カードローン 返済方法

カードローンには、複数の返済方法があり、自分に合ったものを選べます。しかし、誤って返済期日を過ぎてしまえばそれだけで信用を失ってしまう恐れがあります。

きちんと期日までに返済することは社会的信用にもつながるため、利用しているカードローン会社の返済方法を把握しておくことは大切でしょう。

そこで今回は、カードローンの返済方法や無理なく完済を目指せるコツなどを解説します。

いくつかのカードローンをピックアップして実際の返済方法も比較しているので、ぜひ参考にしてみてください

カードローンの返済方法・仕組み

カードローンの返済には、大きく分けて以下の2つがあります。まずは、それぞれの仕組みについてご紹介していきましょう。

カードローンの返済方法
  • 約定(やくじょう)返済
  • 臨時返済

約定(やくじょう)返済

カレンダー

約定(やくじょう)返済とは、毎月決まった金額を返済する方法です。一般的にはリボ払いによって月々の返済額が決まります。

「ただし、同じリボ払いでも会社によって以下のように異なる方式を採用していることがあります。」

元利定額返済方式

元金と利息を合計した一定金額を毎月返済していく方法です。

 借入残高が増えても、月々の返済額は変わりません。

残高スライド元利定額返済方式

元金と利息を合計した一定金額を毎月返済していきますが、返済額は借入残高によって変動します。

 よって、追加で借り入れをした場合は、返済額も高くなります。

臨時返済

カレンダー

返済時期を定めずに返済する方法です。

 ボーナスが入った時にまとめて返済したり、お金に余裕のある時に小まめに返済したりと、時期を定めず返済することができます。

カードローンの利息は、借入残高や借入日数に応じて決まります。よって、まとめて返済をすることで残高が減ると、利息の総額も抑えられます

ボーナスや臨時収入があれば、できるだけ返済に充てるのがおすすめです。

カードローン返済のコツ

カードローンでの借り入れを計画的に返済するコツとして、下記が挙げられます。

カードローン返済のコツ
  • 金利に着目して申し込み先を検討する
  • 無利息期間を活用する
  • 余裕があるときは随時返済をする

金利に着目して申し込み先を検討する

お金

返済額の負担を軽減するには、いかに金利の低いカードローンを選ぶかが重要です。金利は利息として返済額に加算されるため、積み重なると大きな額になることもあります。

なお、利息は以下の計算式で求めることができます。

 元金(借入金額)×金利÷365日×借入日数=利息

事前に利息を計算しておくと安心でしょう。

公式ホームページには、返済額をシミュレーションできるツールが用意されている場合もありますよ。

無利息期間を活用する

方法

カードローン会社によっては、はじめて契約した人に限り最大30日間無利息で借り入れできるサービスを設けていることがあります。

 つまり、短期間で完済できる目処が立っている場合は、利息がかさむ心配をすることなく借り入れができるでしょう。

商品によって無利息期間の適用開始日が異なるため、しっかりと確認した上でご利用ください。

余裕があるときは随時返済をする

お金

カードローンは、返済指定日だけでなく、一般的に臨時での返済も受け付けています。返済期間が短くなるほど利息を軽減できるため、お金に余裕がある時はなるべく返済しましょう。

少額でも随時返済の手続きができるため、積極的に返済してください。

カードローンの返済負担を軽減する方法

毎月の返済が苦しい場合は、下記の方法も検討しましょう。

見直し方法
  • 借り換えをする
  • おまとめローンを活用する

借り換えをする

お金

借り換えとは、現状使っているカードローンから別のカードローンへ切り替えることです。

 今よりも上限金利が低いカードローンに移ることで、毎月の返済額やトータルの返済額を抑えられる可能性があります。

各社で借り換えの申し込みは受け付けているため、ぜひチェックしてみましょう。

ただし適用金利が下がっても、返済期間が長くなると結果的に返済額が多くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

おまとめローンを活用する

料金

複数のローンを契約している場合、返済日がいくつもあるためお金の管理が大変でしょう。そこでおすすめなのが「おまとめローン」です。

 おまとめローンとは、その名の通り複数ある借り入れを一つにまとめられるサービスを指します。

返済日が一つになることで返済状況を把握しやすくなり、完済までの計画が立てやすくなるでしょう。

カードローン以外の商品もおまとめできる場合があるため、サービスの詳細を事前にチェックしてみてください。

おすすめカードローン各社の返済方法を徹底比較

カードローンを選ぶ際、返済方法は比較しておきたい項目です。複数の返済方法が用意されていたり、自分にあった返済ができれば、契約後もスムーズにサービスを使えます。

そこで、おすすめカードローンの返済方法を紹介します。実際の返済方法を把握することで、契約後のイメージもできますので、ぜひ参考にしてみてください。

アコム

画像

※:18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

申込条件 20歳〜69歳の安定した収入と返済能力を有しており当社基準を満たす方
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
資金使途 原則自由
最短即日融資 可能
返済期日 35日ごと/毎月指定日
返済方法
  • インターネット
  • アコムATM・提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込・口座振替

出典:https://www.acom.co.jp/

インターネット

PC

24時間土日祝日でも、スマートフォンやパソコンから返済できます。手数料は無料なので、無駄な出費もありません。

 原則24時間対応ですが、メンテナンスにより利用できない時間帯があるため公式ホームページにてご確認ください。

利用手順は下記の通りです。

利用手順
  1. 会員ログイン
  2. インターネットでの返済をクリック
  3. 返済金額など必要情報を入力

ネット環境さえあればいつでもどこでも返済できるため、使い勝手が良いですね。

アコムATM・提携ATM

画像

アコムATMや提携コンビニATMでも簡単に返済ができます。アコムATMは24時間返済可能です。主な提携ATMは下記の通りです。

主な提携ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • イオン銀行ATM

上記以外にも多くの提携ATMがあるため、公式ホームページにてご確認ください。

店頭窓口

お金

担当スタッフに相談しながら返済することも可能です。近くに店舗がある場合は、ぜひ足を運んでみてください。

 営業時間は店舗により異なる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

振込・口座振替

アコムが指定する銀行口座への振り込み、あるいは利用者の口座からの自動引き落しによる返済が可能です。

振込先口座番号は、会員サービスにログインをして「返済時の振込口座照会」より確認しましょう。

プロミス

プロミス

申込条件 18歳~69歳のご本人に安定した収入のある人
利用限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
資金使途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限る
最短即日融資 可能
返済期日 5日・15日・25日・末日
返済方法
  • インターネット
  • 口フリ(口座振替)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 提携ATM

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain
お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

インターネット

画像

振込手数料が無料で、24時間365日いつでも返済できます。利用手順は下記の通りです。

利用手順
  1. 会員サービスにログイン
  2. インターネット返済の手続きボタンを押下
  3. 返済金額を指定
  4. 金融機関を選択
  5. 金融機関へログイン
  6. インターネット返済を実行
  7. 返済完了

なお、利用できる主な提携金融機関は以下の通りです。

利用できる主な提携金融機関
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • PayPay銀行

原則24時間取り扱い可能ですが、システムメンテナンスの時間帯もあるため事前にご確認ください。

口フリ(口座振替)

返済日になると、指定の口座から自動で引き落とされます。口フリで返済をするには、事前登録が必要です。

わざわざ店頭窓口や提携ATMに足を運ぶ必要がないため、忙しい人におすすめの方法ですよ。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

店頭窓口にて、スタッフに相談しながら返済可能です。プロミスの公式ホームページにて最寄りの店舗を検索できるため、近くに店舗がある場合はぜひご利用ください。

はじめてカードローンを利用するなど、不安を抱えている人におすすめです。

提携ATM

ATM

プロミスATMや提携ATMにて返済できます。主な提携ATMは下記の通りです。

主な提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM

上記以外にも多くの提携ATMがありますが、借り入れのみ取り扱っている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

アイフル

画像

申込条件 満20歳以上69歳までの方で定期的な収入と返済能力を有する方
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
資金使途 原則自由
最短即日融資 可能
返済期日 毎月1回/35日ごと
返済方法
  • スマホアプリ
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替(自動引落)
  • 振込

出典:https://www.aiful.co.jp/

提携ATM

アイフルATM、提携ATMにて返済できます。土日でも返済可能なため、平日は仕事で忙しい人でも利用しやすいです。

 アイフルATMでは手数料0円で利用できます。

なお、主な提携ATMは下記の通りです。

主な提携ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • イオン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 十八親和銀行ATM

スマホアプリ

スマートフォン

スマホアプリを使うと、カード不要で、全国各地にあるセブン銀行ATMとローソン銀行ATMで返済できます。スマホアプリでの返済手順は下記です。

スマホアプリの操作手順
  1. アプリにログイン
  2. ATMの「返済」を選択
  3. スマートフォンでの取り引きを選択
  4. ATM画面に表示されたQRコードをアプリで読み取る
  5. 表示された企業番号をATM画面に入力
  6. ATM画面に暗証番号を入力
  7. 返済金額を入力
  8. 完了

アプリのダウンロードは、iPhone・Androidともに無料です。

コンビニ

全国のファミリーマートにて返済が可能です。店内に設置されているFamiポートを、下記の手順で操作してください。

Famiポートの操作手順
  1. トップメニューから「金融サービス/国際送金など」を選択
  2. 「借入金のご返済」を選択
  3. 利用企業からアイフルを選択
  4. 返済金額を入力
  5. 出力されたFamiポート申込券をレジで提示
  6. 支払い返済完了

深夜でも返済可能なため、近くにファミリーマートがある人はぜひご利用ください。

振込

ATM

全国の提携金融機関の窓口や提携ATMから返済できます。振込先は、アイフル会員ページにてご確認ください。

端数の金額まで入金できるため、完済時に便利ですよ。

口座振替(自動引落)

毎月自動で引き落としがされるため、払い忘れを防止できます

口座振替を利用するには、事前に郵送にて申し込みが必要です。アイフルの公式ホームページにて口座振替依頼書をダウンロードしてお送りください。

 自動引落開始までに約40日かかるため、早めに手続きを済ませておきましょう。

横浜銀行

画像

申込条件 ご契約時満20歳以上69歳以下で安定した収入のある人およびその配偶者
利用限度額 1,000万円
金利(実質年率) 1.5%~14.6%
資金使途 原則自由
最短即日融資 不可
返済期日 毎月10日
返済方法
  • 口座引き落とし
  • 提携ATM
  • 銀行窓口
  • インターネットバンキング

出典:https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/index.html

口座引き落とし

毎月10日に、借り入れ残高ごとに設定されている返済額が利用口座から引き落とされます

※土日祝日の場合は翌平日窓口営業日

提携ATM

横浜銀行ATM、もしくは提携ATMにて返済可能です。なお、主な提携ATMは下記の通りです。

主な提携ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット

イオン銀行ATMも提携先となりますが、返済はできないためご注意ください。

横浜銀行ATM以外を利用する場合は、所定の手数料がかかります。

インターネットバンキング

クレジットカード

インターネットバンキングでは、24時間いつでも返済可能です。元金のみの一部返済や、利息も含めた全額返済を取り扱っています。

 原則24時間返済できますが、システムメンテナンスにより利用できないタイミングもあるため、注意しましょう。

銀行窓口

横浜銀行の窓口で返済する際は、はまぎんローン通帳が必要です。取り扱いは平日の窓口営業時間のみとなります

※平日9:00~15:00(一部店舗を除く)

千葉銀行

画像

申込条件 ご契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満で安定した収入のある人
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 1.4%~14.8%
資金使途 原則自由
最短即日融資 不可
返済期日 毎月1日
返済方法
  • 指定預金口座からの自動振替
  • 提携ATM
  • インターネットバンキング・テレフォンバンキング

出典:https://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/card/

指定預金口座からの自動振替

指定預金口座からの自動振替により返済できます。借り入れ残高による返済額の一例を下記にまとめているため、ご確認ください。

※銀行休業日の場合は翌営業日

借り入れ残高 約定返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円

 

提携ATM

ATM

千葉銀行ATMや、各地にある提携ATMにて返済可能です。主な提携ATMは下記の通りです。

主な提携ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM

インターネットバンキング・テレフォンバンキング

インターネットバンキング、もしくはテレフォンバンキングにて返済手続きができます。わざわざ提携ATMに足を運ぶ必要がないため、利用しやすい方法です。

インターネットバンキング・テレフォンバンキングでは、随時の返済も受け付けていますよ。

新生銀行

画像

申込条件 申し込み時の年齢が満20歳以上満70歳以下で国内に居住する方
利用限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~14.8%
資金使途 原則自由
最短即日融資 不可
返済期日 毎月指定日
返済方法
  • 提携ATM
  • 口座引き落とし
  • 振込

出典:https://www.shinseibank.com/powerflex/card_loan/

口座引き落とし

口座引落では、毎月自動で指定口座から引き落とされるため、返済の手間が省けます。新生銀行カードローンの公式ホームページにて口座振替依頼書をダウンロードし、必要事項を記入の上、郵送してください。

ただし、事前に口座登録が必要です。

提携ATM

ATM

新生銀行ATMや、提携ATMへの現金投入による返済が可能です。提携ATMは下記の通りです。

提携ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット

提携コンビニATMでは、深夜でも返済可能です。また、手数料無料で返済できるため無駄な出費がありません。

 1,000円単位での取り扱いとなり一括返済はできないため、ご注意ください。

振込

新生銀行カードローンが指定する口座へ、振り込みによる返済ができます。

 振込先口座情報は会員ページの「銀行振込みでご返済される場合のお振込み先」にて確認してください。

カードローンの返済方法に関するよくある質問

おすすめのカードローンは?
おすすめのカードローンは、プロミスです。忙しい人でも、最短15秒で事前審査※1ができるのが特徴です。プロミスの申込み条件は18歳~69歳※2の本人に安定した収入がある人で、金利は4.5%~となっています。返済方法は「インターネット」「口フリ(口座振替)」「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」「提携ATM」の4種類です。
※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
※2 お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
カードローン返済のコツはある?
カードローンを返済するコツとして、「金利に着目して申し込み先を検討する」「無利息期間を活用する」「余裕があるときは随時返済をする」の3点があげられます。金利は誰しも安いほうがいいでしょう。金利を安くしてトータルの支払額を抑えるには、ぜひこの3点をチェックしてみてください。
カードローンの返済方法・仕方とは?
カードローンの返済方法には、2種類あります。「約定返済」と「臨時返済」です。約定返済は、毎月決まった金額を返済する方法で、リボ払いともいいます。リボ払いと一言いっても返済方式がいくつかあるため、カードローン会社の返済方法を確認してみるといいでしょう。臨時返済はボーナスが入ったタイミングなどで、まとめて返済したりする返済方法です。払えるときに払う方が、利息が減ります。
カードローンとは?
カードローンは金利を払って賃金業者や銀行からお金を借りることです。誰でも借りられるわけではなく、借り入れ前に審査が行われます。審査に通ると、決められた限度額までの借り入れが可能となります。基本は、約定返済として毎月支払いますが、臨時返済も受け付けています。臨時返済は行えるときに行った方が、金利が安く済みます。
返済金の負担を軽減する方法は?
返済金の負担を軽減する方法として、「借り換えをする」「おまとめローンを活用する」の2点があげられます。カードローンは、別のカードローンへ借り換えることもできます。借り換え先の金利のほうが安ければ、金利分の支払いが浮くでしょう。カードローン会社からの借り入れが複数に渡る場合は、おまとめローンを活用するのもおすすめです。
カードローンの返済が不安なときは?
まずは、何社からどれだけのお金を借り入れているかチェックしてみましょう。カードローンが複数社にわたる場合、トータルの金額がわからなくなっている人もいます。合計額をチェックしたら、返済の目処を立ててみましょう。それでも不安なら、カードローン会社に相談です。
カードローンの返済が遅れたらどうなる?
契約しているカードローン会社によって対応は異なりますが、一般的な流れとして、メールやショートメッセージなどで確認の連絡が入ります。その後、督促の連絡が電話もしくは、督促状として届きます。もし、ここで何の返信や連絡もしないと、急に一括返済を求められる場合もありますので注意してください。少しでも遅れた場合は、きちんとカードローン会社に報告することが大切です。

まとめ

この記事では、カードローンの返済方法について解説しました。各カードローンの返済方法は複数あり、提携先等もそれぞれ異なるため、ライフスタイルに合うものを選びましょう。

また、計画的な返済をしていくためにも、返済期日や毎月の返済額はしっかりとご確認ください。

返済のコツには、各社の金利を比較して少しでも低いものを選ぶことや、無利息期間を活用することなどが挙げられます。

カードローン会社のサービス内容ももちろん大切ですが、いかにリスクを軽減しつつ利用できるかが完済を目指す上で重要なポイントとなります。

毎月の返済が苦しいときは、借り換えやおまとめローンなどの方法も検討してみてください。今回解説した内容を参考に、カードローンを安全に活用していきましょう。

おすすめの記事