お得 クレジットカード

クレジットカードは、利用するお店やサービスで使い分けると得することが多いです。

「何を使っても同じでしょ?」と思って何気なく使っていれば、得られる特典やサービスを受けられないかもしれません。

普段よく行くお店やインターネットで使っているサービスを振り返ってみるとメリットがありそうなカードが分かってきます。

この記事では、お得なクレジットカードを選ぶポイントを知ることができます。また、使うシーンに分けておすすめのカードを紹介しています。

特徴やメリットを確認して、あなたにとってお得なクレジットカードを見つけてください。

還元率やマイナポイントでお得!おすすめクレジットカード3選

ここから、カードの特徴や使う場面でお得なクレジットカードを紹介していきます。最初は、還元率やマイナポイントでおすすめのカードです。

※マイナポイントはマイナンバーカードの取得や申し込み申請が必要です。
※基本的に2021年3月末までにマイナンバーカードを申し込みした人が対象です。

dカード

dカード

dカードは、NTTドコモユーザー以外にもお得なクレジットカードです。マイナポイントも最大5,000円分のdポイントが付与されます。

 100円の利用でdポイントが1ポイント貯まります。さらに、ローソンでは200円の利用で3ポイントです。

他にも、マクドナルド、スターバックス、ドトールコーヒーなどでも通常より多くのポイントが貯まります。

非ドコモユーザーでも年会費無料のカードでdポイントをお得に貯めたい人にピッタリです。
年会費 無料
還元率 1.0%~4.5%
ポイント dポイント
ブランド VISA、Mastercard

出典:公式ページ

楽天カード

楽天カードは、100円の利用で楽天ポイントが1ポイント貯まります。マイナポイントの対象者であれば、2021年9月30日(木)まで利用した分の25%(5,000円上限)がポイント付与されます。

 マクドナルドやくら寿司などの優待店で利用すれば、通常よりも多くポイントが付きます。楽天市場で利用すれば最大3倍です。

例えば、楽天市場で1,500円の本を買えば、45pの楽天ポイントになります。また、入会でもれなく5,000ポイントプレゼントを常時開催しています。

キャンペーンを強化している時期に入会すればさらにお得ですよ。
年会費 無料
還元率 1.0%~3.0%
ポイント 楽天ポイント
ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS

出典:公式ページ

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

Orico Card THE POINT

オリコカードザポイントは、100円の利用でオリコポイントが1ポイント貯まります。マイナポイントも付与率25%で最大5,000円相当のオリコポイントが獲得できます。

 オリコカードザポイントの最大の魅力は入会後半年間ポイントが2倍になることです。

最大50万円までの利用額が上限ですが入会後還元率がアップするのは大きなメリットです。

例えば、新しくスーツを作ったりパソコンを買い替えたりするなど、大きな出費がある場合はたくさんのポイントを獲得できます。

このような場面で、オリコカードザポイントは強い味方になってくれますね。

また、貯まったポイントは、他社のポイントへ移行して使うことも可能です。Tポイント、Pontaポイント、dポイントに移行すれば交換率が変わりません

オリコポイント1,000ポイントの移行例
  • Tポイント⇒1,000ポイント
  • ポイント⇒1,000ポイント
  • dポイント⇒1,000ポイント

このようにポイントの使い勝手が良いのもオリコカードザポイントの特徴です。

年会費 無料
還元率 1.0%~2.0%
ポイント オリコポイント
ブランド Mastercard、JCB

出典:公式ページ

車をよく利用する人がお得になるクレジットカード

「通勤で車を使っている」「休日は車で遊びや買い物に出かけることが多い」「高速道路を使うことも多い」など車をよく利用する人が得するクレジットカードを紹介します。

イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)

eon-nexco

こちらのイオンカードはWAON POINT

E-NEXCOポイントに交換して使うことができます。

例えば、WAON POINT1,000ポイントでE-NEXCOポイント1,200ポイントに交換が可能です。それぞれ1ポイントは1円相当の価値があります。

イオンを頻繁に利用している人がWAON POINTを貯めて高速道路で利用するのに向いています。
年会費 無料
還元率 0.5%~1.33%
ポイント WAON POINT
ブランド VISA、JCB

出典:公式ページ

ENEOSカード S

エネオスカードS

ENEOSカードSを使って、ENEOSで給油をすればガソリンや軽油が1リットルにつき2円安くなります。

2年目以降の年会費も年に1回以上利用すれば無料になります。常に給油をしていれば、実質無料とも言えるでしょう。

 家族カードでも年会費無料で本カードと同じサービスを受けることが可能です。

夫婦、子供や親が車を使うのであればガソリン代の節約額も大きくなります。またENEOSのロードサービスも使えます。

不慣れな道を運転していて、トラブルがあったときでも、電話をすれば駆けつけてくれるので安心です。

30分以内の路上修理は無料なのもうれしいですね。
年会費
  • 初年度無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
還元率 0.6%~2.0%
ポイント ENEOSカードポイント
ブランド VISA、JCB

出典:公式ページ

シェル-Pontaクレジットカード

シェルポンタ

シェル-Pontaクレジットカードは、シェルのSSで給油すると1リットルでPontaポイントが2ポイント貯まります。

 シェル以外でもPontaポイントと提携していればポイントの2重取りも可能です。

ガソリンの値引きではなく給油でポイントを貯めたい人に向いています。年会費は年1回以上の利用で翌年無料です。

給油以外の利用では100円の利用でPontaポイントが1ポイント貯まります。しかも、ローソンではポイントが2倍になるためお得です。
年会費
  • 無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
還元率 1.0%~4.0%
ポイント Pontaポイント
ブランド VISA、Mastercard

出典:公式ページ

ETCカードでお得なのは?

Orico Card THE POINT

ETCカードではすでに紹介しているカードですがオリコカードザポイントがおすすめです。

 ETCカードの年会費も無料の上オリコポイントも貯まります。さらに、入会特典にあった「入会から6か月間はポイント2倍」も適用されます。

こちらも紹介済みですがシェル-PontaクレジットカードのETCカードもメリットがあります。

シェルポンタ

 年会費が無料ですが、ETCの利用でも100円ごとにPontaポイントが1ポイント付与です。

例えば、高速道路を1万円分も使えば100Pontaポイントになります。高速道路を利用する機会が多い人にとってお得です。

鉄道利用や定期券でお得さを感じられるクレジットカード

「電車をよく利用する」「定期券を買って通学している」「鉄道の旅が趣味」といった人がお得さを感じられるクレジットカードを紹介します。

JRE CARD(Suica付)

jrecard-suica

JRE CARDは、JR東日本グループが発行しているクレジットカードです。ここで紹介しているのは、JRE CARDのSuica付きです。

 貯まったJRE POINTは1ポイント=1円でチャージが可能です。通常の利用で、1,000円につき5pになるので還元率は0.5%です。

しかし、JRE優待店で利用すれば、100円の利用で3ポイントがすぐに付与されます。さらに通常利用分も後から付与されるので、還元率は3.5%と高くなります。

アトレ、アトレヴィ、ビーンズなど多くの優待店がある点も強みの1つです。さらに、えきねっとで新幹線の券を購入すれば1,000円につき15円相当のJRE POINTが貯まります。

ちなみに、JRE CARDにはSuica定期券付きもあります。用途に応じて必要なJRE CARDを作るのがおすすめです。
年会費
  • 初年度無料
  • 2年目以降:524円(税込)
還元率 0.5%~4.3%
ポイント JRE POINT
ブランド VISA、Mastercard、JCB

出典:公式ページ

J-WESTカード「エクスプレス」

j-west

J-WESTカードはJR西日本が発行しているクレジットカードです。このカードを使えば東京から鹿児島、東京から金沢までの新幹線料金がお得になります。

 21日前まで利用できる早割、発車の4分前まで予約できるサービスなどで料金が通常よりも安くなります。

また、エクスプレス予約で新幹線を使ったときに貯まるポイントを利用すればグリーン車にアップグレードも可能です。

これは、「グリーンプログラム」と言って普通車料金でグリーン車に乗れるサービスです。1回でも予約サービスを利用すれば、年会費の元を取ることはできるでしょう。

旅行や出張で、対象区間の新幹線に乗る機会が多い人にはおすすめの1枚です。
年会費 1,100円(税込)
還元率 0.5%~
ポイント J-WESTポイント
ブランド VISA、Mastercard、JCB

出典:公式ページ

携帯電話サービスでお得に選ぶならこのクレジットカード

携帯電話会社は、利用すると特典があるクレジットカードを発行していることが多いです。どのようなカードがあるのかを解説します。

dカードGOLD

dカード GOLD

dカードGOLDは、NTTドコモユーザーであれば作って損はないでしょう。年会費が1万円以上かかりますが特典やサービスでカバーすることが可能です。

例えばdカードGOLDの特典として、ドコモ携帯やドコモ光の利用料金1,000円(税抜き)ごとに10%のポイントが貯まるなどがあります。

 毎月9,000円程利用金額があれば900円相当のdポイントが還元されます。

1年で10,800円です。これだけでも年会費をほぼカバーすることができますね。

通常の利用でも、100円につきdポイントが1ポイント貯まります。これは、最初の還元率の項目で紹介したdカードと同じです。

また、最大10万円までの携帯電話の保証が3年間ついています。高額なiPhoneが万一壊れたりしてもdカードGOLDを持っていれば安心です。

さらに、国内・海外旅行傷害保険の付帯、空港ラウンジが無料で利用できる特典もあります。

ドコモユーザーにとっては、至れり尽くせりのカードと言えるでしょうね。
年会費 11,000円(税込)
還元率 1.0%~4.5%
ポイント dポイント
ブランド VISA、Mastercard

出典:公式ページ

au PAY カード

aupay-card

auの携帯電話サービスなどを利用しているなど条件が揃えば年会費無料で使えます。100円の利用でPontaポイントが1ポイント貯まりますがさらにお得なのはau Payの利用です。

au PAY カードでチャージをして、au PAYでコード支払いをすれば200円につき1ポイント貯まります。
 au PAY カード+au PAY で還元率が1.5%になります。スマホ決済の利用がメインの人はこの組み合わせは、大きなメリットがあるでしょう。

また、マツモトキヨシや紀伊国屋書店などポイントアップ店で利用すればさらにお得になります。

年会費 無料※条件あり。公式ページ参照
還元率 1.0%~2.5%
ポイント Pontaポイント
ブランド VISA、Mastercard

出典:公式ページ

付帯サービスでお得なクレジットカード

最後に、映画やネットショッピングで得するクレジットカードを紹介します。

dカード

dカード

すでに、dカードは登場しましたがメルカリをよく利用する人にはさらにお得です。メルカリはdカードの特約店になっており、還元率が通常よりも高くなっています。

 メルカリでは、200円の利用でdポイントが3ポイント貯まります。「通常のポイント1%+特約店のポイント1.5%⇒合計2.5%」になります。

メルカリを使って買い物を楽しんでいる人はdカードで支払いをすることでさらにポイントアップしますよ。

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

ポイントが貯まれば映画を無料で楽しめるカードです。ブランドは2種類ありますが、年会費を考慮するとMastercardがおすすめです。

MasterCardは初年度は無料、2年目以降は年1回以上利用すれば無料になります。対して、AMERICAN EXPRESSでは年会費が3,300円(税込)かかります。

 TOHOシネマズで、映画を6本観れば1本が無料になります。

月1回ペース程で映画鑑賞をすれば年に2回は無料です。通常料金で1,900円するのでこの特典は大きいです。また毎週火曜日は会員価格で観ることも可能です。

さらに、1分間映画を観ると1マイルのシネマイレージサービスがあるのも特徴的です。貯まったマイルは、ドリンクやポップコーン、オリジナルの特典に交換できます。

映画好きには魅力たっぷりの特典あるカードですね。
年会費
  • 初年度無料
  • 2年目以降:330円(税込)
還元率 0.5%~1.0%
ポイント セゾン永久不滅ポイント
ブランド Mastercard、AMERICAN EXPRESS

出典:公式ページ

Amazon MasterCardクラシック

amazon

その名の通り、Amazon.co.jpの利用が多い人にメリットがあるカードです。

Amazon.co.jpの利用で、100円につきAmazonポイントが1.5p貯まります。通常の利用でも1ポイントあり還元率は1%です。

 年会費は年に1回以上利用があれば無料になります。Amazonが生活の一部となっていれば、年会もないに等しいと言えるかもしれません。

貯まったポイントはすぐに支払いに充てられます。まとまったポイントを貯める必要がないため使いやすいです。

年会費
  • 初年度無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
還元率 1.0%~1.5%
ポイント Amazonポイント
ブランド Mastercard

出典:公式ページ

お得なクレジットカードを選ぶポイントは?

ポイント

一言で「お得」と言っても万人受けするクレジットカードはないでしょう。つまり使う人によって「お得」なカードは違うということです。

なぜなら、カードによって、年会費ポイント還元率付帯サービスなどさまざまな特徴があるからです。ここでは、お得なクレジットカードを選ぶポイントについて解説します。

日常でクレジットカードを使う場面を振り返ることが大切

日常生活

例えば、イオンカードには「毎月20日・30日のイオングループの買い物代金が5%オフ」になる特典があります。

イオンを日常生活で利用する機会が多い人はお得です。逆に、ほとんど行かない人にとってはあまり意味がない特典になります。

 あなたがよく買い物をするお店、インターネットのサービス、趣味など振り返ってみましょう。

なんとなく手元にあるクレジットカードを使っていませんか?そのときこのサービスに合うカードはないかと探してみるのも一つの方法です。

また、頻繁に利用するお店では、クレジットカードを勧めてくることもあります。携帯電話の相談でお店に行ったときなど覚えがありませんか?

「勧誘か…面倒くさい」と思っても実はお得なカードだったりします。時間があれば、話を聞いてみてください。メリットを感じられることもあるでしょう。

まずはポイント還元率と年会費で選ぼう!

PC

クレジットカードで得するのはポイント還元です。できるだけ還元率が高いものがいいです。還元率が高いカードであっても以下のようなデメリットがあれば使いにくくなってしまいます。

クレジットカードのデメリット(例)
  • 他社へのポイント移行率が悪い
  • 一定量貯めないと移行できない
  • 有効期限がある

いざ使うおうとするとき、使い勝手が悪いこともあるので注意が必要です。有効期限が長く1ポイントでもあればすぐに使えるようなカードが理想です。

年会費は無料のものがおすすめです。しかし、年会費がかかったとしてもカードの利用額次第ではお得になるカードもあります。

例えば、ドコモのdカードGOLDです。年会費が11,000円(税込)かかります。しかしポイント還元で十分に元を取れます。そのうえ、ゴールドカードならではの特典も受けられます。

「ポイント還元率と年会費のバランスをよく計算して選ぶのが良いということですね。」

特典やキャンペーンで選ぶ

マッチングアプリイメージ

エポスカードのようにカラオケの割引や飲食店でドリンクサービスを受けられるなど特典がついたカードもあります。

確かにエポスカードは還元率が常に1%以上あるカードに比べれば還元率が高くありません。しかし、特典があるのが魅力です。

また、入会から3か月間、6か月間はポイントアップ特典を用意しているカードもあります。引っ越しをして新しい家具や家電を買うなど大きな出費があるときに役に立ちます。

カードによって特典やキャンペーンの充実度は違います。よくチェックして選ぶのも大切です。

お得なクレジットカードに関するよくある質問

おすすめのクレジットカードは?
おすすめのクレジットカードはdカードです。dカードはドコモユーザーだとお得に使えますが、ドコモユーザー以外でもお得です。dカードは、年会費無料でポイント還元率が1.0%~4.5%となっています。dカードを使うと、dポイントがたまります。ブランドは、VISAとMastercardの2種類から選ぶことが可能です。
新幹線によく乗る人にお得なクレジットカードはある?
JR東日本やJR西日本が発行しているクレジットカードがおすすめです。一定の距離の新幹線料金が割引になったりします。また新幹線の早割も使えますので、新幹線移動が多い人は検討してみるといいでしょう。
マイナポイントってなに?
マイナポイントはクレジットカードとマイナンバーを紐づけることで、ポイントがもらえるキャンペーンです。申し込むには、まずマイナンバーカードを作る必要があります。その後、マイナポイントの公式アプリからマイナポイントの申し込み&予約をします。
お得なクレジットカードを選ぶポイントは?
お得なクレジットカードを選ぶポイントとして、「日常でクレジットカードを使う場面を振り返る」「ポイント還元率と年会費で選ぶ」「特約やキャンペーンで選ぶ」の3点があげられます。クレジットカードの最大のメリットはポイントです。どれから選んでいいかわからない人は、まずポイント還元率をチェックしてみましょう。
車を利用する人にお得なカードはある?
車をよく利用する人にお得なカードといえば、ガソリンスタンドが発行しているクレジットカードです。ロードサービスが特典としてついている場合も多く、街乗り以外に遠出をする人にもおすすめとなっています。
ETCカードってなに?
ETCカードは、有料道路を走る際に使えるカードのことです。通常であれば、料金所で一時停止して通過しなくてはなりません。しかしETCカードがあれば、時速20km以内で車を止めることなく通行できるのです。料金はクレジットカードに請求されますので、後払いとなります。
どんな付帯サービスがあるの?
付帯サービスで多いのは「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」「ショッピング保険」「盗難保険」などです。はじめてクレジットカードを利用する人は、ショッピング保険や盗難保険がついているものがおすすめです。国内・国外旅行が多い人は、旅行傷害保険がついているものを選ぶといいでしょう。

まとめ

本記事では、利用シーンに応じてお得なクレジットカードを12枚紹介しました。

高還元率のカードもいいが、映画を観るためのカードもいいからどっちにしよう?

この場合、どちらも作ることをおすすめします。クレジットカードは、複数持って場面ごとに使い分けるのがお得な使い方とも言えるからです。

ただし、一度にたくさんのカードに申し込みをすると、審査に影響する可能性があります。2枚目、3枚目を作るときは計画的に行うようにしましょう。

クレジットカードの関連記事

おすすめの記事