クレジットカード 手数料

決済方法のひとつとして幅広く利用されているクレジットカードですが、支払い時にどんな仕組みで手数料が発生するのかよく分からない方も多いでしょう。

基本的にクレジットカードの手数料をカード利用者が支払うことはありません。ただし支払い方法によっては、手数料を払わなければいけないケースもあります。

今回の記事では、クレジットカードの支払い時に発生する手数料や、その仕組みについて詳しく解説します。クレジットカードの入会を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

事前に手数料の仕組みを知っておくとカード払いの際にも安心ですよ。

おすすめクレジットカード5選

JCB CARD W

JCB W 券面画像

JCB CARD Wは、39歳以下の方限定で申し込みができるクレジットカードです。39歳までに申し込めば、40歳以降も持つことができます。

 家族カードとETCカードの発行手数料・年会費は無料なので、家族で協力してお得にポイントを貯めることも可能です。

また、Oki Dokiランド経由でネットショッピングを利用すると、還元率が最大20倍にアップするため、効率的にポイントが貯まります。

購入した商品の紛失・盗難時には、ショッピング保険で年間最高100万円まで補償してもらえますよ。
申し込み条件 満18歳以上39歳未満の方
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
還元率 1.0%〜

三井住友カード(NL)

三井住友カードNL

三井住友カードは、カード利用額200円(税込)につき1ポイントが貯まるクレジットカードです。

 ひと月あたりの買い物合計金額が5万円(税込)以上になると、金額に応じて最大100ポイントが進呈されます。

さらに、対象のコンビニ2社・マクドナルドなどでの支払いに利用すると、カード利用額200円(税込)につき最大5%が還元されます。※1

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 永年無料
国際ブランド Visa、Mastercard®
還元率 0.5%〜5.0%
注釈
※1 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※1 一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

 

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

イオンカードセレクト

イオンカード

イオンカードセレクトは、イオングループでいつでもポイント2倍で買い物できるカードです。毎月20日・30日のお客様感謝デーでは、全品5%割引で買い物ができます。

 所定の基準を満たすとワンランク上のイオンゴールドカードのインビテーションを受けることも可能です。

イオンゴールドカードをインビテーション経由で発行すると年会費無料で利用可能です。興味のある方は積極的にカードを利用していきましょう。
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 永年無料
国際ブランド Visa、Mastercard®、JCB
還元率 0.5%〜

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、楽天市場でいつでも通常の3倍のポイント還元率で買い物できるカードです。

 SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用すれば、最大15.5倍まで還元率をアップさせることができます。

また、最高2,000万円の傷害死亡・後遺障害の補償が付いた海外旅行保険が付帯されているので、慣れない土地でのトラブルでも役に立つでしょう。

国際ブランドは4種類から自由に選べますよ。
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 永年無料
国際ブランド Visa、Mastercard®、JCB、AMEX
還元率 1.0%〜

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカードは、美しい横浜の夜景が券面にデザインされたクレジットカードです。横浜観光プロモーションの認定を受けてジャックスが発行しています。

 無料で利用できる「J’sコンシェル」には、レジャー施設やリラクゼーションなどのカテゴリーから、全国17万件以上の優待サービスがそろっています。

年会費無料でありながら、最高2,000万円の海外旅行保険や最高100万円のショッピング保険など、充実した保険も付帯されています。

手厚い補償を求める方にもおすすめですね。
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 永年無料
国際ブランド Mastercard
還元率 0.5%〜

クレジットカードの手数料はいくら?

クレジットカードの手数料はいくら?

ここからは、カードでの支払い時に発生する手数料について解説します。基本的にカード払いの手数料を利用者が支払うことはありませんが、場合によっては負担しなければいけません。

クレジットカードの手数料は、「加盟店が負担する手数料」と「カード利用者が負担する手数料」に分かれます。

それぞれカード会社との取り決めで金額を決めているので、手数料がいくらかは一概に言えません。

どのようなケースで手数料を負担しなければいけないのか、ぜひチェックしてみてください。

①加盟店が支払う決済手数料

加盟店がカード会社に払うお金のことを言います。利用者がいくら利用したのかは関係なく、毎月支払いが必要です。

手数料の金額は業種や業界によって異なり、個別にクレジットカード会社と契約を結ぶ必要があります。

あくまで加盟店とクレジットカード会社間の契約です。顧客が支払う手数料ではないため、ご安心ください。

②利用者が支払う金利手数料

利用者が3回以上の分割払いもしくはリボ払いを選択した場合に発生する手数料です。原則、1回もしくは2回払いなら手数料はかかりません。

節約のためにできるだけ手数料を支払いたくない方は、1回払いもしくは2回払いを選びましょう。

加盟店が手数料を上乗せするケースはある?

ここまでお伝えしてきた通り、本来加盟店が払うべき手数料を利用者が払う必要はありません。しかし、会計時に手数料が代金に上乗せされるケースがあるとも言われています。

ここでは、手数料の上乗せについて詳しくみていきます。

手数料の上乗せは違反行為

加盟店が手数料を上乗せするケースはある?

まず原則として、お店が勝手に手数料を上乗せして販売することは、消費者を保護する観点から規約で厳しく禁止されています。

 加盟店規約では、現金払いの顧客と差別的な取り扱いを行わないように、どの顧客に対しても同じ金額で請求することを義務としています。

例えば5万円の商品であった場合、現金でもカード払いでも顧客が払う商品の金額は5万円と決まっています。加盟店手数料は絶対に負担しないようにしましょう。

規約違反の加盟店を見つけたら?

上記の規約に違反して手数料を徴収する加盟店を見つけたら、すぐにカード会社に連絡しましょう。たとえ手数料の支払いを請求されても、違反行為なので支払う必要はありません。

規約違反をするお店はほとんどありません。万が一、手数料を負担させられそうになった場合はしっかりと断ることが大切です。

クレジットカードの分割手数料を無料にする方法とは?

クレジットカードの分割手数料を無料にする方法とは?

分割手数料が発生しない方法
  • 1回払い(一括払い)
  • 2回払い

手数料率はカードによっても異なりますが、一般的に分割回数が増えるほど支払う総返済額は多くなります。ほとんどのケースで、3回以上の分割払いで手数料がかかります。

 せっかく年会費無料のクレジットカードを持っても、高額な手数料を支払っていてはあまりお得感はありません。

よって、手数料を支払わず分割払いを利用するためには、基本的に2回以内の分割にすることを意識しましょう。

手数料をかけないためには、3回以上の分割払いは控えた方が安心でしょう。

分割払いのメリット

クレジットカードの分割手数料を無料にする方法とは?

分割払いのメリットには、一気に代金の請求をされることがないためコツコツ返済ができる点が挙げられます。手持ちがなくても商品を購入できるため、支払いを遅らせたい方におすすめの方法です。

 分割払いばかりを利用していると支払う手数料はどんどん増えてしまうため、計画的に利用することが非常に大切です。

分割払い自体が悪いわけではありません。返済できる時には繰り上げ返済などを活用し、少しでも早く完済できるように心がけましょう。

支払総額が高額になる点は要注意!

クレジットカードの分割手数料を無料にする方法とは?

高額な商品を購入する時は、一度にたくさんお金を払うのが心配だという方もいるでしょう。

 確かに分割払いにすれば月々の支払額を減らすことはできますが、商品自体の価格が安くなる訳ではありません。

むしろ手数料が余分にかかってしまうので、支払総額を比べると一括払いよりも高額になってしまいます。

分割払いで買い物をする際は、手数料が加算されることを考慮した上で分割回数を考えるのがおすすめです。

手数料の計算はシミュレーション機能の活用がおすすめ!

手数料の計算はシミュレーション機能の活用がおすすめ

支払い方法に分割払いを選択した場合、一体どのくらいの手数料がかかるのか不安に思う方もいるでしょう。

 手数料が知りたい時には、手数料を計算してくれるシミュレーション機能を利用してみるのもおすすめです。

計算式を入力しなくても、金額や金利など基本的な情報を入力するだけで簡単に手数料を把握できます。

各カード会社の公式サイトで利用できる場合もあります。利用しているクレジットカードの公式サイトを確認してみましょう。

シミュレーションの入力項目

手数料の計算はシミュレーション機能の活用がおすすめ

ショッピング分割払いの計算シミュレーション機能で入力する主な内容
  • ショッピングの利用予定年月日
  • 利用予定額
  • 手数料率
  • 支払い回数

シミュレーションを行えばおおよその手数料が分かるため、分割払いを計画的に利用できるでしょう。ただし、上記で計算できる金額はあくまで目安である点にご注意ください。

分割払いを利用できないケースとは?

支払いの際に分割支払いを希望しても分割払いを利用できないケースがあります。ここでは、考えられる3つの原因について解説します。

分割払いを利用できないケース
  • 店舗が分割払いに対応していない
  • 利用限度額いっぱいまで利用している
  • 滞納している

【原因1】店舗が分割払いに対応していない

分割払いを利用できないケースとは?

利用する店舗によっては、1回払いしか受け付けていないこともあります。その場合、分割払いの選択はできませんが、決済後に分割払いやリボ払いに変更できることもあります。

分割払いで商品を購入したい場合は、支払い方法の変更ができるかをカード会社に確認し、クレジットカード会員ページから変更するのも良いでしょう。

【原因2】利用限度額いっぱいまで利用している

クレジットカード会社は、申し込み時の審査で買い物で利用できる利用上限額をショッピング枠として設定します。利用限度額以上の支払いをすることはできません。

決済エラー表示が出た場合、利用限度額いっぱいまで利用している恐れがあります。その場合は、限度額を超える買い物はできません。

補足になりますが、クレジットカードにはショッピング枠の他に借り入れができるキャッシング枠も用意されています。

ショッピング枠 買い物で利用できる利用上限額
キャッシング枠 借り入れで利用できる利用上限額

カード限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた金額です。キャッシングをたくさん利用している場合にも分割払いができない可能性があります。

【原因3】滞納している

分割払いを利用できないケースとは?

クレジットカード会社から請求された利用額を期日までに支払わなければ滞納扱いとなります。その場合、利用額を支払って滞納を解消すれば再びクレジットカードが利用できるようになります。

 滞納をした状態のまま放置していると、悪質な利用者だと判断され、クレジットカード自体が利用できなくなってしまう可能性があります。

クレジットカードの締め日・引き落とし日はカードによって異なるので、滞納にならないようチェックしておきましょう。

口座引き落としを設定しておけば、引き落とし日に自動的に口座からお金を引き落としてもらえますよ。

加盟店がカード払いに対応する理由とは?

上述した通り、分割払いの手数料のほかに加盟店が負担する手数料もあります。加盟店は、売り上げ金額の中から手数料を支払うため、その分利益が減ってしまいます。

では、加盟店はどうして手数料を支払ってでもカード払いに対応するのでしょうか。ここでは、その理由について解説していきます。

カード払いに対応する理由
  • 手持ちのお金が少ない人にも商品を販売できる
  • 分割払いで高額商品を買ってもらえる可能性がアップする
  • 釣り銭が不要
  • お金を盗まれるリスクが下がる

手持ちのお金が少ない人にも商品を販売できる

加盟店がカード払いに対応する理由とは?

現金払いの場合、手持ちのお金が無くなると毎回ATMでお金を引き出す必要があります。ATMが近くにない場合は買い物の支払いができなくなってしまいます。

クレジットカードを持っていれば、手持ちの現金や預金が不足している時でも買い物ができますね。

分割払いで高額商品を買ってもらえる可能性がアップする

クレジットカード払いなら、顧客はお金を全額その場に用意できなくても分割払いで購入できます。したがって、現金払いよりも高額な商品を販売しやすいメリットがあります。

現金払いよりもカード払いの方が購入のハードルが低くなるとも言われています。心理的な側面からも、カード決済を導入するメリットは大いにあると考えられます。

釣り銭が不要

クレジットカード払いではおつりが発生しないため、釣り銭をたくさん用意する必要がありません。よって、店舗側のお金の管理が楽になるメリットがあります。

おつりを出す手間が省けるので、クレジットカード払いに対応すれば混雑時にもスピーディーに会計ができるでしょう。

お金を盗まれるリスクが下がる

加盟店がカード払いに対応する理由とは?

現金払いにもに対応している店舗の場合、売上金やお釣りなどを店舗内で管理することになります。万が一強盗の被害に遭った場合、大金を盗まれるリスクが生まれてしまいます。

一方カード払いを導入していれば、現金払いだけのお店よりも店舗内で管理するお金が少なくなります。

万が一強盗の被害に遭っても大金をリスクを減らすことができますね。

クレジットカードを海外で使用する場合の手数料は?

海外でカード払いを利用する場合、1回払いでも支払いの度に手数料が発生します。カード会社が商品の代金を支払う際に、日本円から現地通貨への換算に必要な事務処理コストがかかるからです。

手数料は国際ブランドにより異なる

クレジットカードを海外で使用する場合の手数料は?

日本円から現地通貨に両替する際は、為替レートが基準となります。両替1回あたりの手数料が両替所によって異なるように、海外でカードを利用した際の事務処理コストも国際ブランドによって異なります。

例えば三井住友カードの場合、事務処理コストとして発生する手数料率は以下のように定められています。

国際ブランド 事務処理手数料率(消費税など含む)
Visa、Mastercard® 2.20%
銀聨聨 2.50%

参考:https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/kaigai01.jsp

海外でカード払いをした際の手数料は、利用明細で確認できます。帰国後は明細を確認しながら、利用金額に誤りがないかを確認しましょう。

身に覚えのない代金を請求されていないか、不正利用の有無も併せてチェックしておくと安心ですよ。

まとめ

今回はクレジットカード手数料の仕組みを解説しました。手数料にはお店が負担するものと利用者が負担するものの2種類がありますが、原則1回払いもしくは2回払いでは手数料を負担することはありません。

またお店が払う手数料が会計に上乗せされる心配は一切ありません。加盟店規約でもきちんと明記されているため、利用者はどんなケースでも負担する必要はありません。

3回以上の分割払いやリボ払いで支払った場合は手数料が発生します。いくらかかるのか不安な方は、手数料を自動で計算してくれるシミュレーション機能の利用がおすすめです。

海外でカード払いをした場合は、事務処理コストとしてカード利用の度に手数料が発生するためご注意ください。今回解説した内容を参考にしながら、クレジットカードを賢く活用していきましょう。

クレジットカード関連記事

この記事もおすすめ

おすすめの記事