dカードのポイント還元率は?落ちる人の特徴や還元率アップの方法を紹介

dカードについて気になっているけれど、ポイント還元率は高いのか、また審査は通りやすいのか、審査基準について疑問をお持ちのかたも多いのではないでしょうか?

dカードは、ドコモが発行するクレジットカードで、ドコモユーザーに嬉しいサービスがたくさんあります

今回は、dカードのポイント還元率や審査の基準、審査に落ちる人の特徴について解説していきます。

dカードの基本情報・特徴

dカード

まずは、dカードの概要や基本情報について、確認していきましょう。

申し込み対象者
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
年会費 永年無料
利用可能枠 〜100万円
国際ブランド VISA、Mastercard
お支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、分割払い
旅行傷害保険 国内:29歳以下の方のみ最大1,000万円

海外:29歳以下の方のみ最大2,000万円

電子マネー iD

dカードは、ドコモが発行しているクレジットカードです。VISAとMastercardに対応しており、日本だけでなく世界中で利用しやすいカードとなっています。

dカードのポイント還元率

dカードのポイント還元率

dカードのポイント還元率について確認していきましょう。

通常のポイント還元率 1ポイント/100円(1%)
ドコモ光のポイント還元率 10ポイント/1,000円(1%)

dカードのポイント還元率は1%と、クレジットカードの中では高水準です。したがって、通常のお買い物の際の利用でもお得にポイントが貯まります。

dカードゴールドの還元率

次に、dカードゴールドの還元率について確認していきましょう。

通常のポイント還元率 1ポイント/100円(1%)
ドコモ光のポイント還元率 100ポイント/1,000円(10%)
ドコモのスマホ料金の還元率 100ポイント/1,000円(10%)

dカードゴールドでは、年会費が11,000円かかりますが、ドコモ光とドコモのスマホ料金の還元率が10%とお得です。

したがって、ドコモのサービスを利用している場合にはdカードゴールドの方がポイントが貯まりやすくなります。

dカードのポイント還元率をアップさせる方法

dカードのポイント還元率をアップさせる方法

dカードのポイント還元率をアップさせる方法は、次の2つがあります。

dカードのポイント還元率をアップさせる方法
  • dカードとdポイントカードでポイントの2重取りをする
  • d払いとdカードでポイントの2重取りをする

それぞれの方法について、詳しく確認していきましょう。

dカードとdポイントカードでポイントの2重取りをする

dポイント加盟店では、dカード(dポイントカード)を提示しながら支払いにdカードを利用することでdポイントの2重取りが可能です

したがって、dポイントカードを利用できるお店でお買い物をすることで、ポイントをお得に貯めることが出来ます。

 dポイントカードはコンビニやドラッグストアなど、様々な場面で使うことができるので、街で使える場所がないか探してみましょう。

dカードとd払いでポイントの2重取りをする

d払いの支払い方法をdカードに設定すれば、d払いの利用分とdカードの利用分の両方でポイントがたまります

 d払いは0.5%の還元率でdカードの還元率は1%のため、両方使うことで合計1.5%分のdポイントを貯められてお得です。

前述したdポイントカードの提携店舗で利用することでポイントの3重取りも可能なため、d払いが利用できる店舗では活用してみましょう。

dカードの審査は甘い?

dカードの審査は甘い?

dカードの審査は通りやすいのか、審査基準について甘いのかという疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

dカードは、審査基準について非公開なので、審査が甘いかどうかはわかりません。一般的なクレジットカードの審査と変わりはないと考えられます。

ここからは、dカードの申し込み基準や審査期間など、審査に関する情報について解説していきます。

dカードの申し込み基準

まずは、dカードの申し込み基準について、確認していきましょう。

dカードの申し込み基準
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

したがって、高校生以外で18歳以上の方であれば、申し込みの条件はクリアしているということになります。

無職・アルバイト・学生などでも申し込みOK?

dカードの審査は甘い?

申し込み基準には、「18歳以上(高校生を除く)」場合に申し込みが可能となっています。しかし、職やアルバイト、学生などの方でも申し込みができるのか気になる人も多いと思います。

dカードの公式サイトにあるQ&Aには、次のように記載されていました。

年金受給者やパート・アルバイトでもカードの申込みはできますか。

お申込みいただけます。
ただし、クレジットカードの発行には審査がございますので、発行がお約束できるわけではございません。
あらかじめご了承ください。

dカード 公式サイト

主婦・学生など、収入がなくてもカードの申込みはできますか。

お申込みいただけます。
ただし、クレジットカードの発行には審査がございますので、発行がお約束できるわけではございません。
あらかじめご了承ください。

dカード 公式サイト
上記のように、学生やパート・アルバイトであっても申し込みが可能であると記載されています。
また、収入がない場合でも、申し込み対象にはなるため、主婦などの方であればdカードの申し込みが可能です。
 しかし、審査基準に合致していない場合には、カードを発行することができないため、必ず作れるというわけではない点に注意が必要です。

dカードの審査期間

dカードの審査は甘い?

dカードの審査期間については、申し込みの内容や状況によって異なります

dカードの公式サイトでは、審査期間や発行期間について、次のように記載されています。

新規申込みしたカード(カードの種類の変更を含む)はどのくらいの期間で届きますか。

お申込み後、1~3週間で当社からカードを発送いたします。
※審査等の状況により、1か月以上かかる場合がございます。

dカード 公式サイト

したがって、審査状況によっては、1週間以上結果が来ない可能性もあります

審査結果に関する個別の問い合わせはできないため、審査が完了するまで待ち続けるしかないようです。

dカードの審査状況の確認方法

dカードの審査状況を確認する方法は、My docomoの契約状況を確認するか、d払いのアプリから確認する方法の2通りが挙げられます。

My docomo ①My docomoの「契約内容・手続き」から「全ての契約情報の確認」をチェックする

・dカードが「申し込み受付中」と記載されている場合、審査中

・「契約中」の場合、審査通過

・「未契約」の場合、審査否決

d払いのアプリ ・アプリにdカードの番号が記載されていたら審査通過

特に、My docomoの契約状況を確認することで、審査中なのか審査が完了しているか一目でわかるため、活用してみましょう。

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

クレジットカードの審査に落ちてしまう人、dカードの審査に通らなかった人は、審査のポイントを確認して自分の状況を見直しましょう。

dカードでは、審査の基準は公開されていませんが、一般的なクレジットカードの審査基準はある程度似ている部分も多いため、落ちる原因がわかる可能性があります。

dカードの審査に落ちる原因/審査のポイント
  • 職業・雇用形態
  • 収入の状況
  • 信用情報
  • 他社の借入・クレジットカード枠
  • キャッシング枠の申し込み状況

それぞれの審査項目について、詳しく確認していきましょう。

職業・雇用形態

クレジットカードの審査を行ううえで確認されるのが、職業や雇用形態です。職業や雇用形態は返済能力に直結するため、安定している職業であればあるほど、審査に有利になる可能性は高いです。

例えば、公務員や会社員など、収入が毎月安定している方は、審査に有利になる傾向があります。

一方で、パートやアルバイト、年金受給者であってもカードの発行が可能ではありますが、利用枠が少なくなってしまうことも考えられます

雇用形態を変えることで、クレジットカードの審査に通ることもあるため、収入の安定性を重視した職業に就けるようにしましょう。

収入の状況

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

職業に次いで確認される事項としては、「収入金額」が挙げられます。クレジットカードを利用すると、翌月以降に返済する必要があるため、返済資金である「収入」は重要なポイントです。

 明確な収入の基準は公表されていませんが、審査の判断基準にはなります。例えば、学生や主婦で収入が全くないからといって必ず審査に落ちることはありませんが、働いている人に比べて利用枠が少なくなるでしょう。

また、収入金額だけでなく、収入の安定性も重要です。例えば、公務員で毎月安定している年収400万円の人と、自営業で月の収入が不安定な年収400万円の人では、収入が安定している公務員の方が有利になる可能性があります。

信用情報

クレジットカードの審査で必ず確認される事項として「個人信用情報」というものが挙げられます。

 信用情報とは、金融取引の現状や返済状況、金融事故の有無といった、個人の返済能力を判断するための情報のことです。

信用情報は、クレジットカード会社や銀行、消費者金融会社などがそれぞれ信用情報機関に加盟し、自社の借入情報の記録を登録しているため、審査の際に確認することで、それぞれの返済状況について確認することができます

信用情報機関には、次の3つが存在しています。
3つの信用情報機関
  • CIC
  • JICC
  • KSC

CIC

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

CICとは、クレジット会社の共同出資により昭和59年に設立された、割賦販売消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。

CICに加盟している機関の中には次のものが挙げられます。

CICの加盟機関
  • 信販会社
  • 百貨店
  • 流通系クレジット会社
  • 銀行系クレジット会社
  • 家電メーカー系クレジット会社
  • 自動車メーカー系クレジット会社
  • リース会社
  • 保険会社、保証会社、銀行
  • 消費者金融会社
  • 携帯電話会社

「分割払い」に関する記録も全てCICに記載されています。例えば、携帯電話会社で購入した、スマホ本体の分割払いの記録は「信用情報」としてCICに記録します

したがって、携帯料金の分割払いの支払いに遅れている人は、信用情報に記録され審査に影響を与える可能性が高いです。

単純な借入だけでなく、スマホ代や通販などの分割払いについてもCICを確認することで返済状況がわかるため注意する必要があります。

JICC

JICCは、消費者金融会社を中心に共同出資されている信用情報機関です。主に消費者金融系の借入などの情報を掲載している機関で、加盟機関は次の通りです。

JICCの加盟機関
  • 消費者金融会社
  • クレジット会社
  • 信販会社
  • 金融機関
  • 保証会社
  • リース会社 など

加盟している機関の数が多いため、ほとんどの借入の審査の際に確認されることが多いでしょう。

KSC

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

KSC(全国銀行個人信用情報センターとは、全国銀行協会が発足している信用情報機関です。主に銀行系が中心となっており、メガバンク、地方銀行、信用金庫、農協などが加盟しています。

したがって、クレジットカード会社の中には、KSCに加入していない場合もあります。

 KSCは、加盟している機関の借入・返済の情報だけでなく、官報情報(相続、公示催告、失踪、除権決定、破産、再生関係)も掲載されているのが特徴です。

したがって、KSCに登録されている事故情報がなくても、破産手続きを行なった場合には官報情報として記録されるため、審査に影響を与えます。

dカードでは、CICとJICCに加盟している

dカードの公式サイトを確認すると、CICとJICCの2つの信用情報機関に加盟しているということがわかります。

したがって、CICとJICCの2社で記録されている信用情報を確認して、審査が行われるということです。

もし、審査前に自分の信用情報が気になるという方は、それぞれのサイトから自分の信用情報について確認することが可能なため、請求してみましょう。

 ただし、信用情報の請求には、料金がかかります。CIC、JICCともに1,000円の開示手数料を支払わなければいけない点に注意が必要です。

他社の借入・クレジットの利用状況

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

他社の借入状況、クレジットカード枠の状況によって、クレジットカードの審査に影響を与える可能性が考えられます。

例えば、他社のクレジットカードで100万円のショッピング枠があり、dカードを新たに発行してしまうと、100万円以上のお買い物がクレジット払いで利用できるということになります。

 クレジット払いのショッピング枠があるということは、翌月以降にクレジット払いの金額を返済する必要があるため、限度額まで利用しても返済に問題ないかどうかは審査の対象です。

したがって、クレジットカードを持ちすぎている場合に審査に落ちてしまうという可能性も考えられます。

また、他の借入の額に応じてクレジットカードの審査に影響がある可能性が高いです。

例えば、住宅ローンやカードローンの返済などがある場合には、ローンの返済が毎月発生するため、カードの利用額が多いほど返済負担が増加します。

したがって、クレジットカード以外の借入が多すぎる場合には、カードの枠が少なくなってしまうことも考えられるため、返済できるものは返済しておきましょう。

キャッシング枠

dカードの審査に落ちる原因・審査のポイントは?

キャッシングを利用する場合には、貸金業法が定められており、総量規制の対象になります。

 総量規制とは、貸金業法の対象となる借入(キャッシングや消費者金融系カードローン など)の合計額が年収の3分の1以内に収まっている必要があるという規制です。

例えば、年収が300万円の人であれば、キャッシングやカードローン を含めた総借入枠は、100万円以内でなければいけません。

したがって、年収300万円の人が合計で100万円のカードローンを持っている場合には、キャッシング枠を利用することができずに審査に落ちてしまうことが考えられるため、キャッシングの申し込みの際には、注意が必要です。

 なお、銀行系のカードローンの場合には、貸金業法で制限がないため、総量規制の対象になりません。銀行・信用金庫以外のカードローンとキャッシングが総量規制となります。

また、総量規制の範囲内であれば必ず通るというわけではないため、キャッシング枠はなるべくつけないか最小限で申し込みをしておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、dカードの審査、ポイント還元率について解説しました。

dカードの審査基準については明確に公開されてはいないため、審査が甘いかどうかについては一概には言えないでしょう。

しかし、クレジットカードの審査では、職業や収入などの本人情報や、信用情報などを総合的に判断した上で審査されるということを覚えておくと、審査のポイントをつかむことが出来ます。

また、dカードの還元率は1%と高水準で、ドコモのサービスを利用すると還元率がアップするため、ドコモユーザーの方は是非申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
[Credit-L]
おすすめの記事