学生におすすめのクレジットカード14選!審査基準や作り方も紹介

キャッシュレスでスムーズに買い物ができるクレジットカードは、学生でも所有することができます。しかしカード会社によって申し込み条件や特徴が違うので、どれが自分に合っているカードか分からない学生も多いでしょう。

そこで今回は、学生におすすめしたいクレジットカードを厳選して紹介します。

作り方や審査についての詳しい解説もしていくので、ぜひ最適の1枚を探す参考にしてください。

学生向けおすすめクレジットカード14選徹底比較

こちらでは学生におすすめのクレジットカード14選をご紹介していきます。どんなクレジットカードにするか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

JCBカードW
三井住友カード (NL)
エポスカード
セブンカード・プラス
ソラチカカード
三井住友カード
RevoStyle
dカード
ファミマTカード
ライフカード
(デポジット)
楽天カード
JCB W 券面画像
三井住友カードNL
セブンカードプラス
ソラチカカード
dカード
ファミマTカード
ライフカードデポジット型
楽天カード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
初年度無料
2年目以降
2,200円税込
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0-5.5%
0.5-5.0%
0.5-15%
0.5~1%
0.5-1%
0.5〜3.0%
1%
0.5%~1.5%
0.5%~12.5%
1.0%〜3.0%
発行
最短3営業日
最短即日発行
最短即日発行
最短1週間
最短5営業日
通常2週間程度
最短翌営業日
審査後
最短5日
通常4週間程
最短3営業日
申し込み後
1週間から10日程度
国際ブランド
JCB
Visa
Mastercard®
VISA
VISA
JCB
JCB
Visa
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
AMEX
特典
キャンペーン
Amazonで
30%キャッシュバック<
最大
8,000円相当
プレゼント
2,000円相当
プレゼント
最大
3,400nanaco
ポイントプレゼント
最大49,700
マイルプレゼント
最大8,000円分
プレゼント
最大
8,000ポイント
プレゼント
最大13,500ポイント
プレゼント
最大10,000円分
プレゼント
最大
7,000ポイント
プレゼント
申込対象
18-39歳
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
18歳以上で
ご本人または配偶者に
安定した収入がある方(高校生は除く)
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
18歳以上25歳以下
高校生不可
高校生を除く
18歳以上

1.JCBカード W

JCB CARD W / JCB CARD W plus L

JCBカード Wのおすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率が1%と高還元率!
  • Amazonやスタバ、セブンイレブンなど利用時にポイント還元率が最大11倍に!
  • ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」経由でポイント最大20倍!

JCB カード Wは、JCBの国際ブランドのクレジットカードでコスパの良いカードとしておすすめのクレジットカードです。

年会費無料でポイント還元率が1%、海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで対応しているなど、使い勝手が良く、幅広い方が利用しやすくなっています。

また、JCBオリジナルシリーズパートナーズの提携店舗でカードを利用することで、ポイント還元率がさらにアップします。

JCBオリジナルシリーズパートナーズ例
セブンイレブン:ポイント3倍 / スターバックス:ポイント10倍 / Amazon:ポイント3倍 / メルカリ:ポイント2倍 / U-NEXT:ポイント2倍 など

また、「Oki Doki ランド」という、JCB会員限定のポイントアップサイトを経由してネットショッピングを行うと、ポイントが最大20倍になります。

カードの申し込み対象者は18歳以上39歳以下と限定されていますが、学生でも申し込め、また一度発行した後は40歳以降も継続して利用することができるため、早めに申し込みを行うのがおすすめです。

カード名 JCB カード W
申し込み対象者

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

※未成年の方は親権者の同意が必要
※学生の方でも一部申し込み対象外の場合もある

年会費 無料
※家族カードも無料
利用可能枠 〜100万円
※学生の方は30万円まで
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1%〜
※ポイント交換先に応じて還元率が変動
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが条件
電子マネー Apple Pay/Google Pay/QUICPay

2.三井住友カード(NL) 

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率驚異の最大5%!
  • 最短5分で発行可能
  • コンビニ2社とマクドナルドなどのポイント還元率が最大5%に!
  • カードに番号を記載していないため、安全性が高い

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

三井住友カード(NL)は、特定の店舗の利用におすすめのクレジットカードです。コンビニ2社(セブン-イレブン・ローソン)とマクドナルドなどで、ポイント還元率が2.5%になります。

さらにVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用すると、+2.5%で5.0%の還元率です。
普段よく利用するお店がすでにこの中にあれば一石二鳥、もしない場合はこれを機にポイント還元率が高いお店に寄せるのもアリですね!

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

注釈
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
申し込み対象者

満18歳以上の方(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要
年会費 永年無料
※家族カードも永年無料
利用可能枠 〜100万円
国際ブランド Visa、Mastercard®
お支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
ポイント還元率 利用金額200円(税込)につき1ポイントのVポイントを付与
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが条件
電子マネー iD/Apple Pay/Google Pay/PiTaPa/WAON

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

3.エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • WEB新規入会で2,000円相当プレゼント
  • 即日発行にも対応
  • 入会費・年会費永年無料
  • ポイントUPサイト経由でポイント2〜30倍
  • ポイントが貯めやすい・使いやすい
  • 緊急時のサポートが手厚い

エポスカードは社会人の方にだけでなく学生の方にも魅力的なメリットがたくさんあります。年会費は永年無料です。

 最大2,000万円の海外旅行保険が付帯しており、卒業旅行や海外留学にも重宝します。

そしてエポスカードの優待店は全国に10,000を超えるほどありカフェやレジャー施設など様々なジャンルの施設でお得に利用できるし仕組みになっています。

カードの入会申し込みから、最速で即日発行も可能なのは嬉しい点です。
ブランド Visa
年会費 永年無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道 LINEポイント移行
旅行保険 海外旅行最高500万円
ショッピング保険 海外:最大100万円
家族カード 無し
申込み条件 満18歳以上(高校生は不可)

出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

4.セブンカード・プラス

セブンカード・プラスのおすすめポイント
  • 年会費は永年無料
  • nanacoチャージでもポイントが貯まる
  • 全国のイトーヨーカドーの利用で毎月8のつく日は対象商品が5%割引
  • nanaco一体型と紐付型の2タイプから選べる
  • 家族カード・ETCカードも年会費無料

セブンカード・プラスは、年会費永年無料で持つことができます。家族カード・ETCカードも年会費無料なので、維持費をかけずにカードが持てます。

 イトーヨーカドーの利用では毎月8のつく日は対象商品が5%割引なので、お得なタイミングで買い物しましょう。

nanaco一体型と紐付型の2タイプから選ぶことが可能です。nanacoチャージでもポイントが貯まるので、ポイントの2重取りができます。

セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、デニーズなどの7&iグループでは、ポイントの優遇やボーナスポイントが付与されるのでお得です。

ブランド Visa、JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • nanacoポイント移行
旅行保険 無し
ショッピング保険 海外・国内:最大100万円
家族カード 年会費無料
申込み条件 満18歳以上(高校生は不可)

出典:https://www.7card.co.jp/

5.ソラチカカード

ソラチカカード

ソラチカカードのおすすめポイント
  • 入会するたけ・継続所持するだけでボーナスマイルがもらえる・貯まる!
  • PASMOオートチャージやメトロの乗車、PASMO電子マネー使用でメトロポイントが貯まる!
  • 楽天Edy搭載、QUICPayPiTaPaETCカードなど追加できるカードも多数!
  • Apple PayGoogle Payの利用も可能!
  • 年会費初年度無料!

ソラチカカードはクレジットカードとしての機能だけでなく、PASMOとしても使用可能です。

 東京メトロに乗ると、平日は1乗車につき5ポイント・土休日は1乗車につき15ポイントのメトロポイントが貯まります。

貯まったポイントはPASMOへのチャージも可能なので、日頃地下鉄での移動が多い方にとっては嬉しい特典でしょう。また、新規入会するとマイルがもらえる入会キャンペーンも行っています。

新規入会時しか受けられないお得なキャンペーンなので、この機会をお見逃しなく!
※終了時期未定
ブランド JCB
年会費 2,200円(税込)※初年度無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
申し込み条件 18歳以上39歳未満

出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/

6.三井住友カード RevoStyle

三井住友revostyle

三井住友カード RevoStyleのおすすめポイント
  • 新規入会&利用で最大8,000円相当プレゼント
  • 年会費が永年無料
  • 最短翌営業日に発行可能
  • 満18歳以上(高校生は除く)で申し込み可能
  • 「ポイントUPモール」でポイントが貯めやすい

三井住友カード RevoStyleは「マイ・ペイすリボ」で計画的な支払いが可能なカードです。

ショッピング補償もついており、該当カードで決済・購入した商品の破損・盗難による損害を購入日及びその翌日から200日間補償してくれます。

ポイントUPモール」では様々なジャンルの商品が登録されており、該当商品ならばamazonや楽天市場などで購入した際にもポイントが付与されます。

スマートフォンにカードを設定することでApple PayやGoogle Pay™、WAONやiDなどの電子マネーで買い物も可能です。
ブランド Visa
年会費 無料
ポイント還元率 通常:0.50%
最大:3.00%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • nanacoポイントなど
旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード 無料
申し込み条件 18歳以上(高校生不可)

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/revostyle.jsp

7.dカード

dカード

dカードのおすすめポイント
  • 年会費は永年無料
  • 1年間最大1万円分のケータイ補償
  • 29歳以下なら国内・海外旅行保険が付帯
  • dカードポイントUPモール経由のネットショッピングでするだけでポイント最大10.5倍
  • 特約店の買い物ではポイントが2%以上貯まる

dカードは年会費永年無料で持てるクレジットカードです。カードお申込み完了から最短5分で入会審査完了します。

 ドコモユーザーは1年間最大1万円分のケータイ補償が利用できるので、万が一の時にも安心できます。

スターバックスやENEOSなどの特約店の買い物ではポイントが2%以上貯まります。うまく活用してポイントを貯めましょう。

その他、dカードポイントUPモール経由のネットショッピングでは、ポイントの還元率が最大10.5倍にアップします。

ポイントアップサービスが豊富である点も嬉しいメリットです。
ブランド Visa、Mastercard®
年会費 永年無料
ポイント還元率 通常1.0%
ポイント有効期限 48か月
ポイント使い道
  • 他社ポイント移行
  • マイルへ移行
  • 支払いへ充当
旅行保険 無し
ショッピング保険 海外・国内:最大100万円
家族カード 年会費無料
申込み条件 満18歳以上(高校生は不可)

出典:https://d-card.jp/st/

8.JCB一般カード

JCB 一般カード 券面画像

JCB一般カードのおすすめポイント
  • Web申し込みで初年度の年会費無料
  • 翌年度以降も条件を満たせば年会費無料
  • 1年間の利用金額次第でポイントが50%アップ
  • Oki Dokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍
  • 申し込みから最短3営業日で発行できる

JCB一般カードはWeb申し込みなら初年度の年会費無料です。最短3営業日でスピーディーにカードが発行可能です。

 翌年度以降の年会費も、MyJチェックに登録して年間合計50万円以上利用することで無料になります。

Oki Dokiランド経由のネットショッピングでは、ポイントが最大20倍にアップするのでお得です。

楽天市場などの大手ネットショッピングサイトも参加しているので、賢く活用してポイントをたくさん貯めましょう。
ブランド JCB
年会費 1,375円※初年度無料・翌年度以降は条件付き無料
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • 他社ポイント移行
  • マイル移行
  • 支払いへ充当
旅行保険
  • 海外旅行最高3,000万円
  • 国内旅行最高3,000万円
ショッピング保険 海外:最大100万円
家族カード 年会費440円(税込)
申込み条件 満18歳以上(高校生は不可)

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/ippan.html

9.ファミマTカード

ファミマTカード

ファミマTカードのおすすめポイント
  • ファミリーマートでの買い物で最大2%のポイント還元
  • Tカード会員としても使える
  • FamiPayチャージでポイントが0.5%還元される

ファミマTカードは、Tポイントが貯まる年会費無料のクレジットカードです。ETCカードも年会費無料で持つことができます。

 現在、新規入会と利用で最大13,500ポイントが付与されるキャンペーンを開催中です。(終了時期は未定)

カード1枚あれば、クレジット機能だけではなく、Tカード会員としてTSUTAYAのレンタルサービスが利用できる点も大きなメリットでしょう。

FamiPayへチャージすれば0.5%還元されるので、ポイントの2重取りができますよ。
ブランド JCB
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~最大1.5%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道
  • 支払い充当
  • 商品交換
  • マイル・ポイント交換
  • 他社ポイント移行
旅行保険 無し
ショッピング保険 年間50万円まで
家族カード なし
申込み条件 満18歳以上(高校生は不可)

10.au PAYカード

au PAYカード

au PAYカードのおすすめポイント
  • au PAYマーケットの買い物で最大16%のポイント還元
  • 年に1度でもカードを利用すれば年会費が無料
  • au PAYへのチャージならポイントの2重取りが可能

au PAYカードは、KDDIフィナンシャルサービスが発行するクレジットカードです。auユーザー以外の方でも持つことができます

 現在、新規入会と利用特典として最大10,000ポイントが付与されるキャンペーンを開催中です。(終了時期は未定)

au PAYマーケットの買い物ではポイントの還元率が最大16%、ジョーシンなどのポイントアップ店舗の買い物でも還元率が最大2.5%までアップします。

ブランド Visa、Mastercard®
年会費 1,375円(税込)※翌年度以降1年に1回の利用で無料
ポイント還元率 1.0%~最大2.5%
ポイント有効期限 48か月
ポイント使い道
  • 支払い充当
  • 商品交換
  • マイル・ポイント交換
  • 他社ポイント移行
旅行保険 海外旅行2000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間100万円まで
家族カード 440円(税込)本会員の翌年の年会費が無料の場合は家族会員も無料
申込み条件 満18歳以上(高校生は不可)

11.イオンカード(イオンカードセレクト)

イオンカード

イオンカードセレクトのおすすめポイント
  • イオングループの店舗や加盟店などでポイントが貯めやすい
  • イオン銀行のキャッシュカードも兼ねているので、イオン銀行ATM及び提携ATMで手数料が0円
  • WAONのオートチャージ200円ごとに1WAONポイントがつく

WAONのオートチャージ200円ごとに1WAONポイントが付与されます。

イオンカードセレクトはその名の通りイオングループのカードなので、グループの店舗やその加盟店で「WAON POINT」が貯まります。

 他にも毎月20・30日のお客様感謝デーの割引、イオンシネマで映画鑑賞をする際の割引など様々な特典があります。

またイオン銀行のキャッシュカードでもあるので、提携しているゆうちょ銀行、みずほ銀行のATMでも所定の時間内ならば手数料0円で引き出し・預け入れが可能です。

このカードにはWAONの機能もあり、電子マネーとしても使用することができます。
ブランド Visa、Mastercard®、JCB
年会費 無料
ポイント還元率 通常:0.50%
最大:1.5%
ポイント有効期限 24か月
ポイント使い道
  • カタログ商品
    商品券
  • 電子マネーWAONポイント
  • イオンの買い物
  • WAON POINT
旅行保険 無し
ショッピング保険 無し
家族カード 無料
申し込み条件 満20歳以上

出典:https://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/

12.ライフカード(デポジット)

ライフカード

ライフカード(デポジット)のおすすめポイント
  • デポジット(保証金)が必要なクレジットカード
  • 基本的には通常のクレジットカードとして利用可能
  • 弁護士無料相談サービス付き

デポジットのクレジットカードは、カードを作る際に補償金(5万円か10万円)を預け、その額を限度額として使用できるカードです。

保証金を最初に預けるシステムなので、初めてカードを作る方や審査に不安がある方にもお勧めのカードです。弁護士無料相談は初回1回分のみですが、相談の内容は問わず無料で利用できます。

また、最短3営業日で発行が可能(手元に届く日にちは郵便事情による)というのも大きな特徴です。
ブランド MasterCard
年会費 5,500円(税込)
ポイント還元率 通常0.50%
ポイント有効期限 通常2年自動繰り越し
最大3年間
ポイント使い道
  • ショッピング利用
  • 商品交換
  • キャッシュバック
  • マイル・ポイント交換
  • 他社ポイント移行
旅行保険
  • 海外旅行2000万円
  • 国内旅行1000万円
ショッピング保険 無し
家族カード 無し
申し込み条件

日本国内在住の20歳以上

電話連絡できる

出典:https://www.lifecard.co.jp/card/credit/dp/

13.楽天カード

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
  • ポイントが貯めやすい
  • 入会時に5000円相当のポイントがもらえる
  • 年会費永年無料

楽天カードは100円につき1ポイントが貯まるシステムで、比較的ポイントが貯まりやすいカードです。

 楽天市場での買い物をする場合は更にお得で、最大で3倍以上のポイントがつくケースもあります。

貯まったポイントは1ポイント=1円相当として月々の支払いに使用したり、ポイント交換限定グッズと交換したり、楽天Edyに交換して電子マネーとして利用することもできます。

海外でも利用することができ、様々な特典の他に海外旅行傷害保険がついているのも特徴です。
ブランド Visa、Mastercard®、JCB、AmericanExpress
年会費 無料
ポイント還元率 通常1.00%
最大16%
ポイント有効期限 12か月
ポイント使い道
  • マイル移行
  • 楽天Edyチャージ
  • 楽天サービス
  • 楽天ポイント加盟店
  • お買いものパンダグッズ交換
  • クレジット代金
旅行保険 海外:最大2000万円
ショッピング保険 年間30万円まで
家族カード 無料
申込み条件 18歳以上
(原則として高校生を除く)

学生がクレジットカードを選ぶポイント

こちらでは学生がクレジットカードを作る際にチェックしておきたいポイントについて解説していきます。

学生のクレジットカード選び方ポイント
  • 年会費が無料かどうか
  • 限度額は多すぎないか
  • よく利用するお店やサービスに特化しているか

年会費無料かどうか

料金

学生は社会人と比べて収入が安定している人が多いわけではないことや、初めてカードを作る人が多いため、まずはクレジットカードに慣れるためにも年会費が無料のものを選ぶことをおすすめします。

なお、カードによっては在学中のみ年会費無料となっているカードもあるため、年会費無料の条件は公式サイトなどでしっかり確認しておきましょう。

限度額は多すぎない方がいい

評価

一般的に学生向けのクレジットカードの多くは限度額が10~30万円までとなっています。デポジット型のクレジットカードに至っては5~10万円のものが多いです。

社会人向けの一般的なクレジットカードの限度額が50~100万なことを考えるとかなり抑えられた金額になっています。これは学生の支払い能力に見合った額を考え、カード会社が低めに設定しているためです。

自分の返済能力を考えて計画的な利用を心掛けましょう。もちろん支払い能力がある・計画的に利用できるのであれば、限度額は増やす・多いカードを選ぶことも良いでしょう。

自分が毎月いくらくらいを利用して・いくらまでなら支払えるかを考えてカードを比較するのも一つの手です。

よく利用するお店やサービスに特化しているか

よく利用するお店やサービスに特化しているか

クレジットカードをより有効に使う場合、お店やサービスに特化したカード選びが重要になります。

 たとえば、学生であればショッピングモールやスーパーで買い物する事も多いと思いますが、そこで利用すればポイントが貯まるシステムになっているものだとお得に使えます。

スーパーやショッピングモールなどが発行している流通系クレジットカードは、学生でも比較的作りやすい上にポイントが貯まるものが多いので持っておくととても便利です。

また、買い物でポイントが貯まるだけでなく、電子マネーのチャージで貯まるクレジットカードも増えており、そちらもおすすめです。

最近ではキャッシュレス化が進んでいおり、電子マネーを利用する機会も多いいことから、電子マネーのチャージに使えるクレジットカードを持っておけば、それだけでポイントを貯められます。

 電子マネーのチャージの場合、ポイントが2倍GETできるものもありますので、そこもチェックポイントです。

まずは、よく利用するお店やサービスに特化している事、次にポイントの貯めやすさなどを見て選べば、学生でもお得にクレジットカードを使うことができます。

学生がクレジットカードを持つデメリットと注意すべき点は?

メリットが多く便利なクレジットカードですが、当然デメリットも存在します。学生がクレジットカードを持つ際の注意点についても知っておきましょう。

使い過ぎに注意

学生がクレジットカードを持つデメリットと注意すべき点は?

クレジットカードは現金とは違い、お金が目に見えない分、ついつい使い過ぎてしまうことがあります。

 しかし、もし支払い日に預金残高が不足して引き落としができなかった場合には、遅延損害金が発生するので注意が必要です。

遅延損害金の金利はクレジットカード会社によっても異なりますが、15%~20%程度の高額な金利が設定されていることが多いです。

支払い日の翌日から、支払いが完了するまで日割り計算で加算されていきます。

延滞が長引くと支払い額が大きくなるだけでなく、カードが利用できなくなる可能性もあるので、1日でも早く返済してしまいましょう。

利用限度額の引き下げがおすすめ

クレジットカードには利用限度額が設定されており、限度額を超えて使用することはできません

 使い過ぎが不安な方は、カード会社に申請して限度額を引き下げてもらうことがおすすめです。

学生が持つことを想定して発行されている学生専用カードの場合は、そもそも利用限度額が低く設定されているものも多いです。

限度額の引き下げ以外にも、Web明細を定期的にチェックするなどすれば、使いすぎを防止できるでしょう。

キャッシング枠も要注意!

ショッピング枠だけでなく、ATMで現金を借りることができるキャッシング枠の利用についても注意が必要です。

 キャッシング枠はショッピング枠とは違い、返済までの日数によって手数料も発生する特徴があります。

支払い額が増える分、返済不可能に陥るリスクが高くなる点を覚えておきましょう。

未成年の申し込みには親権者の同意が必要

学生がクレジットカードを持つデメリットと注意すべき点は?

学生の中でも、20歳未満の未成年者の方がクレジットカードを作る際には、必ず親権者の同意が必要です。

なぜなら、クレジットカードの申し込みは「法律行為」に当たるからです。

 未成年者が法律行為をする時には、親権者の同意が得なければならないと民法で定められています。

クレジットカードの申込者が未成年の場合は、カード会社が書面や電話で親に同意の確認を行います。

未成年の方は、申し込み前に両親に一言伝えておくと安心です。

支払い方法によっては手数料がかかる

学生がクレジットカードを持つデメリットと注意すべき点は?

クレジットカードの大きな特徴として、1回払いの以外に分割払いやリボ払いなどの支払い方法が選べる点があります。

教材など、高額の商品を購入する場合、1回払いでは厳しいこともあるでしょう。そんな時に分割払いなどを選択すれば、1度の支払い額を抑えることができます。

ただし、分割で支払いを行うと手数料が発生します。

リボ払い 毎月の支払いを一定金額に分割できる支払い方法
3回以上の分割払い 利用金額を決めた回数に分けて支払える方法

上記のサービスは年利15%前後の手数料がかかることが一般的です。分割払いを何度も利用していると、手数料だけでかなりの金額を支払うことになりかねません。

分割払いやリボ払いは一見便利な支払い方法に思えますが、むやみに利用しないことが大切です。

リボ払いは要注意

特にリボ払いは、毎月の支払いを一定金額に分割できるため、直近の支払額が安くなりお得に思えます。

 しかし、実際には一括払いと比べて高額な手数料がかかり、負担が増えてしまうので注意が必要です。

学生のうちにこのような支払い方法を安易に利用すると返済が難しくなるので、クレジットカード支払いは一括払いのみを心掛けましょう。

学生向けクレジットカードの作り方

ここでは、学生がクレジットカードを作成するのに必要なものや手順について解説していきます。

クレジットカードの申し込みに必要なもの

書類

クレジットカードの申し込みに必要なもの
  • 本人確認書類
  • 銀行口座
  • 住所・連絡先
  • 親の同意・同意書

    本人確認書類

    免許証

    本人確認書類はあれば運転免許証・パスポートなどの顔写真付きの身分証が望ましいです。

     どちらも所持していない場合は、健康保険証・住民票でも可能です。

    ただし住民票を使用する場合は発行されてから180日以内のものを使用してください。他には在留カードや特別永住者証明書などでもOKです。

    銀行口座

    銀行口座は料金の引き落としに使用される口座になります。普段から使用している銀行口座で問題ありません。クレジットカードによっては本人名義の口座だけと限定されている場合もあるので事前に確認しましょう。

    また合わせて登録されている印鑑も準備しておくと申し込みの際にスムーズです。

    住所・連絡先

    家族

    住所は発行されたカードが郵送される際に送られる住所です。本人確認書類と実際の住所が違う場合は事前に本人確認書類の住所変更を行っておくほうが良いでしょう。

     電話番号は本人が対応できる電話番号にしましょう。カード会社から連絡がつかなかった場合、審査が通らない可能性があるからです。

    もし自宅の固定電話と携帯電話など複数の番号で対応可能な場合はどちらも登録したほうが良いでしょう。

    複数の番号が登録されている方が高い信用度となる可能性もあると言われていますよ。

    親の同意・同意書

    書類

    未成年の場合、親権者の同意(同意書)も必要です。満18歳以上で作れるカードも紹介しましたが、未成年及び学生の場合は親権者など法定代理人の同意がなければなりません。

     親権者の同意方法はカード会社によっても異なります。

    なお、同居していない場合でも親権者に同意の連絡が来るので、大学生で一人暮らしをしている人は事前に親権者にカード申し込みの話をしておくとよいでしょう。

    同意書が送付されてくるケースと親権者の電話に連絡がくるケースが主な方法です。

    クレジットカードを申し込む手順

    クレジットカード

    クレジットカードはネットや店頭、銀行などで申し込みができます。必要なものはさほど変わりませんが、初めてクレジットカードを作る際には店頭や銀行でスタッフの説明を受けながらの申し込みもいいかもしれません。

    窓口で申し込み

    まず窓口で申し込みをし、説明を受けながら申込書を作成します。その際には引き落とし口座の口座番号や暗証番号、印鑑なども準備しておきましょう。

    審査開始

    メモ

    申込書が完成したら審査が始まります。学校名や学年、アルバイトをしている場合の年収など審査されます。審査に関する情報は、必ず正確に記入しましょう。

     たとえ申し込み内容に問題がなくても、誤字や間違った収入を記入するとそれだけで審査にマイナスの影響を与えてしまう可能性もゼロではありません。

    カード発行

    カードによっては店頭申し込みの場合、最短で即日発行可能なものもあるので条件や必要なものなどもよく確認しておきましょう。郵送の場合は申し込み時に記載した住所に郵送されてきます。

    本人限定受取郵便となっている場合もありますので、受取のタイミングには注意が必要です。

    学生向けクレジットカードの審査について

    審査

    クレジットカードの審査について解説していきますので、少しでも不安に感じている人は参考にしてみてください。

    本人に関する情報(属性)

    学生

    一般的に社会人の場合は勤務先や勤続年数、年収など様々な情報が審査されます。

     しかし、学生の場合は本人確認書類に不備がないか、親権者の同意がしっかり取れているかなどが重要な情報になると言われいます。

    それらの確認のために親権者に連絡が入ることがあります。親権者に同意をもらう際にはその旨も伝えておきましょう。

    信用情報

    お金

    一般的に学生がクレジットカードを作る場合は、限度額が小さめに設定されることが多いです。これは社会人よりも収入面や安定性において評価が高くない傾向にあるからです。

     そのため、学生が申し込んだ場合に見る信用情報は、クレジットカードヒストリーや個人信用情報機関の履歴と言われています。

    しかし、過去にクレジットカードの審査に落ちていたり、携帯電話の支払い滞納をしていたりなどの履歴がある場合は審査に影響する可能性が高いと予測できます。

    普段から滞納などせずにきちんと支払いを済ませておくことが大切です。

    学生のクレジットカードに関するよくある質問

    学生におすすめのクレジットカードは?
    学生におすすめのクレジットカードは、三井住友カード RevoStyleです。三井住友カード RevoStyleは年会費が永年無料で、ポイント還元率は0.5~3.0%です。ポイント有効期限は24か月となっており、dポイント、楽天ポイント、Tポイントなどの使い道があります。ショッピング保険は年間100万円までで、申し込み条件は高校生を除く18歳以上の人です。
    クレジットカードの作り方は?
    クレジットカードを作る際に必要なものをまず用意しておきましょう。必要なものは「本人確認書類」と「引き落とし用の口座」です。クレジットカードの申し込みは、カード会社の公式ページから可能です。
    クレジットカードの審査は厳しい?
    クレジットカードの審査内容は、どのクレジットカード会社でも公表していません。そのため、厳しいかどうかは申し込んでみないとわかりません。一般的にチェックされるといわれているのは、「本人属性」「信用情報」「支払い能力の有無」といわれています。過去に滞納がある場合、クレジットカードの審査に通らない可能性がありますので注意してください。
    クレジットカードの限度額はいくらに設定すべき?
    学生がクレジットカードを作るとき、初めてのクレジットカードであることが多いです。また学生専用のクレジットカードにする場合は、低めの限度額に設定されています。利用になれないうちは、低めの限度額にしておくのが無難でしょう。
    学生で収入がない場合でも申し込める?
    学生向けのクレジットカードであれば、学生で収入がない人でも申し込めるクレジットカードはあります。限度額が低かったり、ショッピング保険などがついていることが多いです。
    学生でアルバイトでも申し込める?
    学生でアルバイトしている人でも、クレジットカードを持つことができます。基本的に学生用のクレジットカードであれば、アルバイトをしていない無収入の場合でもクレジットカードの作成は可能です。
    学生がクレジットカードをもつポイントは?
    学生がクレジットカードを持つ場合は、「年会費が無料」「限度額が多すぎないか」の2点をチェックするといいでしょう。学生は学業に専念していることが多く、できるなら年会費は無料を選ぶべきです。さらにクレジットカードを使いなれないため限度額も最低限にとどめておくのが無難です。

    まとめ

    学生におすすめのクレジットカードについて紹介しました。学生がクレジットカードを作る際は、はじめてのクレジットカードとなる場合が多く、作り方や審査基準がわからず不安になることも多いでしょう。

    クレジットカードはネットショッピングやスマートフォンと連動させての支払いなど、現代社会では必要な場面が大きく増えています。

    ぜひ今回紹介したポイントやおすすめカードを参考に、自分にあったクレジットカードを見つけてみてください。

    [Credit-L]
    おすすめの記事