みずほ銀行カードローンとは?返済額や審査、増額方法も詳しく解説

今は消費者金融だけでなく、銀行のカードローンを利用する人も増えつつあります。提携ATMから簡単に返済手続きができる手軽さも、人気の理由の一つではないでしょうか。

みずほ銀行のカードローンでは事前に返済シミュレーションもできるため、月々の返済額に不安を感じている人も無理のない返済計画を立てて安全に借り入れができるでしょう。

そこで今回は、みずほ銀行カードローンついて金利審査難易度返済方法などを詳しく解説していきます。

申し込み方法や必要書類も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンとは

みずほ銀行カードローン

申込条件 契約時に満20歳以上満66歳未満で、継続して安定した収入を得られることが見込める人
金利(実質年率) 2.0%~14.0%
利用限度額 10万円~800万円
審査スピード 最短翌営業日以降
融資スピード 最短翌営業日以降
WEB完結 可能

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html

申し込み対象者の条件

みずほ銀行カードローンを申し込みできる人の条件には、下記が定められています。

申し込み条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した収入が継続してある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

外国人の方は、永住許可を受けていることが条件です。また、カードローンの利用にはみずほ銀行の普通預金口座を持っている必要があるため、みずほ銀行に口座を持っていない場合は審査完了後に開設しましょう。

金利について

みずほ銀行カードローンとは

金利は実質年率2.0%~14.0%です。なお、適用金利は利用限度額により異なります。

下記表に利用限度額と金利をまとめているため、契約を検討する際の材料として参考にしてみてください。

利用限度額 基準金利
10万円以上100万円未満 実質年率14.0%
100万円以上200万円未満 実質年率12.0%
200万円以上300万円未満 実質年率9.0%
300万円以上400万円未満 実質年率7.0%
400万円以上500万円未満 実質年率6.0%
500万円以上600万円未満 実質年率5.0%
600万円以上800万円未満 実質年率4.5%
800万円 実質年率2.0%

金利特典について

みずほ銀行の住宅ローンも利用している場合、基準金利から実質年率0.5%を引き下げる特典を用意しています。

 本カードローンの契約店で、住宅ローンを利用している場合に限ります。

特典が適用された場合の金利は、下記の表にてご確認ください。

利用限度額 金利
10万円以上100万円未満 実質年率13.5%
100万円以上200万円未満 実質年率11.5%
200万円以上300万円未満 実質年率8.5%
300万円以上400万円未満 実質年率6.5%
400万円以上500万円未満 実質年率5.5%
500万円以上600万円未満 実質年率4.5%
600万円以上800万円未満 実質年率4.0%
800万円 実質年率1.5%

みずほ銀行カードローンの審査

書類

カードローンを利用するにあたり、必ず所定の審査が実施されます

審査難易度が気になる人も多いかもしれませんが、一般的に審査基準は公表されていないため、残念ながら判断することはできません。

しかし、申し込み対象となる条件から、ある程度のラインを見極めることができます。改めて、申し込み条件は下記です。

申し込み条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した収入が継続してある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

雇用形態については特に記載されていないため、アルバイトやパートの人も申し込み対象者に含まれます。よって、審査難易度は厳しいものではないという見方もできるでしょう。

 あくまで申し込み条件をもとにした推測に過ぎません。検討する際の目安として参考程度に留めておきましょう。

みずほ銀行カードローンの審査期間

カレンダー

審査に要する期間については、申し込み方法によって異なります。下記が各申し込み方法の審査期間です。

申し込み方法 審査期間
インターネット 翌営業日以降
店頭 翌々営業日以降
郵送 申込書到着後、翌々営業日以降
電話 申込受付後、翌々営業日以降

上記から、最も審査期間が短いのはインターネットからの申し込みだと分かります。

審査の混雑状況や申し込み情報により変動する場合があるで、あくまで目安として把握しておいてください。

問い合わせ先

みずほ銀行カードローンの商品内容や借入残高などは、以下に示すカードローン専用ダイヤルにて確認できます。ただし、審査状況については確認できないため、ご注意ください。

電話番号 0120-324-555
受付時間 平日9:00~20:00

※12月31日~1月3日、祝日・振替休日は休み

審査に落ちる原因

男性

みずほ銀行カードローンでは審査基準が公表されていないため、審査に落ちてしまった際の正確な理由を知ることはできません。しかし、一般的には審査落ちをする原因として、下記のような内容が考えられます。

審査落ちの原因
  1. 収入が安定していない
  2. 過去に金融事故を起こしている
  3. 他社からの借り入れが多い

①収入が安定していない

収入が安定していなければ、審査で返済能力が乏しいと判断される可能性が高いため、審査落ちとなる場合があります。

毎月しっかりと安定した収入を確保していることが重要であることを理解しておきましょう。

いくら年収が高くても、収入がゼロの月があれば決して安定しているとは言えませんね。

②過去に金融事故を起こしている

お金

自己破産や個人再生などの債務整理をしたことがある場合、金融事故情報として個人信用情報機関に登録されてしまいます。

カードローンの審査時には、個人信用情報機関に問い合わせて申込者の情報を調査するため、事故情報があると審査に通過することは難しいでしょう。

なお、個人信用情報機関に登録されると、カードローンの審査に限らず一定期間はクレジットカードの作成などもできなくなります。

③他社からの借り入れが多い

他社からの借り入れが多い人も要注意です。多重債務の状態となっていると、他者への返済に追われて返済が滞るのではないかと判断されてしまうかもしれません。

 他社からの借り入れが多ければお金に困っている人物と認識され、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

したがって、申し込みをする際は他社からの借り入れはできるだけ減らしておく方が望ましいでしょう。完済できる場合は、申し込み前に完済しておくことがおすすめです。

みずほ銀行カードローンへの申し込み方法

ペン

みずほ銀行カードローンへの申し込みには、下記のような方法があります。

申し込み方法
  1. パソコン
  2. スマートフォン
  3. 郵送(メールオーダー)
  4. 電話
  5. 店舗

①パソコン・スマートフォン

パソコン・スマートフォンからの申し込みは、24時間受け付けています

 みずほ銀行の口座を持っているか否かを選択し、申し込みフォームに必要項目を入力して送信れば簡単に手続きが可能です。

申し込みフォームに必要な情報を入力するだけで手続きが進められるため、都合の良いタイミングで申し込みをしてみてください。

スマートフォンから、みずほ銀行公式サイトのQRコードを読み取って手続きを進めることもできますよ。

②郵送(メールオーダー)

封筒

みずほ銀行に備え付けのメールオーダーにより、郵送で申し込みをする方法です。メールオーダーによる郵送申し込みには、下記の書類を同封してください。

メールオーダーに同封するもの
  • カードローン申込書
  • 本人確認書類のコピー
  • 本人の年収を確認できる書類のコピー

近くに店舗がある場合やパソコン操作が苦手な人は、ぜひ郵送での申し込みも検討してみてはいかがでしょうか。

③電話

電話での申し込みは、下記の専用ダイヤルに連絡して手続きを進めましょう。

電話番号 0120-324-555
受付時間 平日9:00~20:00
12月31日から1月3日・祝日・振替休日は利用できないため、ご注意ください。

 

携帯電話からも利用できますよ。

④店舗

みずほ銀行カードローンへの申し込み方法

最寄りのみずほ銀行でも申し込みができます。店舗で申し込む際は、下記を忘れずに持参しましょう。

持参するもの
  • 印鑑
  • 本人確認書類のコピー
  • 本人の年収を確認できる書類のコピー

店舗の位置は公式サイトにて簡単に検索できるため、近くにあるかを調べてみてください。

申し込み時の必要書類

申し込みの際は、本人確認書類が必要です。場合によっては収入証明書類の提出も求められるため、ここで有効な書類を確認しておきましょう。

本人確認書類

記入

本人確認書類として有効なものは、下記の書類です。

有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(写真および住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

氏名・住所・生年月日が記載されているもののみ有効です。外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類を提出してください。

収入証明書類

希望する利用限度額が50万円以上の場合は、本人の年収を確認できる書類が必要です。有効な収入証明書類には、下記のようなものがあります。

有効な収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1、その2)

個人事業主・会社経営者の方は、住民税決定通知書・課税証明書・納税証明書のいずれかに限られるためご注意ください。

みずほ銀行カードローンの返済額

画像

毎月の返済額は、前月10日の利用残高に応じて決められます。

2012年7月31日以降に契約の締結または変更を行い、かつ利用限度額が200万円以上の場合と、それに該当しない場合とで返済額は異なります。

該当日以降に契約の締結または変更をし、利用限度額が200万円以上の場合

※2012年7月31日

前月10日の利用残高 毎月の返済額
2,000円未満 前月10日現在のご利用残高
2,000円以上20万円以下 2,000円
20万円超40万円以下 4,000円
40万円超 ご利用残高が20万円増すごとに2,000円を追加

上記に該当しない場合

前月10日の利用残高 毎月の返済額
2,000円未満 前月10日現在のご利用残高
2,000円以上10万円以下 2,000千円
10万円超20万円以下 4,000千円
20万円超 ご利用残高が10万円増すごとに2,000円を追加

返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンの返済額

みずほ銀行カードローンの公式ホームページには、下記をシミュレーションできる機能が用意されています。

シミュレーションできる内容
  • 返済金額
  • 返済期間
  • 返済回数

必須項目に数字を入力するだけで自動で月々の返済額を計算してくれるため、手軽に返済計画を立てることが可能です。

 シミュレーションでの試算はあくまで参考値になるため、実際の借り入れ時と結果が異なる場合があります。

シミュレーション結果はあくまでも目安ですが、完済までの流れを把握するためにもぜひご活用ください。

みずほ銀行カードローンの借入・増額方法

借入をする際は、下記の方法があります。

借入方法
  1. みずほダイレクト
  2. 提携ATM

①みずほダイレクト

パソコン

みずほダイレクトでは、下記が利用可能です。

みずほダイレクトで利用できる方法
  • インターネットバンキング
  • モバイルバンキング
  • テレホンバンキング

みずほダイレクトのアプリをダウンロードすれば、ログインの手間をかけずに簡単に残高の確認や銀行手続きなどが可能です。

アプリはiPhone・Androidともに無料でダウンロード可能なため、ぜひご活用ください。

パソコンやスマートフォン、さらには固定電話などから24時間借り入れができます。

②提携ATM

画像

身近にある提携ATMにて、手軽に借り入れができます。利用できる主な提携ATMは下記の通りです。

利用できる提携ATM
  • みずほ銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM

 

各提携ATMで利用可能時間が異なりますので、事前に確認し把握しておきましょう。

増額方法

みずほ銀行カードローンでは、カードローンに再申し込みをすることによって利用額の増額が可能です。

再申し込みはパソコン・スマートフォンのほか、下記のみずほ銀行カードローン専用ダイヤルや最寄りのみずほ銀行店頭での申し込みも可能です。

電話番号 0120-324-555
受付時間 平日9:00~20:00

12月31日から1月3日・祝日・振替休日は利用できないため、ご注意ください。

みずほ銀行カードローンの返済方法

コイン

みずほ銀行カードローンの返済方法は下記の通りです。

番号リスト
  1. 自動引き落とし
  2. 提携ATMでの任意返済
  3. みずほダイレクトでの任意返済
  4. 一括返済

①自動引き落とし

前月10日現在の利用残高に応じて、毎月10日に残高スライド方式によって返済用普通預金口座から引き落としされます

なお、引き落としは返済日当日の夜間に実施されます。したがって、毎月返済日の前日までには口座に入金しておいてください。

※ 銀行休業日の場合は翌営業日

②提携ATMでの任意返済

画像

都合に合わせて、提携ATMにて随時返済できる方法です。返済できる主な提携ATMは、下記があります。

返済に利用できる主な提携ATM
  • みずほ銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM

③みずほダイレクトでの任意返済

パソコンまたはスマートフォン、固定電話等からでも返済が可能です。以下の時間帯はサービスの利用ができないためご注意ください。

テレホンバンキングが利用できない時間帯
  • 土曜日 22時~翌日曜日8時
  • 第1・4土曜日 3時~5時
  • 23時50分~翌00時10分

④一括返済

お金

残高の一括返済は、みずほ銀行の店頭で手続きを行うことができます。取引店以外のみずほ銀行でも対応可能なため、最寄りのみずほ銀行にて申し出ましょう。

なお、インターネット支店を利用している人は、みずほダイレクトヘルプデスクへご連絡ください。

※0121-3242-99[5]/平日9:00~17:00

返済に遅れた場合

返済期日に遅れた場合は、入金が確認されるまでカードローンの利用ができませんまた、返済遅延損害金として実質年率19.9%の金利がかかります。

 銀行休業日の場合は、翌営業日の夜間に引き落としとなるためご注意ください。

返済期日に遅れることがないよう、余裕を持ってお金を準備しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの自動融資サービス

コイン

みずほ銀行では、普通預金口座の残高が不足していて引き落としができない時、カードローン口座から自動で入金され「自動融資サービス」提供しています。

利用限度額内での利用に限りますが、入金漏れによる支払い遅れを防止できるため便利ですね。

まとめ

この記事では、みずほ銀行カードローンの返済額返済方法増額方法などを解説しました。みずほ銀行カードローンには借り入れや返済も方法が複数あり、使い勝手が良さが特徴です。

審査基準は公表されていないため、審査の難易度は分かりません。しかし、申し込み条件を見る限りでは雇用形態に制限がないことからも、比較的幅広い人をターゲットにしているという見方も可能です。

申し込む際は、審査に落ちる原因として考えられるものを把握し、少しでも良い印象を与えられるようにしましょう。

借入方法・返済方法にも複数の手段が用意されているため、ぜひみずほ銀行カードローンのカードローンを検討してみてください。

カードローン関連記事

この記事もおすすめ

おすすめの記事