FX スプレッド

「FXのスプレッドとは何だろう?」「スプレッドは変動するの?原則固定とは?」と、FXを始めたばかりでは戸惑う人も多いでしょう。スプレッドとは簡単に言うと、FXの取引にかかるコストです。

スプレッドはFX会社や通貨ペアによっても違うため、FX会社や通貨ペアの選び方にも関わります。そこで今回は、スプレッドの意味について、計算方法や広がるタイミングなどを含めて詳しく解説します。

おすすめのFX会社をピックアップし、スプレッドを一覧でご紹介しますので、FX会社選びの比較用としてもご活用ください。

おすすめのFX会社4選

DMM FX

DMMFX

DMM FXは、口座開設完了までの時間が短いのが特徴のFX会社です。申し込み完了から最短1時間で口座開設手続きが完了します。※DMM FXの申込みで『スマホでスピード本人確認』を使用した場合(休業日を除く)

 取引ツールも充実しており、スマホアプリでもPC版に匹敵する機能性を備えています。

スプレッドも比較的狭く、出金手数料やロスカット手数料などの各種手数料が無料なので、コストを抑えて取引をしたい人にもぴったりです。

営業日であれば24時間、電話やメール、LINEでの問い合わせが可能です。初心者でも安心して利用できるでしょう。
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド
※原則固定(例外あり)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨ペア
主な取引ツール
  • DMM FX PLUS
  • DMM FX STANDARD
  • プレミアチャート
  • 取引通信簿
  • スマホアプリDMM FX
  • DMM FX for smart phone

出典:https://fx.dmm.com/

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、使いやすいツールが充実しているFX会社です。パソコン・スマホ両方のツールが提供されているので、自分の使いやすいデバイスでチャートの分析や注文が行えます。

 初心者から、じっくりとパソコンでチャート分析をしたい中級以上の投資経験者まで満足できる内容です。

取引口座はFX専用口座だけでなく、FX以外の取引もできる証券取引口座も選べます。FXだけでなく他の投資にも興味がある人は、この機会に証券取引口座を開設しても良いでしょう。

家事や育児の合間にスマホで手軽に投資を始めたい主婦(夫)にもおすすめです。
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド※原則固定
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
主な取引ツール
  • はっちゅう君FXプラス
  • FX TOOLBAR
  • プラチナチャート

出典:https://www.click-sec.com/

外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムは、取引単位1,000通貨から取引が可能なFX会社です。1ドル100円計算であれば4,000円という少額から取引ができます。

対象期間:口座開設月から翌々月末まで

 外国為替ニュースやアナリストレポート、各種動画などの情報が豊富で、FXについて学びたい初心者の情報収集にも役立つでしょう。

取引できるデバイスも、PCやスマホだけでなく、iPadなどと豊富なので、自分に合わせて取引も可能です。

平日であれば安心の24時間サポートなので、取引などで迷うことはいつでも相談できますよ。
対象期間:口座開設月から翌々月末まで
最低取引単位 1,000通貨
※RUB/JPYは10,000通貨
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)原則固定※例外あり
  • 0.5銭(ユーロ/円)原則固定※例外あり
  • 1.0銭(ポンド/円)原則固定※例外あり
通貨ペア 30通貨ペア
主な取引ツール
  • 外貨NEXTneo

出典:https://www.gaitame.com/

対象期間:口座開設月から翌々月末まで

SBI証券

SBI証券

SBI証券は、FXのほかにも国内株式や債券、外国株式などを扱っている証券会社です。最低取引単価が1通貨なので、非常に少額から取引を始められます。

 外国通貨の取引はSBI証券が提供しているサービスのひとつであり、自分の金融資産をひとつの証券会社でまとめて管理したい方に向いています。

また、SBI証券で持っている国内株を担保に外国為替の取引を行うサービスも用意されています。株式を担保にできれば、資金を抑えてFXにチャレンジできるでしょう。

配当金目的や中・長期投資などで保有しているだけの株式を有効活用できますよ。
最低取引単位 1単位
※通貨ペアにより取引単位が異なります。
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 28通貨ペア
主な取引ツール
  • HYOER FXアプリ

出典:https://www.sbisec.co.jp/ETGate

おすすめFX会社のスプレッド一覧

おすすめFX会社のスプレッド一覧

ここでは、本記事でご紹介した以下の4つのFX会社のスプレッドを比較してみましょう。今回は、以下の通貨ペアの価格差コストを比較していきます。

比較した通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • トルコリラ/円
  • 南アフリカランド/円
  • メキシコペソ/円

※各スプレッドは2021年8月23日時点のものです。キャンペーン等により最新のスプレッドとは異なる場合があります。

DMM FX GMOクリック証券 SBI証券 外為どっとコム※1
米ドル/円 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭原則固定※例外あり
ユーロ/円 0.5銭 0.5銭 0.5銭 0.5銭原則固定※例外あり
英ポンド/円 1.0銭 1.0銭 1.0銭 1.0銭原則固定※例外あり
豪ドル/円 0.6銭 0.7銭 0.7銭 0.7銭原則固定※例外あり
NZドル/円 0.8銭
※キャンペーン中
1.2銭 1.2銭 1.2銭原則固定※例外あり
トルコリラ/円 原則固定対象外 原則固定対象外 2.8銭 原則固定対象外
南アフリカランド/円 1.0銭 0.9銭 1.8銭 0.9銭原則固定※例外あり
メキシコペソ/円 0.2銭 0.2銭 0.3銭 0.2銭原則固定※例外あり

※1 午前3時~午前9時の場合

比較表から見てわかるように、トルコリラ/円を除く主要通貨のスプレッドには、各FX会社で大きな違いはありません

スプレッドだけで利用するFX会社を決めるのは難しいと言えるでしょう。

FXのスプレッドとは|計算方法など解説

FXのスプレッドとは|計算方法など

スプレッドとは、買値(Ask)と売値(Bid)の差額のことです。売値より買値のほうが高く設定されており、同時に同じ通貨を売買した場合にはスプレッドの金額分がコストとしてかかります。

 スプレッドは各FX会社の収益になり、利用者にとっては事実上の取引手数料です。

差額が大きいほどスプレッドは広い、小さければ狭いと表現され、単位は円との取引であれば「銭」、それ以外は「pips」と表記されます。

スプレッドは狭いほど売値と買値の差が縮まり、取引時のコストを抑えられます。

スプレッドは通貨ペアやFX会社によって違いがある

「ドル/円」は0.2銭、「ユーロ/円」は0.5銭など、通貨ペアによってスプレッドの幅は違います。スプレッドは貨幣の流通量などを参考にFX会社の判断で設定されているため、FX会社によっても違いがあります。

一般に流通量の多い通貨ペアのほうがスプレッドが狭い傾向です。そのため、なるべくコストをかけずに取引をしたいなら「ドル/円」のように人気の高い通貨ペアを選ぶのもよいでしょう。

スプレッドの「原則固定」とは?

スプレッドは基本的に常に変動するものです。しかし、取引をする人としては、スプレッドが変動していると頻繁にスプレッドをチェックしなければならず、非常に手間になります。

そのため、取引がしやすいようにスプレッドを固定し、サービスを利用しやすくしているFX会社が増えています。

 あらかじめスプレッドが固定されているので、取引する通貨ペアの取引コストをあらかじめ把握したうえで取引できるのが大きなメリットです。

ただし、相場が急変している場合や、金融市場の休場日や営業休日明けのマーケットオープン時など、市場の流動性が低下している時間帯は例外です。原則固定でもスプレッドが広がる可能性があります。

スプレッドの計算方法

FXのスプレッドとは|計算方法など

例えば米ドル/円のスプレッドが0.2銭だったとしましょう。仮に10,000ドル購入したとすると、取引コストは10,000通貨×0.2銭=20円になります。

つまり、10,000通貨の取引量では20円のコストがかかる計算です。

たったの20円と思われるかもしれませんが、この取引量が100倍になれば2,000円、1,000倍では20,000円のコストがかかります。

取引通貨単位が増えれば増えるほど、価格差コストの影響も大きいです。FXは取引量が多いので、少しのスプレッドの差も大きなコストになる可能性があります。

FXのスプレッドが変動・広がるタイミング3つ

スプレッドが変動するタイミングには共通しているものがあります。ここでは、スプレッドが変化しやすいタイミングについて詳しく解説します。

変動しやすいタイミング
  1. 経済指標の発表直後
  2. 大きな経済・政治ニュースが起きたとき
  3. 取引数が少ない時間帯・時期

①経済指標の発表前後

FXのスプレッドが変動しやすいタイミング

米国の雇用統計や各国の経済指標発表前後には、スプレッドは変動しやすいです。

 理由としては、投資家たちが経済指標の発表によって大きな為替変動が起きることを恐れて、取引を控える傾向があることが考えられます。

投資家たちが取引を控えるとそれだけ通貨の流動性が低下するため、スプレッドが変動しやすくなります。

②大きな経済・政治ニュースが起きたとき

大きな経済・政治的なニュースがあったときには、為替変動が起きやすく価格差コストも広がりやすいです。

為替変動の規模や内容によっては、投資家たちが取引を控え、通貨の流動性が低下する可能性もあります。過去にスプレッドが広がった例には、リーマンショック東日本大震災などがあげられます。

日頃から国内外の経済や政治に関心を持つことが大切ですね。

 

③取引数が少ない時間帯・時期

FXのスプレッドが変動しやすいタイミング

取引数が少なくなる時間帯や時期は、通貨の流動性が下がるので広がりやすいです。例えば、ニューヨーク市場が閉まる日本時間の5時~8時は、広がりやすい傾向にあります。

 時間帯だけでなく、クリスマスや年末年始などの取引量が低下する時期も広がりやすいためご注意ください。

FXのスプレッドで気をつけたいポイント2つ

外国為替取引時の価格差コストは単純に広いか狭いかだけを見ればいいのではありません。ここでは、スプレッドの狭さと併せて確認しておきたいことを2つご紹介します。

気をつけたいポイント
  1. スプレッドは変動制
  2. 取引量が増えるほど影響が大きくなる

①スプレッドは変動制

FXのスプレッドで気をつけたいポイント

多くの取引会社ではスプレッドは原則固定と表現しています。ただし原則固定には例外があり、時間やマーケット・取引状況によって変します。

 大きな為替変動やトレンドの動き、経済・政治ニュースがあった際に通貨のスプレッドは変動しています。

FX会社の公式サイトでは、主要通貨のスプレッドを紹介しているケースが多いです。しかし、必ずしも紹介された価格差で常に取引できるわけではないことを理解しておきましょう。

②取引量が増えるほど影響が大きくなる

スプレッドは取引量が増えれば増えるほど影響が大きくなります

1日で何度も取引を繰り返しているデイトレーダーと、スワップポイント目的で長期保有している場合を比較すると、取引量が少ない分、スプレッドの影響をより受けやすいのはデイトレーダーです。

自分の取引スタイルはどれだけ価格差コストの影響を受けそうなのか、考えてから取引会社を選びましょう。

FX会社の選び方3つ

スプレッドは取引コストのひとつなので、狭ければ狭いほど利益を得やすくなります。しかし、スプレッドの狭さだけで使用する取引会社を選ぶのはおすすめできません。

そこでここでは、FX会社を選ぶ際のポイントを3つ解説していきます。

FX会社の選び方のポイント
  1. 取引手数料や入出金手数料にも注意する
  2. スプレッド提示率も確認する
  3. ツールの使い勝手や約定力なども考慮する

①取引手数料や入出金手数料にも注意する

FX会社の選び方

狭さだけでなく、取引手数料や入出金にかかる手数料も確認しておきましょう。国内のFX会社の多くは、取引手数料や口座管理手数料を設定していません。ただし中には各種手数料が必要なケースもあります。

各種手数料は口座開設前にしっかりと確認しておきましょう。

②スプレッド提示率も確認する

スプレッドは原則固定ですが、取引状況やマーケット状況によっては広がる場合もあります。

 各社が発表している原則固定のスプレッドのみではなく、どれだけ原則固定が維持されていたかも確認しておきましょう。

各社が発表しているスプレッド提示率を見ると、一定期間でどれだけ決められた範囲内で価格差コストが維持されていたかが分かります。

提示率と合わせて、各社を利用している方の口コミなども一緒に確認しておくと更に安心ですね。

③ツールの使い勝手や約定力なども考慮する

FX会社の選び方

取引ツールの使い勝手や各社の約定力も調べておきましょう。取引ツールが使いやすければ、毎回の注文や分析もしやすくなります。

FX会社の中には取引ツールを試せるデモ口座を用意している会社もあります。デモ口座は無料で取引を体験できるため、積極的に活用したいツールです。

約定力が高い会社で取引をすれば、狙ったタイミングで注文や決済をしやすくなりますよ。

FX口座に関するよくある質問

おすすめのFX会社は?
DMM FXがおすすめです。申し込みから口座開設まで最短1時間で完了するため、すぐに取引を始めたい方にも適しているでしょう。その他、SBI証券、GMOクリック証券、外為どっとコムなども取引ツールが充実しているなどのメリットがあります。
FXのスプレッドとは?
通貨ペアごとの売値と買値と差額です。2国間の通貨を売買して利益を得ようとする際の実質的な取引コストとなり、FX会社の収益でもあります。
スプレッドが狭いとどうなる?
実質的な取引コストを抑えられます。特に、取引回数が多くなるデイトレードをする方や取引通貨単位が多くなる方は、取引コストを抑えるためにもFX会社を比較して、よりスプレッドが狭い取引会社を選ぶのがおすすめです。
FXのスプレッドで注意すべきポイントは何?
各社の価格差コストは原則固定となっています。ただし、取引量が少なくなる時間帯や大きな為替変動が起きた際には、スプレッドが広がってしまうケースもあるのでご注意ください。
スプレッドが変化しやすいときはいつ?
主に大きな為替変動が起きた際や取引量が少なくなるときです。具体的には経済指標の発表前後やクリスマス、年末年始などは変動しやすい傾向があります。
スプレッドの狭さで取引会社を選ぶべき?
国内取引会社の場合、主要通貨ペアの価格差コストは横ばい状態です。価格差コストのみで取引会社を選ぶのではなく取引ツールの使い勝手や約定力、システムの優秀さなどトータルで選びましょう。
スプレッドの計算方法は?
例えば米ドル/円のスプレッドが0.2銭だった場合、仮に10,000ドル購入したとすると、取引コストは10,000通貨×0.2銭=20円と計算できます。

まとめ

今回は、FXのスプレッドについて、計算方法やおすすめのFX会社などを解説しました。スプレッドとは、通貨ペアごとの売値と買値の差額です。

FX取引によって利益を得ようとする際に実質的な取引コストとして負担することになります。そのため、スプレッドが狭ければ狭いほどコストを抑えて投資可能です。

スプレッドはFX会社によって異なりますが、主要な通貨ペアではほぼ同じことが多いです。

そのため、FX会社を選ぶ際にはスプレッドの狭さだけでなく、取引ツールの使いやすさや各社の約定力など、トータルで比較検討するとよいでしょう。

今回解説した内容を参考に、スプレッドの知識を役立てて自分に合ったFX会社を見つけてみてくださいね。
おすすめの記事