個人事業主 おすすめ法人カード

忙しい個人事業主にとって、経費処理を効率化できるクレジットカードがおすすめです。個人用のカードと分けるか分けないか、どちらを選ぶかによって仕訳の方法も変わってきます。

個人事業主用のクレジットカードは審査が厳しいのか、審査落ちした時の対処法について知りたい方もいるでしょう。今回は、個人事業主用のクレジットカードを使うメリットや注意点についてご紹介します。

個人事業主におすすめのカードもご紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

個人事業主におすすめのクレジットカード5選

まずは、個人事業主向けのサービスが豊富なカードを厳選して5枚紹介します。ビジネスに便利な機能が充実しているので、仕事の効率化につながるでしょう。

NTTファイナンス Bizカードレギュラー for Owners

NTTファイナンス Bizカードレギュラー for Owners

ビジネスに便利な機能
  • 使用者カードは年会費無料
  • Web明細編集サービスでは明細書を最大10分割
  • 福利厚生代行サービス「ベネフィット・ステーション」
  • カード券面に会社名を印字

NTTファイナンス Bizカードレギュラー for Ownersは、代表者も使用者も永年無料で持つことができるカードです。利用可能上限額は、40万円・60万円・80万円の3つから選択できます。

より利用額を増やしたい方は、最大利用限度200万円であるワンランク上のNTTファイナンス Bizカードがおすすめです。
年会費 永年無料
国際ブランド Visa
還元率(通常) 1.0%
申し込み条件 満20歳以上の方

出典:https://www.ntt-card.com/biz/

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

三井住友for Owners

ビジネスに便利な機能
  • 国内外数1,000カ所の施設が優待価格で利用できる福利厚生代行サービス
  • ビジネス優待価格のじゃらんnetホテル予約
  • レンタカー優待価格などのビジネスサポートサービス

三井住友for Ownersは、審査時に通常必要な登記簿謄本や決算書の提出が必要ありません

 従業員への福利厚生が優待価格で利用できるサービスや、日産レンタカーなどが割引で利用できるサービスが魅力です。

申し込みはインターネットから簡単にできるので、忙しい方にもぴったりの1枚ですね。
年会費 1,375円(税込)※初年度無料
国際ブランド Visa

MasterCard

還元率(通常) 0.5%
申し込み条件

20歳以上の法人代表者、個人事業主

出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_owners_index.jsp

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

ビジネスに便利な機能
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報調査代行サービス
  • 「クラウド会計ソフト freee」へのデータ連携
  • 全国200ヶ所以上のシェアオフィスの優待割引

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、経費・接待に関わる相談ができるコンサルティングサービスが付帯されたカードです。

臨時の出費が必要な時に備えて、一律の利用限度額はありません。設備費などで高額な支払いが必要になった時も安心でしょう。

空港ラウンジや手荷物無料宅配などの、出張に関するサポートも充実しています。
年会費 34,100円(税込)※初年度無料
国際ブランド AMEX
還元率(通常) 0.5%
申し込み条件 満20歳以上の方

出典:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-business-corp-card/

freee VISAゴールドカード

freee VISAカード

ビジネスに便利な機能
  • 従業員カードは最大999枚まで発行可能
  • 「クラウド会計ソフト freee」へのデータ連携
  • 福利厚生代行サービス割引
  • 社労士・税理士への相談がそれぞれ1回無料

freee VISAゴールドカードは、開業して間もない時期でも申し込みが可能なカードです。

 本人確認書類のみの審査であるため、決算書類などの提出は必要ありません。

クラウド会計ソフトfreeeに自動で同期できるので、経理処理の負担を減らすことが可能です。電子マネーiDも搭載されています。

多くの書類をそろえる必要がないため、助かりますね。
年会費 11,000円(税込)※初年度無料
国際ブランド Visa
還元率(通常) 0.5%
申し込み条件 満20歳以上の方

出典:https://www.freee.co.jp/finance/card/smcc/

個人用・事業用でカードを使い分ける?分けない?

個人事業主は、個人用とクレジットカードを分けた方がよいのでしょうか。ここでは、分けた場合と分けない場合のメリットをそれぞれ解説します。

使い分けるメリット

まずは、事業用と個人用を分けるメリットを解説します。

経費を管理しやすい

帳簿

個人のカードで事業に使う消耗品などを購入した場合、どれが経費でどれがプライベート用なのかを整理して仕訳するのは大変な作業です。

 個人と事業用が混ざっているので、経費の処理に時間がかかってしまいます。

一方、事業用のカードを分けておけば、全てを経費に計上すれば良いので管理が簡単です。

効率的に事業のお金を管理したい方は、分けておく方が良いでしょう。

確定申告時に処理がスムーズ

PC

クラウド会計ソフト freeeなど、確定申告の時に便利な会計ソフトは数多く販売されています。

 基本的に会計ソフトの多くは、口座やクレジットカードを登録すれば連携が可能です。

会計ソフトを利用すれば明細の情報を自動的に処理してもらえるので、事務作業の効率化につながるでしょう。

もし個人用のものを使っていた場合、連携を行うとプライベート用の収支は手作業で除かなければなりません。

1つ1つ確認をすれば、時間と手間がかかってしまいますね。

年会費を経費にできる

お金

個人事業主用のカードを作った場合、年会費がかかることもあるでしょう。

 事業用のカードは、年会費を経費に計上することができます。

個人事業主用のカードは事業用サービスに特化した特典が多いので、事業効率化サービスや特典割引などを受けることができます。

使い分けないメリット

次に、個人用と事業用を分けないメリットを解説します。

ポイントがまとまる

貯金

プライベートと事業用のカードを分けると、ポイントはそれぞれのカードに貯まります。

 カードを使い分けた場合、基本的にお互いのポイントを合算することはできません。

一括でポイントを貯めたい方にとっては、同じカードを使う方が良いでしょう。

年会費が2重にかからない

お金 電卓 虫眼鏡

カードを分けた場合、年会費のかかるものはそれぞれ年会費を支払う必要があります。維持費が2重にかかってしまうので、注意が必要です。

 2枚とも年会費が高額なカードであった場合、年会費だけで数千円〜数万円を支払うことにもなりかねません。

一方、使用するカードを1枚に限定すれば、年会費も1枚分ですみます。

事業経費を個人用クレジットカードで支払う注意点

事業用に使う経費を個人のカードで支払う時に気を付けるべき点について解説します。

従業員カードを作ることができない

自分以外に従業員を雇っている場合、買い出しなどで従業員カードが利用できれば便利でしょう。しかし、個人用のクレジットカードでは従業員カードを作れません

 クレジットカードの貸し借りは規約で禁止されているため、従業員は現金で支払う必要があります。

暗証番号を教えることはセキュリティ面でもリスクが高まるため、カードの貸し借りは止めましょう。

もし規約を守らずカードを貸し借りしたことがカード会社にバレた場合、カードを利用停止されてしまう可能性もあります。

プライベートな支払いと混ざらないようにする

クレジットカードとスマートフォン

プライベートでもカードを使って買い物をする機会が多い方もいるでしょう。カードの利用明細は会員サイトなどでも確認できます。

 しかし、購入品の詳細までは見ることができないため、プライベートな支払いかどうかが分からなくなってしまうかもしれません。

経費と明確に分けるためには、レシートなどを保管しておくなどして一目で分かる状態にしておくことが大切です。

リボ払いや分割払いの手数料は計上する?

お金

個人と事業用の経費の支払いがまざった場合、分割払いやリボ払いの手数料は、計上しないことがおすすめです。

 手数料は支払い金額や期間で計算するため、明確に個人と事業用を分けることが難しいからです。

ミスを避けるためにも、高額でない限りは計上しない方が良いでしょう。

個人事業主向けカードの審査は甘い?審査なしはある?

疑問

カード会社は貸し倒れを防ぐため、カードの申し込みがあった際には慎重に審査を行います。

 相手が個人事業主であっても、返済能力を見極めるためにしっかりと審査を行うため、審査のない・審査が甘いクレジットカードはありません。

また、個人事業主用のクレジットカードの審査基準は具体的に公表されていません

そのため、一律に厳しい・甘いの判断をするのは難しいのが現状です。

しかし、申し込み条件を見ればある程度予測を立てることができるでしょう。例えば、三井住友for Ownersの申し込み条件は以下の通りです。

三井住友for Owners申し込み条件

・満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方
・パートナー会員の方は満20歳以上の役職員の方に限ります

少なくとも申し込み条件を満たしていなければ、審査に通ることはできません。

 申し込みには本人確認書類が必要ですが、カードによっては決算書や登記簿謄本の提出を求められることもあります。

※出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_owners_index.jsp

審査落ちした時の対処法

審査に落ちてしまった時には、以下の対処法がおすすめです。

審査落ちの原因を突き止める

虫眼鏡

カード会社は、審査に落ちてしまった理由を教えてくれません。そのため、次の申し込みで審査を通過するためには、原因を突き止めることが大切です。

主な審査に落ちる理由としては、以下のようなことが考えられます。
審査落ちの主な理由※
  • 過去に悪質な滞納の記録がある
  • 返済能力がないと判断さた
  • 申し込み書の内容に不備・虚偽がある
  • 本人確認ができなかった

※カード会社から審査落ちの理由は公表されていません。紹介する内容はあくまで一般的に言われていることであり、事実を断定するものではありません。

カード会社は、他社からの借り入れ状況をCICなどの信用情報機関で確認することができます。

 現在滞納がある、過去に滞納の記録があるような場合には、審査に落ちる可能性が高まると言われています。

このような場合、滞納を全て完済してから再度申し込みをしなければ、再度申し込みをしても審査に落ちてしまうでしょう。滞納の記録は一般的には約5年間残ります。

よって、過去に滞納の記録がある方は、信用情報機関の登録期間が過ぎてから再度申し込みをすることがおすすめです。

その他、申し込み書の記入内容も審査時にはしっかりチェックされます。

 内容に不備や虚偽が見つかったなどの場合には、審査に落ちてしまう可能性があります。

申し込み書を提出する前には、ミスがないか念入りに確認しましょう。

申し込みは期間を空けてから行う

カレンダー

上述したように、審査に落ちてしまった場合はCICなどの信用情報機関に記録が残ってしまいます。記録が消える前に他のカードを申し込めば、審査に落ちた記録を見られてしまうでしょう。

その結果、「何か原因があって審査に落ちたのではないか」と返済能力を疑われて審査に落ちてしまう可能性があると言われています。

 再度申し込みをするなら、信用情報機関の記録が消えてから行うようにしましょう。

焦って短期間で申し込みを繰り返しても、審査に通らない可能性が低いかもしれません。

信用情報機関へ登録されているか知りたい方は、情報開示請求をすることもできますよ。

個人事業主向けクレジットカードの仕訳方法

青色申告で確定申告を行う場合、帳簿を記入して提出する必要があります。その際は、個人事業主用のカードと個人のカードでは、仕訳の方法が異なる点に注意が必要です。

個人用カードの仕訳

ペン

個人用のカードで経費の支払いをした場合、引き落としがあっても特別な処理は不要です。費用の欄には「消耗品費」を、カードで支払った代金に関しては以下のように「事業主借」を記入します。

借方 貸方
消耗品費 1,000円 事業主借 1,000円

一方、個人事業主用カードの場合には別の仕訳方法があります。

個人事業主用カードの仕訳

クレジットカードとパソコン

個人事業主用のカードで経費を払った場合には、一旦「未払金」として計上します。その後、引き落とし後に「未払金」を借方に記入し、貸方に「普通預金」を記入してください。

借方 貸方
消耗品費 1,000円 未払金 1,000円
未払金 1,000円 普通預金 1,000円

ただし、上記の仕訳を下記のように簡略化することが認められています。

借方 貸方
消耗品費 1,000円 普通預金 1,000円

簡単な記入で済むので、ミスを防ぐことができるでしょう。
 年をまたいでしまう場合には簡略化はできないため、ご注意ください。

個人事業主向けクレジットカードによくある質問

考える

最後に、個人事業主向けのクレジットカードについてよくある質問をいくつかご紹介しましょう。

記事内でも詳しく解説しているため、気になる質問があれば記事に戻って復習してみるのもおすすめですよ。

個人事業主のクレジットカードに関するよくある質問

個人事業主におすすめのクレジットカードは?
個人事業主におすすめなのは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。年会費は税込34,100円かかるものの、ビジネス・コンサルティング・サービスやビジネス情報調査代行サービスなどの機能が付帯しています。また、クラウド会計ソフト freeeへのデータ連携も可能です。利用限度額がないため、事業で突然の支払いがあった場合でも安心して使えます。
クレジットカードは個人用とわけるべき?
わけたほうが、経費を管理しやすくなります。これにより、確定申告の処理がスムーズに行えるでしょう。クレジットカードの年会費も、事業用クレジットカードであれば経費にできます。収益によっては無駄に経費がかかってしまうため、分けない方がメリットが強い場合もあります。自分にとってどちらが有益か考えてみるといいでしょう。
個人事業主でも審査にとおる?
クレジットカードの審査基準は具体的に公表されていません。そのため、とおるかどうかは申し込んでみないとわからないのが現状です。どうしても心配な人は事前に「申し込み条件」をよくチェックしておくといいでしょう。少なくとも、申し込み条件を満たしていることが最低限の条件となります。個人事業主だからといって、申し込むことは自由です。まずは、申し込んでみましょう。
審査落ちしたらどうすればいい?
審査落ちの対処方として、審査落ちの原因を考えることが大切です。もちろん、クレジットカード会社に連絡しても審査落ちの理由は教えてくれません。自分である程度突き止める必要があります。審査落ちの原因として多いのは「滞納の記録」「返済能力がないと判断された」「申込書の内容に不備・虚偽がある」「本人確認がとれなかった」の4つです。審査落ちしたら、まずこのどれかにあてはまっていないかチェックしてみてください。
クレジットカードの仕訳はどうしたらいい?
事業用のクレジットカードかプライベートのクレジットカードかによって、仕訳が異なります。事業用のクレジットカードで事業費を払った場合は「諸経費/未払金」で処理しましょう。実際に支払いが行われた際は「未払金/普通預金」で処理します。プライベート用のクレジットカードで事業経費を支払った場合は「諸経費/事業主借」で処理します。仕訳が苦手な人は、事業用とプライベートを分けた方が仕訳がかんたんになるためおすすめです。
年会費無料のカードはある?
年会費無料のクレジットカードは、あります。しかし、事業用に使うのであれば、年会費の安さも大事ですがサービス内容や還元率などもしっかりと視野にいれて選ぶのがいいでしょう。
開業前にクレジットカードは申し込んだ方がいいの?
一部のカードは開業前でも申しみ可能です。ただし、カードによって申し込み条件が異なるので事前に確認する必要があるでしょう。開業前にクレジットカードを申し込むメリットとして、今後の経費精算がらくになる点があげられます。

まとめ

今回は、個人事業主のクレジットカードについて、おすすめな理由や注意点などを解説しました。

審査の内容については具体的に公表されていませんが、申し込み条件などを確認すればある程度予測がつくでしょう。

審査落ちした時には、原因を考えることが大切です。信用情報機関に記録が残ってしまうため、再度申し込みを行う際は時期に注意しましょう。

また、個人用のクレジットカードで事業の経費を落とす際には、仕訳の方法が異なるので注意が必要です。

個人用・事業用のカードを分けるかどうかは、メリットを比べながら自分に合った方法を選択しましょう。今回解説した内容を参考に、クレジットカードを賢く活用してビジネスの効率化に役立ててください。

おすすめの記事