クレジットカードの選び方を年齢・属性・国際ブランド別に徹底解説!

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs056946/select-choice.jp/public_html/wp-content/themes/diver_child_sc/functions.php on line 517

「初心者におすすめのクレジットカードがわからない」「クレジットカードのおすすめの選び方は?」このようなお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの種類は数多くあるため、自分にあったカードの探し方について迷ってしまう可能性は非常に高いです。

なるべくならお得なカードや使いやすいカードを選んで後悔のないようにしたい人も多いでしょう。

今回の記事では初心者向けにおすすめのクレジットカードの選び方やおすすめのカードについて解説していきます。

おすすめのクレジットカードの選び方7つのポイント

おすすめのクレジットカードの選び方7つのポイント

クレジットカードを選ぶ際のポイントは次の通りです。

おすすめのクレジットカードの選び方
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 国際ブランド
  • 付帯保険・優待サービス
  • 対応している電子マネー
  • キャンペーン・特典
  • セキュリティ面

まずは、クレジットカードの選び方について解説していきます。

①年会費

クレジットカードの年会費とは、毎年発生するカード保有コストです。年会費はなるべく安いものにしておきましょう。

 年会費はカードを利用していなくても毎年発生するため、無駄なコストです。なるべく無料が望ましいですが、サービスの充実度によっては年会費がかかります。

したがって、自分の求めるサービスの中でも最も年会費が抑えられるものを選ぶのが望ましいです。

②ポイント還元率

おすすめのクレジットカードの選び方7つのポイント

クレジットカードでは、お買い物や支払いに応じてポイントが還元されますが、還元率の良いカードを選ぶようにしましょう。

年会費無料のカードでもポイント還元率が1%程度のものがあるため、1%が比較のラインになります

 ただし、特定の状況でポイント還元率がアップするカードもあるため、自分のお買い物の特徴に応じてお得なカードは異なる点に注意が必要です。

1%未満の還元率のカードでもよりお得にポイント貯まることもあるため、目先のポイント還元率だけを見ないようにしましょう。

③国際ブランド

クレジットカードを選ぶ際には国際ブランドを比較してみましょう。日本で利用できる代表的な国際ブランドには次のものがあります。

国際ブランドの種類
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard®
  • American Express
  • Diners Club

国際ブランドによって使える店舗や海外の利用で役立つものなど特徴は様々です。

どこでクレジットカードを利用することが多いかを考えてクレジットカードの国際ブランドを選びましょう。

④付帯保険・サービス

おすすめのクレジットカードの選び方7つのポイント

クレジットカードには保険がついているものがあります。旅行やショッピングなどの補償を受けたい場合には保険が充実しているものを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードに付帯されている保険
  • 旅行傷害保険(国内、海外)
  • ショッピング保険

特に、海外旅行によく行く人は、現地でのトラブル等に対応するため、ショッピング保険や旅行傷害保険があると安心です。

 年会費無料でも保険が付帯されているものもありますが、保険内容が充実しているカードは年会費が高くなる傾向にあるため注意が必要です。

⑤対応している電子マネー

クレジットカードは電子マネーに連携しているものがあり、自分がよく利用する電子マネーに対応しているものを選ぶのがおすすめです。

特に、SuicaやWAON、楽天Edyなどの電子マネーは様々な場面で使えて便利です。

普段電子マネーでショッピングをしていない人でも今後利用する可能性はあるためなるべく多く対応しているものが望ましいでしょう。

⑥キャンペーン・特典

おすすめのクレジットカードの選び方7つのポイント

クレジットカードには様々なキャンペーンや特典が受けられるものがあります。

キャンペーンが充実しているカードの方が、お得なボーナスをもらうことができるため、キャンペーンで比較することもおすすめです。

特に、新規入会キャンペーンは誰でも受けられるため重要です。

クレジットカード選びに迷った場合には新規入会キャンペーンでたくさんポイントがもらえるものを選びましょう。

⑦セキュリティ面

クレジットカードを持つ上で、盗難などのリスクやカードの不正利用など様々な危険があります。

安心してクレジットカードを利用するためには、セキュリティ面で充実しているカードを選ぶことが望ましいです。

 例えば、不正利用の監視体制がしっかりしている会社やナンバーレスのクレジットカードを利用することで、安全にお買い物を楽しむことができます。

年齢・属性別のクレジットカードの選び方

年齢・属性別のクレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカードの選び方は、年齢や職業などによっても異なります。

年齢や職業によってクレジットカードの利用傾向が変わるため、対応しているクレジットカードを選ぶことでお得に利用できるでしょう。

ここからは、年齢・属性別のクレジットカードの選び方について、解説していきます。

20代向けにおすすめのクレジットカードの選び方

20代向けのクレジットカードのおすすめは年会費が無料でポイント還元率が充実しているものです。

 20代の場合には収入が多くなく、ショッピングの金額も小さい傾向にあるため、コスパの良いカードを持つのが良いでしょう。

ポイント還元率については、利用シーンに合わせると良いです。例えば、ネットショッピングが多い人はAmazonや楽天市場などをお得に利用できるカードがおすすめです。

海外旅行などに行かない人であれば、旅行傷害保険などは全くなくても問題ありません。

また、「20代限定」のクレジットカードもいくつかあり、若者向けに利用しやすくなっているカードもあります。

30代向けにおすすめのクレジットカードの選び方

30代向けにおすすめのクレジットカードの選び方

30代になると収入も増えてお金を使う機会も多くなる年代のため、自分のショッピングの傾向や趣味などに合わせてカードを選ぶと良いでしょう。

ポイント還元率は重視しながら、ステータス性やサービスの充実度などが比較のポイントです。

 例えば、ゴールドカードにすることでラウンジを無料で利用できたり、旅行傷害保険がより充実したりお得な特典があります。

特に出張の多いビジネスマンなどは、ラウンジが利用できることは大きなメリットとなるでしょう。

一方で空港利用が少ない方や旅行にあまり行かないという場合には、一般カードでコスパを重視した方が良いです。

40代向けにおすすめのクレジットカードの選び方

40代の場合には、ステータス性ビジネスシーンでの利用を中心に選ぶのがおすすめです。

 クレジットカードのランクを上げることで、利用限度額や特典が充実するだけでなく、社会的な評価も高くなります。

また、利用シーンに合わせて複数のクレジットカードを持つことも選択肢となります。

例えば、ポイント還元率が充実したカードと、保険やサービスを充実させたカードを2枚使い分けることで幅広いシーンで利用可能です。

また、配偶者や子供がいる場合には家族カードを発行する可能性もあるため、家族の利用に最適なカードを選ぶことも考えましょう。

主婦向けにおすすめのクレジットカードの選び方

主婦向けにおすすめのクレジットカードの選び方

主婦の場合には普段のお買い物が中心となるため、お買い物のポイント還元率キャンペーンなどを充実させましょう。

スーパーやドラッグストアなど日々のお買い物で利用しやすいカードや電子マネーに対応しているカードを選ぶと利用しやすいです。

また、主婦の方でも作れるカードを選ぶ必要があるため、一般カードなどの審査のハードルが低いものを選ぶ必要があります。

 クレジットカードによっては、一定水準以上の収入が申込要件となっており主婦の申込ができない場合もあるため、家族カードなども検討する必要があります。

学生向けにおすすめのクレジットカードの選び方

学生向けにおすすめのクレジットカードは「年齢限定」「学生限定」のカードです。

「年齢限定」「学生限定」のカードは若い人が利用しやすいように年会費が抑えられていたり特典が充実している場合があります。

 そのほかにも年会費が無料であることやポイント還元率が高いカードを選ぶとお得です。

また、学生でクレジットカードの審査に通るか不安な人は学生カード家族カードを検討してみましょう。

新社会人向けにおすすめのクレジットカードの選び方

新社会人向けにおすすめのクレジットカードの選び方

新社会人向けにおすすめのクレジットカードの選び方は「年会費が無料」で「ポイント還元率が高い」カードです。

新社会人となって初めてクレジットカードを持つ人も多いと思いますが、1枚目のカードとしてはポイント還元率と年会費は重要になります。
特に働いたばかりで貯金や収入が少ない状況が予想されるため年会費で無駄なコストを支払うことは避けるべきです。

また、旅行傷害保険が充実しているカードで年会費がかかるものよりも旅行の都度保険に入る方がお得な場合もあるため、海外旅行に頻繁に行かなければ傷害保険を重視しないことも考えましょう。

コスパが高い!おすすめのクレカを厳選紹介&徹底比較

1.JCBカード W

JCB CARD W / JCB CARD W plus L

JCBカード Wのおすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率が1%と高還元率!
  • Amazonやスターバックスの利用時にポイント還元率がアップする
  • ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」でネットショッピングがお得に!

JCB カード Wは、JCBの国際ブランドのクレジットカードでコスパの良いカードとしておすすめのクレジットカードです。

年会費無料でポイント還元率が1%、海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで対応しているなど、使い勝手が良く、幅広い方が利用しやすくなっています。

また、JCBオリジナルシリーズパートナーズの提携店舗でカードを利用することで、ポイント還元率がさらにアップします。

JCBオリジナルシリーズパートナーズ例
セブンイレブン:ポイント3倍 / スターバックス:ポイント10倍 / Amazon:ポイント3倍 / メルカリ:ポイント2倍 / U-NEXT:ポイント2倍 など

また、「Oki Doki ランド」という、JCB会員限定のポイントアップサイトを経由してネットショッピングを行うと、ポイントが最大20倍になります。

カードの申し込み対象者は18歳以上39歳以下と限定されていますが、一度発行した後は、40歳以降も継続して利用することができるため、早めに申し込みを行うのがおすすめです。

カード名 JCB カード W
申し込み対象者

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

※未成年の方は親権者の同意が必要
※学生の方でも一部申し込み対象外の場合もある

年会費 永年無料
※家族カードも永年無料
利用可能枠 〜100万円
※学生の方は30万円まで
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1%
※ポイント交換先に応じて還元率が変動
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが条件
電子マネー Apple Pay/Google Pay/QUICPay

2.三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のおすすめポイント
  • カードに番号を記載していないため、安全性が高い
  • 対象のコンビニ・飲食店のポイント還元率が最大5%に!
  • SBI証券の積立投信の購入の際にカード払いが利用できる!
注釈
商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。

一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
出典・参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/merit/proper_p5.jsp

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

三井住友カード(NL)は、特定の店舗の利用におすすめのクレジットカードです。対象のコンビニ・飲食店で、ポイント還元率が+2%になります。

さらにVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用するなど条件を満たすと、最大で5.0%の還元率になります。

他にも、ポイント還元率が上がるサービスや得点を受けられるサービスとして「ポイントUPモール」と「ココイコ」が挙げられます。

ポイントUPモール ・提携しているネットショッピングの利用時に利用金額の0.5%〜9.5%分ポイントアップとなる
ココイコ 事前にエントリーを行い対象店舗でカードを利用すると、ポイント還元・キャッシュバックなど様々な特典が受けられる

また、三井住友カードは、SBI証券とサービスを提携しており、投資信託などの支払いにクレジットカードを利用することができます。

 クレジットカードで支払った投資信託などは、もちろんポイント付与の対象になるためお得に投資が可能です。

ただし、三井住友カード(NL)のデメリットとして通常のポイント還元率が0.5%ということが挙げられます。組み合わせるカードとしては普段使いに利用できる通常のポイント還元率が高いカードがおすすめです。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

申し込み対象者

満18歳以上の方(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要
年会費 永年無料
※家族カードも永年無料
利用可能枠 〜100万円
国際ブランド Visa、Mastercard®
お支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
ポイント還元率 利用金額200円(税込)につき1ポイントのVポイントを付与
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが条件
電子マネー iD/Apple Pay/Google Pay/PiTaPa/WAON

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

※:2022年7月現在。ポイント還元率は予告なく変更となる場合があります。

3.ライフカード

ライフカード-Master青

ライフカードのおすすめポイント
  • 初年度のポイント還元率が1.5%!
  • 圧倒的高還元率のカード!
  • 年間の利用金額に応じて次年度のポイント還元率が上がる!
  • お誕生月はポイント3倍!

ライフカードは、年会費無料で、ポイント還元率が優秀なクレジットカードです。

 通常の還元率は1.0%ですが、初年度のポイント還元率は誰でも1.5%と他のクレジットカードと比べても非常に高いです。

また、2年目以降のポイント還元率も、前年の利用金額に応じてボーナスが受けられます。

会員ランク(年間利用金額) レギュラー(50万円未満) スペシャル(50万円以上100万円未満) ロイヤル(100万円以上200万円未満) プレミアム(200万円以上)
ポイント還元率 1.0% 1.5% 1.8% 2.0%

とにかくクレジットカードを使えば使うほどお得になるため、カードの支払いが多い方がメインとして利用するカードにおすすめです。

また、誕生月のポイント還元率はさらに3倍となるため、ポイントをたくさん貯めたい人に適しています。

注意点として、ライフカードには、旅行傷害保険がついていないため、組み合わせる場合には、保険が充実しているカードを選択すると良いでしょう。

カード名 ライフカード
申し込み対象者

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。

※未成年の方は親権者の同意が必要
年会費 無料
※家族カードも無料
利用可能枠 〜200万円
国際ブランド JCB、Visa、Mastercard®
ポイント還元率 1%
旅行傷害保険 なし
※保険ありのカードの場合、年会費1,375円が発生する
電子マネー Apple Pay/Google Pay

4.エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • 最短即日発行に対応
  • 全国各地のお店で優待サービス、ポイント還元率アップ
  • ポイントアップサイト(たまるマーケット)でのネットショッピングでポイント2〜30倍に!

エポスカードは、マルイのネットショッピングや店舗でお得なクレジットカードです。

年4回、会員限定の「マルコとマルオの7日間」で期間中のショッピングが何度でも10%オフになります。

さらに、10,000店舗以上の店舗で優待サービスが受けられます。飲食店、カフェ、アミューズメント、スパなどの提携店舗で優待券や割引サービスがありお得に利用可能です。

 また、ネットショッピング全般がお得です。エポスカードの会員が利用できるポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由してお買い物をすると最大30倍のポイント還元率となります。

特定の場面でお得なクレジットカードですが、通常の還元率は0.5%でVISAカードしか発行できないため、JCB CARD Wなどの通常の還元率が高い別の国際ブランドと組み合わせるのがおすすめです。

カード名 エポスカード
申し込み対象者

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)。

※未成年の方は親権者の同意が必要
年会費 無料
※家族カードも無料
利用可能枠 〜100万円
国際ブランド VISA
ポイント還元率 200円で1ポイント(0.5%)
旅行傷害保険 海外:最高500万円
電子マネー Apple Pay/EPOS Pay/楽天Edy/PayPay/d払い/楽天Pay/モバイルSuica

5.セブンカードプラス

セブンカードプラス

セブンカードプラスのおすすめポイント
  • 新規入会&条件達成で最大3,400ポイントプレゼント
  • 毎月8のつく日はイトーヨーカドーで商品5%オフ
  • セブンイレブンでいつでもポイント2倍
  • 基本旅行代金が最大5%オフ

セブンカードプラスは、セブンイレブンで利用すると200円につきnanacoポイントが2ポイント貯まります。ローソンやファミリーマートでは200円で1ポイントです。

 クレジットカードと電子マネー機能が一体となっているのも特徴です。電子マネーへは1nanacoポイントで1円にチャージできます。

電子マネーnanacoを使えば、セブンイレブンの店頭で公共料金や国民年金などの支払いができるようになり便利です。

イトーヨーカドーをよく利用する人にもおすすめです。毎月8日・18日・28日に、セブンカードプラスを使って買い物をすれば、ほとんどの商品が5%オフになります。

日用雑貨や保存できる食品など、まとめ買いすればかなりお得になりそうですね。
年会費 無料
還元率 0.5%~1.0%
ポイント nanacoポイント
電子マネー nanaco
ブランド VISA、JCB

公式ページ:https://www.7card.co.jp/

国際ブランド別クレジットカードの選び方を解説

国際ブランド別クレジットカードの選び方を解説

クレジットカードを選ぶ際にはカードの種類だけでなく国際ブランドを選ぶ必要があります。代表的な国際ブランドとしては次の通りです。

クレジットカードの国際ブランドの種類
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard®
  • American Express
  • Diners Club

それぞれの国際ブランドの特徴やどのような人におすすめかについて、詳しく解説していきます。

JCB

JCBとは、日本を代表する国際ブランドです。世界で約3,500店舗の加盟店があり、幅広いシーンで利用できます。

日本を中心とした様々な店舗で使いやすいことや、海外に「JCBプラザ」「JCBプラザラウンジ」を設置しており、観光利用にも適しています。

また、東京ディズニーランド、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであり、チケットが当たるキャンペーンやイベント招待などの特典を受けたい方におすすめです。

 一方で、世界的に広く利用されてはいないため、一部の国や一部店舗ではJCBのカードに対応していないというデメリットもあります。

※出典:JCB公式サイト

VISA

国際ブランド別クレジットカードの選び方を解説

VISAは、全世界約200カ国の国と地域で利用できる世界的な国際ブランドです。VISAのカードがあれば海外ATMから現地通貨を引き出すことができます。

海外だけでなく、日本のクレジットカード加盟店のほとんどにVISAが対応しており便利です。

また、タッチ決済を導入しており、タッチ決済導入店舗ではクレジットカードを端末にかざすだけで手軽に決済が完了します。

サインや暗証番号が不要で、接触せずに決済ができるため、キャッシュレスを便利に利用したい人におすすめのブランドです。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

Mastercard®

国際ブランド別クレジットカードの選び方を解説

Mastercard®はVISAに次いでシェアを誇っており、国や地域を問わず普及率が高い国際ブランドです。

 海外の中でもヨーロッパ圏に強く、欧州への海外旅行に欠かせない存在となっています。

また、独自のグローバルATMネットワーク「Cirrus(シーラス)」を展開しており、Cirrus(シーラス)のマークがあるATMならどこでも利用可能です。

日本で利用する分にも不便なく支払いが可能で、特にコストコではMastercard®以外のクレジットカードが使えないため重宝します。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

American Express

国際ブランド別クレジットカードの選び方を解説

American Expressは、1850年にニューヨーク州バッファローで創立した歴史の深い国際ブランドです。

 会員限定の空港ラウンジサービスや、予約困難な名店の貸し切りなどのイベント、旅行傷害保険やスマートフォンの補償サービスなどの機能性が充実しており、様々なサービスを受けたい方におすすめです。

他の国際ブランドに比べて年会費が高いことがデメリットではありますが、ステータス性が非常に高く、高いランクのカードを持ちたい方に適しています。

加盟店が少ないイメージがある方も多いでしょうが、JCBと提携しているため、JCBのカードが使える店舗ならどこでも利用することが可能です。

Diners Club

Diners Clubは世界で初めて誕生した国際ブランドとして知られています。年会費が高額ですがステータス性が高いことやサービスが豊富なことがメリットです。

 Diners Clubでは原則カード利用限度額を設定しておらず、申し込みの際の審査内容やカードの利用状況などに合わせて限度額が設定されます。

旅行傷害保険も手厚く最高1億円の海外旅行傷害保険が利用できるため、海外旅行が多い方にもおすすめです。

また、高級レストランの優待サービスなども充実しており、「グルメ」を楽しみたい人にとって嬉しいサービスがたくさんあります。

そのほかにも空港ラウンジやゴルフ関連の優待サービスなど様々なサービスがあるため、30代、40代以降の方におすすめのクレジットカードです。

クレジットカードを選ぶ際の注意点

クレジットカードを選ぶ際の注意点

クレジットカードの選びの注意点としては次のことが挙げられます。

クレジットカードを選ぶ際の注意点
  • カードを発行するためには審査に通る必要がある
  • ポイントの有効期限があるカードがある
  • ETCカードや家族カードに年会費がかかる場合がある

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

カードを発行するためには審査に通る必要がある

自分に最適なクレジットカードを見つけても、必ず発行できるとは限りません。申し込み後行われる審査に落ちてしまう可能性もあります。

審査基準については各カード会社に応じて異なるため、発行できるカードもあれば落ちてしまうカードも考えられるでしょう。

また、審査基準を公開しているカード会社はないため、必ず通る方法がない点に注意が必要です。

一般的な審査については、次の点をチェックされる傾向があります。

審査でチェックされる項目
  • 本人の年収、職業
  • 年齢、家族構成、住居など
  • 信用情報(事故情報や返済状況など)
  • 他社の借入・キャッシング枠の残高

ランクやステータス性が高いカードほど審査基準が厳しくなると言われているため、申し込みの際には注意が必要です。

ポイントの有効期限があるカードがある

クレジットカードの中には、ポイントに有効期限が設定されているものがあり、有効期限を過ぎてしまうと失効してしまう可能性があります。

どれだけ還元率が高くても、有効期限を過ぎてしまうと意味がないため、有効期限内に使い切れるように用途の広いポイントが望ましいです。

また、キャンペーンでもらえるポイントなどは「期間限定」となっているものもあるため、期限についてはしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

ETCカードや家族カードに年会費がかかる場合がある

年会費が無料のカードでも、ETCカードや家族カードの発行の際に年会費を取られてしまうケースがあります。

コストを抑えたつもりがETCカードや家族カードのコストが負担になってしまうことはもったいないため、なるべくコストを抑えられるものを選ぶようにしましょう。

 また、家族カードの場合には、発行できる枚数も確認しておくことが望ましいです。

まとめ

今回は、初心者向けにおすすめのクレジットカードの選び方について解説しました。

クレジットカードを選ぶ際には、自分に最も合っていると思うものを選ぶことが重要です。

比較の項目は数多くありますが、自分の利用シーンに合わせておすすめのものは異なるため、まずは自分のお買い物の傾向などを分析してみましょう。

[Credit-L]
おすすめの記事