三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、実質年率1.5%〜14.5%のカードローンです。

国内有数のメガバンクが提供するカードローンのためサポート体制が充実しており、初めてお金を借りる方でも安心して利用できるでしょう。

本記事では、三井住友銀行カードローンに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 基本情報と特徴
  • 申込方法
  • 審査難易度
  • 金利
  • 返済方法
  • アプリ

月々の返済額を確認する方法やシミュレーション機能なども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友銀行カードローンの基本情報!気になる金利は?

三井住友銀行カードローン

申込条件 申込時に満20歳以上満69歳以下で、継続して安定した収入を得られることが見込める人
利用限度額 10〜800万円
金利(実質年率) 1.5%~14.5%
WEB完結 可能※1
審査スピード 最短翌営業日以降※2
融資スピード 最短翌営業日以降※2

出典:https://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/
※1:三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちの方はWEB完結が可能。普通預金口座がない場合でも、本人確認をオンラインでされた場合WEB完結が可能。ただし、ご契約後にローン専用カード等が自宅に郵送されるため、郵送物が困る場合はローン契約機でローン専用カード等を受け取りましょう。
※2:申込完了後の確認事項や本人確書類の提出状況によって異なる場合がございます。

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの主な特徴
  • 三井住友銀行の普通預金口座がなくても申し込み可能
  • 普通預金口座があれば、フォームへの入力が少なく済むため申し込みが楽
  • お手持ちのキャッシュカードで借り入れできる

口座がなければ申し込みできない商品もありますが、口座不要で申し込み手続きができる点は大きなメリットだと言えるでしょう。

なお、口座を既に持っている場合は、申し込みフォームへの入力内容が少なく済むため、よりスムーズに手続きを進められます。

キャッシュカードがあればローンカードを発行しなくても良いため、わざわざ持ち運ぶ必要がありませんね。
※:三井住友銀行の普通預金口座が無くてもカードローンご利用時には、「カードローン口座」が開設されます。

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの基本情報!気になる金利は?

三井住友銀行カードローンの金利は、実質年率1.5%~14.5%です。金利は契約限度額により適用される値が異なります。

契約極度額 お借入利率(変動金利型)
100万円以下 実質年率12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 実質年率10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 実質年率8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 実質年率7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 実質年率6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 実質年率5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 実質年率4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 実質年率1.5%~4.5%

金利は金融情勢により変動しますので、随時チェックしておきましょう。

三井住友銀行カードローンに申し込みできる人の条件

申し込み条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられる方

※SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

カードローンの審査に通過する第一歩は申し込み条件をクリアすることです。安定した収入や年齢はほとんど全てのカードローンで課せられている条件なので、しっかりと把握しておきましょう。

三井住友銀行カードローンのアプリ

三井住友銀行カードローンの基本情報!気になる金利は?

カードローンの契約後に三井住友銀行のカードローンアプリをダウンロードすると、いつでも簡単に借り入れ状況を確認できます。

次回の返済期日も確認できるため、返済日の勘違いや支払い忘れなどを防ぐことができるでしょう。

アプリ上で返済シミュレーションも行えます。お金の管理がよりスムーズに行えるようになるでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査難易度

三井住友銀行カードローンの審査難易度

気になる審査難易度については、残念ながら一般的に公表されていないため分かりません。しかし、ある程度の基準は申し込み条件から推測できます。

申し込み対象者となる条件
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられる方

※SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

繰り返しになりますが、上記申し込み条件をクリアしなければ三井住友銀行カードローンの審査に通過することは原則不可能です。

申し込み条件には、特に雇用形態についての記載がありません。つまり、年齢を満たし安定した収入があれば、アルバイトやパートといった人も対象となることを意味します。

お借り入れ10秒診断の活用

三井住友銀行カードローンの審査難易度

公式ホームページにて、事前に申し込み可能かを診断できる「お借り入れ10秒診断」が設置されています。

年齢と年収、他社からのカードローン借り入れ金額を入力するだけで簡易審査が受けられます。現状を知るためにもご活用ください。

 診断結果はあくまで検討される際の目安です。実際の審査結果と異なる場合は当然あると理解しておきましょう。

審査に要する時間や結果通知方法

審査時間は最短翌営業日です。基本的に審査結果は電話で通知されますが、インターネット環境から申し込みをした場合はメールでの案内も可能です。

審査内容については答えてくれないため、三井住友銀行に問い合わせをすることはやめましょう。
※:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。

三井住友銀行カードローンの返済日・返済額

利用するカードローンによって、返済日や毎月必ず返済しなければいけない金額が異なります。

毎月の最低返済額は返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が変わるため、スムーズな返済を行う上では知っておくべき情報です。

返済日

三井住友銀行カードローンの返済日・返済額

選べる4つの返済日
  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月月末

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は、返済日を4つから自由に選択できる点です。給料日などお金が入るタイミングに近い返済日を設定すれば、滞りなく返済できるでしょう。

なお返済日以外にも追加の返済は可能となっています。余裕がある月はいつもより多く返済することも頭に入れておきましょう。

毎月の最低返済額

毎月の返済額は、約定返済時における当座貸越元金額により決められています。下記表に参考として1円~100万円までの約定返済額をまとめていますので、事前に確認しておきましょう。

約定返済時における
当座貸越元金額
約定返済
金額
1円~1,999円 約定返済時における借入残高全額(2,000円を上限)
2,000円~100,000円 2,000円
100,001円~200,000円 4,000円
200,001円~300,000円 6,000円
300,001円~400,000円 8,000円
400,001円~500,000円 10,000円
500,001円~600,000円 11,000円
600,001円~700,000円 12,000円
700,001円~800,000円 13,000円
800,001円~900,000円 14,000円
900,001円~1,000,000円 15,000円

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション機能

返済シミュレーション機能を利用すれば、毎月に返済状況をより具体的に確認できます。三井住友銀行カードローンでは、下記3つのシミュレーションが可能です。

シミュレーションでわかる主な内容
  • 毎月の返済額
  • 返済期間
  • 返済総額

きちんとシミュレーションをすることで、無理な借り入れをせず計画的な利用につながるので、マメに実施しましょう。それぞれのシミュレーションに必要な情報について説明していきます。

毎月の返済額

返済シミュレーション機能では何ができるの?

毎月の返済額をシミュレーションする際は、下記項目を入力してください。

入力項目
  • 借り入れ金額
  • 返済月数
  • 借り入れ金利(実質年率)

返済月数は120ヶ月以内に設定しましょう。なお、上限金利は借り入れ金額および残高に応じて自動で設定されます。

返済期間

返済シミュレーション機能では何ができるの?

返済期間をシミュレーションする際は、下記項目を入力してください。

入力項目
  • 借り入れ金額
  • 毎月返済額
  • 借り入れ金利(実質年率)

毎月の返済額と金利は、借り入れ金額および残高に応じて自動で設定されます。なお、返済時の利息金額以上の金額はいつでも追加で返済可能です。

返済総額

返済シミュレーション機能では何ができるの?

返済総額をシミュレーションする際は、下記項目を入力してください。

入力項目
  • 返済日
  • 残高
  • 借り入れ金利(実質年率)
  • 初回貸付日・前回入金日

上限金利は、借り入れ金額および残高に応じて自動で設定されます。返済総額を把握し、無理のない返済計画を立てましょう。

三井住友銀行カードローンの申し込み方法

申し込み方法
  • パソコン・スマートフォン
  • ローン契約機
  • 電話

三井住友銀行カードローンの申し込み方法には上記3つがあります。それぞれどんな流れで申し込みできるのか順番にチェックしていきましょう。

パソコン・スマートフォン

三井住友銀行カードローンの申し込み方法

24時間いつでもWEBにて申し込み可能です。そのため、日中は忙しく申し込みの時間を確保しにくい人でも、夜の空き時間などで手続きが進められます。

 申し込み書類は、WEB上でアップロード可能です。

わざわざ銀行店舗へ来店する必要がないため、ネット環境さえあればいつでもどこでも申し込み手続き可能です。

ローン契約機

三井住友銀行カードローンの申し込み方法

三井住友銀行内に設置されているローン契約機にて、申し込みからカードの受け取りまでを行えます。

ローン契約機の設置場所は公式ホームページにて検索可能です。近くにある場合は利用してみるのも良いでしょう。

電話

ネット操作が苦手な人や、近くにローン契約機がない人におすすめの方法です。電話にてオペレーターから申し込みに必要な情報を質問され、質問に答えるだけで手続きが進みます。

三井住友銀行カードローンプラザ 0120-923-923
受付時間 9:00~21:00

※12月31日~1月3日は休業。

三井住友銀行カードローンに申し込む際に必要な書類とは?

申し込む際に必要な書類とは?

申し込みにあたり必須なのは本人確認書類が必要です。また融資を受ける金額によっては、収入証明書類が必要な場合もあります。

本人確認書類

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

パスポートは、2020年2月4日以降に申請されたものは所持人記入欄がありません。現住所が記載されている本人確認書類等をあわせて提出しましょう。

上記以外の各種健康保険証等については、カードローンプラザまで問い合わせして確認しましょう。

※0120-923-923/受付時間:毎日9:00~21:00(12月31日~1月3日は除く)

収入証明書類

収入証明書類(一例)
  • 源泉徴収票
  • 税額通知表
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

公式ページには、50万円を超える融資を希望する場合には収入証明書を用意してくださいと記載されています。

 

収入証明書は急に用意できないことも多いので、カードローンの審査を受ける場合は事前に用意しておくのが望ましいでしょう。

三井住友銀行カードローンの借り入れ方法

借り入れ方法
  • 提携ATM
  • SMBCダイレクト
  • 自動融資(バックアップ)

借入方法によっては、利用しづらい可能性もあります。カードローンを利用する際には、借入方法をしっかりと確認しておきましょう。

提携ATM

三井住友銀行カードローンの借り入れ方法

利用できる提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM

コンビニなど身近な場所に設置されているため、非常に利用しやすいでしょう。三井住友銀行ATM・提携コンビニATMでは、手数料無料で利用できます。

SMBCダイレクト

SMBCダイレクトは、残高照会や振込などの取引がアプリやWebで利用できるサービスです。SMBCダイレクト(インターネットバンキング)で借入(指定口座へ振込)をする場合は、電話もしくはローン契約機での申し込みが必要です。

SMBCダイレクトの使い方
  • カードローンのみ契約している方
    …店番号・口座番号あるいは契約者番号(マイページから確認)と、ログイン暗証を用意
  • 三井住友銀行の普通口座を持っている方
    …通帳の店番号・口座番号あるいは契約者番号と、ログイン暗証を用意

 

自動融資(バックアップ)

返済用預金口座の残高不足により、引き落としができない場合に不足額をカードローン口座から自動融資する方法です。

 自動融資機能のご利用のお手続きは、カードローンプラザまでご連絡ください。
0120-923-923 営業時間 9:00~21:00(12月31日~1月3日を除く土日・祝日も受付可能)
自動融資の対象外となるもの
  • 毎月のカードローン返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等の預金間の振替
  • 投信自動積立による自動引き落とし

自動融資の対象外となる場合もあります。利用する場合は事前にしっかりと把握しておくのが望ましいです。

三井住友銀行カードローンの返済方法

返済方法
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 口座振替

返済方法が多いカードローンはそれだけ柔軟に返済できます。以下、三井住友銀行カードローンの返済方法を紹介します。

三井住友銀行カードローンの提携ATM

三井住友銀行カードローンの返済方法

身近にある提携ATMにて返済可能です。利用できる提携ATMは下記になります。

返済に利用できるATM
  • 三井住友銀行本支店ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

ゆうちょATMは、キャッシュカードでは返済できません。ゆうちょATM経由で返済を考えている方は要チェックです。

インターネット

SMBCダイレクトを利用している人に限り、インターネットバンキングにてカードローン口座へ振り込みによる返済ができます。

 振り込みにかかる手数料は利用者の負担となるためご注意ください。

口座振替

口座振替を設定しておけば、毎月決められた日付自動的に口座から返済されます。口座にお金を準備しておけば、返済を忘れるリスクがないメリットがあります。

 指定の返済期日までにカードローン口座に入金がなければ、返済用預金口座から借入残高に応じた約定返済金額を自動引き落としで返済となります。

返済用預金口座の残高が約定返済金額未満の場合は、その残高を引き落としとなります。引き落としの金額が利息未満の場合は、追加での借り入れができなくなるため注意しましょう。

三井住友銀行カードローンの返済に遅れたらどうする?

返済期日を過ぎてしまった場合は、カードローン口座に入金日までの利息額以上を入金してください。口座残高が利息以下の場合には、追加の借入ができなくなってしまうので要注意です。

 返済を遅延した場合、借入残高に対して実質年率19.94%の遅延損害金がかかります。

返済はなるべく滞らないように計画的な返済スケジュールを組むように心がけましょう。

返済額の確認方法

返済に遅れたらどうする?

返済額を確認する際は、「SMBCダイレクト」から問い合わせましょう。その際、ローン専用カードまたはキャッシュカードを手元に用意してください。

下記の問い合わせ先でも返済額は確認可能です。

カードローン契約後の問い合わせ(平日9:00~18:00) 0120-923-923
計画的な返済に関する相談(平日9:00~17:00) 0120-200-442

※12月31日~1月3日は除きます

三井住友銀行カードローンに関するよくある質問

三井住友銀行カードローンとは?
三井住友銀行カードローンは、申込時に満20歳以上満69歳以下で、継続して安定した収入を得られることが認められる人が条件となっています。金利は、年1.5%~14.5%で、利用限度額は10〜800万です。WEB完結が可能となっており、最短即日営業日※1以降の融資が可能となっています。

※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。
※2:三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちの方はWEB完結が可能。普通預金口座がない場合でも、本人確認をオンラインでされた場合WEB完結が可能。ただし、ご契約後にローン専用カード等が自宅に郵送されるため、郵送物が困る場合はローン契約機でローン専用カード等を受け取りましょう。

三井住友銀行カードローンの審査は厳しい?
三井住友銀行カードローンに限らず、カードローンの審査の内容は公表されていません。そのため、厳しいかどうかは申し込みをしてみないとわからないのです。一般的にチェックされているのは「信用情報」「過去の滞納記録」「返済能力」といわれています。
三井住友銀行カードローンの返済額は?
返済額については、各契約ごとに異なってきますので、一概にいくらとはいえません。返済方法は、「ATM」「インターネット」「口座振替」が選べます。返済日は「5日」「15日」「25日」「月末」の4つから選べます。
三井住友銀行カードローンで増額できる?
利用限度額の範囲でなら、審査に通れば増額することは可能です。三井住友銀行カードローンで増額するには、「ローン契約機で申請」「インビテーションにて申請」「自分から連絡して申請」の3つの方法があります。
三井住友銀行カードローンの金利は?
金利は、年1.5%~14.5%となっています。利用限度額は10〜800万です。銀行カードローンの場合は、消費者金融よりも上限金利が低く、利用可能限度額も銀行ならではです。
三井住友銀行カードローンのアプリは使いやすい?
三井住友銀行カードローンにはアプリがあり、便利な機能がたくさんついています。アプリを使ってカードローンの申し込みができます。そのほか、返済期間や返済額などの返済シュミレーションも利用することが可能です。
三井住友銀行カードローンを解約するときは?

三井住友銀行カードローンを解約したいときは、「三井住友銀行カードローンプラザ」に電話または近くの支店に来店する必要があります。「キャッシュカード」「本人確認書類」が必要になります。近くの支店に提出するか、お電話での解約は郵送で送付する必要がありますので、用意しておきましょう。

まとめ

この記事では、三井住友銀行カードローンについて解説しました。申し込みや借り入れ・返済方法が複数から選択できるため、ライフスタイルに合わせやすい点は大きな特徴です。

返済遅れを防止するために、事前に計画が立てやすくなるシミュレーション機能も提供しています。返済額や返済期間等を簡単に試算できるので、効率的な返済のために積極的に活用しましょう。

カードローンを検討している方は、返済日が柔軟に選べる三井住友銀行カードローンをぜひチョイスしてくださいね。

おすすめの記事