カードローン おすすめ

給料日前なのに、まとまったお金が必要になってしまった…。

このような状況は誰にでも起こりえることです。そんな時、役立つのが「カードローン」です。しかし、現在色々な会社がカードローンを提供しています。そこで今回は、おすすめのカードローンを紹介します。

さらに「上限金利」「下限金利」「融資スピード」を比較し、カードローンランキングも作成しています。各サービスの人気度も調査していますので、ぜひ参考にしてみてください。

人気カードローンおすすめ11選を徹底比較

プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 最短即日で利用できる!
  • 瞬フリ利用でさらに迅速な融資も可能
  • 申込方法が豊富

ポイント①:最短即日で利用できる!

プロミスは、スマホやパソコンを使ってWebからの申し込みであれば、最短即日で借入が可能です。

最短30分で申し込みから融資まで完了するので、「どうしても今すぐにお金がないと困る!」という場合にも心強いです。

 なお必ず即日で借りられるというわけではなく、条件やタイミングによっても融資スピードは異なるので注意してください。

2021年オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン第1位の人気カードローンです。
※参照https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

ポイント②:瞬フリ利用でさらに迅速な融資も可能

プロミスでは「瞬フリ」というサービスを提供しています。原則24時間いつでも受け付けており、なんと最短10秒というスピードで指定した口座にお金が振り込まれるシステムです。

すぐに口座に反映されるので、思い立った時にすぐに利用できる便利さが強みと言えます。

なお瞬フリは全国にある200程度の提携金融機関口座を持っている人が受けられるサービスです。指定されている口座は公式サイトでも確認可能です。

ポイント③:申込方法が豊富

様々なニーズや借り方に応じて、豊富な申し込み方法が選べるようになっています。

申し込み方法
  • Webサイト
  • 自動契約機
  • 窓口
  • 電話
  • 郵送

早く手軽に融資を受けたい人は「Webサイト」、初めての利用で相談しながら申し込みたい人は「電話・窓口」がおすすめです。

金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年4.5%~17.8% 500万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短30分 最短30分 18~69歳

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain
お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

三井住友カードカードローン

三井住友カード

三井住友カード カードローンのおすすめポイント
  • 最短5分でお借入れ可能
  • 申込方法が豊富

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

ポイント①:返済実績に応じて年々金利引き下げサービスあり

三井住友カードカードローン

三井住友カードカードローンの金利は1.5%~15.0%です。利用枠は最大900万円ですが、さらに、返済実績に応じて年々金利が引き下がります

初年度の金利が9.8%であった場合の引き下げは以下の通りです。

初年度 9.8%
2年目 9.5% -0.3%
3年目 9.2% -0.6%
4年目 8.9% -0.9%
5年目 8.6% -1.2%

返済実績に応じて 翌年度の利用残高分から適用利率を0.3%ずつ引下げられます。返済に遅れが無ければ最大1.2%引き下げられるのでお得です。

返済期限をきちんと守って引き下げを受けましょう。

ポイント②:申し込みから最短5分で融資が受けられる

 借入希望額が50万円以下なら、最短5分で審査・融資可能。審査完了後、Vpassアプリに登録することですぐに利用が可能です。

 最短当日に融資を受けられるので、急いでいる時にも安心です。

入会審査の状況は、メールで連絡もしくは審査状況紹介ページから状況や結果がいつでも確認できます。お急ぎの方は、インターネットから申し込むようにしてください。

2回目以降の借り入れも、Webからの申し込みなら原則24時間土日・夜間いつでも※1口座に振り込みをしてくれます。

返済日は毎月10日もしくは26日のどちらかを申し込み時に選べるので、給料の振り込み日に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

申込条件 20歳〜69歳の安定した収入と返済能力を有しており当社基準を満たす方
利用限度額 900万円
金利(実質年率) 1.5%~15.0%
資金使途 原則自由
最短即日融資 最短5分※2でお借入れ可能
担保・保証人 不要

出典:公式サイト

※1 年末年始、システムメンテナンス時除く
※2 最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
※3 公式サイトキャンペーン情報

アコム

アコム

※:18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

アコムのおすすめポイント
  • 審査・融資スピードに注目
  • 数多くのネット銀行に対応している
  • 増額申請の手続きが複数

ポイント①:審査・融資スピードに注目

アコムは融資までのスピードに注目です。審査結果は最短30分、借入契約も申し込んだ最短1時間には可能というのが特徴です。

さらに、土日祝日も審査・融資を行っているので、急にお金が必要になった時に大変助かります。

 ただし、これらのスピードは「最短」なので、条件や申込者によってはそれ以上の時間がかかってしまうことがあります。

なるべく早く利用したい人は、平日・午前中に申し込むことをおすすめします。

ポイント②:数多くのネット銀行に対応している

自宅や外出先でも借入・返済をしたい場合にはネットバンキングを利用するという選択肢もあります。

アコムはメガバンク以外にも地銀・信用金庫・信用組合などの提携ネットバンキングから利用可能です。

 ネットバンキングであれば、メンテナンス時間などを除けば基本的に24時間・365日好きな時に使えます。

これは「Pay-easy(ペイジー)」というネットワークシステムを利用することで実現しています。

ポイント③:増額申請の手続きが複数

カードローンは契約の段階で「利用限度額」が定められますが、場合によっては「もっと借りる必要がある」というケースもあるでしょう。

アコムでは5つの方法から増額の申請ができるようになっています。

増額申請の方法
  • パソコン・スマホ(インターネット)
  • 電話
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 自動契約機

増額の申し込み方法は会社によって様々ですが、基本的にインターネットやATMからのみとしているケースが一般的です。複数選択肢が選べるのはメリットと言えます。

ちなみにアコムは会員数150万件を超える人気です。
2020年12月末現在・https://www.acom.co.jp/corp/faq/10/参照
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結※
年3.0%~18.0% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短30分 最短1時間 20歳以上69歳以下

出典:https://www.acom.co.jp/

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

バンクイックのおすすめポイント
  • 三菱UFJ銀行の口座開設が必要ない
  • 提携ATMなら手数料0円

ポイント①:提携ATMなら手数料0円

三菱UFJ銀行のATM以外に、コンビニに設置されているATMとも提携しています。返済・借入における提携ATM利用の手数料が0円です。

 提携ATMは全国にあるので、お近くのコンビニを使えば手数料がかかることはありません。

銀行のカードローンは自社ATMの手数料が0円であることが一般的です。しかし、銀行によっては提携ATMの利用手数料が発生するケースもあります。

繰り返し返済をすることが多いカードローンでの提携ATM手数料の有無は、返済額に大きく影響を与えるので要チェックです。

ポイント②:三菱UFJ銀行の口座開設が必要ない

一般的に銀行のカードローンを利用する場合には、同じ銀行の口座を持っている必要があります。そのため、口座を持っていない人は口座を開設しなくてはなりません。

 しかし、バンクイックでは三菱UFJ銀行の口座を開設する必要がありません。
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年1.8%~年14.6% 500万円 可能※お申し込みまで
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短翌日以降 最短翌日以降 20〜65歳未満

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/index.htm

※50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 最短即日で融資が受けられる
  • 電話以外の在籍確認が選べる可能性
  • 公式アプリ「Myモビ」が便利

ポイント①:最短即日で融資が受けられる

審査時間は最短30分となっており、最短即日での借入も可能なのが特徴です。土日祝日でも最短即日借入ができるので、週末に突然の出費にも対応できます。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 ただし、申し込む時間帯には注意が必要です。当日中の融資を希望する際は、できれば午前中に申し込みを完了しておくとよいでしょう。

ポイント②:電話以外の在籍確認が選べる可能性

消費者金融は一般的に在籍確認の方法として「職場への電話連絡」をとります。しかし、SMBCモビットはある一定の条件をクリアすれば、書面での在籍確認がとれるケースがあります。

※審査状況によっては電話での連絡が必要な場合があります。

電話連絡なしの条件
  • Webからの申し込み
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の本人名義の銀行口座がある
  • 社会保険証、組合保険証、船員保険証、国民保険証のいずれかを所持

もし全ての手続きをWebで行えれば契約書類などが発行されることはないので、家族や職場の人にバレにくいという面もありますね。

ポイント③:公式アプリ「Myモビ」が便利

SMBCモビットからは会員だけが利用できるアプリ「Myモビ」が配信されています。次回返済日や借入残高が簡単に確認できるほかに、カードレスでの借入もできます

なお、アプリ利用で借入するためには「セブン銀行ATM」上での操作が必要です。
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年3.0%~18.0% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短30分 最短即日 20~69歳

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAのおすすめポイント
  • 60日or180日間の無利息サービスが選べる
  • 返済日の指定が可能
  • 自動契約機は平日夜・土日も営業

ポイント①:60日or180日間の無利息サービスが選べる

複数の消費者金融で無利息期間を用意していますが、一般的には30日間としています。しかしレイクALSAはなんと60日または180日間から無利息期間を選べます。

無利息期間の種類
  • 180日間無利息:5万円まで利息0円※1(5万円超えの借入もOK)
  • 60日間無利息:利息0円※2(200万円までの借り入れの場合)

自分が融資を受ける金額をみて無利息期間が選べるのがレイクALSAの特徴です。
※1 5万円超え分は通常金利適用
※2 WEB申し込み限定です

ポイント②:返済日の指定が可能

レイクALSAでは、提携ATMを使っての返済であれば返済日を自分で決められるのが特徴です。一般的に返済日は会社ごとに決められている、またはいくつかの日にちから選ぶという仕組みになっています。

 レイクALSAであれば、給料日に合わせて自由に返済日を選択ができるのがメリットです。

人によっては10日が給料日・25日が給料日と異なっているため、自由に日程を選べることは返済しやすさに繋がるでしょう。

ポイント③:自動契約機は平日夜・土日も営業

レイクALSAは、自動契約機であれば22時までやっています。さらに自動契約機は土日祝日でも営業しているので、週末に即日で借り入れたい人でも安心です。

 なおフリーダイヤルから申し込む際は、初めて利用の人のみ24時間受付可能となっているので注意しましょう。
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年4.5%~18.0% 500万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短15秒 最短60分 20〜70歳

出典:http://lakealsa.com/index.asp

アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • 満23歳〜59歳の方向けの商品もある
  • 借入を1本化するプランもあり
  • 公式アプリのスマホATMが便利

ポイント①:満23歳〜59歳の方向けの商品もある

アイフルは上記表に挙げた通り、金利を「年3.0%〜18.0%」としています。

しかし、上限金利・下限金利がキャッシングローンより低く設定された「ファーストプレミアムカードローン」など、複数商品を用意しています。

キャッシングローン ファーストプレミアムカードローン SuLaLi
貸付利息(実質年率) 年3.0%~18.0% 年3.0%〜9.5% 18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円 100万円~800万円 1万円~10万円
使いみち 不問 不問 不問
対象の方
  • 満20歳以上69歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • アイフルのご利用がはじめての方
  • 満23歳以上59歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • 女性向け
  • 満20歳以上の方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
担保・連帯保証人 不要 不要 不要

選択肢が複数あるので、自分の生活様式に合った商品を選べそうですね。

ポイント②:借入を1本化するプランもあり

アイフルは「おまとめMAX」「かりかえMAX」という借入先を1つにまとめる専用プランも選べます。

カードローンのほかにクレジットカードのリボ払いも1つにまとめられるので、返済に関する管理がしやすくなります。

 この商品は総量規制の対象には含まれないので、1本化をにした後の合計借入額が年収の3分の1を超えてもOKです。

ショッパーズアイが2020年4月17日〜20日に行ったカードローンのインターネット調査でアイフルは第1位の人気を獲得しています。
※参照https://www.shoppers-eye.co.jp/release/0522-2/

ポイント③:公式アプリのスマホATMが便利

アイフルは自社の公式アプリ「スマホATM」を配信していて、このアプリを使えばセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMにて、カード不要で借入・返済ができます。

ローンカードを持ちたくない・家族にバレたくないという人は、ぜひスマホアプリでの借入・返済を検討しましょう。
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年3.0%~18.0% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短25分※WEB申込の場合 最短25分※WEB申込の場合 20歳以上69歳以下

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
出典:公式サイト 最短5分でお借入れ可能最短5分でお借入れ可能

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
  • 全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATMは手数料無料!
  • 上限金利は年14.50%
  • 公式アプリで申込可能!三井住友銀行の普通預金口座いらず

ポイント①:全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATMは手数料無料!

三井住友銀行ATM・提携コンビニATMは借り入れ・返済でも手数料0円なのが特徴です。

 また時間外手数料も基本的にかかりません。

何度も利用することが多いカードローンでは嬉しい仕組みです。

ポイント②:上限金利は年14.50%

一般的に消費者金融カードローンにおける金利は上限が年18%になっていることが多いです。

 しかし、三井住友銀行カードローンなら上限金利が年14.5%となっています。

もし年3%以上金利が違うと、総返済額が大きく異なります。10万円を3年間かけて返した場合の返済額を比較表にまとめてみました。

金利(実質年率) 毎月の支払額 支払い総額
年18.0% 3,615円 130,140円
年14.50% 3,442円 123,912円

比較表からも分かる通り、6,000円近くも総返済額に差が生まれてしまうことが分かります。

それだけ金利の高さは返済額に大きく影響することを覚えておきましょう。

ポイント③:24時間WEB申込が可能!

三井住友銀行の口座を持っていなくても24時間いつでもWEB申し込みが可能です。

金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年1.5%〜14.5% 10〜800万円 可能※1
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短翌営業日 最短翌営業日※2 満20歳以上満69歳以下

※1:三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちの方はWEB完結が可能。普通預金口座がない場合でも、本人確認をオンラインでされた場合WEB完結が可能。ただし、ご契約後にローン専用カード等が自宅に郵送されているため、郵送物が困る場合はローン契約機でローン専用カード等を受け取りましょう
※2:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。
出典:https://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • 学生や主婦でも申し込める
  • 楽天ユーザーならよりお得
  • ネットキャッシングも可能

ポイント①:学生や主婦でも申し込める

銀行のカードローン・消費者金融カードローンの中には、学生・主婦の申し込みが不可となっているところもあります。しかし、楽天銀行スーパーローンは20歳以上であれば申し込み可能です。

 公式サイトには「限度額50万円まで希望する専業主婦」「安定した収入がある大学生」であれば申し込み可能とあります。

ポイント②:楽天ユーザーならよりお得

楽天会員の人はランクがアップするごとに色々な特典が受けられるような仕組みになっています。中でもシルバー以上のランクの会員であれば、審査において優遇されます。

公式サイトの文言によります

 もちろん、全ての人が絶対に優遇を受けられるというわけではないので注意してください。

ポイント③:ネットキャッシングも可能

楽天銀行の口座を持っている人なら、原則24時間・365日いつでもネット経由で借入が可能です。パソコンやスマホから申し込むだけなので、自宅にいながらにして手続きできるのが特徴です。

ネットキャッシングならほぼ即時の振り込みが可能です。楽天銀行口座を持っている人と相性が良いサービスと言えます。
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年1.9%~14.5% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短翌日 最短翌日 20〜62歳

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

オリックスVIPローンカード

オリックスVIPローンカード

オリックスVIPローンカードのおすすめポイント
  • ネットからの申し込みで最短即日
  • で融資
  • 借入以外のサービスも充実
  • ジャパンネット銀行ユーザーにおすすめ

ポイント①:借入以外のサービスも充実

オリックスVIPは、借入以外にもオリックス系列店のレンタカーやホテル・レジャー施設での優待割引を受けられるが特徴です。

借入を利用しなくても受けられる特典があるのがメリットですよ。

ポイント②:ネットからの申し込みで最短即日で融資

ネットからの申し込み・契約を選択すれば、最短即日で審査・融資を実現できるのがオリックスVIPの特徴です。

 ただし、審査状況や申し込みの内容によっては最短で対応できない可能性もあるので注意しましょう。

出来れば平日の午前中に申し込みを済まてください。14時までに審査に通過できれば最短即日での借入も可能です。

ポイント③:ジャパンネット銀行ユーザーにおすすめ

ジャパンネット銀行を指定口座に設定出来た場合は、原則24時間・365日好きなタイミングでお金が借りられます。「今すぐお金が必要!」という時に活躍するでしょう。

自宅に居ながらにして利用できるので非常に便利ですね。
金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年1.7~17.8% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短60分 最短即日 20〜69歳

出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vip/

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント
  • ガン保障特約に入れる
  • LINEでも契約内容がチェックできる
  • 提携ATMの手数料が不要

ポイント①:ガン保障特約に入れる

一定の条件をクリアすることで「Bright」というガン保障特約に入れるのが特徴です。ガンと診断された以外にも死亡・高度障害となった時に借入残高の返済が免除されます。

加入条件
  • 借入限度額が100万円以上で契約していること
  • 申し込み時に「Bright」への加入を選んでいること

2020年オリコン顧客満足度「審査対応満足度ランキング」第1位の人気カードローンです。
※参照https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/evaluation-item/screening.html

ポイント②:LINEでも契約内容がチェックできる

オリックス銀行の用意するサイト上で手続きを行えば、LINEで契約に関する情報をチェックできます。

LINEで確認できる情報
  • 借入可能額
  • 次回の返済日と返済額
  • 利用限度額
  • 利用残高
  • 適用金利 など

LINE上で借入や返済といった手続きはできないので、万が一スマホを第三者に操作されてもお金を引出される心配はありません。

ポイント③:提携ATMの手数料が不要

オリックス銀行カードローンでは自社ATM以外の提携ATMからの利用手数料もかからないのがメリットです。

お近くのコンビニで気軽に借入・返済ができるので、使い勝手が良いことが分かります。

金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
年1.7%〜17.8% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申込条件
最短翌営業日 最短翌営業日 20〜69歳

出典:https://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/

カードローン上限金利比較ランキング

※本記事内で紹介したおすすめカードローンの上限金利が低い順に紹介しています。
※情報は2021年8月23日時点のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

1位:楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

おすすめポイント
  • 金利は年1.9%~14.5%(実質年利)
  • 必要書類は楽天銀行アプリから提出できる
  • いつもの銀行口座で利用可能

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

1位:三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

おすすめポイント
  • 金利は年1.5%~14.5%(実質年利)
  • 三井住友銀行の口座がある場合はお手持ちのキャッシュカードで借入できる
  • インターネットで申し込み完了

出典:https://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/

2位:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

おすすめポイント
  • 金利が年1.8%~年14.6%(実質年利)
  • スマホ・パソコンからの申し込みも可能
  • 返済シミュレーションで返済額の試算が可能

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/index.html

3位:オリックスVIPローンカード

VIPローンカード

おすすめポイント
  • 金利は年1.7~17.8%(実質年利)
  • ネット申し込みで最短即日融資可能!
  • オリックス系列店のレンタカーやホテル・レジャー施設での優待割引が受けられる

カードローン下限金利比較ランキング

※本記事内で紹介したおすすめカードローンの下限金利が低い順に紹介しています。
※下限金利が同じ場合は上限金利が低い方を上位としています。
※上限金利も同じ場合は融資スピードが早い方を上位としています。
※情報は2021年8月23日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

1位:オリックスVIPローンカード

オリックスVIPローンカード

おすすめポイント
  • 金利が年1.7%~17.8%(実質年利)
  • 提携ATM・CDが170,000台以上
  • 最短60分で審査結果が分かる

出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vip/

2位:オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

おすすめポイント
  • 金利が年1.7%~17.8%(実質年利)
  • ガン保障特約も選べる
  • 提携ATMの手数料が0円

出典:https://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/

3位:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

おすすめポイント
  • 金利範囲が年1.8%~年14.6%(実質年利)
  • スマホ・パソコンからの申し込みも可能
  • 返済シミュレーションで返済額の試算が可能

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/index.html

おすすめカードローン融資・審査スピードランキング

※本記事内で紹介したおすすめカードローンの融資スピード(各社公式サイト参照)が早い順に紹介しています。
※融資スピードが同じ場合は審査スピード(仮審査含む)が早い方を上位としています。
※融資スピード・審査スピードが同じ場合は上限金利が低い方を上位としています。

※情報は2021年3月20日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

1位:アイフル

アイフル

おすすめポイント
  • 融資スピードは最短25分
  • 審査スピードは最短25分
  • 提携ATMは全国70,000台

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

2位:レイクALSA

レイクALSA

おすすめポイント
  • 融資スピードが最短60分
  • 審査スピードは最短15秒
  • 選べる無利息サービス

出典:http://lakealsa.com/index.asp

2位:プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • 融資スピードが最短30分
  • 審査スピードは最短30分
  • 「瞬フリ」を使えば最短10秒で振り込み可能

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APA00Control

カードローンとは?3つの種類を紹介します

カードローンとは銀行・信販会社・商社金融などからお金を借りる借入サービスの1つです。 あらかじめ契約時に決定しておいた限度額内までであれば、すぐにお金を借入できます。

無担保・無保証人かつ、スムーズに借りれるのが最大の特徴で、コンビニのATMや銀行からお金を引き出したり、自身の口座へ振り込んでもらうことが可能です。

カードローンの種類は大きく分けて以下の3つがあります
カードローンの種類
  • 銀行カードローン
  • 信販会社・クレジット会社のカードローン
  • 消費者金融系カードローン

それぞれの特徴を見ていきましょう。

銀行カードローン

銀行カードローンは都市銀行や地方銀行が借入を行うカードローンです。信販・消費者金融と比べると審査に時間を要するので、すぐに借入できないのがデメリットです。ただし銀行なので、信頼性という意味ではとても高く、安心して利用できるでしょう。

 信販や消費者金融と比べると上限金利が低めに設定されていることが多いので、長期的に借入する場合におすすめです。

信販会社・クレジット会社のカードローン

信販会社のカードローンは信販会社・クレジットカード会社が借入を行うカードローンです。三井住友カードやJCB CARD LOANなどが当てはまります。銀行と消費者金融の中間的な存在で、借入までのスピードもそこそこ早く、金利も低めに設定されている会社が多いです。

信頼度も高くバランスがとれたカードローンなので、長期的に借入したい人におすすめです

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンはアコム・アイフル・レイクALSAなど消費者金融で借入を行うカードローンです。3つの中では最も金利が高いのがデメリットで、日割りで金利計算している会社も多いため、大きな金額を長い期間借入すると、どうしても高額になってしまいます。

ただし融資までのスピードは最も早いので、今すぐ借入したい人におすすめです。

 また「1ヶ月間利息0円サービス」を実施している会社も多いです。短期での借入なら最も安くすむのでおすすめです。

消費者金融のカードローンは独自のサービスを行っているものも多いです、上手に利用しましょう

カードローン4つのメリットとデメリット

カードローンで借入をする場合、メリットとデメリットがあります。まずはメリットから見ていきましょう。

カードローンを利用するメリット

カードローンのメリット
  • 担保なし保証人なしで借入可能
  • 限度額内であれば何度でも利用可能
  • 入会費・年会費が無料
  • 使い道が制限されない

メリット①担保なし保証人なしで借入可能

銀行から融資を受ける場合、不動産や保証人などが必要になります。

しかしカードローンであれば「担保なし・保証人なし」で借入可能です。

今すぐお金が必要だけど、事情があって誰にも相談できない人はカードローンなら利用しやすいですね

メリット②限度額内であれば何度でも利用可能

フリーローンや教育ローンなどの融資を受けた場合、完済するまでは基本的に借りれません。

しかしカードローンであれば、返済途中でお金が必要になった時に新たに借入可能です。

 自身でお金の管理ができない人にとっては、簡単に借入できるのはデメリットとも言えます。そのためにも上限額が決まっており、それ以上借りれないようになっています。何社も利用するような無茶な借入はやめましょう。

メリット③入会費・年会費が無料

クレジットカードのリボ払いは会社によって年会費がかかるものがあります。しかしカードローン専用のサービスであれば、年会費・入会費などは必要なく、余計な諸経費もかかりません

登録していても、借入しない限り費用がかからないのもメリットの1つです

メリット④使い道が制限されない

カードローン以外のローンは利用する目的が「限定」されるものが多いです。

借入時に「何に利用するためのお金か」を書かなければいけないものもあります。その目的以上のお金は借りることができませんし、事業の資金としては利用できないなど条件が設定されているものも多いです。

ただしカードローンがあれば利用目的は限定されません。使い道が制限されないのもメリットです。

※:ただし、カードローンによっては事業性資金としての利用ができない場合もあります。

カードローンを利用するデメリット

では、カードローンを利用するデメリットについて見ていきましょう。

カードローンのデメリット
  • 金利が高い
  • 返済期間が長くなる
  • 他のローンの審査に影響が出る
  • 借り過ぎてしまう可能性がある

デメリット①金利が高い

カードローンを利用するデメリット

カードローンの金利は、借入額や借入限度額によっても異なりますが、住宅ローンや自動車ローンよりも高めに設定されています。

なぜなら、目的別ローンに比べると無担保・無保証人かつ用途も自由という手軽さがあるからです。

 金利が高いと、それだけ返済する利息も増えてしまうので注意が必要です。

手軽に利用できるからといって、すぐにカードローンの利用を利用してしまっては、返済が膨らんでしまうでしょう。

本当にカードローンで借り入れることが最適なのかしっかりと考えて、利用するのがおすすめです。

デメリット②返済期間が長くなる

カードローンは、あらかじめ設定した元金と利息を、毎月返済していく仕組みです。支払い元金の設定額には幅があります。

毎月の返済額を低く設定すれば、返済自体は楽になります。

 しかし、借入残高の減りも遅くなり、完済までの期間が長期化してしまうので注意が必要です。

完済までの期間が長いと、借り入れた元金が減っていくのが遅くなるからです。結果的に、支払い総額が多くなってしまう可能性があります。

無理なく返せる範囲内で、できる限り早く完済できる金額を設定するようにしましょう。

なるべく早く完済できるように計画を立てて利用するのがおすすめです。

余裕のある時に繰り上げ返済を行うなどの方法もありますよ。

デメリット③他のローンの審査に影響が出る

カードローンを利用するデメリット

カードローンを利用している場合、その他のローンの審査に影響をおよぼす可能性があるので注意が必要です。

ローンの審査は、その人が借りたお金をきちんと返せるかどうかを見極めるものです。

 その際にカードローンの利用が分かると、お金に困っているのではないかと判断されてしまう可能性があります。

ただし、ローンの審査はローン会社の考え方による部分も大いため、必ずしも悪影響をおよぼすとは言えません。

しかし、カードローンを利用していることが審査にプラスに働くことはないと思っておきましょう。

近い将来、住宅ローンなどのローンを利用する予定がある方は、できるだけカードローンは利用しないほうが良いかもしれません。

デメリット④借り過ぎてしまう可能性がある

カードローンは借入限度額内であれば何度でも自由に借りれるのはメリットではありますが、活用次第ではデメリットにもなります。

 借り入れているという感覚が鈍ってしまい、必要以上にお金を借りてしまう可能性があるのです。

自由に借りれるとは言えローンであるということを忘れず、計画的に利用していきましょう。

カードローンの審査の基本情報

カードローンの審査の基本情報

カードローンを利用するには必ず審査を通らなければいけません。

審査ってどんな感じなんだろう?通るか不安…
このような悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。ここではカードローンの審査基準を今一度確認していきましょう。

ローンの返済が問題なくできるかどうか

カードローンは借金ですので、必ず返さなくてはいけません。金融機関は申込者に借りたお金を返す力があるかどうかを必ず確認しています。

つまり安定した収入がなければならないということです。
安定した収入があるか確かめるために、金融機関は在籍確認を行います。
 在籍確認とは、申し込み時に記載されている会社に本当に利用者が勤めているかを確認するものです。
在籍確認は会社に電話をかけて行いますが、発信者は個人名を名乗りますので、会社にカードローンを利用していることがバレる可能性は極めて低いです。

※:会社によっては個人名ではなく、会社名を名乗る場合がございます。

個人信用情報の確認

カードローンの審査の基本情報

続いて金融機関は自社以外でもカードローンを利用していないか、クレジットカードの滞納がないかなど、個人の信用情報を確かめます。

クレジットカードの滞納などトラブルを抱えている場合は、カードローンを利用する前にクリアにしておく必要があります。

申込者のプロフィールを確認

金融機関は安定した収入があるかどうかだけでなく、以下のようなプロフィールも確認しています。

審査時にチェックされる項目
  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 年収
  • 家族構成 など

このプロフィールのチェックでどのような審査が行われるかは、各社によって違います。

また、審査には顔写真が確認できる本人確認書類の提出が求められます。申し込んだ借入額が大きい場合は、返済能力を確かめるために収入証明書の提出が求められる場合もあります。

借り入れの際は必ず、自分が返済することができるかを自分でも確認しましょう。金融機関も同様の視点で審査を行なっています。

カードローンの金利を下げる方法5つ

カードローンは、借りた額に対して利子が発生します。利子はお金を貸してくれた相手に対するお礼金のようなもので、カードローンにも利子があります。この利子の割合を「金利」といい、金利が高くなればなるほど返済額が高くなってしまいます

そこでここでは、カードローンの金利を下げる方法を5つ紹介します。

カードローンの金利を下げる方法
  • 利用限度額を増額する
  • 複数のカードローンを1本にまとめる「おまとめ」をする
  • 低金利のカードローンに「借り換え」をする
  • 無利息のサービスを利用する
  • 再審査をお願いする

利用限度額を増額する

一般的にカードローンの金利は、限度額が上がれば上がるほど低くなるように設定されています。

逆説的な考え方になりますが、利用限度額が低い場合は上限額を上げてもらい金利を下げるのも1つの方法です。

 利用限度額を上げてもらうには審査が必要になります。最初の借入時より収入が増えていたり、返済をきっちりしている人ならば増減可能です。

複数のカードローンを1本にまとめる「おまとめ」をする

既に複数の借り入れ先からカードローンを組んでいる場合、1本にまとめるのがオススメです。これを『おまとめ』といいます。

複数の会社から小額のローンを組んでしまうと金利が高くなってしまうので、低金利の返済先1本にまとめてしまいます。こうすることで金利に悩まされることもなくなります。

低金利のカードローンに「借り換え」

新しい会社でカードローンを組み、そのお金で今契約している会社のローンを返済をすることを「借り換え」といいます。 金利の高い会社で借入しているのなら、一旦低金利のカードローンで支払いを行いましょう。

借り換えをすることで、長期的に見ると安く済む場合があります。

無利息のサービスを利用する

一部消費者金融では期間限定で無利息にしているサービスもあります。例えばプロミス・アイフルなどの消費者金融では30日間の無利息サービスを実施しています。短期間での借入なら、消費者金融でカードローンを組むとよいでしょう。

 ただし消費者金融の金利は銀行に比べて高めに設定されています。早めの返済がポイントになります。

再審査をお願いする

初めて利用する会社で金利を下げてもらうのは難しいですが、何度も利用している会社で、返済もしっかり済ませているのなら、再審査の交渉がうまくいくケースもあります。

一般的には1年以上利用している方であれば、再審査の対象となると言われています。

逆にどうしても返済できない時も金利を下げてもらえる場合があります。これは、破産などで元金の回収ができなくなるといった状況を避けるための、救済措置の一つです。

おすすめのカードローンに関するよくある質問

おすすめのカードローンは?
おすすめのカードローンは、プロミスです。プロミスの審査スピードは最短30分で、最短30分での融資が可能となっています。金利は、年4.5%~17.8%で、利用限度額は500万円までです。申し込み条件は18歳~69歳までの人で、申し込みはWEB完結することもできます。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
カードローンの審査は厳しい?
カードローン会社によって審査の基準は違います。また、どんなカードローン会社も審査の内容は公表していません。そのため、どんな内容が審査されていて、どんな基準で判断しているかはわからないのです。一般的にチェックされているといわれているのは、「信用情報」「過去の滞納記録」「返済能力」です。
カードローンは借り換えることができる?
借り換え可能な会社もあります。借り換えの際に注意したいのは、金利が上がってしまわないかという点です。一般的に、金利を下げたくて借り換えることが多いのですが、中には借り換えた結果さまざまな理由により金利が上がる人がいますので、注意してください。
即日融資してくれるカードローンはある?
即日融資が可能なカードローン会社はあります。ただし、かならずしも即日融資してくれるわけではありませんので注意してください。即日融資が可能なカードローンとしては、「プロミス」「SMBCモビット」「アコム」「アイフル」「レイクALSA」などがあげられます。
おまとめローンってなに?
おまとめローンは、複数社にわたるカードローンを1本にまとめることです。複数社にわたるカードローン返済をしている人が、1本にまとめることによって金利が安くなったり、返済にかかる手間を省くことができるのがメリットです。
専業主婦でもカードローンは使える?
残念ながら、専業主婦はカードローンは使えません。カードローンの申し込み条件として、安定かつ継続した収入があることを条件にしている会社がほとんどです。そのため、仕事をしていない専業主婦は申し込むことができません。主婦でも、パートやアルバイトをしている人であれば可能です。
カードローンで気を付けることは?
カードローンを契約する際に気を付けることは、借り過ぎないことです。また、借りる際は計画的に借りることも大切でしょう。借りている間は、金利を払い続けていくことになりますので、気づけば多くの金利を払っていた、金利が負担になってなかなか返し終わらないといった事態になる可能性もあります。

まとめ

カードローン利用でおすすめしたい会社を紹介しました。どの会社も独自の強みや魅力を持っています。各社の金利や特徴を比較し、自分にピッタリなサービスを見つけることが重要です。

もしカードローン選びで迷ったら、本記事で紹介したおすすめ商品やランキングを参考にしてみてください。申し込む前には、しっかり返済計画を立てて借入しましょう。

カードローン関連記事

この記事もおすすめ

おすすめの記事