FX レバレッジ

FXはレバレッジをかけて取引をするが基本です。しかし、「FXのレバレッジとはなにか」「大損しそうで不安」と疑問や不安や抱えている方もいるでしょう。

国内では最大25倍をかけられることが多く、高いレバレッジをかけるほど取引額を抑えられます。一方でリスクも大きくなるので、初心者は倍率を抑えつつ、FX投資を楽しむのがおすすめです。

そこで今回は、FX初心者のためにレバレッジの基礎知識や使い方・最大倍数の計算方法などをご紹介していきます。

この記事を読めば正しいやり方がわかり、FXに対する理解も深まるでしょう。

FXのレバレッジとは

レバレッジとは「てこ」という意味で、てこの原理のように少ない元手で大きな金額が取引できる仕組みのことを指します。そこでここではFXにおけるレバレッジの特徴を学びましょう。

レバレッジの特徴
  1. 元手以上の取引ができるシステム
  2. 倍数に応じて利益もアップ
  3. 損失リスクも高まる

1.元手以上の取引ができるシステム

FXのレバレッジとは?3つの特徴を解説

レバレッジとは、元手以上の金額を動かせるシステムです。口座に預けたお金が少なくても、それを超える金額分の為替通貨を買えます。

口座残高の何倍もの取引が可能になるので、大きな利益につながる可能性もありますわずかなで多額を動かせるのが、レバレッジの大きな特徴です。

 一方で、取引額が大きくレバレッジをかけるほど、損失も高まります。

2.倍数に応じて利益もアップ

レバレッジは倍数を大きくかけるほど、利益につながる可能性も高まります。とくに2桁の倍数をかければ、より利益につながる可能性が高いです。

わずかなお金で大きな利益をあげられるので、非常にコストパフォーマンスが良いと言えます。

1ドル108円のときにUSD/JPYを1,000通貨を買い、110円に上がった場合をみてみましょう。
同じ取引額でも、倍数の有無で期待できる利益が変わります。利益率=利益÷証拠金です。
レバレッジ 必要証拠金 取引額 値上がり後の利益 利益率
なし 10万8,000円 10万8,000円 +2,000円 約1.9%
25倍 4,320円 10万8,000円 +2,000円 約46.3%

同じ取引額でも、25倍なら証拠金は25分の1です。しかし取引額が同じならもらえる利益は変わらないので、レバレッジをかけたほうがに証拠金に対する利益の割合が増えます。

3.損失リスクも高まる

FXのレバレッジとは?3つの特徴を解説
レバレッジでは利益が大きくなるメリットだけでなく、損失リスクも高まるデメリットもあります。レバレッジをかけて取引額が大きくなればなるほど、少しの予算でも大きなマイナスになる可能性が大きいです。

たとえば1ドル108円でUSD/JPYを1,000通貨買ったあと、106円に下がったときの損失をみていきましょう。
損失率=損失÷証拠金で計算していきます。
レバレッジ 必要証拠金 取引額 値下がり後の損失 損失率
なし 10万8,000円 10万8,000円 -2,000円 約1.9%
25倍 4,320円 10万8,000円 -2,000円 約46.3%

高いレバレッジをかけてると、少しの損失でも残高を大きく傷つけます。とくに25倍かけたときの損失率は、非常に高くなります。

上記の表の損失率を見ると、レバレッジ25倍では1ドル2円下がっただけで損失率が46.3%にもなります。元手の約46.3%が損失になる計算です。対して、レバレッジをかけない場合の損失率は1.9%です。

同じ取引額でも元手に対しての損失が大きく違うので注意しましょう。

FXの最大レバレッジや仕組みを解説

取引所では最大レバレッジという制約がありますが、実際の倍数は証拠金と取引額の関係で変わります。以下の4つの要点をみながら、取引のメカニズムを学びましょう。

取引の仕組み
  1. 多くの国内取引所は最大25倍
  2. 海外では100~500倍のケースも
  3. 取引所によってはコース別の最大レバレッジも
  4. 実効倍数は「取引額÷証拠金」

1.多くの国内取引所は最大25倍

【取引の仕組み】FXにおける最大レバレッジと倍数のかけ方
国内取引所の多数は、最大レバレッジ25倍です。金融庁の規制により、これが上限となります。 日本国内ではFXにはまった投資家が、過剰な損失で破産することが問題視されていました。

生活費からお金を工面することができないと、借金をしてしまう人もいます。

金融庁は投資家の資産を極力守るために、現在の規制を行っています。日本における信頼性の高い取引所は、どこも国内の規制に従って運営をしているのです。 

2.海外では100~500倍のケースも

【取引の仕組み】FXにおける最大レバレッジと倍数のかけ方
海外のFX業者では、100~500倍といった大きな数をかけられます。以下にて代表的な例を、ピックアップしました。どれも国内では考えられない倍数です。

FX会社 ライセンス 最大倍数
GEMFOREX ニュージーランドFSP 1,000倍
XM Trading セーシェル金融庁 888倍
AXIORY ベリーズ国際金融サービス委員会 400倍
iForex 英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会 400倍

リスクが国内より大きいので、初心者にはおすすめできません。経験が浅いうちは、国内の業者を利用するのが良いでしょう。

3.取引所によってはコース別の最大レバレッジも

【取引の仕組み】FXにおける最大レバレッジと倍数のかけ方
最大レバレッジを複数のパターンにわける取引所に注目です。コースごとに最大倍数をわけ、FXの経験に応じて選べるようになっています。

初心者はうっかり高額で取引しないためにも、最大倍数が低いところがおすすめといえるでしょう。たとえば楽天銀行のFXでは、以下のコースを設けています。

コース 必要証拠金(1ドル100円時)
25倍コース 4万円
10倍コース 10万円
5倍コース 20万円
2倍コース 50万円

初心者は5~10倍のように、最大倍数がほどよく小さいコースがおすすめです。

4.実効倍数は「取引額÷証拠金」

【取引の仕組み】FXにおける最大レバレッジと倍数のかけ方
実効倍数は取引所が決めた最大倍数とは別に、ユーザーが実際の取引時にかけているものです。計算式は以下のようになります。

 取引額÷証拠金=実効倍数
たとえば1ドル108円を1,000通貨買うと、10万8,000円です。証拠金が5万円なら「10万8,000円÷5万円=2.16倍」となり、倍数を割り出せます。
取引額に対し証拠金の割合が大きければ、低い倍数で済ませられます

最大25倍だからといって、本当にそのぶんの取引を行う必要はありません。

証拠金維持率の計算方法

FXのレバレッジを利用する際には、証拠金維持率が重要です。一定基準を下回ると、取引所から強制決済の措置を受けます。以下から計算式や強制決済の仕組みを、詳しく学んでいきましょう。

計算式

FXのレバレッジで重要な証拠金維持率の計算
証拠金維持率は、以下の計算式で割り出します。

証拠金維持率の割り出し方

証拠金維持率=純資産÷ポジションに対する必要証拠金×100

自分のFX口座に50万円(純資産)を預けていたとします。25倍のレバレッジ率で1,000万円分のドルを購入した場合、必要な証拠金は1,000万円÷25倍=40万円(ポジションに対する必要証拠金)です。

この場合の証拠金維持率は、50万円÷40万円×100=120%と算出できます。

ロスカットラインは取引所により異なる

FXのレバレッジで重要な証拠金維持率の計算
カットラインは維持率で決まりますが、取引所により基準が違います。以下の表をみていきましょう。

FX会社 カットライン
みんなのFX 100%
DMM FX 50%
SBI FXトレード 50%
GMOクリック証券・FXネオ取引 50%

国内の多くの取引所では50%ですが、みんなのFXの100%のように高く設定しているところもあります。基準が高ければ資産のダメージも抑えやすいものの、ポジションを失いやすいことにも注意です。

バランスよく考えて、登録先を決めましょう。

FXレバレッジ取引の注意点

FXにおけるレバレッジに関しては、以下の2つの注意点に気を付けましょう。

注意点
  1. 証拠金は全額使わないほうがよい
  2. 損失により強制決済を受けることがある

1.証拠金は全額使わないほうがよい

FX取引でレバレッジをかける際の2つの注意点
預けた証拠金は丸ごと使わないほうがよいでしょう。損失が大きくなった場合に追加証拠金を求められるからです。

国内FX業者では元手の最大25倍まで購入できるので、少しのお金でも多くの為替通貨取引ができます。

たとえば3万円を入れると、75万円分までポジションをもてます。

この場合、3万円を全額使って75万円分の取引をするのではなく、1万円だけを使って25万円程度の取引にとどめましょう

取引額に対応する証拠金は1万円だけになるので、あとの2万円は温存できます。過剰なポジションはお金を使いすぎることになり、損失時に金銭面で苦しくなります。

 リスクを慎重に考えながら、取引数量を決めましょう。

2.損失により強制決済を受けることがある

FX取引でレバレッジをかける際の2つの注意点
損失が大きすぎると、取引所から強制決済(ロスカット)を受けます。 ユーザーが過剰な損失の結果、生活に支障が出ることを防ぐためです。

基準には、証拠金維持率が関わっています。ポジションの時価総額に対し維持率が一定を下回っていると、強制的に決済を受けます。

アクセス時にそれまでのポジションが消えていたら、強制決済を受けた証拠です。

損失の可能性に備えて、過剰な投資には気をつけましょう。

FXはレバレッジなし(1倍)の取引も可能?

FXではレバレッジ1倍でも取引可能です。ここでは、レバレッジをかけずに取引を行うメリットとデメリットを解説します。

メリット
  • 損失リスク抑制
  • 外貨預金より手数料が安い
デメリット
  • 多くの利益は狙えない
  • 元手が増える

レバレッジなしでも取引は可能

FXはレバレッジなし(1倍)の取引も可能?
FX取引ではレバレッジなしでも可能で、元手だけの為替通貨を買ってもよいです。ただし外貨預金とは違い、スワップポイントによる手数料は発生します。

 スワップポイントとは、売買にかかわる2種類の通貨間の金利差を埋めるためのコストです。

プラスなら毎日少しずつ利益になり、マイナスなら払わなければいけません。1倍なら証拠金の範囲内で売買を繰り返すので、財務状況もわかりやすいでしょう。

1倍取引は、FXを学ぶ過程で有効に使えます。

レバレッジなしのメリット

FXはレバレッジなし(1倍)の取引も可能?
レバレッジなしによる取引のメリットを、2つ紹介します。

損失リスク抑制

メリットの1つ目は、損失リスク抑制です。レバレッジをかけると元手以上の取引ができますが、損失額も増えるのが難点でした。

損失次第では追加証拠金を払わなければならず、手痛い出費になります。

数千万のように多額を失うと、証拠金を足しきれないことも懸念材料です。しかし1倍なら所持金の範囲だけの取引額なので、資金不足のリスク抑制につなげられます。有効な安全策と言えるでしょう。

外貨預金より手数料が安い

もうひとつのメリットは、外貨預金より手数料が安いことです。

外貨預金は日本円を外国のお金に替えたうえで、銀行口座に預けることです。外貨の価値が上がれば、日本円に戻ったときに資産が増えます。

「1倍は外貨で銀行に預けているのと同じ」とも考えられます。しかし外貨預金では日本円に戻してもらう際に、手数料がかかります。

その点、FXは取引手数料無料な場合がほとんどなので、手数料を支払うリスクはありません。ただし、FXには買値と売値の差であるスプレッドがあり、広い意味での手数料とされています

 スプレッドが広すぎる銘柄は損失を受けやすいので、気をつけましょう。

デメリット

FXはレバレッジなし(1倍)の取引も可能?
レバレッジ1倍によるデメリットにも、気を配りましょう。ここでは以下のふたつをご紹介します。

多くの利益は狙えない

レバレッジ1倍では、多額の利益は期待できません。取引額が限定的だからです。

所持金の範囲でやりくりするなら、余分な損失の心配がないため安心だと感じるかもしれません。しかしポジションあたりの利益も小さいので、コツコツとプラスを積み重ねる戦略を取ることになります。

1倍なら損失規模も抑えられますが、利益も限られています。

短期保有なら取引回数を重ねて利益を積み、長期なら長い時間をかけて価値が上がりそうな銘柄を選ぶ工夫が大切です。

元手が増える

レバレッジ1倍だと、取引額に応じて必要な元手が増えます。たとえば10万円ぶんの為替通貨を買うとき、倍数の有無で以下のように異なります。

レバレッジ 必要証拠金
1倍 10万円
3倍 3万3,333円
10倍 1万円
25倍 4,000円

以上のように倍数によって、必要証拠金も変わるのです。1倍は取引予定額どおりのお金を用意しなければならず、調達に苦労する人も少なくありません。

お金に余裕がないうちは、支出を少し楽にできる2~3倍から試すとよいでしょう。

FXのレバレッジ取引で借金する可能性はある?

「FXで借金した人の話を聞いたから怖い」という人も多いでしょう。しかし、実際にはきちんと注意深く使っていれば、お金が足りなくなる心配はありません。

FXの運用が借金につながる主な理由は、次の3つが考えられます。

借金の理由
  1. ロスカットが追いつかずに多額の損失が残った
  2. 多額の追加証拠金を払えない
  3. 自分で借金分を投資してしまう 

1.ロスカットが追いつかずに多額の損失が残った

FXで借金する可能性があるって本当?理由を解説!
損失規模によってはロスカットという強制決済を受けますが、ほとんどの場合はポジションがすべて消えます。しかし相場の下落が激しいと、決済が追いつかず多額の損失が残ります。

損失額次第では追加証拠金が必要です。しかしその追加証拠金が払えず、借金になるケースがあります。証拠金額が大きすぎて、損失を埋められないからです。

500万円のような多額取引ハイリスクです。為替相場の暴落や暴騰により急激な損を受けると、マイナスを埋めきれません。

対策には余剰資金だけを使うという心がけが有効です。FX用の資金は、うまくいかないと全てなくなるリスクがあります。

 「預金口座の数%」のように、失っても生活に困らないぶんだけを使いましょう。

2.多額の追加証拠金を払えない

FXで借金する可能性があるって本当?理由を解説!
追加証拠金を払えないほどお金に困る人もいます。損失額が大きいと証拠金を足すように、運営側から求められ、支払えないと強制決済を受けます。

それでもマイナスが残っていると、借金として不足分を払わなければなりません

 取引所からの借金請求を無視すると、財産を差し押さえられる可能性があります。

多額の追加証拠金を発生させないためには、以下の対策を施しましょう。

対策
  • 余剰資金だけを使う
  • 証拠金いっぱいにお金を使わない
  • レバレッジ倍数は2~3倍に押さえる

とくに証拠金の一部だけを使った取引は、証拠金維持率を高めるうえで有効です。余分なポジションをもたないように、心がけていきましょう。

3.自分で借金分を投資してしまう 

FXで借金する可能性があるって本当?理由を解説!
FXにのめりこみすぎると、借金してまでもつぎ込んでしまう事例もあります。しかしこれは決して推奨できません。利益だけでなく、損失の可能性もあるからです。

取引に使うお金がなくなったときは、諦めも肝心です。仕事でお金を再び貯めつつ空き時間にFXを勉強しなおし、自身の投資戦略をじっくりと見なおすのがおすすめです。

あくまでも自分のお金だけで、FXに取り組みましょう。

初心者はレバレッジ 2~3倍がおすすめ

FX初心者の方には2~3倍のレバレッジがおすすめです。理由として以下のふたつをあげていきましょう。

2〜3倍がおすすめな理由
  • 1倍よりも元手が少ない
  • 25倍より損失リスクが小さい 

1倍よりも元手が少ない

FXにおけるレバレッジ初心者は2~3倍からはじめよう!
2~3倍に上げるだけでも、充分に元手を抑えられます。たとえば10万円分を購入予定でも、2倍なら半分の5万円を用意すればよいのです。

経験が少ないときに2ケタの倍数は、ハイリスクといえるでしょう。1倍では資金調達をしきれず、FXに参加しづらいと感じるかもしれません。

しかし2~3倍程度なら準備すべきお金も少なく、ある程度はまとまった利益も望めます。経験の浅い人がFXを楽しむうえで、理想の倍数といえるでしょう。

25倍よりも損失リスクが小さい

FXにおけるレバレッジ初心者は2~3倍からはじめよう!
もうひとつのメリットは、レバレッジ25倍より損失リスクが小さいことです。2ケタの倍数よりも1ケタの方が取引額が少ないぶん、損失規模も抑えられます。

たとえば1ドル108円を1,000通貨買い、105円に下がると倍数に応じた結果は以下のとおりです。

レバレッジ 必要証拠金 収支 損失率
2倍 5万4,000円 -3,000円 5.6%
25倍 4,320円 -3,000円 69.4%

表中では25倍のレバレッジをかけると、証拠金に対しの半分以上を失います。しかし2倍なら5.6%の損失率で済むのです。

倍数が小さければ調達すべきお金も限定的なので、リスクを抑えられますね。

FXのレバレッジに関するよくある質問

FXにおけるレバレッジってなに?
レバレッジとは「てこ」という意味で、少ない元手で大きい金額を取引できるシステムです。国内では最大25倍までレバレッジをかけられます。
レバレッジのかけかたとは?
国内の最大数は25倍ですが、FX会社ごとに5倍、10倍などと倍数が決められています。決められた倍数の中から自分のレベルや目的に合ったものを選んでレバレッジをかけましょう。
レバレッジにおける注意点とは?
レバレッジをかけすぎると、そのぶん取引額が大きくなります。FX業者指定の数値以上の証拠金維持率を維持出来ない場合、強制決済(ロスカット)となります。
レバレッジの証拠金維持率の計算方法とは?
「証拠金維持率=純資産÷ポジションに対する必要証拠金×100」で証拠金維持率が割り出せます。必要証拠金は「ポジションの時価総額÷最大レバレッジ倍数」、純資産は「残高+収支」で算出できます。
レバレッジなしの取引もできるの?
レバレッジなしでも取引は可能です。損失が膨らみにくいというメリットがありますが、利益も得られにくいのがデメリットです。
初心者はレバレッジをかけても大丈夫?
初心者は2~3倍程度のレバレッジがおすすめです。レバレッジをかけすぎると損失が膨れ上がりますが、2〜3倍なら損失を抑えられます。また、1倍では大きな利益を見込めません。しかし2〜3倍なら初心者にとって十分な利益をあげられるでしょう。
FXで借金するって本当?
ロスカットがおいつかずに、多額の損失が残るケースがあります。損失分を返済するために、借金をする人がいるのは事実です。また、ポジションを維持したいけど追加の証拠金が払えない場合にも、借金をして埋め合わせる人も少なくありません。

まとめ

今回は、FXにおけるレバレッジについて詳しく紹介しました。FXのレバレッジは所持金以上の取引が可能です。

倍数に応じて利益も膨らみますが、損失リスクも増します。初心者はまず、2~3倍で試してみましょう。

また、FX取引では余剰資金だけを使い、取引も証拠金の一部だけを用いるように心がけるなど、リスクに備えておくことも大切です。

本記事を参考に、低いレバレッジ率で損失リスクを減らし、十分な利益を得られるFX取引をしましょう。
おすすめの記事