイントで選ぶのも良いでしょう。

 スワップポイントとは、2国間の金利の差から得られる利益のことです。安定した利益を出せる可能性が高いのが特徴です。

FX取引のやり方・少額投資のポイント

一般的なFX取引は、以下4つの流れで行います。ここではそれぞれの工程に関してより詳しく解説。ポイントなどを紹介していきます。

FX取引の流れ
  1. 通貨ペアを選ぶ
  2. 取引金額(少額投資のポイント)
  3. 注文方法を選ぶ
  4. 通貨を決済する

①通貨ペアを選ぶ

FX取引のやり方・少額投資のポイント
初心者は「米ドル/円」のような、メジャー通貨を選びましょう。理由は以下の3つです。

メジャー通貨がおすすめな理由
  • スプレッドが狭い
  • 情報量が多い
  • 相場が安定しやすい

メジャーな通貨は、スプレッドが狭いのが特徴です。特に「米ドル/円」は、多くの取引所において、スプレッドが狭い銘柄として活躍しています。

有名な銘柄は参加者が多いので相場も安定しやすいという見方もできます。はじめて取引する通貨ペアは、メジャー系が望ましいでしょう。

②取引金額を決める

FX取引のやり方・少額投資のポイント

取引する通貨ペアが決まったら、実際にいくらで取引するか取引金額を決めます。初心者は、慣れるまでは少額から始めると安心です。

FX会社によって最小取引単位が異なり、1,000通貨や10,000通貨を最小取引単位として設定している会社が一般的です。

中には1通貨の会社もあるので、最小取引単位にも注目してFX会社を決めましょう。

証拠金の一例

なお、最小取引単位が1,000通貨・10,000通貨の場合の必要な証拠金の例は以下の通りです。※通貨ペア「米ドル/円」、1ドル=100円、レバレッジ25倍の場合

1,000通貨で必要な証拠金 1,000×100÷25=4,000円
10,000通貨で必要な証拠金 10,000×100÷25=40,000円

このように、最小取引単位によって必要な証拠金の金額に大きな差が生まれます。

低額からはじめたい場合には、最低取引単価が小さいFX会社がおすすめです。

③注文方法を選ぶ

FX取引のやり方・少額投資のポイント

FX取引を始めるには、まず、注文方法を選ぶ必要があります。注文方法には主に以下の3つがあります。

成行注文 現在の為替レートで注文すること。
指値注文 現在の為替レートより有利な状態を指定して、注文すること。
逆指値注文 指値注文の逆で、高い状況で買い、安い状態で売る注文のこと。

他にもOCO注文やIFD注文、IFO注文などの方法がありますが、初心者はまずは基本の注文方法をマスターしておくと良いでしょう。

④通貨を決済する

FX取引のやり方・少額投資のポイント

FXはでは、利益が出そうになったり、大きな損失が出そうになったりしたタイミングで決済をします。

 決済をすることで、利益を確定させたり損益を最小限に食い止めたりします。

買った通貨を売ったり、先に売ったあとで買い戻したくなったら決済注文を行います。

強制ロスカットに気をつけよう

FX取引のやり方・少額投資のポイント
強制ロスカットは損失が大きすぎた結果、ユーザーがもっているポジションを強制決済することです。知らないうちにポジションが消えていたら、ロスカットを受けたと考えましょう。

 ロスカットは、ユーザーの損失を膨らませないように行われる救済措置のようなものです。初心者にとっては、有益な仕組みとなるでしょう。

損失が確定してしまうため、できるだけロスカットは避けたいものです。チャートを注視し、最適なタイミングで損切りできるように努めることが大切です。

FX会社を選ぶ4つのポイント

ここでは、FX会社を選ぶ上で大切なポイントをまとめました。

選ぶポイント
  1. 最低取引単位
  2. スプレッド
  3. 通貨ペア
  4. キャンペーン

①最低取引単位

FX会社の選び方
最低取引単位は、多くても1,000通貨がおすすめです。単位が多いと購入金額も増えてしまうため、初期投資には不向きだと言えるでしょう。

②スプレッド

スプレッドとは、取引にかかるコストのことです。初心者には、スプレッドが低い水準のものがおすすめです。最初から手数料が発生してしまうと、計算がややこしくなる場合もあるからです。

また、スプレッドが狭いほうがコストを抑えられます

少しでも多くの利益を出したい場合には、スプレッドの狭さにも着目してFX会社を比較してみましょう。

③通貨ペア

FX会社の選び方

自分が取り扱いたい通貨ペアを基準にFX会社を選ぶことも大切です。

 通貨ペアの取り扱い数はFX会社によって違うため、メジャーな通貨以外で通貨ペアを組みたいと考えている場合には、しっかりと調べておく必要があるでしょう。

国内のFX会社の場合、ほとんどが20〜30の通貨ペアに対応しています。どのFX会社も主要な通貨ペアには対応しているので、通貨ペアの多さは初心者のうちにはあまり気にならないかもしれません。

しかし、将来的に取り扱いたい通貨ペアが出てくる可能性もあるので、複数のFX会社を比較した中で通貨ペアの種類が少なすぎるFX会社は避けるのが無難でしょう。

④キャンペーン

FX会社では、口座開設をするとキャッシュバックされるキャンペーンを開催していることがあります。

 各社でキャッシュバックの金額や適用条件が異なるため、適用条件やキャンペーン内容を比較して選ぶのも良いでしょう。

また、キャッシュバックキャンペーンだけでなく、取引量に応じてキャンペーンに応募できるFX会社もあります。

口座開設以外を条件としたキャンペーンがあると、FXでの取引もよりやりがいを感じて楽しくなりそうですね。

はじめてFX取引をする際の注意点

ここからは、FX初心者が取引をする際に注意すべき点を3つご紹介します。

FX取引の注意点
  1. レバレッジを高くしすぎない
  2. 相場は24時間動き続けている
  3. 自分に合ったFX会社を選ぶ

①レバレッジを高くしすぎない

はじめてFX取引をする際の注意点

レバレッジを高く設定すると、少ない証拠金で多くのお金を運用できるので、その分大きな利益を得られる可能性があります。

 一方でレバレッジをかけすぎると、損失が出た場合のリスクも大きくなるので注意が必要です。

レバレッジが高いほど証拠金維持率が低くなるので、少しの相場変動でも強制ロスカットになる可能性もあります。

国内FXレバレッジの最大倍率は25倍となっていますが、初心者のうちは2〜5倍程度に設定しておくのが良いでしょう。

②相場は24時間動き続けている

はじめてFX取引をする際の注意点

為替相場は24時間休みなく動き続けているため、目を離しているうちに市場が激変している可能性もあります。

市場は24時間動き続けていても、土日は世界のほとんどの金融機関が休日としているため取引ができませんが、一部の国では日本時間が土日であっても取引できる場合があります。

 土日に相場を揺るがす大きな出来事があった場合にも、相場が大きく変動する可能性があります。

このように、土曜日の終値と月曜の始値が同じとは限らないので注意が必要です。

これ以上負けたくないというラインにロスカット注文を入れておくなど、大きな損失を防げるように対策しておきましょう。

③自分に合ったFX会社を選ぶ

はじめてFX取引をする際の注意点

FX会社が異なれば、スプレッドや通貨ペアなども違ってきます。また、初心者にもわかりやすいかどうかも違うので、自分に合ったFX会社を選ぶ必要があります。

よって、なんとなくFX会社を決めるのではなく、自分の取引スタイルに合っているかよく吟味して選びましょう。

最初に開設したFX会社の使い勝手に満足できなければ、他のFX口座を開設して、乗り換えてみても良いでしょう。

【初心者向け】おすすめのFX会社3選

おすすめのFX会社を3つ厳選してご紹介します。どのFX会社も国内大手なので、機能性もよく初心者にもわかりやすい情報が満載です。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

おすすめポイント
  • 1通貨から取引ができる
  • スプレッドが業界最低水準※公式の文言による
  • 2021年オリコン顧客満足度調査「初心者部門」第1位の実績

※ https://life.oricon.co.jp/rank_fx/beginner/

SBIFXトレードは、1通貨から取引ができるFX会社です。

 1通貨から取引を始められるため、いきなり万単位のお金の取引をするのは勇気がいる、という人にぴったりでしょう。

2年連続でFX取引初心者部門でオリコン顧客満足度も1位を獲得※2しており、初心者にも使いやすいFX会社と言えます。

通貨ペアも34と豊富なので、将来的にメジャー通貨ペア以外のFXにもチャレンジしてみたい人にもおすすめです。
最低取引単位 1通貨
スプレッド※2021年5月28日現在
  • 0.1銭(米ドル/円)
  • 0.3銭(ユーロ/円)
  • 0.69銭(ポンド/円)
通貨ペア 34通貨

出典:https://www.sbifxt.co.jp/

DMM FX

DMMFX

おすすめポイント
  • FX取引でポイントがたまる
  • 取引ツールが使いやすい
  • 電話・メールだけでなくLINE問い合わせにも対応

DMM FXは、国内でも有数の大手FX会社です。最短1時間で取引を開始できるので、思い立ったらすぐにFXを始められます。※『スマホでスピード本人確認』を選択した場合のみ

 初心者から上級者まで幅広く手軽に使えるスマホアプリやPCツールも充実しています。

スマホアプリで全ての機能を使用できるので、いつでもどこでもマーケットのチェックや取引ができるでしょう。

なお、問い合わせは24時間可能で、特に問い合わせ方法は電話やメールはもちろんのこと、LINEにも対応しているのはFX業界初です。※公式サイトの文言による

いつでも手軽に問い合わせができるのは嬉しいメリットですね。
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド
※原則固定(例外あり)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨

出典:https://fx.dmm.com/

GMOクリック証券 FXネオ

GMOクリック証券

おすすめポイント
  • 機能性の高いFXアプリ「GMOクリックFXneo」
  • 業界最小水準のスプレッド
  • 24時間サポート無料

GMOクリック証券 FXネオは、初心者でも使いやすいFX会社です。取引手数料は無料でスプレッドも業界最小水準、口座開設手数料無料なのでローコストでFXをはじめられます。

※公式サイトの文言による

 機能性も高い最先端の専用アプリ「GMOクリックFXneo」をはじめとする便利なアプリも無料で使用できるので、上級者にもおすすめです。

なお24時間無料でサポートしてくれるため、夜間の取引も安心です。

特に初心者は取引中に不明点が出てくる場合もあるので、いつでも無料でサポートが受けられるのは嬉しいメリットです。
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド※2021年5月28日現在
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨

出典:https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/

【よくある質問】学生でも取引可能?確定申告は必要?

おすすめのFX会社は?
SBI FXトレード、DMM FX、GMOクリック証券FXネオがおすすめです。いずれもFX初心者の方でも使いやすいFX会社のため、ぜひチェックしてみてください。
FXとはなにか?
外国為替を売買することです。2国間の通貨をやりとりして、利益をあげる為替取引を指します。
FX取引の始め方は?学生でも取引可能?

まずは取引に使うFX会社を決めて口座開設するところから始めます。その後、取引口座に証拠金を入金して、取引スタートです。

また、基本的に18歳以上であれば学生でも口座開設は可能です。ただし、未成年の場合は保護者の同意が必要となるケースもあるので、事前に確認しましょう。

FX取引のやり方は?確定申告は必要?

まずは通貨ペアを選ぶところから始めます。次に取引金額を決めて注文方法を選んだら、通貨を決済して取引を行います。

なお、FXで稼いだ場合は原則として確定申告が必要です。ただし、給与所得者・年金生活者は、FXの利益が20万円以下の場合には確定申告の必要はありません。

FX会社の選び方
最低取引単位、スプレッド、通貨ペアの選択肢などをもとに自分にあったFX会社を選びましょう。
FXの具体的な取引方法とは?
目標利益を決めて挑むことが大切です。また、利食いのタイミングはもちろんのこと、損切のタイミングもしっかりと決めておきましょう。いかに損切のルールを守れるかが利益につながります。
初心者がFXを勉強する際に役立つものは?
「入門書」「セミナー」「コラム&レポート」「デモトレード」などがあります。FX会社によってはコラムやセミナーを無料で提供しているところもあります。上手く活用していきましょう。

まとめ 

今回は、FXの始め方・やり方について詳しく解説しました。FXを始めるには、専用口座が必要です。マイナンバーカードと本人確認書類など必要なものを用意し、手続きを済ませましょう。

取引では成行や指値、逆指値といった注文ができます。FXの攻略には知識を要するため、本やセミナー・動画などを活用しながら、自身にあったやり方で勉強しましょう。

知識を重ねながらFXで大切なことをひとつずつ学ぶのが、FXを存分に楽しむポイントです。まずは少額からチャレンジしてみてくださいね。

おすすめの記事