審査なし クレジットカード

スムーズに会計ができるクレジットカードですが、審査なしで作れるものはあるのでしょうか。即日発行のクレジットカードは審査をしていないのか、気になる方もいるでしょう。

クレジットカードの審査はカードの返済を滞りなく行ってくれる人物なのか判断する目的で行われます。審査内容は定かではありませんが、審査が行われることは間違いありません。

今回は審査なし・審査不要のクレジットカードが存在するのか詳しく解説します。

審査に落ちてしまった時の対処法についても紹介するので、不安な方はぜひ参考にしてください。

審査が不安なら必見!おすすめのクレジットカード5選

三井住友カード RevoStyle

三井住友revostyle

三井住友カード RevoStyleは、リボ払い専用のクレジットカードです。残高に応じて支払い金額が変わる残高スライドコースを採用しており、年会費無料で利用できます。

対象店舗から好きなお店を3つ選んでポイント2倍になるサービスもあります。年間100万円のお買い物保険が付帯されているので、商品の紛失・盗難時にも安心です。

年会費 永年無料
国際ブランド Visa
還元率 0.5%〜3.0%
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、大手ネットショッピング楽天市場でお得に買い物ができるクレジットカードです。楽天市場ならいつでも3%の還元率なので、楽天ユーザーは効率良くポイントが貯まるでしょう。

最高補償額2,000万円の海外旅行保険が付帯されているので、旅先でトラブルが発生した時にも役立つでしょう。

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB/AMEX
還元率 1.0%〜
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

SBS Premium Card(DP)

SBS Premium Card(DP)

SBS Premium Card(DP)は、ゴールドのゴージャスな券面デザインのクレジットカードです。あらかじめ保証金を預けることで、保証金の範囲で買い物ができます。

プリペイドカードのように毎回チャージをする必要はなく、通常のクレジットカードと同じように締め日・引き落とし日があります。ETCカードは発行手数料・年会費無料で持つことが可能です。

年会費 16,500円(税込・初年度無料)
国際ブランド Mastercard
還元率 0.3%〜
申し込み条件 満20歳以上の方

ライフカード(デポジット)

ライフカード(デポジット)は、デポジット型のライフカードです。限度額は5万円と10万円から選ぶことができます。

弁護士への無料相談サービスや会員限定の各種優待割引サービスを受けることが可能です。国内・海外旅行保険やシートベルト保険も付帯されているので、旅先でも役に立つでしょう。

「より高い限度額でカードを使いたい方は、190万円まで設定できるライフカードゴールドがおすすめです。」
年会費 5,500円(税込)
国際ブランド Mastercard
還元率 0.3%〜
申し込み条件 満20歳以上の方

イオンカードセレクト

イオンカード

イオンカードセレクトは、イオン系列のお店でいつでもポイント2倍で買い物ができるクレジットカードです。

 ETCカード・家族カードは無料で持つことができます。

毎月20日・30日のお客様感謝デーでは、イオン系列店を5%割引で買い物ができます。所定の条件を満たすことで、イオンゴールドカードのインビテーションを受けることが可能です。

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率 0.5%〜
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

審査不要・審査なしで作れるクレジットカードはある?

審査

残念ながら、審査なしで作ることのできるクレジットカードは存在しません。その理由はクレジットカードの仕組みにあります。

以下、カード会社が審査なしにできない理由を解説します。また、審査が不安な方におすすめの対処法を紹介しますので、合わせてご確認ください。

審査なしにできない理由

お金

クレジットカードは、利用者の支払い額をクレジットカード会社が一時的に立て替える仕組みです。そのため、利用者が支払いできなくなるとカード会社が貸し倒れになってしまいます。

「損失を防ぐために、申し込み時に審査をして返済能力があるかを確認する必要があると言えます。」

このような仕組みであるためにカード会社は審査なしでクレジットカードを発行することはしません。

 カードを持つためには必ず審査に通らなければいけません。

では、何度申し込みをしても審査に通らない方や無職の方はクレジットカードを持つことができないのでしょうか。実は審査が不安な方でも比較的発行しやすいカードが存在します。

デポジット型のクレジットカードがおすすめ

クレジットカード

審査が不安な方は、デポジット型のクレジットカードがおすすめです。デポジットとは保証金という意味です。あらかじめカード会社に保証金を預けることで、その範囲で買い物ができる仕組みです。

例えば10万円預ければ、10万円の範囲内で利用することができます。

もし利用者が返済できなくなっても、カード会社は保証金があるため損失を防ぐことができます。

このような理由から、デポジット型のクレジットカードは通常のクレジットカードよりも審査に比較的通りやすいと言われています。

 審査に不安な方はデポジット型のクレジットカードがおすすめです。
デポジット型のクレジットカードの例
  • SBS Premium Card(DP)
  • ライフカード(デポジット)

保証金を預ければ、通常のクレジットカードと同じように買い物に利用することができますよ。

家族カードという選択肢も

家族

クレジットカードの家族カードとは、本会員のサブカードのことを言います。本会員の家族が持つことができるカードです。

 本会員の信用でカードを発行するため、家族は審査を受けることなくカードを持つことができます。

以下3つのカードのように、年会費無料で家族カードを発行できるケースもあります。

楽天カード 家族カード:年会費550円(条件付き無料)
イオンカードセレクト 家族カード:年会費無料
三井住友カード RevoStyle 家族カード:年会費無料

家族カードは通常のクレジットカードよりも年会費が少ない傾向があります。しかし特典やサービスは本会員とほとんど同じです。

審査が不安な方は、家族カードの申し込みを検討しましょう。

家族カードを持つ時の注意点

家族

便利な家族カードですが、メリットが多い一方で注意すべき点を解説します。家族カードは本会員と買い物で利用できるショッピング枠を共有します。

 そのため家族の誰かが使いすぎるとカードが途中で利用できなくなってしまう可能性があります。

その他本会員がカードを解約すると、家族カードも自動的に解約になってしまいます。

家族がカードを使いたい場合には、本会員として申し込みをしなければなりません。

家族カードを持つ時は、上記の注意点を理解して申し込むようにしてください。

最短即日発行対応カードの審査について

電話

先ほどお話した通り、クレジットカードを作るには必ず審査に通過する必要があります。最短即日発行が可能のカードであっても、所定の審査は行われます。

最短即日発行が可能なクレジットカードの例
  • イオンカードセレクト
  • エポスカード
  • セゾンカードインターナショナル

上記3つのカードは、店舗でカードの受け取りを選択することで最短当日にカードを受け取ることができます。ただしカードを受け取るためには既定の条件をクリアする必要があります。

例えばイオンカード セレクトの場合、以下3つの条件を満たした場合にのみ最短即日カード発行可能です。

イオンカード セレクト最短即日発行の条件
  • 満20歳以上
  • PC・スマートフォンからイオンカードセレクトを申し込む
  • 「店舗でのカードお受取り」で「店舗で受取ります」を選択する
  • 17時までにお申込みを完了させる

上記条件をクリアしたとしても、審査に時間がかかってしまうと即日カード発行はできない可能性があります。

またイオンカード セレクトの場合、最短即日で発行されるのは仮カードです。正式なカードは後日受け取りとなっています。

審査で見られる項目

書類

クレジットカード会社は、審査の内容について具体的に公表していません。しかし、申し込み条件などからある程度予測することができます。

ここでは審査で確認されることが予測できるポイントを3つ紹介します。

安定した収入があるか

お金

その人が滞りなく返済してくれるのか、わかりやすい指標に年収があります。年収が高ければ高いほど返済能力があることの証明になります。

 一般的には審査において年収がキーポイントになると言われています。

収入がなくても貯金がある人は審査に通過できるのでしょうか?明確に言えることは、カード会社が求めているのは安定した収入です。

 短期的な仕事や日雇いなどの場合には収入が途絶える可能性があるため、返済能力があるとは言えません。

毎月継続して収入を得ていることが大切です。カードの審査に通過したい人がアルバイトやパートなど継続的な収入を得るようにしましょう。

本人の属性

メモ

クレジットカードの申し込み書に記入した以下の内容は、審査時にチェックされます。

申し込み書の記入内容の例
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 勤務形態
  • 住居の状況
  • 他社からの借り入れ状況
  • 家族構成

一般的にカード会社は、上記の内容から申し込み者に返済能力があるかどうかを判断すると言われています。勤続年数は長ければ長いほど審査で有利に働く傾向があるようです。

家族構成や住居の状況からは、ローンの返済状況や資産、扶養の有無などをチェックします。

申込書の内容は嘘偽りなく記入しましょう。もし嘘をついて記入しても、クレジットカード会社の広い情報網で全てばれてしまいます。

 嘘がばれるとカード会社から信頼を失い、審査に落ちてしまうと言われています。

情報は必ず正確に記入するのはもちろん、返済能力の有無をしっかりとカード会社に伝えるようにしましょう。

信用情報

情報

クレジットカード会社は、CICなどの個人情報機関に申し込み者の信用情報を問い合わせることができます。

現在や過去に滞納がある場合、返済能力がないと判断されて審査に落ちる可能性があると言われています。

自分の個人情報が気になる方は、直接個人情報機関に自分の情報を開示請求することも可能です。

一度滞納の記録が残ると、5年間は消えません。

 記録が残っている方は、期間が経過してから申し込みをすることがおすすめです。

クレジットカードを持ってからも、毎月の返済はきちんと期限を守りましょう。

審査に落ちてしまった時の対処法

方法

一度審査に落ちてしまっても諦める必要はありません。審査に落ちてしまった原因が分かれば、対処法を考えることができます。

審査に落ちた理由をカード会社に教えてもらうことはできません。以下、一般的に審査に落ちる原因だと言われる3つの項目とその対処法を紹介します。

在籍確認ができなかった

電話

審査の時には、勤務先に本当に在籍しているかどうかの在籍確認が電話で行われます。何度連絡しても在籍確認が取れない場合審査に落ちてしまいます。

年末年始の長期休暇などには注意が必要です。

在籍確認は本人がその場にいなくても、電話口で「○○は席を外しております。」「○○は本日休みを取っております。」など在籍を確認できるものであれば問題ありません。

返済能力が低いと判断された

お金

審査の結果、返済能力が低いと判断された場合審査に落ちてしまいます。以下の内容に注意が必要です。

収入 収入が不安定、低い
勤続年数 勤続年数が短すぎる
信用情報 過去・現在に悪質な滞納がある

クレジットカード会社にマイナスに判断されているような項目がある方は、改善してから再度申し込みましょう。

短期間に複数枚のカードに申し込んだ

PC

欲しいカードが複数あるからと言って短期間の内に何枚もカードを申し込むのは危険です。お金に困っていると判断されて審査に落ちる可能性がアップすると言われています。

 具体的には1カ月以内に3枚以上申し込むような場合を多重申し込みと言います。

クレジットカードの申し込み情報は、CICなどの個人情報機関に半年程度記録されてしまいます。

複数欲しいカードがある場合には、1枚ずつ期間を空けて申し込むようにしましょう。

審査に通るコツはあるの?

PC

審査に通るかどうか不安だと言う方向けに、審査に通るためのコツを解説します。申し込みの際には、以下の項目を意識してください。

キャッシング枠を0円にする

お金

クレジットカードには買い物で使えるショッピング枠の他に、借り入れができるキャッシング枠があります。

借り入れをする予定がないのであれば、申し込みの際にはキャッシング枠を0円にすることがおすすめです。クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象です。

総量規制とは、消費者保護のために年収の3分の1以上借り入れができないよう取り締まっている法律です。

他社から借り入れをしている場合、総量規制に引っかかり審査に落ちてしまうことがあります。しかし、0円に設定しておけばこのような心配がありません。

 キャッシング枠は申し込み後に増額審査で増やすこともできるので、一旦0円にしておくことがおすすめです。

申込書はできるだけ空欄を作らない

書類

申込書の内容は審査時にチェックされます。そのため、空欄が多いと適正に審査をすることができません。できるだけ項目は埋めるようにしましょう。

入力内容の例
  • 氏名・住所
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先情報
  • 国際ブランド選択
  • 家族構成
  • 世帯人数
  • 居住状況
  • 住宅ローンもしくは家賃の支払い
  • 他社からの借り入れ

記入する上で不明点がある場合には、コールセンターに問い合わせれば相談に乗ってもらえます。記入後は、漏れやミスがないか確認してから送付するようにしましょう。

本人確認書類を確認する

パスポート

クレジットカードの申し込み時には、本人確認書類を提出する必要があります。本人確認書類には、以下のようなものがあります。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票の写し

いずれも現在有効で、発行から6カ月以内のコピーである必要があります。提出前には期限が切れていないかどうか確認しておきましょう。

その他、引っ越しなどで申し込み情報と住所が違う場合には申し込み前に変更しておくことが大切です。

その他の提出書類

キャッシング枠50万円以上を希望する場合には、収入が確認できる書類を提出する必要があります。場合によっては50万円以下でも必要なので、事前に用意しておくと良いでしょう。

収入が確認できる書類の例※最新のものが必要
  • 源泉徴収票
  • 直近の連続2カ月分の給与明細書
  • 所得証明書
  • 納税証明書

クレジットカードの審査なしに関するよくある質問

おすすめのクレジットカードは?
おすすめのクレジットカードは、ライフカード(デポジット)です。デポジットとは、チャージして使うタイプのカードで、限度額は5万円と10万円から選ぶことができます。ライフカード(デポジット)の年会費は税込5,500円で、国際ブランドはMastercardのみです。ポイント還元率は、0.3%とからとなっており、申し込み条件は満20歳以上の人となっています。
審査なし・審査不要のクレジットカードはある?
審査なし・審査不要のクレジットカードはありません。クレジットカードの仕組み上、どうしても審査は必要です。なぜならクレジットカードは利用者の支払い額をクレジットカード会社が一時的に建て替える仕組みだからです。利用者が支払い能力がない場合、カード会社が損をすることになります。
審査なしで即日発行してくれるクレカはある?
審査なしのクレジットカードは存在しませんが、即日発行が可能なクレジットカードはあります。ただし、即日発行なので手元に届くのは、翌日の可能性もあります。
審査が不安な人におすすめのカードは?
審査が不安は人は、デポジット型のクレジットカードがおすすめです。デポジットは保証金という意味で、あらかじめクレジットカード会社に保証金を預けることで、その範囲で買い物ができる仕組みです。デポジット型のほうが、一般カードよりも比較的審査に通りやすいという情報もあります。
審査に落ちたらどうしたらいい?
審査に落ちてしまった場合は、再度感覚をあけて申し込みしなおすという方法もあります。また自分で申し込まない場合は、家族カードいう選択肢もありますので検討してみてください。家族カードは、本会員カードのサブカードで、支払いは本会員カードに請求されます。
審査は何をチェックされるの?
どのクレジットカードも、審査の内容については具体的に公表されていません。しかし、一般的にいわれているのは「安定した収入があるか」「本人属性」「信用情報」といわれています。過去に滞納がある場合は審査に通りにくいともいわれているため、注意しましょう。
在籍確認はかならず必要?
在籍確認は必要としているクレジットカード会社が多いです。在籍確認は、申告のあった会社に在籍していることが確認できれば問題ないため、電話口で「○○は席を外しております。」「○○は本日休みを取っております。」などでも問題ありません。

まとめ

本記事では、審査なしでクレジットカードが作れるのかについて詳しく解説しました。解説した通り、審査不要・審査なしのクレジットカードは存在しません。

即日発行のクレジットカードであっても、きちんと所定の審査を行った上でカードを発行しています。

審査が不安な方はデポジット型やリボ払い専用のクレジットカードを検討するなど、審査に落ちた場合の対処法を考えておくことが大切です。

一度審査に落ちてしまったとしても、原因を理解して対策すれば審査に通過する可能性もあります。本記事を参考に、ぜひクレジットカードの審査に向けた準備を進めてみてください。

クレジットカードの関連記事

おすすめの記事