クレジットカード 還元率

数あるクレジットカードから1枚を選ぶ際には、いくつかの比較すべき項目があります。中でも特に注目したいのが、ポイント還元率です。

還元率が高く使い道が豊富なカードなら、現金払いよりもお得に利用できるはずです。

また、特典やポイントアップサービスが充実していれば、効率的にポイントが貯まります。そこでこの記事では、クレカのポイントに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • おすすめのクレジットカード6選
  • クレジットカードのポイントの使い方をご紹介
  • ポイントを利用する際の注意点
  • ポイントアップモールについて

ぜひクレジットカード選びの参考にして、ポイントを活用してみてくださいね!

【Oki Dokiポイント】JCB CARD W

JCB W 券面画像

JCB CARD Wは、JCB一般カードの2倍の還元率です。現在、2021年6月30日までの申し込みにより、Amazonの利用によりポイントが30倍にアップするキャンペーンが開催されています。

年会費 永年無料
国際ブランド JCB
還元率 1.0%
申し込み条件 満18歳以上39歳未満の方

Oki Dokiポイントの特徴

Oki Dokiポイントは、毎月の利用合計額から1,000円(税込)で1ポイント貯まる仕組みです。

 1回の支払いが1,000円未満であった場合でも1カ月の合計額から換算され、無駄なくポイントが貯められます。

ポイントの有効期限は獲得した月から2年間です。会員サイトMyJCBで保有ポイントを確認可能です。

交換先

【Oki Dokiポイント】JCB CARD W

貯まったポイントは、さまざまな使い道があります。

 例えば、Amazonでは、登録手続き不要でポイントを移行することなく1ポイント1円として使えます。

スターバックスカードへポイントチャージもできるため、よく利用する方はぜひチェックしてみてください。

百貨店やスーパーで使える商品券に交換することもできますよ。

マイルを始め、以下の提携先各社のポイントへも移行できるため、よく使うポイントがあればチェックしてみてください。

主な移行できるポイント
  • nanacoポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • WAONポイント

ポイントアップモール

【Oki Dokiポイント】JCB CARD W

JCBが運営するポイント優待サイト・Oki Dokiランド経由で商品を購入をすれば、最大20倍でポイントが付与されます※1

成城石井 11倍
DHCオンラインショップ 5倍
楽天市場 2倍
Amazon 2倍~9倍

 

※1参考サイト

【Vポイント】三井住友カード(NL)

三井住友カードNL

三井住友カード(NL)は、券面に番号の印字がなく、カード番号の流出を防ぎながら安心安全に買い物ができるカードです。Web申し込みなら最短即日でインターネットで使える仮カードが発行されます。

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard®
還元率 0.5%〜5.0%
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

Vポイントの特徴

Vポイントは、200円(税込)で1ポイントが貯まる仕組みです。1,000円未満の少額の決済でもポイントが貯まるため、小まめにコツコツとポイントを貯めていけるでしょう。

 2021年2月より、1カ月の支払い金額が5万円を超えると50ポイントのボーナスポイントが付与されるようになりました※1

※1公式サイト

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

交換先

【Vポイント】三井住友カードナンバーレス

貯まったVポイントは、1ポイント1円から使えるため、使い道に困った時は交換しましょう。三井住友銀行のインターネットバンキングを利用した際の振り込み手数料に充当することもできます。

景品への交換やVisaプリペイドカードへの充当などが可能ですよ。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

ポイントアップモール

【Vポイント】三井住友カードナンバーレス

三井住友カード(NL)を持っている方は、優待サイトポイントUPモールを経由してショッピングをすると、還元率が+0.5〜9.5%までアップします※1

※1 公式サイト

※1 2022年7月現在。ポイント還元率は予告なく変更となる場合がございます。

Amazon +0%~4%
楽天市場 +0.5%
AOKI公式オンラインショップ +9%
イオンショップ +1%

タイムセール情報なども随時更新されているので、定期的にチェックしましょう。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

【dポイント】dカード

【dポイント】dカード

dカードは、ドコモが発行しています。ドコモユーザーはもちろん、ドコモユーザー以外の方も申し込み可能です。他社キャリアを使用中の方もご検討ください。

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard®
還元率 1.0%
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

dポイントの特徴

dポイントは、通常ポイントと期間・用途限定ポイントの2つがあります。

それぞれ有効期限が異なるため注意が必要です。

通常ポイントは獲得月から2年間が有効期限となっており、用途に制限はありません。一方、期間・用途限定ポイントは有効期限がポイントによって異なります。

期間限定ポイントは用途も限定されており、携帯代金の支払いへの充当や商品の交換に使うことはできないためご注意ください。

交換先

【dポイント】dカード

貯まったdポイントは、携帯代金の支払いに充当することができます。その他、以下のようなポイントに交換可能です。

移行できるポイント
  • WAONポイント
  • エポスポイント
  • オリコポイント
  • Oki Dokiポイント
  • JAL・ANAマイル

ポイントアップモール

【dポイント】dカード

ポイントの優待サイトであるポイントUPモール経由でネットショッピングをすれば、還元率が1.5倍~10.5倍までアップします※1

※1参考サイト

じゃらんnet 2倍
ベルメゾンネット 2倍
Yahoo!ショッピング 1.5倍
マカフィーストア 10.5倍

【楽天ポイント】楽天カード

【楽天ポイント】楽天カード

楽天カードは、新規加入時には条件を達成することでもれなく5,000ポイントがもらえるキャンペーンを常時開催しています※1

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard®/JCB/AMEX
還元率 1.0%
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

※1公式サイト

楽天ポイントの特徴

楽天ポイントは、楽天市場での買い物がいつでも3%の還元率になります。

 通常ポイントと期間限定ポイントの2つがあるため注意が必要です。

通常ポイントは獲得月から1年間有効ですが、期間限定ポイントは2カ月程度の短期間のものが多いようです。

交換先

貯まったポイントは、楽天ポイント加盟店で1ポイント1円として使えるため、便利です。楽天証券で投資に使うこともできます。

マイルへの交換などさまざまな利用法があるため汎用性が高いポイントだと言えるでしょう。

ポイントアップサービス

【楽天ポイント】楽天カード

楽天カードは、SPU(スーパーポイントアッププログラム)という楽天サービスの利用により、最大15.5倍まで還元率をアップできるプログラムが用意されています※1

楽天モバイル +1倍
楽天ひかり +1倍
楽天トラベル +1倍
楽天ブックス +0.5倍

※1参考サイト

【エポスポイント】エポスカード

【エポスポイント】エポスカード

エポスカードは、デパートでおなじみのマルイグループが発行しているカードです。マルイの店舗からの申し込むと、最短即日でカードを受け取ることができます。

急ぎでカードが欲しい方におすすめです。
年会費 永年無料
国際ブランド Visa
還元率 0.5%
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

エポスポイントの特徴

マルイや国内外のVisa加盟店で買い物をすると、200円(税込)につき1ポイントのエポスポイントが貯まります。貯まったポイントの有効期限は加算日から2年間です。

 エポスnetアプリで毎日挑戦できるミニゲームに勝てば、3ポイントをもらえます。

交換先

【エポスポイント】エポスカード

貯まったポイントは、商品券やギフト券に交換できます。マルイの買い物では、1ポイント1円として使うことが可能です。その他、以下の他社ポイントに移行することもできます。

主な移行できるポイント
  • Pontaポイント
  • ノジマスーパーポイント
  • dポイント
  • ANA・JALマイル
  • スターバックスカードにチャージ

ポイントアップモール

【エポスポイント】エポスカード

エポスカードが運営するエポトクたまるマーケットは、400店以上の有名店で買い物が可能です。たまるマーケットを経由すると、還元率が最大30倍アップします。※1

ショッピングから旅行、レストラン予約までできるので、便利に活用しましょう。

楽天市場 2倍
PayPayモール 2倍
ベルメゾンネット 3倍
ショップジャパン 10倍

新生活応援特集など季節に合わせたセールが開催されているので、1年を通して楽しむことができます。

※1参考サイト

【VIASOポイント】VIASOカード

【VIASOポイント】VIASOカード

VIASOカードは、貯まったポイントが自動でキャッシュバックされるため、ポイントの使い道が決まっていない方にもおすすめのカードです。

年会費 永年無料
国際ブランド Mastercard®
還元率 0.5%
申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く)

VIASOポイントの特徴

VIASOポイントは、1,000円(税込)利用ごとに5ポイントが貯まります。貯まったポイントは、1ポイント1円で自動的にキャッシュバックされる仕組みです。

また、携帯電話やインターネット、ETCの利用ではポイントが2倍にアップします。

貯まったポイントを失効させたくない方にぴったりですね。

ポイントアップモール

【VIASOポイント】VIASOカード

三菱UFJニコスが運営するPoint名人.com経由でネットショッピングをすると、最大25倍のポイントが付与されます※1

家電やグルメ、旅行などさまざまなジャンルのお店が多数掲載されていますよ。
HIS 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
一休.com 2倍
ファンケルオンライン 4倍

不定期でのポイントアップキャンペーンが開催されているので、タイミングを狙って利用するのもコツです。

※1参考サイト

クレジットカードはポイントサイトでも作成可能

クレジットカードはポイントサイトでも作成可能

クレジットカードは、各カード会社に直接申し込んで作成するのが一般的ではありますが、ポイントサイトを経由する方法もあります。

 ポイントサイトとは、サイトを経由することによってポイントがもらえるサイトを指します。

例えば、カード会社に直接申し込んで得られるポイントは「入会特典ポイント」のみです。

しかし、ポイントサイトを経由すると、入会特典ポイントに加えてポイントサイトからもポイントを受け取ることができます。

つまり、ポイントサイトを経由するとポイントの二重取りができるのですね。

ネットショッピングはポイントアップモール経由がおすすめ!

一般的には、カードを使った決済では使った金額に応じてポイントが貯まります。

ポイントの種類はカードごとに異なるため、貯めたいポイントの種類によっても選ぶカードは変わるでしょう。

他のポイントに変更したい場合には、ある程度ポイントを貯めた後、他社ポイントに移行することも可能です。

 

 ポイントの移行時は交換レートがあり、場合によっては損をしてしまうこともあるためご注意ください。

ポイントアップサービスを活用しよう!

ネットショッピングはポイントアップモール経由がおすすめ!

カードによっては、独自のポイントアップサービスを用意している場合があります。

ポイントアップサービスの一例
  • キャンペーンに参加
  • 優待店舗の利用
  • 年間の利用額で変動するステージ制プログラム
  • ネットサイト経由のショッピング

これらのサービスを賢く活用すれば、さらに還元率を高めることも可能です。

 利用できる優待店が多く、ポイントアップサービスが豊富なカードを選ぶと、効率的にポイントが貯まります。

一方、利用できる優待店が少なくポイントアップサービスがあまりない場合には、ポイントがなかなか貯まらないでしょう。

カードを選ぶ時には、ポイントアップサービスの内容も確認しておくと良いでしょう。

国民年金をクレジットカードで払ってポイントをゲット!

毎月支払いが必要な固定費をクレジットカード払いにしておくと、支払いの度にポイントが貯まるためおすすめです。

固定費には、光熱費や通信費などが一般的ですが、実は国民年金もクレジットカード払いができるんです!

国民年金の支払いをカード払いに変更したい場合は、以下の書類を持って最寄りの年金事務所で手続きを進めましょう。

持ち物
  • 国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書※公式サイトからダウンロード可
  • 年金手帳・納付書など、基礎年金番号が分かるもの
  • 登録したいクレジットカード

手続きに1ヶ月ほどかかる場合があるため、カード払いへの変更を希望する方は早めの申し込みを心掛けましょう。

年金をカード払いにしておくと、未払いも防ぐことができますね。

参照:参考サイト

還元率以外に比較すべき項目とは?クレカの選び方を解説!

新規入会時には、上記でご紹介した還元率の他にもチェックしておくべき項目があります。ここでは、2つのポイントを紹介します。

年会費のもとを取れるか

還元率以外に比較すべき項目とは?クレカの選び方を解説!

いくら高還元でも、年会費が高額である場合には結果的に損をしてしまうことがあります。

 節約のためにカードを持ちたい方は、維持費のかからない年会費無料のものがおすすめです。

一方付帯サービスや特典の利用頻度によっては、年会費分の元が取れるカードも存在します。

カードを持つ人のライフスタイルや環境によって、おすすめできるカードは異なりますね。
 うまく使いこなせるか不安な方は年会費が永年無料のものが良いでしょう。

普段利用する店舗で使える国際ブランドか

還元率以外に比較すべき項目とは?クレカの選び方を解説!

利用する機会の多いお店でカードが使えなければ、ポイントを効率的に貯めることができません。

例えば大型ショッピングセンターコストコでは、利用できる国際ブランドはMaster Cardに限定されています。
 よく利用するお店をいくつかピックアップして、そのお店がどの国際ブランドに対応しているかをチェックしてみるのも良いでしょう。

また、本カードの他にサブカードを作成し、複数の国際ブランドを持っておくのも一つの手です。

お得なクレジットカードのポイントの使い方・交換時の注意点

お得なクレジットカードのポイントの使い方・交換時の注意点

カードによってポイントの使い道はさまざまです。一般的な交換先について、いくつか例を紹介します。

交換先の主な例
  • 商品に交換
  • 電子マネー
  • ANA・JALマイルに移行
  • 他社ポイントに移行
 希望する使い道がある場合には、交換に必要な最低ポイント数を目標にして積極的にカードを利用していくと良いでしょう。

交換時の注意点

お得なクレジットカードのポイントの使い方・交換時の注意点

ポイントを交換する時には、有効期限に注意する必要があります。ほとんどの場合、ポイントには有効期限が設けられています。

 有効期限内に使いきれなかった場合には、ポイントは失効してしまいます。

せっかく貯めたポイントを無駄にしないように、できるだけ期限には余裕を持って交換するようにしましょう。

有効期限なしのカードはある?

仕事や家事などで忙しくポイントの管理をする暇がない方は、ポイントの有効期限がないカードを持つことをおすすめします。

ポイントの有効期限がないカードには、主に以下のような種類があります。

ポイント有効期限なしのクレジットカード
  • Booking.comカード
  • TRUST CLUBワールドカード

しばらくの間カードを放置してしまった時にも、失効してしまうリスクがなく安心ですね。

時間をかけてコツコツとポイントを貯めれば、家電製品などの高額商品にも手が届くかもしれません。じっくり貯めたい方は期限なしのものを選びましょう。

期間限定ポイントに注意

お得なクレジットカードのポイントの使い方・交換時の注意点

クレジットカードの中には、通常のポイントの他にも期間限定でもらえるポイントを設けていることがあります。

通常ポイントとは違い、有効期限が短く設定されていることが多いため注意が必要です。

ポイントの有効期限は、会員サイトで随時確認することができます。最近では、ポイント管理ができるスマホ専用のアプリも増えつつあります。

 アプリなら生体認証ログインも可能なため、空いた時間にサッと確認することも可能です。

クレジットカードのポイントに関するよくある質問

おすすめのクレジットカードは?
おすすめのクレジットカードは、JCB CARD Wです。JCB CARD Wの年会費は永年無料で、ポイント還元率は1.0%~となっています。申し込み条件は、満18歳以上~39歳以下の人で、利用するとOki Dokiポイントがたまります。ポイントの有効期限は、獲得月から3年間となっており、dポイントやPontaポイントなどへポイントを移行することも可能です。
クレジットカードのポイントの使い方は?
クレジットカードのポイントの使い方としては、商品カタログから商品を交換したり、別のポイントに移行したりといった方法があります。ポイントをためる際に、もともと移行したいポイントが決まっている人も多く、使い道は実にさまざまです。
Vポイントがたまるクレジットカードは?
Vポイント溜まるクレジットカードは、三井住友カード(NL)です。年会費は、永年無料で、ポイント還元率は0.5%となっています。申込み条件は満18歳以上の人であれば、誰でも申し込みが可能です。ブランドは、VisaとMastercard®の2種類から選ぶことができます。たまったポイントは景品への交換やVisaプリペイドカードへの充当も可能です。
dポイントがたまるクレジットカードは?
dポイントカードがたまるクレジットカードとして、dカードがおすすめです。dカードの年会費は、永年無料でブランドはVisaとMastercard®の2種類から選ぶことができます。ポイント還元率は1.0%~となっており、満18歳以上の人であれば誰でも申し込みが可能です。たまったdポイントは、オリコポイントやWAON POINT、エポスポイントなどに移行することができます。携帯代金の支払いに充当することも可能です。
楽天ポイントがたまるクレジットカードは?
楽天ポイントがたまるクレジットカードとして、楽天カードがおすすめです。楽天カードは、新規加入時に条件を達成することによりもれなく5,000ポイントがもらえるキャンペーンを常時開催しています。年会費は永年無料で、Visa・Mastercard®・JCB・AMEXの4種類から選ぶことが可能です。ポイント還元率は1.0%~です。
ポイントアップモールってなに?
ポイントアップモールは、該当するショッピングサイトを経由することによってポイントが加算されるお店のことです。各クレジットカードごとにたまるポイントは違いますが、設定されているポイントアップモール(ショッピングサイト)で買い物することにより、普段の買い物よりもポイントが多くもらえる仕組みとなっています。
ポイント交換時に注意することは?
ポイント交換時に注意する点として、ポイントの有効期限があげられます。付与されたポイントは基本的に、各クレジットカードごとに有効期限が決められており、期限を過ぎるとポイントが失効されるため注意してください。有効期限がないポイントカードもあります。期限切れが心配な人はそういったカードを選ぶといいでしょう。

まとめ

今回は、クレジットカードの決済でもらえるポイントや還元率、カードのお得な使い方などを解説しました。

貯まったポイントの使い方や交換先はカードによって異なりますが、使い道が豊富なものを選び、生活に合わせて使い分けると便利でしょう。

ポイントアップサービスを活用すれば、さらに還元率を高めることも可能です。また、ポイントには有効期限がある場合がほとんどのため、失効する前に使い切ることを忘れないようにしましょう。

ポイントの失効が不安な方は、自動的に口座へキャッシュバックされるものを検討してみるのもおすすめです。

今回解説した内容を参考に、ポイントを貯めやすく・使いやすい、お気に入りの1枚を見つけてみてください。

クレジットカードの関連記事

おすすめの記事