究極の1枚は人によって異なる!おすすめの選び方を解説
カードローンを検討している人の中には、「審査なし、審査が甘いカードローンは存在するのか」、「カードローンの審査に通らない」など悩みや疑問を抱いている方もいるでしょう。
そこで今回は、カードローンの審査について徹底解説します。カードローンの審査基準や所要時間、審査に落ちた理由などを理解することで、スピーディーにカードローンの手続きが進めることができるようになります。
よくある悩み・疑問
  • 審査なし、審査が甘いカードローンは存在するのか?
  • カードローンの審査はどのくらい時間がかかる?
  • カードローンの審査に通らない。
  • なぜカードローンに落ちたのか理由が分からない。

 

最短即日融資できるカードローンおすすめ6選も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

審査なし、審査が甘いカードローンはあるのか?

カードローン結論、カードローンでは必ず審査が行われます。現状、貸金業法上※1で定めれているため、カードローンを提供する会社は審査を設けなければなりません。もしも審査はいらないというカードローンがあった場合は注意してください。

不正な貸金業者である可能性があります。また審査基準は公開されていないため、残念ながら審査が甘いと断定できるカードローンはありません。そのため、事前に審査内容を理解し、注意点を押さえておくことが重要です。

 審査ない、審査甘いカードローンはありません。
 審査なしで契約できるカードローン会社があっても違法業者なので、法外な金利を請求される可能性があります。
トラブルを避けるためにも絶対に利用しないようにしましょう。

※1 賃金業法とは、カードローンを提供する会社などを対象とする法律です。過剰にお金を借りすぎることを防ぐとともに、不正な貸金業者を取り締まります。

カードローンに審査がなぜ必要なのか?

謎

カードローンを提供している会社は、貸したお金を必ず返してもらわないと存続できません。そのため、毎月継続的に返済を続けられる人かチェックする必要があります。

またカードローンは総量規制※1の対象となるため、年収の3分の1を超える貸し付けをすると罰則を受けます。他社の借入状況も踏まえて、返済能力を審査されます。

 カードローンを提供する会社は、貸したお金が返ってこないというリスクを抱えます。
そのため、毎月継続的に返済を続けられる人かチェックする必要があります。

※1 総量規制とは、借入総額に上限を設ける規制のことです。

カードローンの審査基準は?

カードローンを利用するためには、返済能力をチェックする審査があります。審査基準は公開されていませんが、申し込みの際に共通した情報を確認されます。それにより、カードローンの主な審査の内容を推測できます。

確認項目
  • 本人の属性
  • 他社からの借入件数 / 金額
  • 信用情報

本人の属性

本人の属性とは、年齢や年収、雇用形態など返済能力に関する情報です。以下の条件が主に明記されている場合が多いです。条件を満たしていないと、そもそもお申し込みができません。あらかじめチェックしておきましょう。

主な条件
  • 20歳以上
  • 安定した継続収入
  • 学生不可

他社からの借入件数 / 金額

過剰に借入することを防ぐために「総量規制」というルールがあります。そのため、個人の借入総額は原則、年収の3分の1までに制限されています。

カードローンを提供する貸金業事業者は、総量規制に該当しないかを確認することが義務付けられているため、必ず確認されます。

例えば、年収300万円の人がA社から70万円、B社から30万円をすでに借りているとします。この場合、借入総額が100万円であるため、新たに借入することができません。現在の借入総額も、事前に確認しておきましょう。

信用情報

各金融機関は、信用情報機関を通じて過去の借入れと返済に関する情報を共有しています。そのため、過去に長期にわたる支払い遅延や滞納を起こしていた場合はカードローンを利用できない可能性があります。

 カードローンの審査では毎月、継続的に返済する能力があるかをチェックされます。
事前に確認される項目を把握しておきましょう。

カードローンの審査に必要な書類は

書類カードローンの審査には、提出が必要な書類があります。いくつも書類を用意して、面倒なイメージがある人もいるかもしれません。しかし、多くの場合、必要な書類は主に「本人確認書類」と「年収証明書類」の2つだけです。

申し込み前に必要な書類を集めておけば、できるだけ早くカードローンを作成できます。
必要な書類もあらかじめ用意しておきましょう。

必要な書類
  • 本人確認書類
  • 年収証明書類

本人確認書類

本人確認書類として、ご本人の氏名と生年月日、現住所の記載されてた書類が必要です。
下記の書類が具体例として、挙げられます。ご自身の用意しやすいものをあらかじめ、そろえておきましょう。

本人確認書類の具体例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民票のコピー

年収証明書類

年収証明書類として、ご本人の年収が分かる書類が必要です。下記の書類が具体例として、挙げられます。
希望借入金額が50万円以下の人は、提出が不要な場合もあります。

必要ない書類を用意するために時間を使わないように、事前に確認しておきましょう。

年収証明書類の具体例
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
     カードローンのお申し込み前に必要な書類を揃えておきましょう。そうすることで、スピーディーに手続きができます。

    審査が通りやすいカードローンはあるのか

    残念ながら、審査に通りやすいと断定できるカードローンはありません。そこで注目したいのが成約率※1です。意外と知らない人が多いですが、大手のカードローン会社は成約率を公表しています。成約率が高いと必ず通りやすいというわけではありませんが、一つの指標にはなります。

    ※1 成約率とは、カードローンに申し込みをして、審査を通過した人が新しく契約(借入)をする割合です

     成約率の高いカードローンが、審査に通過する可能性が高いと考えられます。
    カードローン名 成約率(2021年2月)
    アイフル 40.7 %
    アコム 40.4%
    プロミス 35.8%

    ※参考 : プロミス「月次データ」,アコム「マンスリーデータ」,アイフル「月次データ

    カードローンのお申し込み方法

    カードローンの主なお申し込み方法は、Webサイトや電話、郵送、自動契約機、窓口などがあります。
    いずれのお申し込み方法も審査の基準は同じであるため、一番、都合のよい方法を選びましょう。

    お申し込み方法
    • Webサイト
    • 自動契約機
    • 電話
    • 郵送
    • 窓口
     カードローンは様々なニーズに合わせて、多くのお申込み方法があります。
    ご自身のニーズに合わせて、お申し込み方法を選びましょう

    カードローンの審査はどのくらい時間がかかるのか?

    最短即日融資ができるカードローン会社もあります。できるだけ早く借入が必要な場合は、最短即日融資できるカードローン会社を選択すると良いでしょう。ただし、過去に支払い遅延や滞納を起こしたことのある方は時間がかかったり、審査に通らない場合もあるので注意が必要です。

    窓口などの営業時間が過ぎてしまうと、即日融資を受けることができない可能性もあるので、余裕を持ってお申し込みをすることをおすすめします。本記事で「最短即日融資ができるカードローンおすすめ6選」も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

     お急ぎの方は、最短即日融資ができるカードローンを選ぶのがおすすめです。

    カードローンのお申し込みする際の注意点

    カードローンのお申し込みする際の注意点として、以下が挙げられます。お申し込み前に間違っていないか確認するようにしましょう。

    注意点
    1. 他社から借入が年収の3分の1を超えていないか
    2. 虚偽の情報でお申し込みしていないか

    他社から借入が年収の3分の1以上を超えていないか

    年収の3分の1を超える借入はできません。そのため、申し込みの際に年収に対して借入希望額が高くすると、カードローンの審査が通らなくなる可能性があります。

    虚偽の情報でお申し込みしていないか

    カードローンの審査で虚偽の情報がお申し込みをした場合、当然、審査は通りません。そればかりか、今後の申し込みにも影響する可能性があります。

     カードローンで虚偽の情報で審査されると、今後のお申し込みにも悪影響を及ぼします。

    カードローンの審査に落ちた理由

    ダメ

    カードローンの審査に落ちた理由として、以下がよく可能性として挙げられます。一つずつ解説しますので、当てはまるものがないかチェックしましょう。

    カードローン審査に落ちる理由
    • 年収に対して借入希望額が高い
    • 他社から複数の借入がある
    • 過去に支払い遅延や滞納を起こした

    年収に対して借入希望額が高い

    年収に対して借入希望額が高すぎる場合は審査に落ちる可能性があります。カードローンを提供する会社は、「総量規制」により利用者の年収3分の1を超える借入はできません。

    そのため、年収に対して高すぎる借入額を希望すると、審査に通らないと推測されます。

    他社から複数の借入がある

    「総量規制」は個人の借入金額に対して、上限を設けています。そのため、他社から借入が複数がある場合は、審査に通りづらくなる可能性があります。

    他社からの借入がご自身の年収の3分の1を超えている人は、先に返済してからお申し込みをしましょう。

    過去に支払い遅延や滞納を起こした

    カードローンの審査の際に、利用者の信用情報を確認されます。そのため、過去に長期にわたる支払い遅延や滞納を起こした場合は、カードローンの審査に落ちる可能性があります。

    信用情報に不安がある人は、信用情報機関に照会すれば、自分の信用情報を開示してもらうことができます。個人の信用情報を管理している国内機関は「JICC」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」などがあります。

    照会する機関を選ぶ際には、事前にカードローン会社が登録している機関を選択すると良いでしょう。

     事前に当てはまるものがないか確認してから、カードローンにお申し込みしましょう。

    最短即日融資ができるカードローンおすすめ6選

    プロミス

    プロミス

    プロミスの特長
    • 最短30分融資も可能
    • 2021年オリコン顧客満足度調査 「ノンバンクカードローン1位」
    • 初めての方は最大30日間利息0円

    出典:https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/

    プロミスでは、WEBでのお申し込みで最短30分融資が可能。24時間対応のため、土日祝日・夜間でも振り込みできます。さらに2021年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン1位」を獲得し、高い満足度を誇っています。

    初めての方は最大30日間利息が0円です。無利息期間中に返済すれば利息は発生しません。

    金利(実質年率) 4.5%~17.8%
    借入限度額 500万円 
    お申込み
    いただける方
    年齢18歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
    担保・連帯保証人 不要

    出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPA00Control
    ※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込可能です。
    お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

    アコム

    アコム新LP

    ※:18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

    アコムの特長
    • 最短30分で審査回答。さらに最短即日で振込可能
    • 利息はご利用日数分だけ
    • 初めての方は最大30日間利息0円

      アコムでは、最短30分の審査から最短即日振込みが可能です。利息は、借入残高に対してご利用日数分だけを計算されるので、早く返すほど少なくなります。アコムも初めての方は最大30日利息0円です。

      金利(実質年率) 3.0~18.0%
      借入限度額 1万円~800万円
      お申込み
      いただける方
      年齢20歳~69歳で、安定した収入のある方
      (パート・アルバイトの方でも結構です)
      担保・連帯保証人 不要

      出典:https://www.acom.co.jp/p/lp/cashing/10/

      SMBCモビット

      SMBCモビット

      SMBCモビット
      • 電話・郵送なし。Web完結申込
      • スマホで24時間キャシング可能
      • 返済でTポイントが貯まる
      • 利息は日割り計算

      以下のいずれかの口座をお持ちなら、WEB完結で申込ができます。
      またSMBCモビットは無利息期間はありませんので、ご注意ください。

      Web完結で申込ができる銀行
      • 三井住友銀行
      • 三菱UFJ銀行
      • みずほ銀行
      • ゆうちょ銀行
      金利(実質年率) 3.0%〜18.0%
      借入限度額 800万円
      お申込み
      いただける方

      20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方
      (アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能。収入が年金のみの方はお申込いただけません。)

      担保・連帯保証人 不要

      出典:https://www.mobit.ne.jp/lp/al02/index.html

      アイフル

      アイフル

      アイフルの特長
      • 最短25分で審査完了。最短即日で融資
      • スマホ公式アプリでカードレス利用可能
      • 初めての方は最大30日間利息0円

      アイフルは最短25分で審査が完了し、最短即日で融資が可能です。スマホ公式アプリがあれば、カードレスで提携ATMとのお取引ができます。アイフルも初めての方は最大30日間利息が0円です。

      金利(実質年率) 3.0%~18.0%
      借入限度額 800万円
      お申込み
      いただける方
      満20歳以上69歳までの、定期的な収入と返済能力を有する方・基準を満たす方
      ※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
      担保・連帯保証人 不要

      出典:https://www.aiful.co.jp/cashing/ld2/
      ※WEB申込の場合。また、お申込の状況によってはご希望にそえない場合があります。

      オリックス・クレジットVIPローン

      オリックス・VIPクレジットローンの特長
      • 最短60分審査。最短即日で借入が可能
      • Web完結で郵送物や申込書不要
      • オリックスグループが展開する会員限定サービス

      オリックス・クレジットVIPローンは、ノンバンク系大手で実績のあるオリックス・クレジットの商品です。
      審査は最短60分・最短即日でお借り入れが可能で、お申し込みからご利用開始までWeb完結で利用できます。

      金利(実質年率) 1.7%~17.8%
      借入限度額 30万円~800万円
      お申込み
      いただける方
      日本国内に居住し、年齢満20歳以上69歳までの方で毎月定期収入のある方
      担保・連帯保証人 原則不要

      出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vip/

      まとめ

      本記事の要点をまとめました。結論、審査なし、審査が甘いカードローンはありません。「カードローンの審査が通らないかもしれない」と不安がある方は、カードローンの審査基準や所要時間、審査に落ちた事例などを事前に把握しておきましょう。
      そうすることで、スピーディーにカードローンの手続きを進めることができます。ぜひ本記事の「最短即日融資ができるカードローンおすすめ6選」を参考にご検討してみてください。

      要点
      • 審査なし、審査が甘いカードローンは存在しない。
      • 最短即日で発行できるカードローンもある。
      • カードローンの審査に落ちた理由として「年収に対して借入希望額が高い」、「他社から複数の借入がある」、「過去に支払い遅延や滞納を起こした」などが原因として挙げらる。
      おすすめの記事