法人・個人事業主 おすすめカード

ビジネスシーンに特化された「法人カード」は、企業だけでなく個人事業主の方も利用できるものもあります。経費管理がしやすく、業務の効率化にもつながります。

ここでは特におすすめしたい法人カードを厳選してピックアップしました。どの法人カードを選べばいいか分からない・比較をしたいという方にとっては有益な情報となっています。

還元率順のランキングも紹介しています。ぜひ参考になさってください。

最強候補はどれ?おすすめの法人カード厳選8選

1.JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カード

年会費
  • 初年度無料※オンライン入会の場合のみ
  • 2年目以降:1,375円(税込)
国際ブランド JCB
還元率(ポイント名)
交換可能マイル
付帯保険 ショッピング(海外のみ)
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)
申し込み条件 法人格のある法人の代表者、個人事業主で18歳以上の方
発行スピード 1~3週間程度
キャンペーン
  • インターネット限定新規入会キャンペーン:最大20,000円プレゼント(2022年3月31日まで)
  • 使用者追加のお申し込みでJCBギフトカード最大9,000円分プレゼント(2022年3月31日まで)

おすすめポイント①:キャッシュバック型のカード

JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カードはポイント制度ではなく、キャッシュバック型である点が最大の特徴です。

JR・高速道路・ガソリンスタンド・タクシー・レンタカー・航空券・宿泊・旅行代理店での利用金額の合計が対象です。

 利用金額に応じて、交通費・出張旅費などの利用分が毎月最大3%キャッシュバックされます。

なお、月ごとのキャッシュバック上限は15,000円です。カードの翌月利用分からキャッシュバック分が割引されます。

利用金額が5万円未満の場合にはキャッシュバックの対象とならないので、注意が必要です。

おすすめポイント②:充実のトラベルサービス

JCBビジネスプラス法人カード

ビジネスに便利に活用できる、充実したトラベルサービスが用意されています。

国内航空券は法人専用運賃で予約可能

スマホから好きな時に国内航空券の予約や変更ができる「法人向け出張サービス」が利用できます。

法人専用運賃は当日まで予約可能で、変更もできるため、急な出張の際にも便利です。ANA、JALのどちらにも対応しています。

エクスプレス予約サービスも利用可能

365日いつでもお得な会員価格で新幹線が乗車できる「エクスプレス予約」サービスに、カードを使って支払いできます。

 エクスプレス予約では、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約とチケットレス乗車サービスが利用可能です。

ただし、JR東海エクスプレス予約サービスを利用するためにはプラスEX会員になる必要があり、 年会費1,100円(税込)が必要です。

スマホやPCからいつでもどこでもスピーディーに予約可能で、予約変更は何度でも手数料無料ですよ。
じゃらんnetのビジネス限定プラン

じゃらんnetで提供している豊富な宿泊プランに加え、法人向け限定の特別プランを予約できます。初期導入費用・運用費用ともに無料です。

出張の際の利便性向上や、法人側の出張コスト削減などに活用しましょう。

おすすめポイント③:ETCカードは年会費無料で複数枚発行可能

JCBビジネスプラス法人カード

カードの発行枚数とは関係なく、複数枚のETCカードを年会費無料で発行することが可能です。

 車を使った出張や営業に出た際の有料道路利用代金を、会社の経費でまとめて便利に精算できます。

ETCスルーカードNの利用状況は、Webで簡単に照会可能です。

ETCスルーカードNとは、走行日・ご利用区間・金額をネットで確認できる法人専用のサービスのことです。

2.JCB法人一般カード

JCB 法人一般カード 券面画像

年会費
  • 初年度無料※オンライン入会の場合のみ
  • 2年目以降:1,375円(税込)
国際ブランド JCB
還元率(ポイント名) 0.50%(Oki Dokiポイント) 
交換可能マイル JAL、ANA、ANAskyコイン、スカイマイル
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
締め日・支払日
申し込み条件 法人の代表者または個人事業主(18歳以上)
発行スピード 2〜3週間程度
キャンペーン インターネット新規入会でギフトカードプレゼント公式ページ参照

おすすめポイント①:充実したビジネスサポート

このカードは「法人」とついていますが、個人事業主の方でも申し込みが出来ます。個人の方にとっても便利なビジネスサポートがあるので、項目ごとに紹介していきます。

飛行機・新幹線を使う際に便利な特典がある

新幹線

オンラインで航空券・新幹線のチケットを手配できるので、チケットを用意するという手間がないのがメリットです。航空券はJAL ONLINE」と「ANA@desk」どちらのサービスも利用できます。

なお新幹線のチケットは東京から博多間である東海道と山陽新幹線をスマホやパソコンからネットで予約・変更できます。乗車の際には専用のICカードが必要ですが、事前に予約を済ませてあるのでスマートに利用できます。

なおカードの発行手数料は年間1,000円必要ですが、運賃が割引される仕組みなので、新幹線の利用頻度が多い人にとって役立つ特典です。
ETCカードが無料で発行できる

このカード会員になると、ETCカードは年会費無料で複数枚発行可能です。営業車などを持っている企業の場合、経費節約にもつながるのでおすすめです!

さらにカードを使った利用履歴はネットの専用ページで確認できます。履歴は最長15か月分まで遡れる他、データとして出力可能・明細書のプリントもできるので経費計算の際にも便利です。

おすすめポイント②:ポイントの交換先がたくさんある

スター

貯めたポイントは、様々ECサイト・サービスで交換できるのが魅力です。

交換先 必要ポイント 交換後 還元率
キャッシュバック 1 3 0.30%
nanacoポイント 200 1,000 0.50%
WAONポイント 200 800 0.40%
楽天ポイント 200 800 0.40%
Tポイント 500 2,000 0.40%
dポイント 200 800 0.40%
au WALLET 200 800 0.40%
ビックポイント(ビックカメラ) 200 1,000 0.50%

中でも還元率が0.5%と一番高いのが「ビックポイント」「nanacoポイント」です。ポイント以外にはマイルにも交換できるので普段空港をよく使う人にもメリットがあります。

 交換できるマイルはJALマイル・ANAマイル・ANAスカイコン・デルタ航空スカイマイルの4種類です。いずれも還元率は0.3%となっています。

おすすめポイント③:レジャー施設もお得に利用できる

ヨット

JCBはユニバーサルスタジオジャパン・ディズニーリゾート・映画観賞券にも貯めたポイントが使えます。

必要ポイント 価格 還元率
東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚) 1,500 7,400 0.49%
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオ・パス(1名分) 1,500 7,900 0.53%
ユナイテッド・シネマ/シネプレックス 共通映画鑑賞券(2枚) 700  3,600 0.51%
TOHOシネマズ映画鑑賞引換券(2枚)  700  3,600 0.51%

レジャー関係のサービスが充実しているのも他社にはないJCB法人カードの強みといえるでしょう。

3.三井住友ビジネスカード(クラシック)

ビジネスクラシック

年会費
  • 1,375円(税込)
  • 2名から1名につき:440円(税込)
国際ブランド Visa/MasterCard®
還元率(ポイント名)

0.50%~1.00%(ワールドプレゼント)

交換可能マイル
付帯保険 海外旅行、ショッピング
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
末日締め・翌月26日払い
申し込み条件 法人のみを対象(カード使用者は20名以下が目安)
発行スピード 最短3営業日
キャンペーン

新規入会&利用でワールドプレゼント最大1,600ポイントプレゼント公式ページ参照

 

おすすめポイント①:海外キャッシュサービスが便利

三井住友ビジネスカード クラシックは、世界中150か国を超える国や地域でキャッシュサービスが利用できます。

急な出張の時は現地通貨を事前に用意することが難しいため、カードで両替に代用できるのは非常に便利です。

 主要空港のほかにも駅・レジャー施設などに設置されているATMから現地通貨を引き出せるのでスムーズに借りられます。

なお、限度額は30万円までとなっているので現地通貨を用意するまでには十分な金額といえるでしょう。

おすすめポイント②:経費計算がしやすい

このカードを業務上の公共料金や電話料金・通販決済の支払いに利用すれば、支払先が1つにできて「振込手数料」の削減にもつながります。

 さらに自動振替にしておけば振込手続き・領収書の整理なども必要ないので事務処理のコストも大幅削減可能です。

なお利用履歴・明細は「Vpass」という会員サイトでいつでも確認できるだけでなく、データの取り込みもできるのが特徴です。

もちろん、公共料金の支払いでもポイントが付与されるので、現金支払いにはない魅力といえます。

おすすめポイント③:実店舗でもお得に利用できる

実店舗でのお買い物なら「ココイコ!」という際とを利用するのがおすすめです。

事前にエントリーしたカードを使ってサイトに掲載されている対象店舗でお買い物をすると通常よりも多くのポイントが付与されます。

大手百貨店のほかにショッピングモールやカラオケなど様々な施設で使えます。

4.三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

for Owners クラシック

おすすめポイント①:申し込みのハードルがそれほど高くない

先ほど紹介した三井住友ビジネスカード(クラシック)は法人のみしか対象としていません。

一方、三井住友ビジネスカードfor Ownersは、満20歳以上であれば個人事業主の方でも申し込み可能なのが最大の特徴です。

 さらに、入会申し込みの提出書類には「本人確認書類だけ」なので登記簿謄本や決算書といった書類も必要ありません。

初めて法人カードを申し込んでみようとお考えの人にもぜひ検討してほしい1枚といえます。

おすすめポイント②:年会費が半額・無料にできる

一般的に法人カードは年会費が必要となっています。しかし三井住友ビジネスカードfor Ownersは、クラシック・ゴールドどちらも条件次第で半額・無料にすることも可能です。

for Ownersゴールド for Ownersクラシック
【本会員】 11,000円(税込)
※免除条件により半額
1,375円(税込)
※免除条件により無料
【パートナー会員】 2,200円(税込) 440円(税込)

クラシックカードの場合は、インターネットからの入会で初年度の年会費が「無料」になります。
そしてゴールドカードの年会費免除の条件は以下の3つがあります。

条件
  1. インターネットからの入会で初年度無料
  2. 2年目以降は「マイ・ペイすリボ」に登録、かつ前年1回以上のリボ払い手数料の支払いをすると「無料」
  3. 2年目以降「Web明細書サービス」利用で「550円割引」

マイ・ペイすリボは登録時に「毎月のお支払い金額の選択」ができます。

そこでは「1万円」「2万円」「3万円」の3種類が用意されており、これらの上限を超えると自動的にリボ払いとなる仕組みです。

選択をした上限金額を超えないかぎりリボ払いにはなりません。

おすすめポイント③:ビジネス面で役立つ機能が充実

オンライン明細書 明細から会計ソフトにダウンロード可能
引き落とし期間 引落しは約1ヶ月〜2ヶ月先
事務作業の軽減 立て替えや清算が不要
振込手数料が不要 カード決済なら手数料が不要
ポイントシステム
  • 200円(税込)毎に1P(1P1円相当)
  • 還元率は0.5%
  • ポイントはマイルなどに交換可能

月々の公共料金・業務上で発生した買い物・設備投資などにかかった費用もカードで一括して支払えば、利用明細が一括で管理できます。

年会費
  • 1,375円(税込)
  • パートナー会員1名につき:440円(税込)
国際ブランド Visa/MasterCard®
還元率(ポイント名) 0.5%~2.5%(Vポイント
交換可能マイル
付帯保険 海外旅行、ショッピング
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
末日締め・翌月26日払い
申し込み条件 満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方
発行スピード 最短3営業日
キャンペーン

最大Vポイント8,000円分 プレゼント

新規入会+カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードをご利用で、ご利用の10%分のポイントを還元。

5.三井住友ビジネスカードforOwnersゴールド

三井住友ビジネスカードforOwnersゴールド

年会費 11,000円(税込)※初年度無料
国際ブランド Visa

MasterCard®

還元率(ポイント名) 0.5%~2.5%(Vポイント)
交換可能マイル
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
末日締め・翌月26日払い
申し込み条件 満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方
発行スピード 最短3営業日
キャンペーン

最大Vポイント10,000円分プレゼント

新規入会+カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードをご利用で、ご利用の10%分のポイントを還元

おすすめポイント①:ポイントアップサービスが充実

通常のポイント還元率は0.45%ですが、さまざまなポイントアップサービスが用意されています。

対象店舗のポイントアップ

セブン-イレブンやローソン、マクドナルドなどでは、いつでもポイントが+2%還元されるのでお得です。※1

選んだお店でポイントアップ

対象の店舗から好きなお店を選んで最大3つまで登録すれば、ポイントがいつでも+0.5%還元されます。

よく利用するお店を登録すれば、ザクザクポイントが貯まるでしょう。

ポイント優待サイト

三井住友カードのポイント優待サイトである「ポイントUPモール」経由のネットショッピングでは、最大20倍までポイントがアップします。

楽天市場などの大手ネットショッピングサイトも多数参加しているので、便利に活用しましょう。

※1
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

おすすめポイント②:ビジネスサービスが豊富

5.三井住友ビジネスカードforOwnersゴールド

さまざまなビジネスシーンで活用できる、ゴールドカードならではの豊富な特典が魅力です。

サービス名 サービス内容
VJタクシーチケット 24時間いつでも主要タクシーがサインひとつで利用可能
福利厚生代行サービス 国内外数1,000ヵ所の契約宿泊施設やスポーツクラブ、人間ドックや英会話学校などの幅広いサービスを割引料金で利用可能
国内ゴルフエントリーサービス 日本国内のゴルフ場(約700コース)の平日プレー予約を代行
財務会計システムデータ連携サービス 財務会計システム「勘定奉行」と「三井住友法人クレジットカード利用明細」のデータ連携サービス

お得に利用できるものから、経理事務処理が簡素化・迅速化できるサービスまで用意されています。カードを手に入れたら、ぜひ使いこなしましょう。

おすすめポイント③:最高5,000万円の海外・国内旅行保険

旅行保険は、海外・国内ともに最高5,000万円まで付帯されています。

 どちらもカードを持っているだけで補償される自動付帯なので、万が一の時にも使い勝手は抜群です。

補償期間は1旅行につき最長3ヵ月で、旅行の都度適用されます。出張の多い方は便利に活用できるでしょう。

三井住友ビジネスカードforOwnersプラチナ

三井住友ビジネスカードforOwnersプラチナ

年会費 55,000円(税込)
国際ブランド Visa

MasterCard®

還元率(ポイント名) 0.5%~2.5%(Vポイント)
交換可能マイル
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
末日締め・翌月26日払い
申し込み条件 満30歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方
発行スピード 最短3営業日
キャンペーン

最大Vポイント30,000円分プレゼント

新規入会+カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードをご利用で、ご利用の10%分のポイントを還元。

おすすめポイント①:手厚いビジネスサポート

プラチナ会員だけが受けられる手厚いビジネスサポートが用意されています。

プラチナホテルズ

国内約50のホテルと旅館での優待料金と併せて、部屋や料理などのアップグレードが受けられるサービスです。

そのほか、国内約10のホテルのスイートルームが50%OFFで利用できます。

Visaプラチナ空港宅配

国際線のフライトの際、自宅と空港間で、往路復路、それぞれVisaプラチナ会員優待価格で宅配を利用できるサービスです。

国内の住所であれば、自宅以外にも宅配を依頼できます。

国際線手荷物無料宅配

自宅と空港の間を往復で、国際線手荷物を2個まで無料で宅配してくれるサービスです。少ない荷物でゆったりと帰路に就けるでしょう。

Visaプラチナ 空港送迎ハイヤー

羽田空港もしくは成田空港と自宅の間を、ハイグレードなハイヤーを使って優待割引で送迎してくれるサービスです。

コンシェルジュサービス

プラチナ会員専用のコンシェルジュが、航空券・ホテル・レストランなどの予約案内を24時間・年中無休で対応してくれます。

おすすめポイント②:ポイントの有効期限は4年間

5.三井住友ビジネスカードforOwnersプラチナ

貯まったポイントの有効期限は4年間です。下位カードの2年間よりも2年長く設定されています。

 クレジットカードの一般的なポイントの有効期限は2~3年程度のものが多いことを考えると、長めに設定されていることが分かるでしょう。

日々の支払いでポイントをコツコツ貯めて、一気に交換することも可能です。

おすすめポイント③:各種保険が充実

旅行保険は国内・海外ともに最高1億円まで自動付帯で補償されます。出張の度に保険会社と契約する必要がないので、経費の節約にもつながるでしょう。

さらに、空港機遅延保険も以下の金額が補償されています。

担保項目 海外 国内
乗継遅延費用 (1回の遅延の限度額) 2万円 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用(1回の遅延の限度額) 2万円 2万円
手荷物遅延費用(1回の遅延の限度額) 2万円 2万円
手荷物紛失費用(1回の遅延の限度額) 4万円 4万円

その他、カードを使って購入した商品の破損や盗難は、購入の翌日から200日間、最高500万円まで補償されるので安心です。

7.アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド

アメックスゴールド

年会費 34,100円(税込)
国際ブランド American Express
還元率(ポイント名) 0.50%(メンバーシップ・リワード)
交換可能マイル ANAマイル、スカイマイル
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
締め日・支払日
  • 3日締め・当月21日払い
  • 7日締め・当月26日払い
  • 19日締め・翌月10日払い
申し込み条件 法人格のある法人の代表者、個人事業主、専門職、有資格者の方
発行スピード 1~3週間程度
キャンペーン 入会後1年以内に200万円以上の利用で30,000ボーナスポイントプレゼント公式ページ参照

おすすめポイント①:ビジネスカードならではの特典が豊富

アメックスビジネスゴールドでは、ビジネス会員だけが受けられる様々な特典が用意されています。

四半期管理リポート

登録制のサービスではありますが、費用は発生せずに利用できます。過去3か月分のカード利用履歴を業種ごとに分けてレポートにしてくれるサービスです。

なお利用履歴は、親カードだけでなく追加カードも含まれるので従業員の履歴なども「個別」にまとめてくれる便利な仕組みになっています。

「経費計算がとてもしやすくなるため、業務の効率化にもつながります。」
ミーティングスクエア

ミーティング

このサービスは帝国ホテルにあるラウンジを使うことができます。ラウンジ内ではドリンクサービスが無料で受けられるので、打ち合わせ・商談の場にも最適です。

通常ラウンジの利用料は月20,000円程度かかり、事前に登録をしないと使えないです。カードを所持しているだけで登録もなし・無料で使えるのは非常に利便性に富んでいるといえます。

ライフサポートサービス

レジャー施設

会員は「クラブオフ」という福利厚生サービスを利用できます。年会費6,000円必要ですが、全国にあるレジャー施設・ショッピング・介護サービスを優待利用できます。

 さらに、料金が優遇されるだけでなくVIP会員に無料で登録できるのがゴールドカードの特徴です。
ビジネス情報調査代行サービス

国内外のマーケティング調査・企業分析などを行ってくれるサービスで、専門性の高いことで知られます。通常50,000円年会費が必要ですが、このカード会員であれば無料となっています。

おすすめポイント②:トラベルサービスがとても便利

飛行機

この会員であると、国内の空港30か所・海外空港ラウンジ2か所が無料で使えるのはもちろんのこと、飛行機を利用するにあたって様々な特典が受けられます。

手荷物宅配サービス

このサービスは、海外からの帰国の際に空港から自宅まで会員1名につき1個のスーツケースを無料で運んでくれます。

「対象空港は成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港の3つです。」

また、東京都内への移動であれば東京駅から宿泊先のホテルまで手荷物を運んでくれるサービスも無料で利用可能です。荷物は駅構内の「宅配カウンター」に預けるだけです。

なお、このサービスはビジネスゴールド会員専用のものなので、個人向けカード会員は使えません。

海外渡航へのサービスが手厚い

このカードの会員になると、海外出張に必要な色々なサービスを利用できるようになります。飛行機の待ち時間に手荷物を預かってくれるサービスや、出張先での日本語サポート「オーバーシーズ・アシスト」が受けられたり、エアポートからお得に送迎してもらえるといったものが用意されています。

その他にも海外渡航に便利なサービスが充実しているのがこのカードの特徴です。

おすすめポイント③:旅行保険が手厚い

飛行機

このカードには最高1億円の海外旅行保険と最高5,000万円の国内旅行傷害保険が「自動付帯」されています。さらにこの保険は追加カード会員も含まれるのが強み!

 中でも、「家族特約」はこのカードならではの魅力といってもいいでしょう。親カード(本会員)の家族もこの保険の対象内になります。

そのため、家族カードを持たなくても良いので非常に便利です!クレジットカードを持てない18歳以下の未成年・自分のクレジットカードを持っていない人に特にメリットのある特典です。

8.NTTファイナンス Bizカード レギュラー

Bizカード レギュラー

おすすめポイント①:年会費が永年無料

一般的に法人カードは年会費が必要、または条件付きで半額・無料となっている傾向にありますが、NTTファイナンスBizカード レギュラーはずっと無料なのが特徴です。

「そのため、個人事業主の方や設立したての法人の方にもおすすめです。経費削減にもつながるのでできるだけコストを抑えて法人カードを作りたい方に適しているといえます。」

おすすめポイント②:経費計算がしやすい利用明細

料金

NTTファイナンスBizカードでは「Web明細編集サービス」が大変便利です。記載されている利用明細を最大10個まで用途別に分けられます。

 さらに明細はPDFファイルやCSVファイルでのダウンロードも可能なので、会計ソフトにデータ記入をしたい・プリントアウトをしたいという場合にも対応できます。

おすすめポイント③:ポイントの交換先が豊富

貯めたポイントは以下のようなものに交換できます。

ポイント交換
  • 電子ギフト券:Amazonギフト券・Edyギフト券・nanacoギフト券など
  • キャッシュバック:10,000ポイント=1万円分から交換可能
  • ギフトカード:QUOカード・図書カードなど
  • ポイント交換:Tポイント・ポンタポイント・ANAマイル等

なおポイントの有効期限も「2年間」と長いのもうれしい特徴です。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA
還元率(ポイント名) 1%
交換可能マイル ANA
付帯保険 海外・国内旅行・ショッピング
締め日・支払日 月末締め・翌月25日払い
申し込み条件 法人の代表者または個人事業主
発行スピード 2週間程度
キャンペーン

還元率で選ぶ!法人カードランキング

ランキング

※本記事紹介したカードの還元率を比較したランキングです。
※基本還元率が高い順に記載しています。

第1位 NTTファイナンス Bizカード レギュラー 1.0%

NTTファイナンス Bizカード レギュラーのおすすめポイント
  • NTTファイナンスが発行している
  • 様々な場面でポイントを利用できる
  • Amazon Businessが利用できる

第2位 三井住友ビジネスカード for Owners クラシック 0.5%~2.5%

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックのおすすめポイント
  • オフィス用品デリバリーサービスがある
  • 海外旅行傷害保険は最高2,000万円補償
  • 経費削減につながるサービスが充実している

第3位 三井住友ビジネスカード(クラシック)0.5%~1.0%

三井住友ビジネスカード(クラシック)のおすすめポイント
  • 海外キャッシュサービスが便利
  • 国際エクスプレス輸送割引サービスがある
  • ポイントアップサービスがある

おすすめの法人カードに関するよくある質問

中小企業にもおすすめの法人カードは?
中小企業にもおすすめの法人カードは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドです。年会費は税込34,100で、国際ブランドはAmercan Expressのみとなります。ポイント還元率は、0.5%となっており、メンバーシップ・リワードというポイントがたまります。奉仕込み条件は、法人格のある法人代表者、個人事業主、専門職、有資格者の人です。
年会費無料の法人カードはある?
年会費がかかる法人カードが多いですが、中には年会費が無料で使える法人カードもあります。年会費無料の法人カードは、あまり経費をかけたくない人や個人事業主の人におすすめです。
個人事業主が法人カードを持つメリットは?
個人事業主が法人カードを持つメリットとして、「利用限度額が大きい」「ビジネスに関する支援サービスが充実している」ことがあげられます。一般のクレジットカードだと利用限度額が小さいため、ビジネスでの支払いに追いつかない可能性もあるのです。さらに法人カードの場合は、ビジネスに付帯するサービスがついているものも多いです。
個人事業主が法人カードを持つデメリットは?
個人事業主が法人カードを持つデメリットは、年会費がかかることです。法人カードの年会費は、一般カードよりも高く設定されています。どうしても経費をかけたくないという人は、年会費が無料の法人カードもありますので検討してみてください。
法人カードの審査は厳しいの?
一般カードでも法人カードでも、クレジットカードの審査基準は公表されていません。そのため、申し込んでみないと審査が厳しいかどうかはわかりません。一般的に法人カードの審査基準は、「事業の継続性」「企業の財務状況」などがポイントになるといわれています。
法人カードを持つメリットは?
法人カードは事業用の専用クレジットカードです。そのため、クレジットカードの「ご利用代金明細書欄」には事業で使用した支払い明細だけが記載されます。これにより経理処理が楽になるメリットがあげられます。さらに、法人カードはビジネス向けの様々な付帯サービスも期待できるでしょう。
法人カードでETCカードは発行できるの?
法人カードでもETCカードは発行できます。社用車ごとにETCカードを発行しておくなどすれば、経費の建て替え精算が不要になり、経理処理が楽になるでしょう。

まとめ

本記事では法人カードのおすすめを特集しました。カードによって年会費・申し込み条件・サービス内容は大きく異なります。

法人カードの中でも、法人向け個人事業主向けがあります。個人事業主向けなら、コストを抑えるために年会費無料のものが良いでしょう。

本記事のおすすめカード・ランキングを参考に、より自分の使い方に合ったものを比較して選んでくださいね。

[Credit-L]
おすすめの記事