カードローン おまとめローン

カードローンは、手軽に現金を借り入れできる便利なサービスです。しかし、複数から借り入れしていると管理が難しくなり、返済漏れに繋がる可能性があります。

管理を楽にしたい方は、一つにまとめることが得策でしょう。複数のカードローンをまとめると、管理が楽になるだけではなく嬉しいメリットもあります。

そこで今回は、カードローンをまとめる方法やおすすめのおまとめローンをはじめ、メリット・デメリットや審査について紹介します。

カードローンの管理に悩んでいる人や返済に困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのおまとめローン

まずはおすすめのおまとめローンをピックアップし、特徴について解説していきます。

プロミス

プロミス

申込条件 年齢20歳以上65歳以下のご本人に安定した収入のある方
利用限度額 300万円
金利(実質年率) 6.3%~17.8%
遅延利率(実質年率) 20.0%
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済に限る
担保・保証人 不要

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD67Control/APD67008

特徴1:返済日の選択肢が複数

カレンダー

プロミスのおまとめローンでは、返済日を下記から選択できます。

返済日
  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

利用者の都合に合わせて選びやすい点は、契約するうえでのメリットといえるでしょう。

 三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょ・PayPay銀行以外の金融機関から口座振替で返済する場合、返済日は毎月5日になります。

特徴2:主婦や学生でも申し込み可能

申し込み可能な人の条件として、下記が定められています。

申し込みの条件
  • 年齢が20歳以上65歳以下であること
  • 本人に安定した収入があること

上記を満たしていれば、主婦や学生でも申し込みが可能です。

アルバイトやパートでも、収入が安定していれば申し込みができる対象者となります。

特徴3:申し込み方法が豊富

プロミスのおまとめローンは、下記の申し込み方法があります。

申し込み方法
  • 自動契約機
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスコール(電話)

なお、契約手続きは自動契約機かお客様サービスプラザ、または郵送のいずれかです。

 インターネットからの申し込みは受け付けていないためご注意ください。

アコム

アコム

※:18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

申込条件 申込条件:20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
利用限度額 300万円
金利(実質年率) 7.7%~18.0%
遅延利率(実質年率) 20.0%
資金使途 貸金業者債務の借換え
担保・保証人 不要

出典:https://www.acom.co.jp/lineup/borrow/

特徴1:貸金業者からの借入債務をまとめられる

アコムのおまとめローンは、貸金業者からの債務のみが対象です。つまり、銀行からの借り入れやクレジットカードのリボ払いはまとめられません。

債務として「みなし貸金業者」も対象になります。

特徴2:まずはフリーコールに電話

通話

利用する際は、まず下記フリーコールに電話をしてください。

担当者が申し込みに必要な書類の案内や事前の手続きについて説明してくれます。

なお、必要書類は本人確認書類と収入証明書です。下記に一例をまとめています。

本人確認書類 収入証明書
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税類通知書、所得(課税)証明書
  • 給与明細書

必要書類を持参したうえで、店頭窓口もしくは自動契約機(むじんくん)にて申し込みをしてください。

収入証明書は担当者の指示に従い、必要となる場合ご用意ください。

特徴3:最長13年7ヶ月もの期間利用できる

手帳

最長で13年7ヶ月もの期間利用できます。そのため、毎月の負担額を抑えて返済していくことが可能です。

しかし、完済までの期間が長いと総返済額が多くなる場合もあるため、きちんとシミュレーションをしたうえでご活用ください。

金利が下がっても、返済期間が長くなればまとめた意味がなくなる場合がありますので注意しましょう。

アイフル

画像

申込条件 満20歳以上69歳までの、定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~17.5%
遅延利率(実質年率) 20.0%
資金使途 貸金業者・銀行ローン・クレジットカードのリボなどの借入金返済
担保・保証人 不要

出典:https://www.aiful.co.jp/borrow/products/combine/

特徴1:銀行の借り入れやリボもまとめられる

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」では、貸金業者からの借り入れだけでなく、銀行のカードローンやクレジットカードのリボも対象です。

そのため、さまざまな借り入れを一つにまとめることができ、管理が一気に楽になります。

 銀行のローンやシッピングリボをまとめる場合は、書類の提出が必要です。

特徴2:WEBで申し込みが完結する

パソコン

WEB完結による申し込みが可能なため、周囲にバレにくい点も特徴です。

 WEBからの申し込みは24時間365日受け付けているので、自分の都合に合わせて利用できます。

カードや郵送物なしで利用できることから、プライバシーへの配慮も整っています。

WEB操作が苦手な人は、電話や店頭窓口での申し込みも可能なのでご利用ください。

特徴3:おまとめMAXは総量規制の例外商品

総量規制とは、年収の3分の1以上は借り入れできないと定められている法律です。アイフルは貸金業者なので本来は総量規制の対象ですが、おまとめMAXは総量規制の例外商品となります

総量規制を気にせず申し込みできる点は、おまとめMAXの大きな特徴といえるでしょう。

※参照https://www.aiful.co.jp/faq/products/detail95/

東京スター銀行

東京スター銀行

申込条件 申し込み時の年齢が満20歳以上満65歳未満で年収200万円以上の方
利用限度額 1,000万円
金利(実質年率) 12.5%
遅延利率(実質年率) 14.6%
資金使途 無担保個人向けローンのお借り換えおよびおまとめ
担保・保証人 不要

出典:https://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/unsecured_refinance/

特徴1:仮審査は最短3日

カレンダー

申し込みは来店不要で、インターネットにて受け付けています。また、最短3日で仮審査が完了しますので、スピーディーな対応も特徴です。仮審査の前に、下記条件を満たしているかをチェックしておきましょう。

申し込み条件
  • 融資時の年齢が満20歳以上65歳未満
  • 前年度の税込年収が200万円以上
  • 給与所得者で正社員・契約社員・派遣社員の方
  • 過去に債務整理や自己破産をしていない
  • 現在利用中のローンを延滞していない
  • 過去6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査で否決されていない

「ただし、自営業やアルバイト、パートの方は利用できません。」

特徴2:融資を受けられるか事前に診断できる

東京スター銀行

年収と申し込み金額を入力すると、利用可能か否かを瞬時に診断してくれます。利用可能と診断された場合は、「今すぐお申し込み」という緑色のタブから手続きを進めましょう。

診断はあくまで目安にしか過ぎません。実際の審査を通過できると保証するものではないため、参考として捉えておいてください。

特徴3:公式ホームページに返済額の試算を表示

毎月の返済額がどれくらいになるかを試算したものが、公式ホームページに掲載されています。毎月の返済額をいくつかピックアップしてご紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

おまとめ借り入れ額 毎月のご返済額
50万円 7,318円
100万円 14,637円
200万円 29,275円
300万円 43,912円
400万円 58,550円
500万円 73,188円
600万円 87,825円
700万円 102,463円
800万円 117,100円
900万円 131,738円
1000万円 146,376円
※実質年率12.5%/返済年数10年/返済方法は元利均等月賦返済によって計算

店頭や電話で返済額の試算が可能です。まとめることで返済が楽になるかを知るためにも、ぜひご利用ください。

新生銀行グループ NO LOAN

新生銀行グループ NO LOAN

申込条件 20歳~70歳までの安定収入のある方
利用限度額 400万円
金利(実質年率) 10.5%~18.0%
遅延利率(実質年率) 20.0%
資金使途 他社返済
担保・保証人 不要

出典:https://noloan.com/shohinsetumei/karikayell/

特徴1:アルバイトやパートの人も申し込み可能

年齢が20歳から70歳で、安定した収入があればアルバイトやパートの人でも申し込み可能です。

特に雇用形態については制限されていないため、審査に通れば幅広い人が利用できるでしょう。

特徴2:毎月の最小返済額を公表

お金

毎月の最小返済額は、契約金額の2.0%から3.0%の範囲内です。なお、利用者との相談により設定されます。

例えば、契約金額が50万円の場合、月々の返済額は以下のように異なります。

2.0% 10,000円
2.2% 11,000円
2.4% 12,000円
2.6% 13,000円
2.8% 14,000円
3.0% 15,000円

上記金額は、元金と利息を含むものになっています。

特徴3:貸金業者からの借り入れが対象

おまとめの対象は貸金業者からの借り入れとなる、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどです。複数から借り入れがある場合は、一つにまとめて管理がしやすい体制を整えましょう。

 他社への返済が目的となるため、借り入れはできません。

カードローンをまとめるメリット

カードローンをまとめるメリットとして、下記が挙げられます。

カードローンをまとめるメリット
  • 金利を下げられる場合がある
  • 返済日が一つになるため漏れ防止に繋がる

金利を下げられる場合がある

お金

複数からの借り入れをまとめることで、今よりも金利を下げられる可能性があります。

 金利が下がれば利息が減るため、完済を目指しやすくなります。

今の金利が高く毎月の返済が厳しいと悩んでいる人は、ぜひおまとめローンを検討してみてください。

「ただし審査により適用金利は設定されるため、必ず低くなるとは限りませんので注意しましょう。」

返済日が一つになる

カレンダー

複数から借り入れをしていると、返済日がそれぞれのサービス毎に分かれている場合があります。

 返済日がいくつかもあるとお金の管理がしにくいため、返済遅延や滞納などの漏れに繋がる可能性もゼロではありません。

おまとめローンで一つにまとめることで管理がしやすくなるので、きちんと期日までに返済をして完済を目指す計画も立てやすくなるでしょう。

返済期日に遅れると信用できない人物と認識され、審査で悪影響を及ぼす可能性がありますよ。

カードローンをまとめるデメリット

おまとめローンは、複数の借り入れを一つにまとめることで金利を下げる、返済日を一つにして管理が楽になるというメリットがあります。しかし、一方で下記のようなデメリットも挙げられるため、ご注意ください。

まとめローンを利用する際の注意点
  • 金利がほぼ変わらないもしくは上がる可能性がある
  • 総支払額が高くなる場合がある

金利が下がらない可能性

計算

おまとめローンを利用すると、必ずしも金利が下がるとは限りません。契約する金融機関によっては、結果的に金利が大して変わらない、あるいは少し高くなってしまう可能性も考えられます。

 おまとめローン=通常のローンよりも金利が安いとは限りません。

申し込み前には、事前にリサーチしておくことをおすすめします。

時間がある方は返済シミュレーションをしておくと安心です。

総支払額が高くなる可能性

お金

たとえおまとめをして金利が下がったとしても、返済期間が長くなれば返済総額が高くなる可能性もゼロではありません。

 基本的に返済期間が長引くほど、返済総額は高くなります。

金利ばかりを気にするのではなく、返済期間も含めて今よりも返済が楽になるかを調査してください。

毎月の返済額を減らすと月々の負担は軽減されますが、結果的に利息分がどんどん加算され総返済額が膨らまないよう注意しましょう。

審査なし・審査が甘いおまとめローンはある?

考える

おまとめローンを利用するときは、必ず審査が実施されます。中には審査に落ちてしまうのが心配な人も多いかもしれません。

 しかし、必ず借りられるカードローンや、絶対に通るカードローンはありません。

消費者金融や銀行などの金融機関は、貸し倒れのリスクを防ぐためにきちんと審査を行っています。また、審査基準も公表されていません。

したがって、どんなカードローンでも、返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまう可能性があること理解しておきましょう。

カードローンをまとめたい人によくある質問

おすすめのおまとめローンは?
おまとめローンとしては、プロミスがおすすめです。金利は6.3%~となっており、利用限度額は300万円です。申込み条件は20歳以上~65歳以下で本人に安定した収入のある人とされています。最短15秒で、借り入れできるかがわかる事前審査もありますので活用してみてください。
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
カードローンをまとめるにはどうしたらいい?
まず、まとめたいカードローンをしっかりと把握しましょう。いくら借り入れているか、何社から借り入れているかなどです。そのカードローンを1つのカードローン会社にまとめるには、まとめたい会社に相談しにいきましょう。おまとめローンにも審査がありますので、注意してください。
カードローンをまとめるのに審査があるの?
カードローンをまとめるために、新たな審査が必要となります。これは、カードローンをまとめることによって、これまでの借入額よりずっと大きな金額を借り入れることになるためです。利用者の収入や勤続年数などで返済可能かどうかなどを、あらたにチェックする必要があるのです。
カードローンをまとめるメリットは?
カードローンをまとめるメリットとしては、「金利を下げられる場合がある」「返済日がひとつになるため払い忘れ防止になる」などがあげられます。借り換えることによって金利を安くすることもできます。返済忘れが気になる人は、ひとつのカードローンにまとめることによって払い忘れの防止にもなるためおすすめです。
カードローンをまとめるデメリットは?
カードローンをまとめるデメリットとしては、「金利がほぼ変わらないもしくは上がる可能性がある」「総支払額が高くなる場合がある」などがあります。おまとめローンを選ぶ場合、大抵が金利を安くしたいと考えている場合が多いです。しかし、申し込んだ会社によってはむしろ高くなってしまうケースもあるので注意が必要です。たとえ、おまとめローンにしたとしても、返済期間を伸びれば伸びるほど金利はかかります。
おまとめローンの相談先は?
おまとめローンを考えている人の相談先として「銀行や消費者金融のお客様サポート」「法テラス(日本司法支援センター)」「日本貸金業協会」「日本クレジットカウンセリング協会」「全国銀行協会」などがあります。こちらはすべて電話相談となっています。相談窓口によって、相談時間が異なりますので事前に時間を調べてからにするといいでしょう。
複数のカードローンでもまとめることはできる?
2社以上のカードローンでもまとめることは可能です。枚数に制限があるわけではありません。ただし、カードローン会社の申し込み条件や審査状況によって、審査に通らないことはあるでしょう。

まとめ

この記事では、カードローンをまとめる方法やメリットなどを解説しました。複数ある借り入れをそのままにしておくと、お金の管理が大変なため返済漏れに繋がるリスクがあります。

また、金利が高いと悩んでいる人は、おまとめすることで今よりも下げられるかもしれません。

今回ご紹介したように、銀行のカードローンや消費者金融でもおまとめサービスを提供しているため、ぜひご検討ください。

おすすめの記事